制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 バロック目次ü 作曲者別作品表 時代別作品表



「マタイ受難曲Matthäus-Passion BWV244」

 ヨハン・ゼバスティアン・バッハJohann Sebastian Bachドイツ(1685-1750)



受難曲とは>


 新約聖書4つの福音書における“キリストの受難”を題材にした、あるいは“キリストの受難”をテキストにした教会音楽を受難曲という。受難曲は教会音楽ではあるが、カトリック教会では典礼に結びついたものではなく、ルター派教会(ドイツではエヴァンゲリストEvangelistと呼ばれている)では、バッハの時代には礼拝音楽として機能していた。
 
 古来、西洋世界のキリスト教全教派の根源であるカトリック教会は、主の復活の主日の前週を聖週間と定めている。つまり受難の主日(枝の主日)受難の火曜日受難の水曜日とし、特に聖なる三日間として聖木曜日――主の晩餐の夕べのミサ聖金曜日――主の受難(ミサが執り行われない年間通して唯一の日)復活の主日=聖土曜日――復活の聖なる徹夜祭、つまり<光の祭儀>、<ことばの典礼>、<洗礼と堅信>、<感謝の典礼>(ミサ)が続けて執り行われ、よく日に復活の主日日中のミサを行う。

 さて、聖金曜日主の受難における福音朗読箇所は、<ヨハネによる主イエスの受難:18・1~19・42>である。バッハが最初の受難曲の作曲に際して、<ヨハネによる福音書18・1~19・42>をテキストに選んだ理由は、こうした教会の古い伝統を踏襲したことによる。というのはバッハが所属したルター派教会のミサと礼拝式は当時、ルター派教会のルーツであるカトリックに限りなく近い要素を含んでいた。現在も月に1度ほど行われるミサは、当時のカトリック・ミサそのままである。第二ヴァティカン公会議(1962-65)後に改訂された現時点のカトリック教会典礼からみると大きな相違点をみせているが。考えてみればカトリックは、元カトリック修道司祭であったルター自身の信仰の根源であったし、彼がカトリックの家庭で育ち培われて司祭となった。ルターが所属したアウグスト会修道院で過ごした修道生活が、ルターに大きな影響を及ぼしたことは想像に余りある。かっては聖週間の聖金曜日以外の他の曜日に<マタイによる主の受難>、<マルコによる主の受難>、<ルカによる主の受難>が朗読されたが、現在は次のようになっている。受難の主日(枝の主日)にA年にはマタイ福音書27・11~54(26・14~27・66)、B年にはマルコ福音書15・1~39(14・1~15・47)、C年にはルカ福音書23・1~49(22・14~23・56)というように3年間かけて全福音書の主の受難が朗読される。ただただ一つ、<ヨハネによる福音書18・1~19・42>が、聖金曜日――主の受難典礼における朗読は古い歴史をもち、今もなお続けられている。

 「聖金曜日(主の受難)の典礼」における<ヨハネによる福音書18・1~19・42>の朗読は、3人の朗読者によって朗読や朗唱が行われてきた。イエスのことばは必ず司式司祭が担当し、福音記者と他の弟子や群衆などを含めた朗読の役割を、朗唱または朗読された。全典礼式文がラテン語によっていた。第2ヴァティカン公会議(1962-65)後も、ラテン語によるグレゴリオ聖歌、つまり旋法による朗唱が規範であることに変わりはないが、現在、カトリック教会は各民族語が用いられ、キリストの役割司祭福音記者の語り手第一朗読者群衆数人あるいは会衆一同他の登場人物第二朗読者が担当している。今も昔もやや劇的な味わいを含む朗読され、あるいは朗唱されてきた<ヨハネによる福音書18・1~19・42>が、受難曲という音楽分野の源泉となったのである。

 こうした福音の受難朗読や朗唱が拡大されたと考えられる受難曲は、特にドイツで発展を見せた。ドイツ人のもつ感性が反映され、さらにドイツにおいて発展したルター派教会を主たる場として発展していった。ドイツは受難劇を中世より行ってきた歴史をもつ。受難曲は、イエスの受難の時とされる午後3時かあるいは夕べの礼拝式として演奏された。ヨハン・ヴァルターJohhann Walterドイツ(1496-1570)シュッツShützドイツ(1585-1672)などの受難曲は、バッハへとつながっていくものである。前者の「マタイ受難曲」はモテット風の多声合唱によるもので、後者の「十字架上の七つのことば」はオラトリオに近い形式をとっている。ともに信徒が歌唱する聖歌、つまり既成の聖歌=コラールが挿入されている。多声音楽と器楽の発展を経て次第に、規模の大きなものとなっていった。演奏の編成も独唱群、合奏・管弦楽、通奏低音(オルガン、チェンバロ、リュート、ファゴット、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェロなどが選択された)を伴うものとなる。

 ちなみにカトリック教会では既述したように典礼においてラテン語による<ヨハネによる福音書18・1~19・42>の朗読か朗唱が用いられきた。受難曲を作曲されることは無かった。受難曲は教会の典礼とは切り離された教会的な音楽作品と考えてきたようである。ハイドン(1732-1809)「十字架上の七つのことば(c.1786年作曲。聖金曜日の典礼ではなく信徒の瞑想会のための作品)や、ラテン語テキストによる演奏会用作品ペンデレツキ(1933- )「ルカ受難曲」(1966年3月30日ミュンスター大聖堂初演)が有名な作品であるが、これらは、一般的な音楽作品として受容されている。これらは敢えていえば広い意味での教会音楽ということになろう。多分に啓蒙的な意味合いをもつ教会音楽である。


<オラトリオ>


 バッハには2曲の受難曲と3つのオラトリオが残されている。くすしくもオペラと同時期に双子のようにローマでカトリック教会で生まれたオラトリオは、カトリック教会では教会音楽としてのオラトリオであっても正式な典礼(ex.ミサ、晩課=晩の祈り)で用いられることはない。あくまでも信徒のための祈りの集会や、信仰教育の目的のために演奏されたのであった。バッハが所属するルター派教会では様子は異なり、礼拝式に組み込まれ演奏されることもあった。

 バッハのオラトリオは受難曲を除くと、下記の通り3つある。5曲あったともされる。現存する受難曲は、2曲つまり「ヨハネ受難曲BWV245」マタイ受難曲BWV244のみである。かろうじて作品番号BWVが与えられている「マルコ受難曲BWV247」は、台本しか残存していない。しかし、明確ではないもののクリスマス・オラトリオBWV248作曲時には「マルコ受難曲BWV247」が残存していて、パロディとして転用されたと考えられている。「ヨハネ受難曲」はバッハ最初の受難曲とされてきた。1717年ころに手がけた受難曲が存したが、消失したとされているが、今後の研究が待たれる次第である。下記の表は作品番号BWV順でなく、作曲年順で表記した。ちなみにドイツ語で表記するオラトリオOratorioは、ラテン語と同じくOratoriumオラトリゥムと綴られる。受難曲とオラトリオは題材による区別しかなく、音楽の形態としては同一性をもっている。

曲名
作曲年
台本作者
 備考
ヨハネ受難曲 BWV245 1724年
1725/28/29/32/
39/46/49年改作
不明 初演:1724年4月7日聖金曜日聖ニコライ教会
復活祭オラトリオ BWV249 1725年
1732/35年改作
ヘンリーツィ
 =ピカンダー
初演:1725年4月1日
1725年:カンタータとして作曲
1732~35年:オラトリオとして改作

マタイ受難曲 BWV244

1727年
1736年改作

ヘンリーツィ
 =ピカンダー
初演:1727年4月11日聖金曜日聖トーマス教会

マルコ受難曲 BWV247

c.1731年

ヘンリーツィ
 =ピカンダー

消失 、台本のみ残存

クリスマス・オラトリオBWV248

1734年

一部ヘンリーツイで他は不明 初演:1734年12月25日~1735年1月6日
世俗カンタータよりの転用が多い

昇天祭オラトリオ BWV11

1735年? ヘンリーツィ
 =ピカンダー
初演:1735年5月19日
大部分は自作カンタータからの転用




<作曲経過>


 1723年にバッハがライプツィヒに移住して、毎日曜日と祝日に新作のカンタータを作曲し上演したのは、1728年まで続いた。特に初めの2年間に集中していた。それは教会歴に従った週日・祝日の礼拝用のレパートリーがそろってしまったからである。週ごとに新作を作曲する必要もなくなったからである。

 バッハがライプツィヒで最初に演奏した受難曲は聖ニコライ教会での「ヨハネ受難曲」(1724年作曲、1724年初演)であった。「マタイ受難曲」を作曲した42歳(1727年)のバッハは、音楽家として最高潮の時期にいた。またライプツィヒ時代、いや彼の生涯における頂点を築いた作品となる。ライプツィヒに来て4年目に当たり、「マタイ受難曲」は、1724年初演の「ヨハネ受難曲」と1731年の「マルコ受難曲」(現存しないが台本のみ残存)という、やや小規模な受難曲の中間に位置している。

 これらの3つの受難曲は、興味深いことに形式、構成、編成、さらに全体の構想においてもそれぞれ異なっている。「ヨハネ受難曲」はコラールの挿入、色々な違った起源をもつ歌詞に基づく小曲で構成されており、一時代前のドイツ受難曲の系列につながる作品である。一貫した劇的効果にも欠けている。「マルコ受難曲」は台本のみしか残されていないが、過去のバッハ自身の作品引用が目立っているようである。それらに対して「マタイ受難曲」は、引用されているのは当時教会で用いられていたコラール(聖歌)のみで、徹底したオリジナル要素で作曲されている。それも一気に書かれた作品である。このことは特筆すべきことである。

 バッハのすべての受難曲は、聖金曜日の晩の典礼として上演されたものである。当時聖トーマス教会では管弦楽付きの受難曲を上演する習慣があった。バッハの前任者クーナウKuhnauドイツ(1660-1722)の場合、説教を真ん中にはさみ、受難曲を2部に分けて演奏された。そのため2つの部分で構成された。第一部の開始部と終曲部、つまり説教前に会衆による既存のコラール唱和が入るように定められていた。

 バッハの「マタイ受難曲」は、1727年4月11日聖金曜日夕刻の聖金曜日の典礼として聖トーマス教会初演されたというのが定説になっている。1)
 「マタイ受難曲」の1727年初演版のバッハの自筆稿は残っていない。しかし、1736年の現在も演奏される形態での美しい自筆浄書が残されている。この改作された1736年版1727年初演版とに差違があるが、興味ある点である。また1736年版には福音による歌詞はすべて赤字で記されている。この自筆稿はベルリン図書館に所蔵され、33x20.5cm88葉からなるもので、書かれたのは1736年と推定されている。

 自筆総譜・第一部タイトル・ページにはラテン語で下記左のようにと書かれている。右側に活字化した。筆者の考えをその下に記した。さらのその下部に筆者の訂正と訳を記した。

Passio Domini nostri
J.C.secundum Evangelistam
Matthäum

Poesia per Dominum Henrizi

alio Picander dictuo
Musica di G.S.Bach

Prima Parte 
  上記の青色で示した語は、ラテン語を不得手(?)としていた
   バッハの ラテン語の間違いと考えられる箇所である。

 
<バッハのラテン語>

 2行目:
MatthaeumとすべきをMatthäumとドイツ語のウムラウトで表記している。
 4行目:
alioaliumが正しいと筆者は考える。
 5行目:末字
dictuodictumが正しいと筆者は考える。
 5行目:diはイタリア語でラテン語なら
deである。
 5行目:
G.Giovanniの略である。これはイタリア語表記。ラテン語表記なら
     
JoannesJ.とすべきであろう。
 6行目:
Parteはイタリア語、ラテン語主格はParsである。
     イタリア語とラテン語の混同であろう。この作品にもバッハのイタリアの
     香りがあちこちでふんぷんと匂っている。
     これらはバッハのイタリアへの憧憬だろうか?(^^)


 
 自筆譜のこの手写本は、1736年1月1日に記譜された。            

以上を整理・訂正すると下記のようになる
↓↓↓

Passio Domini nostri
J.C. secundum Evangelistam Matthaeum
Poesia Dominum henrizi
alium Picander dictum
Musica de J.S.Bach

Prima Pars

われらの主イエス・キリストの受難
福音書記者マタイによる
ヘンリーツィ氏による歌詞
別名ピカンダー

J.S.バッハによる音楽
第一部
上記の「Passio Domini nostri J.C. secundum Evangelistam Matthaeum福音書記者マタイによるわれらの主イエス・キリストの受難」は、カトリック教会の「聖金曜日」の典礼において、イエスの受難朗読の冒頭で用いられる語句である。この語句を述べて3人の司祭や信徒によって朗唱、あるいは朗読される。


 
自筆総譜第二部タイトル・ページには下記のように記されている。

Passionis D.N.J.C.
secundum Matt
äum
a
due Cori
Parte Seconda.
<ラテン語>
 1行目:Passioとすべきを
Passonisと所有格にしている。
 2行目:
MatthaeumとすべきMatthäumとドイツ語のウムラウトで表記している。
 3行目:duaeとすべきをdueとイタリア語表記にしている。
 3行目:ChoriとすべきをCoriとイタリア語表記にしている。
 4行目:ParsとすべきをParteとイタリア語表記にしている。
 4行目:SecundaとすべきをSecondaとイタリア語表記にしている。

以上を整理・訂正すると下記のようになる

Passio D.N.J.C.
secundum Mattaeum
a duae Chori
Secunda Pars


我らの・主・イエス・キリストの受難
マタイによる
2群の合唱による
第二部
この第二部のタイトルで興味を引くことは、a duae Chori=2群の合唱によるという表記である。この作品が複合唱(二重合唱)形態の作品であると、バッハ自身の言葉で明記している点である。


[注]

1) Andreas Glöcknerによれば初演の時間は夕刻でなく、13時30分からだったとしている。聖トーマス教会ではこの時刻に晩課が始まるのが普通であった。聖金曜日でなければつづいて結婚式もあったと記録が残っている、と言う。とすると午後3時頃とされているイエスの十字架刑とこの「マタイ受難曲」上演中の受難場面と一致することになる。また1720年から1744年まで、Leipzigではオペラ劇場が閉鎖されていた。劇場は個人経営であって、破産していたからである。オペラがまったく聴けなかった市民によってオペラ的な音楽が乞われていたという状況も、マタイ受難曲の成立に一役かっていたのではないかとGlöcknerは推論している。



<台本>


 「マタイ受難曲」の台本(歌詞)作者は、クリスティアン・フリードリヒ・ヘンリーツィChristian Friedrich Henrici(1700?-64) である。ペンネームをピカンダーPicander(“カササギ男”の意)という。彼は法律を学び、郵政事務官や収税吏を務めながら、詩を書いていた。その詩は機会詩、すなわち風刺的な内容や恋愛詩を得意としていた。バッハとは親しい友人関係にあり、そのため多くの歌詞をバッハに提供することになる。ヘンリーツィピカンダーは、1721年ライプツィヒで詩人、劇作家として活動を開始する。バッハがライプツィに移るのは1723年、これ以後にバッハとの交際が始まったと思われる。

 
1723年、バッハが作曲した教会カンタータ「主に向かってみ名の栄光をたたえよBringet dem Herrn Ehre seines Nmaens BWV148」は、ヘンリーツィのギリシャ劇のコロスを思わせるような詩「Weg, ihr irdisschen geschufte」に基づいている。1726年にもこれと似たようなヘンリーツィの詩に基づき、教会カンタータ「戦いが起こったEs erhub sich ein Streit BWV19」も作曲した。この2つの詩は、1724年~25年にかけて出版された小編詩集「Sammlung erbau lichter Gedanken」に含まれている。これはバッハと知己であったコウント・フランツ・アントン・スポルクCount Franz Anton Sporckに献呈されていた。この機縁が決定的にバッハとヘンリーツィを結びつけたようである(1724年~25年)

 
1725年、バッハのためにヘンリーツィは、世俗カンタータ「不安を立ち去らせ、消せEntfliehet, verschwindet, entweichet, ihr Sorgen BWV249a」と「墓を裂き、壊し、粉々にせよZerreißet, zersprenget, zerstrümmert die Gruft BWV205」の台本を書いた。こうして二人の共同作業も始まっていった。ライプツィヒ時代のバッハの多くのカンタータや受難曲の台本を担当していく。

 ヘンリーツィは、5巻からなる「厳粛・諧謔的そして風刺的な詩Ernst-Schertzhaffte und satyrische Gedichte」
(1727年~51年ライプツィヒ刊)を出した。バッハが「マタイ受難曲」(1727年作曲)で使ったヘンリーツィの歌詞は、1729年刊行のこの詩集第2巻に含まれている。この第2巻出版前にバッハはこれらの歌詞を入手して、作曲に入ったと思われる。「マタイ受難曲」のテキストの中心はあくまでも「マタイによる福音書第26章と第27章」で、概ねレチタティーヴォ・セッコ様式で作曲されている。「マタイ受難曲BWV244」においてヘンリーツィ(ピカンダー)の歌詞は、福音書に即した自由歌詞による楽曲であるレティタティーヴォ・アッコムニャート様式の歌曲アリア、そして多様な様式の合唱曲において用いられた。ヘンリーツィ(ピカンダー)はそれらの作詞者である。そして「マタイ受難曲」の音楽としても大きな役目と強いメッセージを発するコラールは、既存のコラール(一般聖歌)を旋律と歌詞をそのまま引用されている。これをバッハは卓越した和声付けを施しているが、それらのコラール(一般聖歌)が本来もっていた素朴さや単純さを損なうことなく、いやその歌詞とその旋律がもつ美しさを倍加させている。この「マタイ受難曲」全体に大きな役割をもつコラールの選択についてはヘンリーツィが関与したか否かは不明である。当然のことながら上記の詩集にも含まれていないからである。コラールの選択については、作曲者バッハの考えが大きかったと推察される。それでは「マタイ受難曲」全体構成の台本化を誰が意図し、行ったかのだろうか? すでに述べた通り、ヘンリーツィ(ピカンダー)であるとする根拠は存在しないからである。では、バッハ自身だったのだろうか。あるいは??



<音楽的特徴>


 「マタイ受難曲」の編成は特徴的である。複合唱の形態がとられ、2群混声合唱2群管弦楽+通奏低音オルガン+etc.で曲は進む。さらに2組独唱者群(S、A、T、Bs)が加わる。普通、福音史家(テノール)以外は、独唱者群がイエス(バス)ユダ/ペトロ/大祭司/祭司/ピラト(バス)を担当する。レティタティーヴォ・アッコムパニャートアリアを受けもつソプラノ=Sアルト=Aテノール=Tバス=Bsも、独唱者群が担当して歌う。

 第1曲ではは2群の合唱と管弦楽にコラールの旋律を歌う
少年合唱(あるいはソプラノ群が加わる。バッハの示したこうした配置構成は、対話的な台本による楽曲に大きな効果を発揮している。こうした多重編成における立体的効果は興味深いものである。しかし、現在の演奏では省キャスティングが行われることが多く、2群に分けない(必要に応じて分けられるが)編成配置が行われることが多い。ピリオド楽器で編成される演奏グループでは、完璧に2群に分けられた編成配置で演奏されることが多いようである。

 ヴェネツィアにおいて展開された複合唱の書法の取り入れは、注目に値する。こうした複合唱の形態は、ルネサンス後期からバロック初期にフランドルの音楽家たちがヴェネツィアに伝え、サン・マルコ教会でより壮大に華麗な姿へと発展していった。これが協奏曲様式へと発展もしていく。この点からバッハのこの作品の先陣として、モンティヴェルディの「聖母マリアの晩課」を筆者は捉えている。「マタイ受難曲」第1曲では特に明確に2群に分かれる。さらに第3群ともいうべきボーイ・ソプラノの斉唱によるコラールが出てくる。このやり方もモンテヴェルディ「聖母マリアの晩課」の第5詩編に続く第11曲「“聖マリアよ、われらのために祈りたまえ”によるソナタ」におけるソプラノ部に似ている。同じく既存の聖歌が引用され、バッハと同じく作曲者モンテヴェルディの強い主張となっている。バッハがイタリア音楽からどのようにして影響を受けたのだろうか。イタリアで学びドイツに複合唱をいち早く展開したシュッツSchuetzドイツ(1585-1672)ブクステフーデBuxthehudeドイツ(1637-1707)等の作品を通しても知っていたと思われる。第68曲:終曲にも明確に2群の複合唱が示される。

 「マタイ受難曲」にみらる他の特色は転調の効果であろう。調性の非凡なる使用の仕方は驚きである。また半音階的な動きや、音型による象徴性が駆使されている。さらに音画的な作曲書法はたいへん劇的で教会音楽の枠を越えたものを感じさせ、我々を感嘆させる。それは涙、稲妻、鞭打ち、十字架を担う場面などの表現にみられる。

 「マタイ受難曲」の特別価値は、当時の世俗音楽と教会音楽のあらゆる形式を網羅して用いている点である。いや、そうした二つの枠や壁を取り外してしまったと言えるだろう。特に当時のオペラに用いられたレチタティーヴォアリアによる書法は秀悦である。さらに通奏低音の伴奏みのレチタティーヴォ・セッコと管弦楽伴奏付きのレチタティーヴォ・アコンパニアートとを使い分けして、すぐれた効果をもたらしている。またバッハお得意のポリフォニー書法(多声的書法)も存分に駆使されていることはいうまでもない。全バロック音楽書法と様式が網羅された稀有な作品となっている。
 
 また「マタイ受難曲」では引用されたコラールが重要な役割を果たしている。受難の重要な場面の後に置かれ、瞑想を促し、祈りへと我々を導くものでもある。当時、参集した会衆の心に大きな意味をもたらしことだろう。それらは当時の人々には、衆知の既存の聖歌であった。バッハが施したすばらしい和声の動きは、ことばの重要性を十二分に生かし、またことばを越えた世界をも示している。それは聖トーマス教会に参集した会衆の共通コンセプトとなり、深い宗教的理解をもたらし宗教的感情を高めたと思われる。さらに当時は一般会衆が唱和したという可能性もある。これについては不明であるが。バッハ以前のクーラウ時代までの受難礼拝は、牧師と合唱隊あるいは会衆と応答しながら進められ、コラールが会衆によって唱和されていた。コラールがいかに音楽的にも、祈りの心に重要な効果をあげているかが、今のわれわれにも解る。前後の楽曲との対比性を示しているし、さらに全曲につながる構成感を高めてもいる。

 パウル・ゲールハルト
作詞とハンス・レオ・ハスラー旋律に由来する旋律で有名なコラール“おお血潮にまみれし主の御頭”が5回繰り返される(歌詞の節は変わっていく)。同じコラールが置かれてもその都度、バッハは調を変え、和声付けをも変えている。つまり従来用いられていたままの和声付けを用いず(コラールは斉唱で歌われていたが、オルガン伴奏の和声付けはあった)、極上のハーモニーで包み込んでいる。その他はデーツィウス作詞ヘールマン作詞クリューガー旋律アルブレヒト作詞セルミジ旋律、ハイデン作詞グライター旋律、ロイスナー作詞リスト作詞ショーブ旋律によるコラールが用いられている。 


<楽曲構成> ★楽曲番号はバッハ新全集により、全68曲となっている。旧全集では全78曲ととされていた

楽曲
番号

      第Ⅰ部 *福音書箇所、歌詞etc.は大意

導入合唱

合唱(Ⅰ+Ⅱ)対話=2つの合唱群が救い主イエスの姿を告げる
コラール(B-S):天の声のように響く←デーツィウス作詞“おお罪なき神の子羊”第1、2節

十字架の死の預言
レチタチーヴォ:マタイ福音書26・1-2 イエスは十字架の死を預言する
コラール(Ⅰ+Ⅱ):へールマン作詞、クリューガー旋律“心より慕うイエスよ”第1節→第19,49曲
祭司長の合議、イエスに香油を注ぐベタニアの女
レチタティーヴォと合唱(Ⅰ+Ⅱ):マタイ福音書26・3-13 大祭司邸でイエス捕縛が相談されるベタニアで女に
香油を注がれる。弟子たちは怒るが、イエスは葬りの備えという
レチタティーヴォ・アッコムパニャート(AⅠ):私にも御体に埋葬に備えようとするものを注ぐことを許して
下さい
アリア(AⅠ)痛悔が罪深い心を引き裂く。涙のしずくが香油として注ぎます
ユダの裏切り
レチタチーヴォマタイ福音書26・14-16 祭司長たちは、ユダに銀貨30枚を渡す
アリア(SⅡ)ユダに対する神のあわれみ
晩餐
レチタチーヴォと合唱:マタイ福音書26・17-22 弟子たちは過ぎ越しの食事を準備する
10 コラール(Ⅰ+Ⅱ)ゲールハルトPaul Gerhardt(1607-76)作詞、イザーク旋律“おお世よ、見よ、ここでお前の命が”第5節→第37曲
11

レチタチーヴォ:マタイ福音書26・23-29 イエスはパンと葡萄酒を弟子達に与える=聖体の制定

12 レチタティーヴォ・アッコムパニャート(SⅠ)聖体への感謝
13 アリア(SⅠ)イエスに対する深い感謝の表明
オリーブ山
14 レチタチーヴォ:マタイ福音書26・30-32 食事後、弟子たちとオリーブ山へでて行く
15 コラール(Ⅰ+Ⅱ):ゲールハルト作詞、ハスラー旋律“おお、血と傷にまみれた御頭よ”第5節→第17、44、54、64曲
16 レチタチーヴォ:マタイ福音書26・33-35 イエスはペトロに鶏の鳴く前に3度否むと告げる
17

コラール(Ⅰ+Ⅱ):第15曲と同じ 第6節→第17、44、54、64曲

ゲッセマネの園における苦しみ
18 レチタチーヴォ:マタイ福音26・36-38 ゲッセマネでイエスは共にここで祈れと言った
19 レチタティーヴォ・アッコムパニャート(TⅠ):私の罪があなたを+コラール(Ⅱ):第3曲の第3節→第19,49曲
20 アリア(TⅠ)と合唱:イエスのもとで目覚めていよう。そうすればわれらの罪は眠りにつく
21 レチタチーヴォ:マタイ福音書26・39 ひれ伏してイエスは祈る
22 レチタティーヴォ・アッコムパニャート(BsⅡ):救い主がひれ伏すことは、神の御心にかなう
23 アリア(BsⅡ)私は喜んでこの苦杯を飲もう
24 レチタチーヴォ:マタイ福音書26・40-42 イエスは受難を思いながら御心のままにと祈る
25 コラール(Ⅰ+Ⅱ)アルブレヒト作詞、セルミジ旋律“我が神の御旨のままに”第1節 
捕縛
26 レチタチーヴォ:マタイ福音書26・43-50 ユダの口づけを合図にイエスは捕縛される
27 二重唱アリア(SⅠ/AⅠ)と合唱:私のイエスは捕らわれた。放せ、やめろ、縛るな!
28 レチタチーヴォ:マタイ福音書26・51-56 弟子達はイエスを捨てて逃げ去った
29

コラール(Ⅰ+Ⅱ)大合唱曲+ハイデン作詞、グライター旋律“おお人よ、お前の大きな罪を嘆け”第1節


受難曲は夕べの礼拝式として演奏された。第Ⅰ部が終わると説教が行われる。

楽曲
番号

第Ⅱ部

30

アリア(AⅠ)イエスを愛する女性=イエスは連れ去れた。愛する者は何処にいるのか? 
合唱(Ⅱ)表象的に描かれる一人の人間(女性)と我々との対話。

大祭司の審問
31 レチタチーヴォ:マタイ福音書26・57-59 大祭司のもとで審問、ペトロは中庭で見ている
32 コラール(Ⅰ+Ⅱ)ロイスナー作詞“主よ、この危険の中で”第5節
33 レチタチーヴォ:マタイ福音26・60-63 この男は神殿を壊し、3日で建てると言った
34 レチタティーヴォ・アッコムパニャート(TⅡ):イエスは黙している
35 アリア(TⅡ):耐え忍ぼう! 身に覚えがなくても
36 レチタチーヴォ:マタイ福音書26・63-68 私は神の子。群衆は死に値するとイエスを打つ
37

コラール(Ⅰ+Ⅱ)第10曲と同じ 第3節

ペトロの否認
38 レチタチーヴォ:マタイ福音書26・69-75 ペトロ3回否み、イエスの言葉を思い出し泣く
39 アリア(AⅠ):あわれみください、私の神よ=美しいシチリアーノ
40 コラール(Ⅰ+Ⅱ)リスト作詞、ショープ旋律“雄々しくあれ、私の心よ”第5節
ユダの後悔と最期
41 レチタチーヴォと合唱(Ⅰ+Ⅱ)マタイ福音書27・1-6 夜が明けると祭司長たちや長老たちはイエスを縛って
総督ピラトに渡した。後悔したユダは首をつって死んだ
42 アリア(BsⅡ)もう一度私にイエスを返して下さい!
43 レチタチーヴォ:マタイ福音書27・7-14 ユダの銀貨で畑を買い、外国人の墓地とした。イエスは祭司長や長老たちに
訴えられても一言も答えなかった
44 コラール(Ⅰ+Ⅱ):ゲールハルト作詞、ハスラー旋律“おお、血と傷にまみれた御頭よ”の第1節“あなたの道” 旋律
→第15、17、54、62曲
判決
45 レチタチーヴォ:マタイ福音書27・15-22 “バラバかイエスのどちらを釈放するべきか?”“バラバを! イエスを
十字架につけろ!”
46 コラール(Ⅰ+Ⅱ)へールマン作詞、クリューガー旋律“驚くべき刑罰”第4節→第3、19曲
47 レチタチーヴォ:マタイ福音書27・23 ピラトはいう“どんな悪事を働いたというのか”
48 レチタティーヴォ・アッコムパニャート(SⅠ)イエスは罪人を受け入れ、悪いことをなに一つしなかった
49 アリア(SⅠ)罪を知ることもないに、愛のため死のうとなさっている
50 レチタチーヴォ:マタイ福音書27・23-26 群衆は益々激しく十字架につけるよう要求。仕方なく手を洗ってバラバを
釈放し、イエスを鞭打ち、引き渡した
51

レチタティーヴォ・アッコムパニャート(AⅡ):救い主が鞭打ち、殴打を受けている。刑吏よ、やめなさい!

52 アリア(AⅡ):私の涙が役立たないなら、私の心を取って下さい
53 レチタチーヴォと合唱(Ⅰ/Ⅱ)マタイ福音書27・27-30 兵士たちはイエスの着ているものをはぎ取り、赤い外套を
着せ、茨の冠を頭に載せ、右手に葦の棒をもたせて“ユダヤ人の王、万歳”といって、侮辱した。唾を吐きかけ、葦の棒で
頭を叩いた
54

コラール(Ⅰ+Ⅱ)第15、17,44,62曲と同じ旋律“おお、血と傷にまみれた御頭よ”の第1~2節

十字架の道
55 レチタチーヴォ:マタイ福音書27・31-32 イエスを侮辱したあげく、元の服を着せ、十字架 につけるため引いて
いった。出会ったシモンに無理に十字架を担がせた
56 レチタティーヴォ・アッコムパニャート(BsⅠ):私こそ十字架に強いられよ
57

アリア(BsⅠ):私のイエスよ、十字架をいつでも私に与えて下さい

十字架上のイエス
58 レチタチーヴォと合唱(Ⅰ/Ⅱ):マタイ福音27・33-44ゴルゴダで十字架につけ、イエスの頭の上に“ユダヤ人の
王”と書いた罪状書きをを掲げた。イエスと一緒に二人 の強盗が両側に十字架につけられていた。人々は“神の子なら、
自分で救ってみろ。そして十字架から降りてこい”と言った。祭司長たち、律法学者たち、長老たち、一緒に十字架に
つけられた強盗たちも同じようにイエスをののしった
59 レチタティーヴォ・アッコムパニャート(AⅠ)ああゴルゴダ! 栄光の主が十字架につけられている
60

アリア(AⅠ)と合唱(Ⅰ/Ⅱ):イエスは我々を抱こうとされている。“来なさい”“何処に?”“イエスの腕に” 

イエスの死と埋葬
61 レチタチーヴォと合唱(Ⅰ/Ⅱ):マタイ福音書27・45-50 昼の12時より暗くなり、三時頃イエスは大声で
“エリ、エリ、レマ、サバクタニ”と叫ばれた。居合わせた人は“エリアを呼んでいる”という者もいた。
イエスは再び大声で叫び、意気を引き取られた
62 コラール(Ⅰ+Ⅱ)第15、17,44、54曲と同じ旋律“おお、血と傷にまみれた御頭よ”(5回目)の第9節“私が世を去る時、離れないで下さい”
63 レチタチーヴォと合唱(Ⅰ/Ⅱ):マタイ福音書27・51-58 その時地震が起こった。百人隊 長や一緒にいた人々は
“本当に、この人は神の子だった”と言った。またそこでは大勢の婦人たちが遠くから見守っていた。その中には、
マグダラのマリア、ヤコブとヨセフの母マリア、ゼベダイの子らの母がいた。夕方にアリマタヤ出身の弟子ヨセフが
イエスの遺体の引き取りを願う。ピラトは渡すよう命じた
64 レチタティーヴォ・アッコムパニャート(BⅠ):麗しい夕暮れよ、平和の契りが今や神と結ばれた。さあ、行って、
亡くなったイエスをもらい受けるがいい
65 アリア(BⅠ)私の心よ、おのれを清めよ。自らを墓となってイエスを葬ろう
66 レチタチーヴォと合唱(Ⅰ/Ⅱ):マタイ福音書27・59-66 ヨセフはイエスの遺体をきれいな亜麻布に包み、岩に
掘った自分の新しい墓に納め、墓の入り口に大きな石を転がしておいて立ち去った。明くる日祭司長たちとファリサイ派の
人たちはピラトに“3日後に復活する”と言っていたので墓を見張るよう命令して下さい。弟子たちがイエスが復活したと
いいふらさないように”と言った。ピラトは墓石に封印し、番兵をおいた
信徒の祈り・終曲
67 レチタティーヴォ・アッコムパニャート(BⅠ/TⅠ/AⅠ/SⅠ)と合唱(Ⅰ/Ⅱ)私たちの罪が負わせた苦難は
もう終わりました。私のイエスよ、やすらかにお休みください!
68

合唱(Ⅰ+Ⅱ)涙を流しひざまづき、お墓のあなたに祈りを捧げます。やすらかに安息におつきください。




楽曲対訳


国本静三訳 :聖書以外の語句や楽曲

マタイ福音
26、27章引用の「レチタティーヴォ」箇所には、聖書 聖書協会共同訳 旧約聖書続編付き 引照・注付き」日本聖書協会2018年12月10日刊を使用した。
ルター訳独語聖書と合わせるため、特に会話体のト書き部分を多少の調整を行った。

バッハとピカンダーが用いたルター訳聖書の時代と現在の聖書学には隔世の感がある。
ドイツ語訳と日本語訳といった点によってもたらされる相違だけでなく、ルター訳聖書と現代訳聖書には
解釈の大きな違いも生じている。対訳として並べるには無理を承知の上で試みた。行はできる限り独文と合わせた。

各楽曲の原語表記は、参照したスコア「MATTHÄUS-PASSION BWV244」/Herausgegeben von Hans Grischkat/Edition Eulenburug No.953に従った。


[Prima Pars] [第一部]

Nr.1 CORO:Ⅰ/Ⅱ&soprani 第1曲 合唱=Ⅰ+Ⅱ&ソプラノ群
CoroⅠ Choral:soprano in ripieno CoroⅡ 合唱Ⅰ コラール=ソプラノ群 合唱Ⅱ
Komt,ihr Töchter,
helft mir klagen,
来なさい、娘たちよ。
私とともに嘆きなさい。
Sehet!

Den Bräutigam,

Wen?

見なさい。

花婿を。

誰をですか?

Komt, ihr Töchter,
helft mir klagen,
来なさい、娘たちよ。
私とともに嘆きなさい。
Sehet ihn!

Als wie ein Lamm.

Wie?

彼を見なさい。

子羊のような方です。

どんな方ですか?

O Lamm Gottes
 unschuldig,
Am Stamm des Kreuzes
 geschlachtet,
おお罪のない
 神の子羊。
十字架につけられて
 ほふられた。
Sehet!

Den Bräutigam,

Wen?

見なさい。

花婿を。

誰をですか?

Sehet ihn!

Als wie ein Lamm.

Wie?

彼を見なさい。

子羊のような方です。

どんな方ですか?

Sehet!

Seht die Geduld.

Was?

見なさい。

その忍耐を見なさい。

何を見るのですか?

Allzeit erfund'n
 geduldig,
Wiewohl du warest   verachtet.
いかなる時も忍耐を
 貫いた。
どんな侮辱を
 受けても。
Sehet!

Auf unsre Schuld.

Wohin?

見なさい。

我らの罪をです。

どこを見るのですか?

All' Sünd' hast du
 getragen,
Sonst müßten wir
 verzagen;
あなたはすべての
 人の罪を負われた。
それがなければ
私たちには絶望
 しかない。
Sehet ihn
aus Lieb und Huld
Holz zum Kreuze
selber tragen.
彼を見なさい、
愛と恵みから
十字架の木を
自ら負われるのを。
Erbarm' dich unser,
 o Jesu
!
私たちを
 あわれみください。
 おお、イエスよ。
Komt, ihr Töchter,
helft mir klagen,
来なさい、娘たちよ。
私とともに嘆きなさい。
Sehet!

Den Bräutigam,

Wen?


見なさい。

花婿を。

誰をですか?

Komt, ihr Töchter,
helft mir klagen,
来なさい、娘たちよ。
私とともに嘆きなさい。
Sehet ihn!

Als wie ein Lamm.

Wie?

彼を見なさい。

子羊のような方です。

どんな方ですか?



Nr.2 RECITATIVO 第2曲 レチタティーヴォ=テノール、バス
Evangelist:
Da Jesus diese Rede vollendet
hatte, sprach er zu seinen Jüngern:
福音記者:
イエスはこれらの言葉をすべて語り終えると、
弟子たちに言われた。
Jesus:
Ihr wisset, daß nach zweien Tagen
Ostern wird, und des Menschen Sohn wird
überantwortet werden, daß er gekreuziget werde.
イエス:
「あなたがたも知っているとおり、二日の後は
過越祭である。人の子は、
十字架につけられるために引き渡される。」

(マタイ26・1-2)

Nr.3 CHORAL:CoroⅠ/Ⅱ 第3曲 コラール=合唱Ⅰ+Ⅱ
Herliebster Jesu, was hast du verbrochen,
Da
ß man ein soch sharf Urteil hat gesprochen?
Was ist die Schuld? In was für Missetaten
Bist du geraten?
心から愛するイエスよ、あなたは何の罪を犯したのでしょうか?
こんなにむごい判決を受けられるとは。
その咎は何なのでしょうか、どんな悪事に
かかわられたというのでしょうか?

Nr.4a RECITATIVO
CoroⅠ/Ⅱ
第4曲 レチタティーヴォ=テノール、バス

合唱Ⅰ+Ⅱ
Evangelist:
Da versammleten sich
die Hohenpriester und Schrifgelerten,
und die Ältesten im Volk in dem Palast
des Hohenpriesters, der da hieß Caiphas;
und hielten Rat, wie sie Jesum mit
Listen griffen und töteten. Sie sprachen aber:
福音記者:
その頃、
祭司長たちや、民の長老たちは、
カイアファと言う
大祭司の屋敷の中庭に集まり、
イエスをだまして捕らえ、
殺そうと相談した。彼らは、話していた。

Coro:
Ja nicht auf das Fest, auf daß nicht
ein Aufruhr werde im Volk.
合唱:祭司長・長老たち
「祭りの間はやめておこう。
民衆の中に騒ぎが起こるといけない。」

(マタイ26・3-5)
Nr.4b RECITATIVO
 CoroⅠ
第4曲b レチタティーヴォ=テノール、バス
 合唱Ⅰ
Evangelist:
Da nun Jesus war zu Betanien,
im Hause Simonis des Aussätzigen, trat zu ihm
ein Weib, die hatte ein Glas mit köstlichem
Wasser, und goß es auf sein Haupt,
da er zu Tische saß.
Da das seine Jünger sahen,
wurden sie unwillig und sprachen:
福音記者:
さて、イエスがベタニアで、
規定の病を患っているシモンの家におられたとき、
一人の女が、極めて高価な香油の入った石膏の壺を
持って近寄り、
食事の席に着いておられる
イエスの頭に香油を注ぎかけた。
弟子たちはこれを見て、憤慨して言った。
Coro:
Wozu dienet sieser Unrat?
Dieses Wasser hätte mögen teuer verkauft,
und den Armen gegeben werden.
合唱:弟子たち
「何のためにこんな無駄遣いを
するのか。高く売って、
貧しい人々に施すことができたのに。」
Evangelist:
Da das Jesus merkete, sprac er zu ihnen:
福音記者:
イエスはこれに気付いて言われた。
Jesus:
Was bekümmert ihr das Weib?
Sie hat ein gut Werk an mir getan!
Ihr habet allezeit Arme bei euch,
mich aber habt ihr nicht allezeit.
Daß sie dies Wasser hat auf meinen Leib gegossen,
hat sie getan, daß man mich begraben wird.
Wahrlich, ich sage euch: Wo dies Evangelium
geprediget wird in der ganzen Welt, da wird man
auch sagen zu ihrem Gedächtnis, was sie getan hat. 
イエス:
「なぜ、この人を困らせるのか。
私に良い善いことをしてくれたのだ。
貧しい人々はいつもあなたがたと一緒にいるが、
私はいつもあなたがたと一緒にいるわけではない。
この人は私のの体に香油を注いで、
私を葬る準備をしてくれた。
よく言っておく。世界中どこでも、
この福音が宣べ伝えられる所では、この人のしたことも
記念として語り伝えられるだろう。」

(マタイ26・6-13)


Nr.5 RECITATIVO accompagnato
AltoⅠ
第5曲 レチタティーヴォ・アッコムパニャート=
アルトⅠ
Du lieber Heiland du,
Wenn deine Jünger töricht streiten,
Daß dieses fromme Weib
Mit Salben deinen Lieb
Zum Grabe will bereiten,
So lasse mir inzwischen zu,
Von meiner Augen Tränenflüssen
Ein Wasser auf dein Haupt zu gießen.
あなたこそ敬愛する救い主です。
あなたの弟子たちは、愚かにも言い争っている。

この信仰深い女が、
香油であなたのお体を
埋葬に備えようとしている。
私にも同じようにさせてください。

私の目から流れる涙より
その一滴をあなたのみ頭に注ぐことを許してください。


Nr.6 ARIA:AltoⅠ 第6曲 アリア=アルトⅠ
Buß' und Reu'
Knirscht das Sündenherz entzwei,
  Daß die Tropfen meiner Zähren
  Angenehme Spezerei,
  Treuer Jesu, dir gebären.
Buß' und Reu'
Knirscht das Sündenherz entzwei.
悔いと痛悔は
罪深い心を二つに引き裂く。

  私の涙のしずくは
  ここちよい香水となって、
  真実のイエスよ、あなたに注ぎます。


悔いと痛悔は
罪深い心を二つに引き裂く。

Nr.7 RECITATIVO 第7曲 レチタティーヴォ=テノール、バス
Evangelist:
Da ging hin der Zwölfen
einer, mit Namen Judas Ischarioth, zu
den Hohenpriestern, und sprach:
福音記者:
その時、十二人の
一人で、イスカリオテのユダという者が、
祭司長たちのところへ行き、言った。
Judas:
Was wollt ihr mir geben?
Ich will ihn euch verraten.
ユダ:
「あの男をあなたがたに引き渡せば、
幾らいくらくれますか。」
Evangelist:
Und sie boten ihm dreißig
Silberlinge. Und von dem an suchte er
Gelegenheit, daß er ihn verriete.
福音記者:そこで、彼らは銀貨三十枚を
支払った。その時から、ユダはイエスを引き渡そうと、
機会をうかがっていた。

(マタイ26・14-16)

Nr.8 ARIA:SopranoⅡ 第8曲 アリア=ソプラノⅡ
Blute nur, du liebes Herz!
  Ach, ein Kind, das du erzogen,
  Das an deiner Brust gesogen,
  Droht den Pfleger zu ermorden,
  Denn es ist zur Schlange worden.
Blute nur, du liebes Herz!
今は血を流してください、あなたは心を重んじられる方!

  ああ、あなたが育てた子が、
  あなたの胸で乳を吸った子が、
  育ての親をかみ殺そうとしている。
  その子は蛇になってしまったからです。

今は血を流してください、あなたは心を重んじられる方!
 

Nr.9 RECITATIVO
Coro
第9曲 レチタティーヴォ=テノール、バス
合唱 Ⅰ
Evangelist:
Aber am am ersten Tage
der süßen Brot traten die Jünger zu Jesu,
und sprachen zu ihm:
福音記者:
除酵祭の第一日に、
弟子たちがイエスのところに来て、
言った。
Chor:
Wo willst du, daß wir dir bereiten,
das Osterlamm zu essen?
合唱:
「どこに、過越の食事を
なさる用意をいたしましょうか。」
Evangelist:
Er sprach:
福音記者:
イエスは言われた。
Jesus:
Geht hin in die Stadt zu einem,
und sprecht zu ihm: Der Meister läßt dir
saqgen: Meine Zeit ist hier, ich will bei
dir die Ostern halten mit meinen Jüngern.
イエス:
「町のあの人のところに行って
こう言いなさい。『先生が、「私の時が近づいた。お宅で
弟子たちと一緒に過越の食事をする」
と言っています。』」
Evangelist:
Und die Jünger täten, wie
ihnen Jesus befohlen hatte, und bereiteten
das Osterlamm. Und am Abend setzte er sich zu Tische mit den Zwölfen. Und da sie aßen,
sprach er:
福音記者:
弟子たちは、イエスに
命じられたとおりにして、過越の食事を準備した。
夕方になると、イエスは十二人と一緒に
食事の席に着かれた。一同が食事をしているとき、
イエスは言われた。
Jesus:
Wahr
lich, ich sage euch: Einer unter euch wird mich verraten.
イエス:
「よく言っておく。あなたがたの一人が
私を裏切ろうとしている。」
Evangelist:
Und sie wurden sehr betrübt,
und huben an, ein jeglicher unter ihnen, und
sagten zu ihm.
福音記者:
弟子たちは非常に心を痛めて、
代わる代わる言い始めた。
Chor:
Herr, bin ich's?
合唱:弟子たち
「主よ、まさか私のことでは。」

(マタイ26・17-22)


Nr.10 CHORAL:CoroⅠ/Ⅱ 第10曲 コラール=合唱Ⅰ+Ⅱ
Ich bin's, ich sollte büßen,
An Händen und an Füßen
Gebunden in der Höll'.
Die Geißeln und die Banden,
Und was du ausgestanden,
Das hat verdienet meine Seel'.
それは私です、私こそ償うべき者です。
私こそ手足を
地獄でしばられるべき者です。

鞭や縄の拷問、
それはあなたが耐えられたことでした。
それは私の魂が受けるべきことでした。

Nr.11 RECITATIVO 第11曲 レチタティーヴォ=テノール、バス
Evangelist:
Er antwortete und sprach:
福音記者:
イエスはお答えになった。
Jesus:
Der mit der Hand mit mir in die Schüssel tauchet, der wird mich verraten.
Des menschen Sohn gehet zwar dahin, wie von
ihm geschrieben stehet doch wehe dem Menschen,
durch welchen des Menschen Sohn verraten wird.
Es wäre ihm besser, daß derselbige Mensch noch nie geboren wäre.
イエス:
「私と一緒に手で鉢に
食べ物を浸した者が、私を裏切る。
人の子は、
聖書に書いてあるとおりに去って行く。
だが、人の子を裏切る者に災いあれ。
生まれなかったほうが、
その者のためによかった。」
Evangelist:
Da antwortet Judas, der ihn verriet, und sprach:
福音記者:
イエスを裏切ろうとしていたユダが、言った。
Judas:
Bin ich's, Rabbi?
ユダ:
「先生、まさか私のことでは。」
Evangelist:
Er sprach zu ihm:
福音記者:
イエスは言われた。
Jesus:
Du sagest's.
イエス:
「それはあなたの言ったことだ。」
Evangelist:
Da sie aber aßen, nahm Jusus
das Brot, dankete, und brach's, und gab's
den Jüngern und sprach:
福音記者:
一同が食事をしているとき、イエスは
パンを取り、祝福してそれを裂き、
弟子たちに与えて言われた。
Jesus:
Nehmet, esset,das ist mein Leib.
イエス:
「取って食べなさい。これは私の体である。」
Evangelist:
Und er nahm den Kelch, und
dankete, gab ihnen den, und sprach:
福音記者:
また、杯を取り、
感謝をささげて彼らに与え、言われた。
Jesus:
Trinket alle daraus; das ist mein Blut
des neuen Testaments, welches vergossen wird
für viele zur Vergebung der Sünden.
Ich sage euch: Ich werde von nun an nicht mehr
von diesem Gewächs des Weinstocks trinken,
bis an den Tag, da ich's neu trinken werde
mit euch in meines Vaters Reich.
イエス:
「皆、この杯から飲みなさい。これは、
罪が赦されるように、多くの人のために流される、
私の契約の血である。
言っておくが、私の父の国で
あなたがたと共に新たに飲むその日まで、
今後、ぶどうの実から作ったものを
飲むことは決してあるまい。」

(マタイ26・23-29)

Nr.12 RECITATIVO accompagnato
SopranoⅠ
第12曲 レチタティーヴォ・アッコムパニャート=
ソプラノⅠ
Wiewohl mein Herz in Tränen schwimmt,
Daß Jesus von mir Abschied nimmt,
So macht mich doch sein Testament erfreut.
Sein Fleisch und Blut, o Kostbarkeit,
Vermacht er mir in meine Hände.
Wie er es auf der Welt mit denen Seinen
Nicht böse können meinen,
So liebt er bis an das Ende.
私の心は涙の中でさまよっている。
イエスが私に別れを告げられたから。
それでもイエスの約束は、私を喜ばせる。
イエスの肉と血。おお、それはなんと尊いものでしょう!
イエスは私の手にそれらを遺される。

これによってイエスはご自分に従う者たちとともに
            この世におられることになる。
弟子たちはこのことを悪くないと捉えている。
これによって世の終わりまで、 イエスが愛し続けられる。

Nr.13 ARIA:Soprano 第13曲 アリア-ソプラノⅠ
Ich will dir mein Herze schenken,
Senke dich, mein Heil, hinein.

  Ich will mich in dir versenken;
  Ist dir gleich die Welt zu klein,
  Ei, so sollst du mir allein
  Mehr als Welt und Himmel sein.

Ich will mein Herze schenken,
Senke dich, mein Heil, hinein.
私の心をあなたに捧げます。
私の救いよ、私の心の奥深くに入ってください。

  あなたの中に私を沈めよう。
  この世界でさえあなたには小さすぎる。
  ああ、それゆえあなたのみが私にとって
  この天と地以上の大きな存在なのです。

私の心をあなたに捧げます。
私の救いよ、私の心の奥深くに入ってください。

Nr.14 RECITATIVO 第14曲 レチタティーヴォ=テノール、バス
Evangelist:
Und da sie den Lobgesang
gesprochen hatten, gingen sie hinaus
an den Ölberg. Da sprach Jesus zu ihnen.
福音記者:
一同は賛美の歌を歌ってから、
オリーブ山へ出かけた。
その時、イエスは弟子たちに言われた。
Jesus:
In dieser Nacht werdet ihr euch
alle ärgern an mir. Denn es stehet
geschrieben: Ich werde den Hirten schlagen,
und die Schafe der Herde werden sich zerstreuen. Wann ich aber auferstehe, will
ich vor euch hingehen in Galialäam.
イエス:
「今夜、あなたがたは皆、
私にでつまづく。
『私は羊飼いを打つ。すると、羊の群れは散らされる』
と書いてあるからだ。
しかし、私は復活した後、
あなたがたより先にガリラヤに行く。」

(マタイ26・30-32)

Nr.15 CHORAL:CoroⅠ/Ⅱ 第15曲 コラール=合唱Ⅰ+Ⅱ
Erkenne mich, mein Hüter,
Mein Hirte, nimm mich an.
Von dir,Quell aller Güter,
Ist mir viel Gut's getan.
Dein Mund hat mich gelabet
Mit Milch und süßer Kost,
Dein Geist hat mich begabet
Mit mancher Himmelslust.
私のことをお知りください、私の守護者よ。
私の牧者よ、私を受け入れてください。
すべての善の泉であるあなたによって、
私に多くのよいものがもたらされた。

あなたの口は私を元気づけてくださいました、
乳と甘い食べ物で。

あなたの霊は私に与えてくださいました、
多くの天上の喜びを。

Nr.16 RECITATIVO 第16曲 レチタティーヴォ=テノール、バス
Evangelist:
Petrus aber antwortete, und sprach zu ihm:
福音記者:
するとペトロが、言った。
Petrus:
Wenn sie auch alle sich an dir ärgerten, so will ich doch mich nimmer mehr ärgern.
ペトロ:
「たとえ、皆があなたにつまずいても、
私は決してつまずきません。」
Evangelist:
Jesus spracha zu ihm:
福音記者:
イエスは言われた。
Jesus:
Wahrlich,ich sage dir: In dieser
Nacht, ehe der Hahn krähet, wirst du mich
dreimal verleugnen.
イエス:
「よく言っておく。
今夜、鶏が鳴く前に、あなたは
三度、私を知らないと言うだろう。」
Evangelist:
Petrus sprach zu ihm:
福音記者:
ペトロは、
言った。
Petrus:
Und wenn ich mit dir sterben
müßte, so will ich dich nicht verleugnen.
ペトロ:
「たとえ、ご一緒に死なねば
ならなくなって、あなたを知らないなどとは決して申しません。」
Evangelist:
Desgleichen sagten auch alle Jünger.
福音記者:
弟子たちも皆、同じように言った。
(マタイ26・33-35)

Nr.17 CHORAL:CoroⅠ/Ⅱ 第17曲 コラール=合唱Ⅰ+Ⅱ
Ich will hier dei dir stehen,
Verachte mich doch nicht!
Von dir will ich nicht gehen,
Wenn dir dein Herze bricht.
Wenn dein Herz wird erblassen
Im letzten Todesstoß,
Alsdenn will ich dich fassen
In meinen Arm und Schoß.
私はあなたのもとにいたいのです。
でも私を軽んじないでください。
私はあなたから去りたくないのです、
あなたの心が悲嘆にくれている時に。

あなたの鼓動が消え失せるでしょう、
最後の致命の打撃によって。

私はあなたを、
この腕とひざで受けとめたいのです。

Nr.18 RECITATIVO 第18曲 レチタティーヴォ=テノール、バス
Evangelist:
Da kam Jesus mit ihnen zu einem Hofe,
der hieß Gethemane, und sprach zu seinem Jüngern:
福音記者:
それから、イエスは弟子たちと一緒に
ゲッセマネという所に来て、言われた。
Jesus:
Setzet euch hier, bis ich dorthin gehe,
und bete!
イエス:
「私が向こうへ行って祈っている間、
ここに座っていなさい。」
Evangelist:
Und nahm zu sich Petrum und
die zween Söhne Zebedäi, und fing an zu trauern
und zu zagen. Da sprach Jesus zu ihnen:
福音記者:
そして、ペトロと
ゼベダイの子二人とを伴われたが、悲しみに悩み始められた。
そして彼らに言われた。
Jesus:
Meine Seele ist betrübt bis an den Tod,
bleibet hie, und wachet mit mir.
イエス:
「私は死ぬほど苦しい。
ここを離れず、私と共に目を覚ましていなさい。」
(マタイ26・36-38)

Nr.19  RECITATIVO accompagnato
TenoreⅠ&ChoralⅡ
第19曲 レチタティーヴォ・アッコムパニャート
テノールⅠ+
コラールⅡ
Solo zion:O Schmerz, hier zittert
            das gequälte Herz!
Wie sinkt es hin, wie bleicht sein Angesict!
独唱シオン:おお、痛ましいことです、 
           悩に満ちた心がふるえている!
       消え行くように青ざめたお顔!
CHORAL:Was ist die Ursach' aller
      solcher Plagen.
コラール:なぜこんなにもひどい苦しみが
      生じたのか。
Solo zion:Der Richter führt ihn
               vor Gericht.
Da ist kein Trost, kein Helfer nicht.
独唱シオン:裁判官は法廷に
            彼を引いていく。
       なんの慰めもなく、助ける人もいない。
CHORAL:Ach,meine Sünden haben
      dich geshlagen.
コラール:ああ、私の罪が
       あなたを打ちのめしたのです。
Solo zion:Er leidet alle Höllenqualen,
Er soll für fremden Raub bezahlen.
独唱シオン:彼はすべての地獄の責めを受けられる。
 彼は他人の掠奪を償おうとしておられるのだろうか。
CHORAL:Ich,ach Herr Jesu,
      habe dies verschuldet,
      was du erduldet.
コラール:私にこそ、ああ主イエスよ、
      責任があります、
      あなたが堪え忍んでおられることに。

Solo zion:Ach! könnte meine Liebe dir,
mein Heil, dein Zittern und dein Zagen
vermindern oder helfen tragen,
wie gerne blieb' ich hier!
独唱シオン:ああ、私のあなたへの愛が、
  私の救いよ、あなたのふるえとおののきを
  やわらげ、担うことをお助けできればよいのだが。
  ここにとどまることは、なんとうれしいことでしょう!

Nr.20 ARIA:TenoreⅠ&CoroⅡ 第20曲 アリア=テノールⅠ+合唱Ⅱ
Solo:Ich will bei meinem Jesu wachen,
Coro:O schlafen unsre Sünden ein.
独唱:私はイエスのそばで目ざめて見守っていましょう。
合唱そうすれば私たちの罪は眠りにつくことでしょう。
Solo:Meinen Tod büßet seiner Seelen Not,
Sein Trauren machet mich voll Freuden.
Coro:Drum muß uns sein verdienstlich
Leiden recht bitter, und doch süße sein.
独唱:私の死を、彼の魂の苦しみが償ってくださる。
彼の悲しみは私を喜びで充たしてくださる。


合唱そのため、受けなくてはならなかった受難は
本当におつらいことでしょう、でも私たち皆には心地よいことです。
Solo:Ich will bei meinem Jesu wachen,
Coro:So schlafen unsre Sünden ein.  
独唱:私はイエスのそばで目ざめて見守っていましょう。
合唱そうすれば私たちの罪は眠りにつくことでしょう。

Nr.21 RECITATIVO 第21曲 レチタティーヴォ=テノール、バス
Evangelist:
Und ging hin ein wenig, fiel nieder
auf sein Angesicht, und betete, und sprach:
福音記者:
少し先に進んで
うつ伏せになり、祈って言われた。
Jesus:
Mein Vater, ist's möglich,
so gehe dieser Kelch von mir;
doch nicht wie ich will,
sondern wie du willst.
イエス:
「父よ、できることなら、
この杯を私から過ぎ去らせてください。
しかし、私の望むようにではなく、
御心のままに。」

(マタイ26・39)

Nr.22 RECITATIVO accompagnato
BssoⅡ
第22曲 レチタティーヴォ・アッコムパニャート=
バスⅡ
Der Heiland fällt vor seinem Vater nieder,
Dadurch erhebt er mich und alle
Von unserm Falle
Hinauf zu Gottes Gnade wieder.
Er ist bereit,
Den Kelch, des Todes Bitterkeit zu trinken,
In welchen Sünden dieser Welt
Gegoscen sind und häßlich stinken,
Weil es dem lieben Gott gefällt.
救い主がおん父の前でひれ伏されている。
それによって彼は私とすべての人々を引き上げてくださる。
私たちの堕落から、
再び神の恵みの高みに。

彼は心づもりをしておられます、
この苦い死の杯を飲むことを。
それは、この世界のどんな罪も
(この杯が)注がれると、悪臭を放ちます。
すべては愛する神の思いにかなうことです。

Nr.23 ARIA:BssoⅡ 第23曲 アリア-バスⅡ
Gerne will ich mich bequemen,
Kreuz und Becher anzunehmen,
Trink' ich doch dem Heiland nach.
  Denn sein Mund,
  Der mit Milch und Honig fließet,
  Hat den Grund
  Und des Leidens herbe Schmach
  Durch den ersten Trunk versüßet.
Gerne will ich mich bequemen,
Kreuz und Becher anzunehmen,
Trink' ich doch dem Heiland nach.
私は喜んで従います。
十字架と杯を受け入れて
救い主の後で飲みましょう。

  なぜなら乳と蜜が滴る
  の口が、
  苦難の理由と
  つらい恥を

  先に飲み干し、甘美なものとしてくださったからです。

私は喜んで従います。
十字架と杯を受け入れて
救い主の後で飲みましょう。  

Nr.24 RECITATIVO 第24曲 レチタティーヴォ=テノール、バス
Evangelist:
Und er kam zu seinen Jüngern,
und fand sie schlafend, und sprach zu ihnen:
福音記者:
それから、弟子たちのところへ戻って御覧になると、
彼らは眠っていたので、ペトロに言われた。
Jesus:
Könnet ihr denn nicht eine Stunde
mit mir wachen? Wachet und betet, daß ihr
nicht in Anfechtung fallet. Der Geist ist
willig, aber das Fleisch ist schwach.
イエス:
「あなたがたはこのように、一時も
私と共に一緒に目を覚ましていられなかったのか。
誘惑に陥らぬように、目を覚まして祈っていなさい。
心ははやっても、肉体は弱い。」
Evangelist:
Zum andern Mal ging er hin,
betete, und sprach:
福音記者:
さらに、二度目に向こうへ行って
祈られた。。
Jesus:
Mein Vater, ist' nicht möglich, daß
dieser Kelch von mir gehe, ich trinke ihn
denn, so geschehe dein Wille.
イエス:
「父よ、私が飲まないかぎり
この杯が過ぎ去らないのでしたら、、
御心が行われますように。」

(マタイ26・40-42)

Nr.25 CHORAL:CoroI/Ⅱ 第25曲 コラール=合唱Ⅰ+Ⅱ
Was mein Gott will,das g'schen' alzeit,
Sein Will', der ist der beste.
Zu helfen den'n er ist bereit,
Die an ihn glauben feste.
Er hilft aus Not,
Der fromme Gott,
Und züchtiget mit Maßen.
Wer Gott vertraut, fest auf ihn baut,
Den will er nicht verlassen.
私の神のみ心がいつも行われますように。
神のみ心こそ、最善のものです。
神は助けを備えておられる、
神を固く信じる者たちに。

神は苦難から救い出される。
いつくしみ深い神は、
また人の力に応じて試練を与えられる。

神に信頼し、神に基礎を固く置く者を、
神はお見すてになることはありません。

Nr.26 RECITATIVO 第26曲 レチタティーヴォ=テノール、バス
Evangelist:
Und er kam und fand sie aber schlafend, und ihre Augen waren voll Schlaf's.
Und er ließ sie und ging abermals hin, und betete zum drittenmal, und redete dieselbitigen
Worte. Da kam er zu seinen Jüngern, und sprach
zu ihnen:
福音記者:
再び戻って御覧になると、弟子たちは眠っていた。
まぶたが重くなっていたのである。
そこで彼らを離れ、また向こうへ行って、三度目も
同じ言葉で祈られた。それから、
弟子たちのところに戻って来て言われた。
Jesus:
Ach, wollt ihr nun schlafen und ruhen?
Siehe, die Stunde ist hier, daß des Menschen
Sohn in der Sünder Hände überantwortet wird.
Stehet auf, lasset uns gehen, siehe, er ist da,
der mich verrät.
イエス:
「まだ眠っているのか。休んでいるのか。
時が近づいた。
人の子は罪人たちの手に渡される。
立て、行こう。見よ、
私を裏切る者が近づいて来た。」
Evangelist:
Und als er noch redete, siehe,
da kam Judas, der Zwölfen einer, und mit ihm
eine große Schar mit Schwertern und mit Stangen,
von den Hohenpriestern und Ältesten des Volks.
Und der Verräter hatte ihnen ein Zeichen gegeben,
und gesagt: Welchen ich küssen werde, der ist's,
den greifet. Und alsbald trat er zu Jesu
und sprach:
福音記者:
イエスがまだ話しておられるうちに、
十二人の一人であるユダがやって来た。
祭司長たちや、民の長老たちの遣わした
大勢の群衆も、剣や棒を持って一緒に来た。
イエスを裏切ろうとしていたユダは、
「私が接吻するのが、その人だ。それを捕まえろ」と、
前もって合図を決めていた。ユダはすぐにイエスに近寄った。
Judas:
Gegrüßet seist du, Rabbi!
ユダ:
「先生、こんばんは」
Evangelist:
Und küssete ihn. Jesus aber sprach zu ihm:
福音記者:
と言って接吻した。イエスは、言われた。
Jesus:
Mein Freund, warum bist du kommen?
イエス:
「友よ、しようとしていることをするがよい。」
Evangelist:
Da traten sie hinzu, und legten
die Hände an Jesum, und griffen ihn.
福音記者:
その時、人々は進み寄り、イエスに
手をかけて捕らえた。

(マタイ26・43-50)

Nr.27a ARIA:SopranoⅠ&AltoⅠ
CoroⅡ
第27曲a アリア=ソプラノⅠ+アルトⅡ
合唱Ⅱ
Soli:So ist mein Jesus nun gefangen. 二重唱:このようにして、私のイエスは今捕らえられた。
Coro:Laßt ihn, haltet,bindet nicht! 合唱:イエスを放せ、やめてください、縛らないで!
Soli:Mond und Licht
    Ist vor Schmerzen untergangen,
    Weil mein Jesus ist gefangen.  
二重唱:月と光は、
     苦痛のため、沈んでしまいました。

    私のイエスが捕らわれたためです。
Coro:Laßt ihn, haltet, bindet nicht! 合唱:イエスを放せ、やめてください、縛らないで!
Soli:Sie führen ihn, er ist gebunden. 二重唱:彼らはイエスをひいて行く。イエスは縛られている。
Nr.27b COROⅠ/Ⅱ 第27曲b 合唱Ⅰ+Ⅱ
Sind Blitze,sind Donner in Wolken                     verschwunden?
Eröffne den feurigen Abgrund, o Hölle,
Zertrümmre, verderbe, verschlinge, zerschelle
Mit plötzlicher Wut
Den falschen Verräter,das mördrishe Blut!
稲妻よ、雷よ、雲の中に消えたのか?

劫火の淵を開け、おお、地獄よ。

破壊せよ、滅ぼせ、飲み込め、粉々にせよ
即刻怒りで。
不実な裏切り者を、その人殺しを!

Nr.28 RECITATIVO 第28曲 レチタティーヴォ=テノール、バス
Evangelist:
Und siehe, einer aus denen,
die mit Jesu waren, reckete die Hand aus,
und schlug des Hohenpriesters Knecht,
und hieb ihmein Ohr ab.Da sprach Jesus zu him:
福音記者:すると、イエスと一緒にいた者の
一人が、手を伸ばして剣を抜き、
大祭司の僕に打ちかかって、
片方の耳を切り落とした。そこで、イエスは言われた。
Jesus:
Stecke dein Schwert an seinen Ort,
denn wer das Schwert nimmt, der soll durchs
Schwert umkommen. Oder meinest du, daß ich
nicht könnte meinen Vater bitten, daß er mir
zushickte mehr denn zwölf Legion en Engel?
Wie würde aber die Schrift erfüllet?
Es muß also gehen.
イエス:「剣を鞘に納めなさい。
剣を取る者は皆、
剣で滅びる。私が父にお願いできないとでも思うのか。
お願いすれば、父は
十二群団以上の天使を今すぐ送ってくださるであろう。
しかしそれでは、必ずこうなると書いてある聖書の言葉が、
どうして実現されよう。」
Evangelist:
Zu der Stund' sprach Jesus zu den Scharen.
福音記者:またその時、イエスは群衆に言われた。
Jesus:
Ihr seid ausgegangen als zu einem
Mörder, mit Schwertern und mit Stangen, mich
zu fassen; bin ich doch täglich bei euch
gesessen, und habe gelehret im Tempel, und ihr
habt mich nicht gegriffen. Aber das ist alles
geschehen, daß erfüllet würden die Schriften
der Propheten.
イエス:
「まるで強盗にでも
向かうかのように、剣や棒を持って
捕らえに来たのか。私は毎日、
神殿の境内に座って教えていたのに、
あなたがたは私を捕らえなかった。しかし、すべて
こうなったのは、預言者たちの書が
実現するためである。」
Evangelist:
Da verließen ihn alle Jünger, und flohen.
福音記者:
この時、弟子たちは皆、イエスを見捨てて逃げてしまった。

(マタイ26・51-56)

Nr.29 CHORAL:CoroⅠ/Ⅱ 第29曲 コラール合唱Ⅰ+Ⅱ
O mensh,bewein' dein Sünde groß,
darum Christus sein's Vaters Schoß
Äußert,und kam auf Erden;
Von einer Jungfrau rein und zart,
Für uns er hie geboren ward,
Er wollt' der Mittler werden.

Den'n Toten er das Leben gab,
Und leg't dabei all' Krankheit ab,
Bis sich die Zeit herdrange,
Daß er für uns geopfert würd',
Trüg' unsrer Sünden schwere Bürd',
Whol an dem Kreuze lange.
おお人間よ、あなたの大きな罪を嘆き悲しみなさい。
キリストが父のふところを捨て、
地上にいらしたのです。
汚れのない、恵みにあふれたおとめから、
私たちのためにお生まれになった
彼は、私たちとの仲介者になろうとされた。


キリストは死者に生命を与え、
すべての病を取り除かれた。
時は迫り、
私たちのために命をささげ、
私たちの罪による重い荷を背負うために、
十字架刑に長い間、服されたのです。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[Secunda Pars] [第二部]

Nr30 ARIA:AltoⅠ&ChorⅡ 第30曲 アリア=アルトⅠ+合唱Ⅱ
Solo:Ach! nun ist mein Jesus hin! 独唱:ああ! 私のイエスは連れ去られてしまいました。
Chor:Wo ist denn dein Freund hingegangen,
    O du Schönste unter den Weibern?
合唱:あなたの愛する者は一体どこへ行ってしまったのですか?
    おお、あなたは女の中でも最も美しいというのに。
Solo:Ist es möglich, kann ich schauen? 唱:こんなことってあるのでしょうか?
    私が会うことができないのでしょうか?
Chor:Wo hat sich dein Freund hingewandt? 合唱:あなたの愛する者はどこへ向かわれたのですか?
Solo:Ach! mein Lamm in Tigerklauen!
    Ach! wo ist mein Jesus hin?
独唱:ああ! 私の子羊は虎の爪の中にいる!
    ああ! 私のイエスはどこへ連れ去られたのでしょうか?
Chor:So wollen wir mit dir ihn suchen. 合唱:それなら私たちはあなたと一緒に彼を探しましょう。
Solo:Ach! was soll ich der Seele sagen,
    Wenn sie mich wird ängstlich fragen:
    Ach! wo ist mein Jesus hin?
独唱:ああ! 私は魂になんと答えるべきでしょうか。
    魂が不安げに私にたずねます。
    「ああ! 私のイエスはどこにいますか?」と。

Nr31 RECITATIVO 第31曲 レティタティーヴォ=テノール
Evangelist:
Die aber Jesum gegriflen hatten,
führeten ihn zu dem Hohenpriester Caiphas,
dahin die Scriftgelehrten und Ältesten sich
versammlet hatten. Petrus aber folgete ihm
nach von ferne bis in den Palast des
Hohenpriesters, und ging hinein und satzte
sich bei den Knechten, auf daß er sähe, wo es
hinaus wollte. Die Hohenpriester aber und
Ältesten und der ganze Rat suchten falsche
Zeugnis wider Jesum, auf daß sie ihn töteten,
und fanden keines.
福音記者:
人々はイエスを捕らえ、
大祭司カイヤファのところへ連れて行った。
そこには、律法学者たちや長老たちが
集まっていた。ペトロは遠くから
イエスの後に付いて、大祭司の中庭まで行き、
成り行きを見届けようと、
中に入って、下役たちと一緒に座っていた。
祭司長たちと最高法院の全員は、
死刑にしようとして
イエスに対する偽証を求めた。


(マタイ26・57-59)

Nr32 CHORAL:CoroⅠ/Ⅱ
第32曲 コラール=合唱Ⅰ+Ⅱ
Mir hat die Welt trüglich gericht't
Mit Lügen und mit falschem G'dicht
Viel Netz und heimlich Stricken.
Herr,nimm mein wahr in dieser G'fahr,
B'hüt mich vor falschen Tücken.

世は、いつわりの策略を行った。
嘘とにせの優しさを伴う、
多くのわなと巧みな落とし穴を。

主よ、この危険の中で私の真をお受けくださり、
いつわりの悪巧みから、私をお守りください。

Nr33 RECITATIVO
Zeugen:AltoⅡ/TenoreⅡ、Hohepriester:BassoⅠ
第33曲 レティタティーヴォ
証人=アルトⅡ+テノールⅡ、大祭司=バスⅠ
Evangelist:Und wiewohl viel falsche Zeugen
herzutraten, funden sie doch keins. Zuletzt
traten herzu zween falsche Zeugen, und sprachen:
福音記者:偽証者が何人も現れたが、
証拠は得られなかった。最後に
二人の者が来て、告げた。
Zeugen:Er hat gesagt: Ich kann den Tempel Gottes
abbrechen, und in dreien Tagen denselben bauen.
証人:「この男は、『神の神殿を打ち倒し、
三日あれば建てることができる』と言いました。」
Evangelist:Und der Hohepriester stand auf und
sprach zu ihm:
福音記者:そこで、大祭司は立ち上がり、
イエスに言った。
Hohepriester:Antwortest du nichts zu dem, das
diese wider dich zeugen?
大祭司:「何も答えないのか。この者たちが
お前に不利な証言をしているが、どうなのか。」
Evangelist:Aber Jesus schwieg stille.   福音記者:イエスは黙っておられた。
(マタイ26・60-63)

Nr.34 RECITATIVO accompagnatoTenoreⅡ 第34曲 レチタチーヴォ・アッコムパニャート=
テノールⅡ
Mein Jesus schweigt
   zu falschen Lügen stille,
Um uns damit zu zeigen,
Daß sein erbarmensvoller Wille
Für uns zum Leiden sei geneigt,
Und daß wir in dergleichen Pein
Ihm sollen ähnlich sein,
Und in Verfolgung stille schweigen.
私のイエスは、
     まちがった嘘にも静かに沈黙している。

このことによって私たちに教えられる。

そのあわれみちたみ心が、
私たちのための受難に向かわれていることを。

そして私たちが同じような苦悩にあるとき、
彼にならうべきであり、
迫害にあって静かに黙すべきであることを。

Nr.35 ARIA:TenoreⅡ 第35曲 アリア=テノールⅡ
Geduld,Geduld!
Wenn mich falsche Zungen stechen.
Leid' ich wider meine Schuld
Schimpf und Spott,
Ei, so mag der liebe Gott
Meines Herzens Unshuld rächen.
Geduld, Geduld!
Wenn mich falsche Zungen stechen.
忍耐しなさい、忍耐が大切です!
いつわりのことばが私を刺すときは。

私の罪ゆえに耐えます、
侮辱とあざけりにも。
そうです、愛する神は
私の心に罪のないときは
それに報いてくださいます。


忍耐しなさい、忍耐が大切です!
いつわりのことばが私を刺すときは。

Nr.36 RECITATIVO
ChorⅠ/Ⅱ
第36曲 レティタティーヴォ=テノール、バス
合唱Ⅰ+Ⅱ
Evangelist:
Und der Hohepriester antwortete,
und sprach zu ihm:
福音記者:
大祭司は言った。
Hohepriester:
Ich beschwöre dich bei
dem lebendigen Gott, daß du uns sagest,
ob du seiest Chirstus, der Sohn Gottes.
大祭司:
「生ける神に誓って
われわれに答えよ。
お前は神の子、メシアなのか。」
Evangelist:
Jesus sprach zu ihm:
福音記者:
イエスは言われた。
Jesus:
Du sagest's. Doch sage ich euch: Von nun
an wird's geschehen, daß ihr sehen werdet des
Menschen Sohn sitzen zur Rechten der Kraft, und
kommen in den Wolken des Himmels.
イエス:
「それはあなたの言ったことだ。
だが、私は言っておく。あなたがたは間もなく
人の子が力ある方の右に座り
天の雲に乗って来るのを見る。」
Evangelist:
Da zerriß der Hohepriester seine Kleider,
und sprach:
福音記者:
そこで、大祭司は衣を引き裂いて言った。
Hohepriester:
Er hat Gott gelästert. Was dürfen
wir weiter Zeugnis? Siehe, jetzt habt ihr seine
Gotteslästerung gehöret. Was dünket euch?
大祭司:
「神を冒涜した。これでもまだ
証人が必要だろうか。諸君は今、
冒涜の言葉を聞いた。どう思うか。」
Evangelist:
Sie antworteten, und sprachen:
福音記者:
人々は、答えた。
Chor:
Er ist des Todes schuldig!
合唱:人々
「死刑にすべきだ。」
Evangelist:
Da speieten sie aus in sein Angesicht,
und schlugen ihn mit Fäusten.
Etliche aber schlugen ihn ins Angesicht, und sprachen:
福音記者:
そして、イエスの顔に
唾を吐きかけ、こぶしで殴り、
ある者は平手で打って、言った。
Chor:
Weissage uns, Christe, wer ist's, der dich schlug?
合唱:
「メシア、お前を殴ったのは誰か、言い当ててみろ。」
(マタイ26・63-68)

Nr.37 CHORAL:CoroⅠ/Ⅱ 第37曲 コラール=合唱Ⅰ+Ⅱ
Wer hat dich so geschlagen,
Mein Heil, und dich mit Plagen
So übel zugericht?
Du bist ja nicht ein Sünder,
Wie wir und unsre Kinder;
Von Missetaten weißt du nicht.

誰があなたをこのように打ち、
私の救いよ、あなたに苦しみを与え、
このようなひどい目に合わせたのですか?

あなたはたしかに罪人ではありません、
私たちと私たちの子孫のように。
あなた自身は、悪い行いを知らない方です。

Nr.38 RECITATIVO
SopranoⅠ/AltoⅠ、ChorⅡ
第38曲 レティタティーヴォ=テノール、バス
ソプラノⅠ+アルトⅠ、合唱Ⅱ
Evangelist:
Petrus aber saß darußen im Palast;
und es trat zu ihm eine Magd, und sprach:
福音記者:
ペトロが外の中庭に座っていると、
召し使いの女が一人近寄って来て、言った。
Erste Magd:
Und du warest auch mit dem Jesu aus Galiläa.
召し使いの女1:
「あなたもガリラヤのイエスと一緒にいた。」
Evangelist:
Er leugnete aber vor ihnen allen und sprach:
福音記者
ペトロは皆の前でそれを打ち消して、言った。
Petrus:
Ich weiß nicht, was du sagest.
ペトロ:
「何を言っているのか、分からない。」
Evangelist:
Als er aber zur Tür hinausging,
sahe ihn eine andere, und sprach zu denen,
die da waren:
福音記者:
ペトロが門の方へ行くと、
ほかの召し使いの女が彼に目を留め、居合わせた人々に、
言った。
Zweite Magd:
Dieser war auch mit dem Jesu von Nazareth.
召し使いの女2
「この人はナザレ人のイエスと一緒にいました」。
Evangelist:
Und er leugnete abermal,und schwur dazu:
福音記者:
そこで、ペトロは再び、誓って打ち消した。
Petrus:
Ich kenne des Menschen nicht.
ペトロ:
「そんな人は知らない。」
Evangelist:
Und über eine kleine Weile traten hinzu,
die da standen, und sprachen zu Petro:
福音記者:
しばらくして、そこにいた人々が
近寄って来てペトロに言った。
Chor:
Wahrlich, du bist auch einer von denen;
denn deine Sprache verrät dich.
合唱:人々
「確かにお前もあの連中の仲間だ。
言葉のなまりで分かる。」
Evangelist:
Da hub er an sich zu verfluchen
und zu schwören:
福音記者:
その時、ペトロは呪いの言葉さえ口にしながら、
誓い始めた。
Petrus:
Ich kenne des Menschen nicht.
ペトロ:
「そんな人は知らない。」
Evangelist:
Und alsbald krähete der Hahn.
Da dachte Petrus an die Worte Jesu, da er zu ihm
sagte: Ehe der Hahn krähen wird, wirst du mich
dreimal verleugnen.Und ging heraus und weinete
bitterlich.
福音記者:
するとすぐ、鶏が鳴いた。
ペトロは、「鶏が鳴く前に、あなたは三度、私を
知らないと言うだろう」と
言われたイエスの言葉を
思い出した。そして外に出て、激しく泣いた。


(マタイ26・69-75)

Nr.39 ARIA:AltoⅠ&
Violino
solo
第39曲 アリア=アルトⅠ+
ヴァイオリン独奏
Erbarme dich, mein Gott,
Um meiner Zähren willen;
  Schaue hier, Herz und Auge
  Weint vor dir bitterlich.
Erbarme dich, mein Gott,
Um meiner Zahren willen.
あわれみください、私の神よ。
私の涙に免じて。

  ごらんください、心と目が、
  み前ではげしく泣いているのを。

あわれみください、私の神よ。
私の涙に免じて。

Nr.40 CHORAL:CoroⅠ/Ⅱ 第40曲 コラール=合唱Ⅰ+Ⅱ
Bin ich gleich von dir gewichen,
Stell' ich mich doch wieder ein;
Hat uns doch dein Sohn verglichen
Durch sein' Angst und Todespein.
Ich verleugne nicht die Schuld,
Aber deine Gnad und Huld
Ist viel größer als die Sünde,
Die ich stets in mir befinde.
たとえあなたから離れたとしても、
再びあなたのもとに帰ります。
あなたの御子が私たちを贖ってくださいました、
ご自分の苦しみと死の拷問によって。

私の責任を否定しません。
しかしあなたの恵みといつくしみは
罪よりはるかに大きなものです。
その罪とは、私が常に犯す罪のことです。

Nr.41 RECITATIVO
ChorⅠ/Ⅱ
第41曲 レティタティーヴォ=テノール、バス
合唱Ⅰ+Ⅱ
Evangelist:
Des Morgens aber hielten alle
Hohenpriester und die Ältesten des Volks einen
Rat über Jesum, daß sie ihn töteten.Und banden
ihn, führeten ihn hin, und überantworteten ihn
dem Landpfleger Pontio Pilato. Da das sahe Judas,
der ihn verraten hatte, daß er verdammt war zum
Tode, gereuete es ihn, und brachte herwieder die
dreißig Silberlinge den Hohenpriestern und
Ältesten und sprach:
福音記者:
夜が明けると、祭司長たちと
民の長老たち一同は、イエスを
殺すために協議した。
そして、イエスを縛って連れ出し、
総督ピラトに渡した。
その頃、イエスを裏切ったユダは、
イエスに有罪の判決が下ったのを知って後悔し、
銀貨三十枚を祭司長たちや、
長老たちに返そうとして、
言った。
Judas:
Ich habe übel getan, daß ich unschuldig
Blut verraten habe.
ユダ:
「私は罪のない人の血を売り渡し、
罪を犯しました。」
Evangelist:
Sie sprachen:
福音記者:
しかし彼らは、言った。
Coro:
Was gehet uns das an? Da siehe du zu!
合唱:祭司長・長老たち
「我々の知ったことではない。お前の問題だ。」
Evangelist:
Und er warf die Silberlinge in den
Tempel, hub sich davon, ging hin, und erhangete
sich selbst. Aber die Hohenpriester nahmen die
Silberlinge und sprachen:
福音記者:
それで、ユダは銀貨を神殿に
投げ込んでそこを離れ、出て行って、
首をくくった。
祭司長たちはその銀貨を
拾いあげて、言った。

Coro:
Es taugt nicht, daß wir sie in den
Gotteskasten legen, denn es ist Blutgeld.

合唱:祭司長たち
「これは血の代価だから、
神殿の金庫に入れるわけにはいかない。」

(マタイ27・1-6)

Nr.42 ARIA:BassoⅡ&Violino solo 第42曲  アリア=バスⅡ+ヴァイオリン独奏
Gebt mir meinen Jesum wieder!
  Seht, das Geld, den Mörderlohn,
  Wirft euch der verlorne Sohn
  Zu den Füßen nieder.
Gebt mir meinen Jesum wieder!
私のイエスを返してください!

  見なさい、人殺しの報酬の金を、
  放蕩息子が投げ出した、
  あなた方の足もとに。


私のイエスを返してください!

Nr.43 RECITATIVO 第43曲 レティタティーヴォ=テノール、バス
Evangelist:
Sie hielten aber einen Rat,
und kauften einen Töpfers=Acker darum zum
Begräbnis der Pilger. Daher ist derselbige
Acker genennet der Blutacker bis auf den
heutigen Tag. Da ist erfüllet, das gesagt ist
durch den Propheten Jeremias, da er spricht:
Sie haben genommen dreißig Silberlinge,
damit bezahlet ward der Verkaufte, welchen sie
kauften von den Kindern Israel, und haben sie
gegeben um einen Töpfers=Acker, als mir der
Herr befohlen hat. Jesus aber stand vor dem
Landpfleger; und der Landpfleger fragte ihn und sprach:
福音記者:
相談のうえ、その金で
「陶工の畑」を買い、
見知らぬ人のための墓地にすることにした。それで、
この畑は今日まで「血の畑」と呼ばれている。
こうして、預言者エレミヤを通して
言われていたことが実現した。

「彼らは銀貨三十枚を取った。
それは、値ぶみされた者の価、
イスラエルの子らが値踏した者の価である。
主が私にお命じになったように、
彼らはこの金で陶工の畑を買い取った。」
さて、イエスが総督の前に立たれた。総督がイエスに、
尋問した。
Pilatus:
Bist du der Jüden König?
ピラト:
「あなたがユダヤ人の王か」。
Evangelist:
Jesus aber sprach zu ihm:
福音記者:
すると、イエスは、言われた。
Jesus:
Du sagest's.
イエス:
「それは、あなたが言っていることだ。」
Evangelist:
Und da er verklagt ward von
den Hohenpriestern und Ältesten, antwortete er
nichts. Da sprach Pilatus zu ihm:
福音記者:
しかし、祭長司たちや、長老たちから訴えが
なされたときは、何もお答えにならなかった。
ピラトはイエスに、言った。
Pilatus:
Hörest du nicht, wie hart sie dich verklagen?
ピラト:
「聞こえないのか。あんなにお前に不利な証言をしているのに。」

Evangelist:
Und er antwortete ihm nicht auf ein Wort, also,
daß sich auch der Landpfleger sehr verwunderte.

福音記者:
しかし、総督が非常に不思議に思うほどに、
イエスはどんな訴えにも、一言もお答えにならなかった。

(マタイ27・7-14)

Nr.44 CHORAL:CoroⅠ/Ⅱ 第44曲 コラール=合唱Ⅰ+Ⅱ
Befiehl du deine Wege
Und was dein Herze kränkt
Der allertreusten Pflege
Dess, der den Himmel lenkt.
Der Wolken, Luft und Winden
Gibt Wege, Lauf und Bahn,
Der wird auch Wege finden,
Da dein Fuß gehen kann.
あなたの道をゆだねなさい。
病んでるあなたの心を。
限りない守護に。
天を支配される方に。

雲、大気そして風に
その道や進路と軌道を与えられる。
そのような道をを見つけられる方は、
あなたの足を歩み導くこともおできなります。

Nr.45 RECITATIVO
CoroⅠ/Ⅱ
第45曲 レティタティーヴォ=テノール、バス
合唱Ⅰ+Ⅱ
Evangelist:
Auf das Fest aber hatte der Landpfleger
Gewohnheit, dem Volk einen Gefangenen loszugeben,
welchen sie wollten. Er hatte aber zu der Zeit einen
Gefangenen, einen sonderlichen vor andern, der hieß
Barrabas. Und da sie versammlet waren, sprach Pilatus
zu ihnen:
福音記者:
ところで、祭りの度に、
総督は民衆の希望する囚人を
一人釈放することにしていた。
時に、バラバ・イエスと言う
名うての囚人がいた。ピラトは、人々が集まって来たときに
言った。
Pilatus:
Welchen wollet ihr, daß ich euchlosgebe? Barrabam oder Jesum, von dem gesaget wird, er sei Christus?
ピラト:
「どちらを釈放して欲しいのか。
バラバ・イエスか。それともメシアと言われるイエスか。」
Evangelist:
Denn er wußte wohl, daß sie ihn aus Neid überantwortet hatten. Und da er auf dem Richtstuhl saß, schickete sein Weib zu ihm, und ließ ihm sagen:
福音記者:
人々がイエスを引き渡したのは、妬みのためだと
分かっていたからである。ピラトが裁判の席についているとき、
その妻が彼のもとに人をやって言わせた。
Pilati weib:
Habe du nichts zu schaffen mit diesem Gerechten;
ich habe heute viel erlitten im Traum von seinetwegen.
ピラトの妻:
「あの正しい人に関わらないでください。
その方のために私は今日、夢で非常に苦しみました。」
Evangelist:
Aber die Hohenpriester und die Ältesten
überredeten das Volk, daß sie um Barrabam bitten
sollten, und Jesum umbrächten. Da antwortete nun
der Landpfleger, und sprach zu ihnen:
福音記者:
しかし、祭司長たちや、長老たちは、
バラバを釈放して、イエスを死刑に処してもらうようにと
群衆を説得した。そこで、総督が言った。
Pilatus:
Welchen wollt ihr unter diesen zweien,
den ich euch soll losgeben?
ピラト:
「二人のうち、
どちらを釈放してほしいのか。」
Evangelist:
Sie sprachen:
福音記者:
人々は、言った。
Coro:
Barrabam!
合唱:
「バラバを。」
Evangelist:
Pilatus sprach zu ihnen:
福音記者:
ピラトが、言った。
Pilatus:
Was soll ich denn machen mit Jesu, von dem gesagt wird,
er sei Christus?
ピラト:
「では、メシアと言われているイエスの方は、
どうしたらよいか。」
Evangelist:Sie sprachen alle: 福音記者:
人々は、言った。
Coro:Laß ihn kreuzigen! 合唱:
「十字架につけろ。」

(マタイ27・15-22)

Nr.46 CHORAL:CoroⅠ/Ⅱ 第46曲 コラール=合唱Ⅰ+Ⅱ
Wie wunderbarlich ist doch diese Strafe!
Der gute Hirte leidet fur die Schafe,
Die Schuld bezahlt der Herre, der Gerechte,
Für seine Knechte.
なんというひどい処罰だろう!

よい羊飼いが羊に代わって苦しみ、
善そのものでいらっしゃる主が、負債を償われるとは、
しかも自分のしもべのために。

Nr.47 RECITATIVO 第47曲 レティタティーヴォ=テノール、バス
Evangelist:
Der Landpfleger sagte:
福音記者:
ピラ
トは、言った。

Pilatus
Was hat er denn Übels getan?

ピラト:
「一体、どんな悪事を働いたというのか。」
(マタイ27・23)

Nr.48 RECITATIVO accompagnato
SpranoⅠ
第48曲 レティタティーヴォ・アッコムパニャート=
ソプラノⅠ

Er hat uns allen wohlgetan.
Den Blinden gab er das Gesicht,
die Lahmen macht' er gehend,
er sagt' uns seines Vaters Wort,
er trieb die Teufel fort,
betrübte hat er aufgericht',
er nahm die Sünder auf und an;
sonst hat mein Jesus nichts getan.

彼は私たちすべてに善いことしてくださいました。
目が見えない人を見えるようにし、
歩けない人を歩けるようになさいました。

御父のことばを私たちに告げ、
悪魔を追い出してくださいました。

悲しむ者を助け起こし、
彼は罪人を迎え、受け入れました。

私のイエスは、悪いことは何一つなさらなかった。

Nr.49 Aria:SpranoⅠ 第49曲 アリア=ソプラノⅠ
Aus Liebe will mein Heiland sterben,
Von einer Sünde weiß er nichts.
  Daß das ewige Verderben
  Und die Strafe des Gerichts
  Nicht auf meiner Seele bliebe.
Aus Liebe will mein Heiland sterben,
Von einer Sünde weiß er nichts.
愛のために私の救い主は、死のうとしている。
一つの罪も彼は知らないのに。

  それは永遠の滅び、
  そして審判の罰が、
  私の魂に及ばないために。


愛のために私の救い主は、死のうとしている。
一つの罪も彼は知らないのに。

Nr.50 RECITATIVO
CoroⅠ/Ⅱ
第50曲 レチタティーヴォ=テノール、バス
合唱Ⅰ+Ⅱ
Evangelist:
Sie schrieen aber noch mehr und sprachen:
福音記者:
群衆はますます激しく、叫び続けた。
Coro:
Laß ihn kreuzigen!
合唱:
「十字架につけろ。」
Evangelist
Da aber Pilatus sahe, daß er nichts
schaffete, sondern daß ein viel größer Getümmel
ward, nahm er Wasser und wusch die Hände vor dem
Volk, und sprach:
福音記者:
ピラトは手の付けようがなく、
かえって騒動になりそうなのを見て、
水を取り、群衆の前で手を洗って
言った。
Pilatus:
Ich bin unschuldig an dem Blut dieses
Gerechten, sehet ihr zu.
ピラト:
「この人の血について、私には責任がない。
お前たちの問題だ。」
Evangelist:
Da antwortete das ganze Volk, und sprach:
福音記者:
民はこぞって答えた。
Coro:Sein Blut komme über uns und unsre Kinder. 合唱:
「その血は、我々と我々の子らの上にかかってもいい。」

Evangelist:
Da gab er ihnen Barrabam los; aber Jesum ließ er geißeln,
und überantwortete ihn, daß er gekreuziget würde.

福音記者:
そこで、ピラトはバラバを釈放し、イエスを鞭打ってから、
十字架につけるために引き渡した。

(マタイ27・23-26)

Nr.51 RECITATIVO accompagnato
AltonⅡ
第51曲 レティタティーヴォ・アッコムパニャート=
アルトⅡ
Erbarm es Gott!
Hier steht der Heiland angebunden.
O Geißelung, o Schläg, o Wunden!
Ihr Henker, haltet ein!
Erweichet euch der Seelen Schmerz,
Der Anblick solches Jammers nicht?
Ach ja! ihr habt ein Herz,
Das muß der Martersäule gleich
Und noch viel härter sein.
Erbarmt euch, haltet ein!
神よあわれみください!
ここで救い主は繋がれておられる。
おおなんという鞭打ち、殴打、お傷!


刑の執行人よ、やめてください!
魂の痛みがあなた方の心をやわらげないのですか ?

ああそうだ! あなたにも心はあるでしょう、
でもあなたの心は責め具の棒のようであるにちがいない。
それよりもっと無情なものにちがいない。

あなた方のあわれみを示してください、やめてください!

Nr.52 Aria:AltoⅠ 第52曲 アリア=アルトⅡ
Können Tränen meiner Wangen
Nichts erlangen,
O, so nehmt mein Herz hinein!
  Aber laßt es bei den Fluten,
  Wenn die Wunden milde bluten,
  Auch die Opferschale sein!
Können Tränen meiner Wangen
Nichts erlangen,
O, so nehmt mein Herz hinein!
私の涙が
何にも役立たないのなら、
おお、せめて私の心をお受けください!

  ああ涙を流し切らせましょう、
  愛の傷が血を流しているのですから。
  せめて(私心があなたへの)奉納の器となりますように!

私の涙が
何にも役立たないのなら、
おお、せめて私の心をお受けください!

Nr.53 RECITATIVO
CoroⅠ/Ⅱ
第53曲 レチタティーヴォ=テノール
合唱Ⅰ+Ⅱ
Evangelist:
Da nahmen die Kriegsknechte des
Landpflegers Jesum zu sich in das Richthaus,
und sammleten über ihn die ganze Schar, und zogen
ihn aus, und legeten ihm einen Purpurmantel an,
und flochten eine Dornene Krone, und satzten sie auf sein Haupt, und ein Rohr in seine rechte Hand,
und beugeten die Knie vor ihm, und spotteten ihn,
und sprachen:
福音記者:

それから、総督の兵士たちは、
イエスを総督官邸に連れて行き、
部隊の全員をイエスの周りに集めた。
そして、イエスの着ている物をはぎ取り、深紅の外套を着せ、
茨で冠を編んで頭に載せ、
右手に葦の棒を持たせて、
その前にひざまずき、言って、侮辱した。
Coro:
Gegrüßset seist du, Jüdenkönig!
合唱:兵士たち
「ユダヤ人の王、万歳。」

Evangelist:
Und speieten ihn an, und nahmen das
Rohr, und schlugen damit sein Haupt.

福音記者:
また、イエスに唾を吐きかけ、
葦の棒を取り上げて頭を叩いた。

(マタイ27・27-30)

Nr.54 CHORAL:CoroⅠ/Ⅱ 第54曲 コラール=合唱Ⅰ+Ⅱ
O Haupt voll Blut und Wunden,
Voll Schmerz und voller Hohn,
O Haupt, zu Spott gebunden
Mit einer Dornenkron'!

O Haupt, sonst schön gezieret
Mit höchster Ehr’und Zier,
Jetzt aber hoch schimpfieret,
Gegrüßet seist du mir!

Du edles Angesichte,
Dafür sonst schrickt und scheut
Das große Weltgerichte,
Wie bist du so bespeit!

Wie bist du so erbleichet,
Wer hat dein Augenlicht,
Dem sonst kein Licht nicht gleichet,
So schändlich zugericht'?
おお、血と傷で血塗られたみ頭よ、
苦痛や辱しめも受けておられる。
おお、み頭よ、あざけりのために
いばらの冠で結わえられている。

おお、み頭よ、普通なら美しく飾られるべきなのに、
最高の誉れと装飾品で。
しかし今は極みの辱しめを受けているが、
あなたこそ私には尊むべき方です!



あなたは気高いお顔をなさっている。
そのため誰も恐れ、おののくのに、
偉大な世の権力さえも。
なんとあなたはこのようにつばきされた!

なんとあなたは青ざめていることか。
誰があなたのまなこを、
他のものとは比べものにならないこの光を、
このようにひどい目にあわせたのでしょうか?

Nr.55 RECITATIVO
第55曲 レチタティーヴォ=テノール

Evangelist
Und da sie ihn verspottet hatten,
zogen sie ihm den Mantel aus, und zogen ihm
seine Kleider an, und führeten ihn hin, daß sie
ihn kreuzigten. Und indem sie hinausgingen,
fanden sie einen Menschen von Kyrene mit Namen
Simon; den zwangen sie, daß er ihm sein Kreuz trug.

福音記者:
このように、兵士たちはイエスを
侮辱したあげく、
外套を脱がせて元の服を着せ、十字架につけるために
引いて行った。兵士たちは出て行くと、
シモンという名前のキレネ人に出会ったので、
この人を徴用し、イエスの十字架を担がせた。
(マタイ27・31-32)

Nr.56 RECITATIVO accompagnatoBassoⅠ
第56曲 レティタティーヴォ・アッコムパニャート=バスⅠ
Ja freilich will in uns das Fleisch und Blut
Zum Kreuz gezwungen sein;
Je mehr es unsrer Seele gut,
Je herber geht es ein.
たしかにそうです、私たちの中におられる肉と血は、
十字架を負わせられなくてはならなかったのです。
それ(十字架)は私の魂にはより善いものです、
それ(十字架)が厳しければ厳しいほど。

Nr.57 Aria:BassoⅠ 第57曲 アリア=バスⅠ

Komm, süßes Kreuz, so will ich sagen,
Mein Jesu, gib es immer her!
  Wird mir mein Leiden einst zu schwer,
  So hilfst du mir es selber tragen.
Komm, süßes Kreuz, so will ich sagen,
Mein Jesu, gib es immer her!

来てください、甘美な十字架よ、と私は言う。
私のイエスよ、いつも私にそれを負わせてください!

  私の苦しみが重すぎることがあれば、
  自らあなたは、担う私を助けてくださるからです。

来てください、甘美な十字架よ、と私は言う。
私のイエスよ、いつも私にそれを負わせてください!

Nr.58 RECITATIVO
CoroⅠ/Ⅱ
第58曲 レチタティーヴォ=テノール
合唱Ⅰ+Ⅱ
Evangelist:
Und da sie an die Stätte kamen mit Namen Golgatha,
das ist verdeutschet Schädelstätt,
gaben sie ihm Essig zu trinken mit Gallen vermischet; und da er's schmeckete, wollte er's
nicht trinken. Da sie ihn aber gekreuziget hatten,
teilten sie seine Kleider, und warfen das Los
darum, auf daß erfüllet würde, das gesagt ist
durch den Propheten: Sie haben meine Kleider unter
sich geteilet, und über mein Gewand haben sie
das Los geworfen.Und sie saßen allda, und hüteten
sein. Und oben zu seinen Haupte hefteten sie die
Ursach seines Todes beschrieben, nämlich: Dies ist
Jesus, der Jüden König.Und da wurden zween Mörder
mit ihm gekreuziget, einer zur Rechten und einer
zur Linken. Die aber vorübergingen, lästerten ihn,
und schüttelten ihre Köpfe, und sprachen:
福音記者:
そして、ゴルゴタという所、すなわち、
「されこうべの場所」に着くと、
兵士たちは胆汁を混ぜたぶどう酒を
飲ませようとしたが、イエスはなめただけで、
飲もうとされなかった。
彼らはイエスを十字架につけると、
くじを引いてその衣を分け合い、
そこに座って見張りをしていた。

イエスの頭の上には、
「これはユダヤ人の王、イエスである」
と書いた罪状書きを掲げた。
同時にイエスと一緒に
二人の強盗が、一人は右に一人は左に、
十字架につけられた。そこを通りかかった人々が、
頭を振りながらイエスを罵って、言った。
Coro:
Der du den Tempel Gottes zerbrichst, und
bauest ihn in dreien Tagen, hilf dir selber! Bist
du Gottes Sohn, so steig herab vom Kreuz!
合唱:人々
「神殿を壊し、
三日で建てる者。神の子なら、
自分を救ってみろ。そして十字架からおりて来い。」
Evangelist:
Desgleichen auch die Hohenpriester
spotteten sein, samt den Schriftgelehrten und
Ältesten, und sprachen:
福音記者:
同じように、祭司長たちも
律法学者たちや長老た
ちと一緒に、
イエスを侮辱して言った。
Coro:
Andern hat er geholfen, und kann sich
selber nicht helfen. Ist er der König Israels,
so steige er nun vom Kreuz, so wollen wir ihm
glauben. Er hat Gott vertrauet, der erlöse ihn
nun, lüstet's ihn; denn er hat gesagt:
Ich bin Gottes Sohn.
合唱:祭司長・律法学者たち
「他人は救ったのに、
自分は救えない。イスラエルの王だ。
今すぐ十字架から降りるがいい。そうすれば、
信じてやろう。彼は神に頼ってきた。
お望みならば、神が今、救ってくださるように。
『私は神の子だ』と言っていたのだから。」

Evangelist:
Desgleichen schmäheten ihn auch
die Mörder, die mit ihm gekreuziget wurden.

福音記者:
一緒に十字架につけられた強盗たちも、
同じようにイエスを罵った。

(マタイ27・33-44)

Nr.59 RECITATIVO accompagnato
AltoⅠ
第59曲 レティタティーヴォ・アッコムパニャート=
アルトⅠ

Ach Golgatha, unsel'ges Golgatha!
Der Herr der Herrlichkeit muß schimpflich
           hier verderben.
Der Segen und das Heil der Welt
Wird als ein Fluch ans Kreuz gestellt.
Der Schöpfer Himmels und der Erden
Soll Erd' und Luft entzogen werden;
Die Unschuld muß hier schuldig sterben.
Das gehet meiner Seele nah;
Ach Golgatha, unsel'ges Golgatha!

ああゴルゴタよ、不幸なゴルゴタよ!
栄光の主が屈辱的にも
         滅びようとしている。

世に祝福と救いを与えられる方が、
まるで天罰のように十字架につけられている。

天地の創造主が、
大地と大気を奪いとられようとしている。
咎のない者が、今咎を負って死ななければならない。

そのことは私の魂を悲しませます。
ああゴルゴタよ、不幸なゴルゴタよ!

Nr.60 ARIA:AltoⅠ CoroⅡ 第60曲 アリア=アルトⅠ 合唱Ⅱ
Sehet, Jesus hat die Hand,
Uns zu fassen, ausgespannt,
Kommt!
見なさい、イエスは手を、
私たちを抱くために広げられる。

来なさい!
Wohin? どこへですか?
In Jesu Armen.
Suchet Erlösung,nehmt Erbarmen,
Suchet!
イエスの腕の中へ。
救いを求めなさい。あわれみを受けなさい。

求めなさい!
Wo? どこでですか?
In Jesu Armen.
Lebet, sterbet, ruhet hier,
Ihr verlaß'nen Küchlein ihr,
Bleibet
イエスの腕の中で。
生きなさい、死になさい、この中で休みなさい。
あなたがたは見すてられたひな鳥たちのようです。

とどまりなさい。
Wo? どこにですか?
In Jesu Armen. イエスの腕の中に。

Nr.61a RECITATIVO
CoroⅠ
第61曲a レチタティーヴォ=テノール、バス
合唱Ⅰ
Evangelist:
Und von der sechsten Stunde
an ward eine Finsternis über das ganze Land,
bis zu der neunten Stunde. Und um die neunte
Stunde schriee Jesus laut, und sprach:
福音記者:
さて、昼の十二時から
全地は暗くなり、
三時に及んだ。三時ごろ、
イエスは大声で叫ばれた。
Jesus:
Eli, Eli, lama asabthani?
イエス:
「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」
Evangelist
Das ist: Mein Gott, mein Gott,
warum hast du mich verlassen? Etliche aber, die
da stunden, da sie das höreten, sprachen sie:
福音記者:
これは、「わが神、わが神、
なぜ私をお見捨てになったのですか」という意味である。
そこに立っていた何人かが、これを聞いて、言った。

Coro:
Der rufet den Elias!

合唱:人々
「この人はエリヤを呼んでいる。」
Nr.61b RECITATIVO
CoroⅡ
第61曲b レチタティーヴォ=テノール、バス
合唱Ⅱ
Evangelist:
Und bald lief einer unter ihnen,
nahm einen Schwamm, und füllete ihn mit Essig,
und steckete ihn auf ein Rohr, und tränkete
ihn. Die andern aber sprachen:
福音記者:
すると、そのうちの一人が走り寄り、
海綿を取って酢を含ませ、
葦の棒につけて、イエスに飲ませた。
ほかの人たちは、言った。
Coro:
Halt! laß sehen, ob Elias komme, und ihm helfe?
合唱:人々
「待て、エリヤが彼を救いに来るかどうか、見ていよう。」

Evangelist:
Aber Jesus schriee abermal laut,
und verschied.

音記者:
しかし、イエスは再び大声で叫び、
息を引き取られた。

(マタイ27・45-50)

Nr.62 Choral:CoroⅠ/Ⅱ
第62曲 コラール:合唱:Ⅰ+Ⅱ
Wenn ich einmal soll scheiden,
So scheide nicht von mir!
Wenn ich den Tod soll leiden,
So tritt du dann herfür!
Wenn mir am allerbängsten
Wird um das Herze sein,
So reiß mich aus den Ängsten
Kraft deiner Angst und Pein!
私がいつの日か世を去るとき、
私から決して離れないでください。
私が死を迎えるとき、
私の前に来てください。

不安の極みが
私の心を覆うとき、
その恐怖から私を救い出してください、
あなたが受けられた不安と苦しみの功によって。

Nr.63 RECITATIVO
CoroⅠ/Ⅱ
第63曲 レチタティーヴォ=テノール
合唱Ⅰ+Ⅱ

Evangelist:
Und siehe da, der Vorhang im
Tempel zerriß in zwei Stück von oben an bis
unten aus. Und die Erde erbebete, und die Felsen
zerrissen, und die Gräber täten sich auf, und
stunden auf viel Leiber der Heiligen, die da
schliefen, und gingen aus den Gräbern nach
seiner Auferstehung, und kamen in die heilige
Stadt, und erschienen vielen. Aber der Hauptmann
und die bei ihm waren, und bewahreten Jesum, da
sie sahen das Erdbeben, und was da geschah,
erschraken sie sehr, und sprachen:

福音記者:
その時、神殿の垂れ幕が上から下まで
真っ二つに裂け、
地震が起こり、
岩が裂け、墓が開いて、
眠りに就いていた多くの聖なる者たちの体が生き返った。
そして、イエスの復活の後、墓から出て来て、
聖なる都に入り、
多くの人に現れた。
百人隊長や一緒に
イエスの見張りをしていた人たちは、
地震やいろいろの出来事を見て、
非常に恐れ、言った。

Coro:
Wahrlich, dieser ist Gottes Sohn gewesen.

合唱:人々
「まことに、この人は神の子だった。」
Evangelist:
Und es waren viel Weiber da, die von ferne zusahen, die da waren nachgefolget aus
Galiläa, und hatten ihm gedienet, unter welchen
war Maria Magdalena, und Maria, die Mutter
Jacobi und Joses, und die Mutter der Kinder
Zebedäi. Am Abend aber kam ein reicher Mann von
Arimathia, der hieß Joseph, welcher auch ein Jünger
Jesu war, der ging zu Pilato, und bat ihn
um den Leichnam Jesu. Da befahl Pilatus, man
sollte ihm ihn geben.
福音記者:
またそこでは、大勢の女たちが

遠くから見守っていた。イエスに仕えて
ガリラヤから従って来た女たちであった。
その中には、マグダラのマリア、ヤコブとヨセフの母マリア、
ゼベダイの子らの母がいた。
夕方になると、アリマタヤ出身の金持ちで
ヨセフと言う人が来た。
この人もイエスの弟子であった。彼はピラトのところに行って、
イエスの遺体の引き取りを願い出た。そこでピラトは、
渡すように命じた。
(マタイ27・51-58)

Nr.64 RECITATIVO accompagnatoBassoⅠ 第64曲 レティタティーヴォ・アッコムパニャート=バスⅠ
Am Abend, da es kühle war,
Ward Adams Fallen offenbar.
Am Abend drücket ihn der Heiland nieder;
Am Abend kam die Taube wieder
Und trug ein Ölblatt in dem Munde.
O schöne Zeit! O Abendstunde!
Der Friedensschluß ist nun mit Gott gemacht,
Denn Jesus hat sein Kreuz vollbracht.
Sein Leichnam kommt zur Ruh.
Ach! liebe Seele, bitte du,
Geh, lasse dir den toten Jesum schenken,
O heilsames, o köstlichs Angedenken!
夕暮れになると、涼しくなった、
アダムの堕落は、今や明らかになった。
夕暮れに救い主は、アダムの堕落を押しつぶされた。
夕暮れに鳩はもどり、
オリーブの葉をくちばしにくわえて来た。

おお美しい時よ! おお夕暮れのひとときよ!
神との和解が成立した。
イエスが十字架のみわざを成就されたからです。
彼のなきがらは、安息に入ります。

ああ! 愛する魂よ、あなたは願いなさい。
行って、亡くなったイエスのさげ渡しを受けなさい。
おお、それはなんと力強い、尊い記念となることでしょう!

Nr.65 ARIABassoⅠ 第64曲 アリアⅠ=バスⅠ
Mache dich, mein Herze, rein,
Ich will Jesum selbst begraben.
  Denn er soll nunmehr in mir
  Für und für
  Seine süße Ruhe haben.
  Welt, geh aus, laß Jesum ein!
Mache dich, mein Herze, rein,
Ich will Jesum selbst begraben.
私の心よ、自分自身を浄めよ。
私はイエスを、自分の手で葬りたいのです。

  なぜなら彼は今からずっと私の中で
  いつまでも
  甘美な安息をもたれるのですから。
  世のものは出て行ってください、
   イエスに入っていただくためです!
私の心よ、自分自身を浄めよ。
私はイエスを、自分の手で葬りたいのです。  

Nr.66 RECITATIVO
CoroⅠ/Ⅱ
第66曲 レチタティーヴォ=テノール
合唱Ⅰ+Ⅱ

Evangelist:
Und Joseph nahm den Leib und wickelte
ihn in ein' rein Leinwand. Und legte ihn in sein
eigen neu Grab,welches er hatte lassen in einen Fels hauen, und wälzete einen großen Stein vor die
Tür des Grabes und ging davon. Es war aber allda
Maria Magdalena und die andere Maria, die satzten
sich gegen das Grab. Des andern Tages, der da
folget nach dem Rüsttage,kamen die Hohenpriester
und Pharisäer sämtlich zu Pilato, und sprachen:

福音記者:
ヨセフは遺体を受け取ると、
きれいな亜麻布に包み、岩に掘った自分の
新しい墓の中に納めた。
そして、墓の入口に大きな石を
転がしてから立ち去った。
マグダラのマリアともう一人のマリアとはそこに残り、
墓に向かって座っていた。
明くる日、すなわち準備の日の翌日、
祭司長たちとファリサイ派の人々は、
ピラトのところに集まって、こう言った。

Coro:
Herr, wir haben gedacht, daß dieser
Verführer sprach, da er noch lebete: Ich will nach
dreien Tagen wieder auferstehen. Darum befiehl,
daß man das Grab verwahre bis an den dritten Tag,
auf daß nicht seine Jünger kommen, und stehlen ihn,
und sagen zu dem Volk: Er ist auferstanden von den
Toten, und werde der letzte Betrug ärger,
denn der erste!

合唱:祭司長・ファリサイ派の人々
「閣下、人を惑わすあの者がまだ生きていたとき、
『自分は三日後に復活する』と言っていたのを
思い出しました。ですから、
三日目まで墓を見張るように命令してください。
そうでないと、弟子たちが来て、
死体を盗み出し、『イエスは死者の中から復活した』と
民衆に言い触らすかもしれません。そうなると、
人々は前よりも、もっとひどくだまされることになります。」

Evangelist:
Pilatus sprach zu ihnen:

福音記者:
ピラトは言った。
Pilatus:
Da habt ihr die Hüter; gehet hin, und
verwahret's, wie ihr's wisset!
ピラト:
「番兵を出してやるから、行って、
思うとおりに見張らせるがよい。」

Evangelist:
Sie gingen hin, und verwahreten
das Grab mit Hütern, und versiegelten den Stein.

福音記者:
そこで、彼らは行って石に封印し、
番兵と共に墓を見張った。
(マタイ27・59-66)

Nr.67 RECITATIVO accompagnato
BassoⅠ、tenoreⅠ、AltoⅠ、SopranoⅠ
ChorⅡ
第67曲 レチタチーヴォ・アッコムパニャート
バスⅠ、テノールⅠ、アルトⅠ、ソプラノⅠ
合唱Ⅱ
Solo:Nun ist der Herr zur Ruh gebracht. 独唱バス今、主は安息におつきになりました。
Chor:Mein Jesu, gute Nacht! 合唱:私のイエスよ、やすらかにおやすみください!
Solo:Die Müh ist aus,
    die unsre Sünden ihm gemacht.
独唱テノール私たちの罪が負わせた
         苦難は、もう終わりました。
Chor:Mein Jesu, gute Nacht!
合唱:私のイエスよ、やすらかにおやすみください!
Solo:O selige Gebeine,
Seht,wie ich euch mit Buß und Reu beweine,
Daß euch mein Fall in solche Not gebracht!
独唱アルトおお、至福のお体よ、
       痛悔と回心で嘆き悲しむ私をご覧下さい。
       私の堕落が、こんなにも苦しみを与えしてしまいました。
Chor:Mein Jesu, gute Nacht! 合唱:私のイエスよ、やすらかにおやすみください!
Solo:Habt lebenslang
Vor euer leiden tausend Dank,
Daß ihr mein Seelenheil so wert geacht'.
独唱ソプラノ生きている限り
        ご受難に深い感謝を捧げます。
        私の魂の救いをこんなにも大切に思われたからです。
Chor:Mein Jesu, gute Nacht! 合唱:私のイエスよ、やすらかにおやすみください!

Nr.68 CoroⅠ/Ⅱ 第68曲 合唱Ⅰ+Ⅱ
CoroⅠ/Ⅱ
Wir setzen uns mit Tränen nieder
Und rufen dir im Grabe zu:
Ruhe sanfte, sanfte ruh!
合唱Ⅰ+Ⅱ:
涙を流しひざまづき、
お墓の中のあなたに祈りを捧げます。
やすらかに安息におつきください。どうかやすらかな安息を!
  CoroRuht, ihr ausgesongnen Glieder!
  CoroRuhet sanfte, ruhet wohl!
  CoroEuer Grab und Leichenstein
       Soll dem ängstlichen Gewissen
       Ein bequemes Ruhekissen
       Und der Seelen Ruhstatt sein.
  CoroRuhe sanfte, sanfte ruh!
  CoroHöchst vergnügt schlummern da
                die Augen ein.
  合唱Ⅰ:やすらいでください、苦しみ抜かれたお体よ!
  合唱Ⅱ:やすらかに安息におつきください。どうかやすらかな安息を!
  
合唱Ⅰ:あなたのお墓と墓石は
           悩む良心がくつろぎ、
           やすらぐ枕、
           そして魂の安息の場です。
  合唱Ⅱ:やすらかに安息におつきください。どうかやすらかな安息を!
  合唱Ⅰ:そうすればこの目は慰められ、まどろむことができます。
CoroⅠ/Ⅱ
Wir setzen uns mit Tränen nieder
Und rufen dir im Grabe zu:
Ruhe sanfte, sanfte ruh!
合唱Ⅰ+Ⅱ:
涙を流しひざまづき、
お墓の中のあなたに祈りを捧げます。
やすらかに安息におつきください。どうかやすらかな安息を!




参考文献:

MATTHÄUS-PASSION BWV244/JOHANN SEBASRIAN BACH/Herausgegeben von Hans Grischkat/Edition EulenburugNo.953

「聖書――原文校訂による口語訳」/フランシスコ会聖書研究所/サン・パウロ出版/2011年刊
「聖書 新共同訳 旧訳聖書続編つき」日本聖書協会1987年刊
聖書 聖書協会共同訳 旧約聖書続編付き 引照・注付き」日本聖書協会
2018年12月10日刊

-----------------------------------------------

“Karfreitagsmusik in Leipzig seit 1723”/ AndreasGlöckner/Bach-Magazin Heft15,Früjahr
/Sommer 2010/EDITION BACH-ARCHIV LEIPZIG

“Johann Sebastian Bach Learned Musician”/Christoph Wolff/W.W.Norton,New York und London



参考ディスク

CD 
UCCD-1291~1(発売2010/4/21)

リッカルド・シャイー(指揮)
ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団、 テルツ少年合唱団
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

ヨハネス・クム(T:福音史家)
ハンノ・ミュラー=ブラッハマン(Bs:イエス)
クリスティーナ・ラントシャマー(S)
マリー=クロード・シャピュイ(A)
マクシミリアン・シュミット(T)
トーマス・クヴァストホフ(Bs)
クラウス・ヘーガー(Bs:ピラト、ペテロ、ユダ)

録音時期:2009年4月2-3日
 録音:ライプツィヒ、ゲヴァントハウス(ライヴ)


DVD UCBG-1151~2(発売2006/6/21)

カール・リヒター指揮
ミュンヘン少年合唱団、ミュンヘン・バッハ合唱団&管弦楽団

ペーター・シュライアー(T)福音史家
エルンスト・ゲロルト・シュラム(Bs)イエス
ジークムント・ニムスゲルン(Bs)ユダ
ペトロ、大祭司、ピラト


ヘレン・ドナート(S)
ユリア・ハマリ(A)
ホルスト・R.ラウベンタール(T)
ヴァルター・ベリー(Bs)

収録:1971年ミュンヘン


★バッハの作品 バッハとヘンデルの年譜


2000-2019


音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表