制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表



バッハとヘンデルの年譜


バッハJ.S.Bach(1685-1750)

ヘンデルG.F.Händel(1685-1759)

3/21:ドイツ・アイゼナハで誕生 ルター福音派

1685

2/23:ドイツ・ハレで誕生 ルター福音派

アイゼナハのラテン語学校入学

1693

5/3:母エリザベート埋葬

1694

ハレでツァッホウに師事

2/20:父ヨハン・アンブロジウス(1645-)没
オールドルフへ移住

1695

1696

ベルリン宮廷でイタリア音楽にふれる

リューネブルクの聖歌隊員になる

1700

ハンブルク訪問、ツェレの宮廷楽団で働く

1702

ハレ大学入学(法学) カルヴァン派の大聖堂オルガニストになる

8/14:アルンシュタットの新教会オルガニストになる

1703

夏:ハレからハンブルクのオペラ劇場のヴァイオリン奏者になる
8月:マッテゾンとリューベックへ行き、ブクスフーデと会う

オルガン曲トッカータとフーガニ短調BWW565c.1704年作曲
(偽作?)

1704

最初のオペラ「アルミーラHWV1」(伊語)作曲

10月:1ヶ月休暇でリューベックへ旅行 ブクステフーデの<夕べの音楽>を聞く

1705

最初のオペラ「アルミーラHWV1」ハンブルク初演

3ヶ月後にリューベックから戻る

1706

イタリア・フィレンツェへ

26/15:ミュールハウゼンのブラージウス教会オルガニストに

10/17:マリア・バルバラと結婚

1707

4月〜10月:ローマに着く フィレンツェとヴェネツィアに旅行
オラトリオ「時と悟りの勝利HWV46a」(伊語)作曲、ローマ初演

3/25 ヴァイマルへ移る ザクセン=ヴァイマル公ヴィルヘルム・アウグストの宮廷オルガニスト兼宮廷楽師に就任

1708

オラトリオ「復活HWV47」(伊語)ローマ初演
5月:ナポリに移る

1709

ヴェネツィアに
12/26:
オペラ「アグリッピーナHWV6(伊語)ヴェネツィア初演、大成功

1710

1月か2月:イタリアを去る
6月:ハノーファー選帝侯の宮廷楽長に就任

11月末:イギリス・ロンドン訪問 以後ハノーファーから行き来する

1711

2/24:オペラ「リナルドHWV7a」(伊語)初稿の作曲、ロンドン初演

12/14:ハレの聖母教会オルガニスト(ツァッホウの後任)に志願するが採用されないヴィヴァルディの協奏曲10曲編曲

1713

最初の英語教会音楽「アン女王誕生日のためのオードHWV74」(英語)作曲、初演
ウトレヒト条約の国家的式典:ヘンデル「ウトレヒト、テ・デウム HWV278」と「ウトレヒト、ユビラーテ HWV279」がセント・ポール大聖堂で演奏
イギリス王室公式音楽家となる

3/2:ヴァイマル宮廷楽団楽師長に就任 毎月新作カンタータの演奏の義務が課せられる
オルガン曲「協奏曲イ短調BWV593」1713-c.14年編曲←ヴィヴァルディ「調和の霊感op.3第8番2ヴァイオリン協奏曲RV522」

1714

9月:ハノーファー選定候がイギリス国王ジョージ1世となり、
ヘンデルの活動ロンドンに移る
カンタータ「心と行いと生活でBWV147a(独語)作曲? 1716

8/5:ケーテンへ。アンハルト=ケーテン侯レオポルトの宮廷楽長に就任

1717

「2つのヴァイオリン協奏曲ニ短調BWV1043」c.1718年作曲→「2台のチェンバロのための協奏曲ハ短調BWV1062」1736年編曲

1718

オラトリオ「エステルHWV50a」(英語)初演

「ブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調BWV1046」1718-19年作曲

1719

ドイツ・デュッセルドルフ、ハレ、ドレスデンへ
ハレにバッハが会いに来るがすれ違う

7/7:ケーテンで妻マリア・バルバラの埋葬
「2つのフルートと通奏低音のトリオ・ソナタ ト長調BWV1039」1720年頃作曲→
ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第1番ト長調BWV1027」1720-39年頃編曲
「ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第2番ニ長調」1720-39年頃作曲

1720

オペラ「ラダミストHWV12a」(伊語)初稿の作曲、ロンドン初演

12/25:ケーテン宮廷歌手アンナ・マクダレーナ・ヴィルケと再婚

1721

オペラ「ムツィオ・シェヴォラHWV13」(伊語)作曲、ロンドン初演

「平均律クラヴィア曲集第1巻BWV846〜869」1722か23年完成

1722

2声インヴェンションBWV772-7861720-23年作曲
3声インヴェンション(シンフォニア)BWV787-801」1720-23年作曲
「フランス組曲第2番ハ短調BWV813」1722か23年作曲
5/5:ライプツィヒのトーマス教会の音楽監督(カントル)に就任
カンタータ「心と行いと生活でBWV147」(独語)改作初演
12/25:「マニフィカト変ホ長調BWV243a」(ラテン語)演奏

1723

オペラ「ロンバルディア王フラーヴィオHWV16」(伊語)ロンドン初演

4/7:「ヨハネ受難曲BWV245」(独語)初演

1724

2/20:オペラ「エジプトのジュリオ・チェザレHWV17」(伊語)ロンドン初演

4/15:マタイ受難曲BWV244(独語)初演

1727

イギリスに帰化

1729

1年程イタリア・ヴェネツィアとローマ訪問

「ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第3番ト短調BWV1029」1730-39年作曲 1730

3/23:「マルコ受難曲」BWV247」(ドイツ語)初演(音楽散失)
「マニフィカト ニ長調BWV243」(ラテン語)1728-31年作曲

1731

オペラ「インド王ポーロHWV28」(伊語)ロンドン初演

1732

オラトリオ「エステルHWV50b」(英語)第2稿ロンドン上演

ミサ曲ロ短調BWV232(ラテン語)よりキリエ・グロリアをザクセン選帝侯兼ポーランド王に献呈 1733

カンタータ「そっと黙って、おしゃべりめさるな(コーヒー・カンタータ)BWV211」(独語)
12/25〜1735/1/6:「クリスマス・オラトリオBWV248」(ドイツ語)初演

1734

オペラ「オレステHWVA11」(伊語)ロンドン初演

10/7:世俗カンタータ「忍びよれ、たわむれる波よBWV206」(独語)初演

1736

オラトリオ「アレクサンダーの饗宴HWV75」(英語)ロンドン初演
「オルガン協奏曲第1番ト短調HWV289」上記オペラ上演時に初演

1738

オペラ「セルセ(クセルクセス)HWV40(伊語)初演

「チェンバロ協奏曲第1番ニ短調BWV1052」1738-c.39年編曲消失した自作
「ヴァイオリン協奏曲ニ短調BWV1052a」c.1720年作曲

1739

オラトリオ「サウルHWV53」(英語)ロンドン初演
オラトリオ「エジプトのイスラエル人HWV54」
(英語)ロンドン初演

モテット「いと高き者よ、私の罪をあがなって下さいBWV1083」(独語、1741-46年編曲)ペルゴレージ「スタバート・マーテル」1736年作曲

1741

最後のオペラ「デイダミアHWV42」(伊語)ロンドン初演
オラトリオ「メサイアHWV56(英語)作曲

「平均律クラヴィア曲集第2巻BWV870〜894」完成?

1742

4/13:オラトリオ「メサイアHWV56」(英語)ダブリン初演

「2チェンバロ協奏曲ハ短調BWV1060」1730-45年編曲
消失した自作「オーボエとヴァイオリン協奏曲ハ短調BWV1060a」c.1720年作曲

1745

 

オラトリオ「ヘラクレスHWV60」(英語)ロンドン初演

「音楽の捧げものBWV1079」作曲

1747

オラトリオ「ユダス・マカベウスHWV63」(英語)ロンドン初演

ミサ曲ロ短調BWV232(ラテン語)1724、48-49年完成
「フーガの技法BWV1080」c.1742-49年未完の遺作
5月頃:白内障による失明のため楽譜が書けなくなった

1749

3/10:オラトリオ「ソロモンHWV67」(英語)ロンドン初演
4/27:花火の音楽初演

3/28〜31:J.テイラーによる白内障の手術
4/5〜8:白内障の2回目の手術
7/28:午後8時過ぎ死去

1750

 

3月〜4月:オラトリオ「テオドラHWV68」(英語)ロンドン初演
8月:故郷ハレを訪問 このヨーロッパ旅行中、オランダのヘイグとアムステルダムの間で馬車の事故で重傷
12月:ロンドンに帰る

1751

1月〜8月:白内障による失明と戦いながらオラトリオ「イェフタHWV70」(英語)作曲
11月:W.プロムフィールドによる白内障の手術

1752

ロンドンでオラトリオ「イェフタHWV70」(英語)ロンドン初演
11/3:白内障の3回目の手術

1753

1月:完全に失明  オルガン演奏可能

1757

3月:オラトリオ「時と真理の勝利HWV71」(英語)ロンドン初演 大部分は旧作を当て、あとは秘書に口述して作曲

1759

4/14:朝死去




1998-2016


音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表