制作者:国本静三  

音楽サロン表紙 目次 目次 作曲家別作品表 時代別作品表



ミサとミサ曲



<ミサ>


 ミサmissa
ラテン語という語は、ミサ典礼の終りに司祭がいう言葉“Ite, missa est”から由来する。ミサmissaが信徒の耳に残り、名称になったといわれている。直訳すれば「行きなさい、これで散会(終わり)です」という意味になる。日本の正式典礼文は、原典ラテン語を「Ite, missa est.ラテン語を「感謝の祭儀を終わります。」と日本語を当てている。「行きなさい、あなたがたは遣わされています。」という一つの解釈を加味して、missaが今日的かつ広い意味で解されることがある。しかし、これはラテン語の解釈から見て無理がある。ともあれ、ミサ典礼の終了を告げるこの語句が会衆に大きな印象を与え、「ミサ」の名称となったことは確かであろう。古来、エウカリスティアeucharistiaラテン語=感謝の祭儀とも言い習わされたが、ミサが一般的呼称となっている。

 「ミサ」はキリスト教典礼の中心的かつ公的な祈りで、最重要な典礼儀式である。ミサは一般にローマ・カトリック教会や正教会において用いられる語である(他のキリスト教諸派でも用いる場合がある。聖餐式だけでなく、礼拝式についても用いることもある)ミサは、キリストの救済行為を、最後の晩餐のイエスのことばマタイ26・26-29、マルコ14・22-25、ルカ22・15-20、一コリント11・23-25を中心にパンとブドウ酒のしるしによって記念し、再現する典礼である。その中心は聖体である。それは聖体の中に、神であり人である全キリストが、司祭の言葉によってパンとぶどう酒の形態の中で現存するようになるからである。これを聖体の秘跡として2千年間、ローマ・カトリック教会は教え守っている。

 第2ヴァチカン公会議(1962〜65)において画期的な教会刷新が行われ、典礼については従来のラテン語にかわって、諸民族の言語が用られるようになった。信徒の典礼理解と積極的参加の促進のためで、わが国では原則として日本語が用いられているが、原典規範版テキストは今もラテン語(ただし、古来「キリエ」のみはギリシャ語が用いられてきた)である。これに基づいて諸言語に訳され、編作されてもいる。場合によっては各民族の文化や伝統に合わせて、改編と創案されることもある。



<ミサ典礼の構成


固有式文proprium

通常式文 ordinarium

聖書朗読とその他

T  開祭の祭儀    

1.入祭の歌
introitus
入祭唱

2.入祭の挨拶

3.告白の祈り

4.あわれみの賛歌 Kyrie

5.栄光の賛歌 Gloria

6.集会祈願
U  ことばの祭儀  

1.旧約聖書朗読

2.答唱詩編
旧:昇階唱graduale

3.使徒書朗読

4.アレルヤ唱
 四旬節、死者:詠唱

5.続唱 sequentia

6.福音朗読

7.説教

8.信仰宣言 Credo
 ニケア・コンスタンチノープル信条

9.共同祈願

V  感謝の典礼

1.奉納の歌
offertorium奉納唱

2.奉納祈願
3.叙唱

4.感謝の賛歌 sanctus

5.奉献文 canon
 最後の晩餐の再現
   聖変化
キリストの受難と復活を
記念する

W   交わりの儀

1.主祷文

2.副文

3.平和の挨拶

4.平和の賛歌 Agnus Dei

5.拝領の歌
communio拝領唱

聖体拝領
6.拝領祈願
X   閉祭の儀

1.閉祭の挨拶

2.派遣の祝福と解散


「固有式文proprium」と「聖書朗読とその他」は毎日変わる。「通常式文ordinarium」は定型化した式文

*次の2つは週日ミサや記念日ミサでは用いない。祝日に“栄光の賛歌Gloria”、主日、祭日には“栄光の賛歌Gloria”と“信条Credo”が用いられる。

*3つの“聖書朗読”は主日、祭日のみ。それ以外は2つとなる。←第2ヴァチカン公会議(1962〜65)以降の名称と実施法である。

*教会歴には週日(待降節、年間、四旬節)、記念日、祝日、祭日の区別がある。
←第2ヴァチカン公会議(1962〜65)以降の名称である。

*現在正式に認可された“続唱 sequentia”には「復活」、「聖霊降臨」、「聖体」、「悲しみの聖母」の4つがある。それぞれの祝日に任意に歌うか唱えられる。かってレクイエムで有名であった“怒りの日Dies irae”は、廃止された。←第2ヴァチカン公会議(1962〜65)以降



通常式文

日本カトリック教会ミサ式文-公式訳
「キリエ」のみ原典(ラテン語)では伝統的にギリシャ語が使われている

@あわれみの賛歌(キリエ)
Kyrie, eleison.
Kyrie, eleison.

Christe, eleison.
Christe, eleison.

Kyrie, eleison.
Kyrie, eleison. 
主よ、あわれみたまえ。
主よ、あわれみたまえ。

キリスト、あわれみたまえ。
キリスト、あわれみたまえ。

主よ、あわれみたまえ。
主よ、あわれみたまえ。 


A栄光の賛歌(グロリア)
Gloria in excelsis Deo,
et in terra pax hominibus
bonae voluntatis. 
天のいと高きところには神に栄光、
地には善意の人に
平和あれ。
 
Laudamus te, benedicamus te,
adoramus te, glorificamus te,
gratias agimus tibi
propter mgnam gloriam tuam. 
われら主をほめ、主をたたえ、
主をおがみ、主をあがめ、
主の大いなる栄光のゆえに
感謝し奉る。
  
Domine Deus, Rex caelestis,
Deus pater ominipotens.
Domine Fili unigenite,
Iesu Christe.
Domine Deus, Agnus Dei,
Filius Patris.
神なる主、天の王、
全能の父なる神よ。
主なる御ひとり子、
イエス・キリストよ。
神なる主、神の子羊、
父のみ子よ。
  
Qui tollis peccata mundi,
miserere nobis.
Qui tollis peccata mundi,
suscipe deprecationem nostram.
Qui sedes ad dextram Patris,
miserere nobis. 
世の罪を除きたもう主よ、
われらをあわれみたまえ。
世の罪を除きたもう主よ、
われらの願いを聞きいれたまえ。
父の右に座したもう主よ、
われらをあわれみたまえ。
  
Quoniam tu solus Sanctus,
tu solus Dominus,
tu solus Altissimus,
Iesu Christe,
cum Sancto Spiritu,
in gloria Dei Patris.

Amen. 
主のみ聖なり、
主のみ王なり、
主のみいと高し、
イエス・キリストよ。
聖霊とともに、
父なる神の栄光のうちに、

アーメン。
 


B信仰宣言(クレド)ニケア・コンスタンチノープル信条(クレド第3番)
Credo in unum Deum,
Patrem omnipotentem,
factorrem caeli et terrae,
visibilium omnium et invisibilium,
Et in unum Dominum Iesum Christum,
Filium Dei unigenitum. 
わたしは信じます。唯一の神、
全能の父、
天と地、見えるもの、見えないもの、
すべてのものの造り主を。
わたしは信じます。唯一の主イエス・キリストを。
主は神のひとり子、  
Et ex Patre natum ante omnia saecula,
Deum de Deo, lumen de lumine,
Deum verum de Deo vero.
Genitum, npn factum,
consubtantialem Patri,
per quem omnia facta sunt. 
すべてに先だって父より生まれ、
神よりの神、光よりの光、
まことの神よりのまことの神。
造られることなく生まれ、
父と一体。
すべては主によって造られました。  
Qui propter nos homines,
et propter nostram salutem,
descendit de caelis.
Et incarnatus est de Spiritu Sancto
ex Maria Virgine, et homo factus est. 
主は、わたしたち人類のため、
わたしたちの救いのために
天からくだり、
聖霊によって、おとめマリアより
からだを受け、人となられました。 
Crucifixus etiam pro nobis
sub Pontio Pilato passus,
et sepultus est.
Et resurrexit tertia die, 
secundum Scripturas,
et ascendit in caelum,
sedet ad dexteram Patris.
ポンティオ・ピラトのもとで、
わたしたちのために十字架につけられ、
苦しみを受け、葬られ、
聖書にあるとおり
三日目に復活し、
天に昇り、
父の右の座に着いておられます。 
Et iterum venturus est cum gloria,
iudicare vivos et mortuos,
cuius regni non erit finis. 
主は、生者と死者を裁くために
栄光のうちに再び来られます。
その国は終わることがありません。 
Et in Spiritum sanctum,
Dominum et vivificantem:
Qui ex Patre Filioque procedit.
qui cum Patre et Filio simul adoratur,
et conglorificatur,
qui locutus est per Prophetas. 
わたしは信じます。
主であり、いのちの与え主である聖霊を。
聖霊は、父と子から出て、
父と子とともに礼拝され、
栄光を受け、
また預言者をとおして語られました。 
Et unam, sanctam, catholicam
et apostolicam Ecclesiam.
Confiteor unum baptisma
in remissionem peccatorem.
Et expecto resurrrectionem mortuorum,
et vitam venturi saeculi.

Amen. 
わたしは、聖なる、普遍の、
使徒的、唯一の教会を信じます。
罪のゆるしをもたらす
唯一の洗礼を認め、
死者の復活と
来世のいのちを待ち望みます。

アーメン。      *公式口語訳(2004年 


C感謝の賛歌(サンクトゥス)
Sanctus, Sanctus, Sanctus
Dominus Deus Sabaoth.
Pleni sunt caeli et terra gloria tua.
Hosanna in excelsis.

Benedictus qui venit in nomine Domini.
Hosanna in excelsis. 
聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、
万軍の神なる主。
主の栄光は天地に満つ。
天のいと高きところにホザンナ。

ほむべきかな、主の名によりて来たるもの。
天のいと高きところにホザンナ。
 


D平和の賛歌(アニュス・デイ)
Agnus Dei,
qui tollis peccata mundi,
miserere nobis.

Agnus Dei,
qui tollis peccata mundi,
miserere nobis.

Agnus Dei,
qui tollis peccata mundi,
dona nobis pacem.  
神の子羊、
世の罪を除きたもう主よ、
われらをあわれみたまえ。

神の子羊、
世の罪を除きたもう主よ、
われらをあわれみたまえ。

神の子羊、
世の罪を除きたもう主よ、
われらに平安をあたえたまえ。 






司式からみたミサの種類


 ミサ典礼にはその行う目的性などからいくつかの種類があげられる。ミサ典礼の中心は主日ミサ(日曜日)と教会歴に従った祭日や祝日のミサであるが、冠葬祭のミサ(結婚ミサ、葬儀ミサレクイエム、平和を願うミサとか聖人の祝日や各種の記念日のミサ等がある。特定日以外は週日としてミサが行われる。

 ★第2ヴァティカン公会議(1962-65)以前は、有効なミサ司式は一人の司祭によるものであった。現在は複数の司祭による共同司式ミサが認められ、推奨もされている。そのためか下記の3種類の区別は現在はあいまいでもある。第2ヴァティカン公会議以後、日本は日本語でミサが行われる。現状からいうと固有式文の日本語聖歌はグレゴリオ聖歌のように多様・多種な楽曲は無いが、日本語による歌ミサ=ミサ・カンタータは可能である。

読唱ミサ missa lecta 固有式文通常式文奉献文を唱えて司式する。
歌ミサ missa cantata   固有式文通常式文奉献文を歌唱して司式する。
以前は香炉と聖水が必ず使われた。(現在日本では、香炉と聖水使用はまれである)

盛儀ミサ=荘厳ミサ missa solemnis 第一義的には祭日特別行事のための祝祭的あるいは記念ミサに司式されるミサとして
挙行されるもの。通常式文すべてを含むミサ典礼。
第2ヴァティカン公会議以前は歌ミサ主司式司祭助祭副助祭で司式された。
以前は香炉と聖水が必ず使われた。副助祭は現在廃止の祭司職。

現在は司祭団の共同司式(現在日本では、香炉と聖水使用されることもあるが、まれである)となり、この概念はあいまいになりつつある。

 音楽作品としての「荘厳ミサ曲」は、通常式文をすべてを含むミサにおいて用いられるミサ曲である。「栄光の賛歌グロリア」と「信仰宣言クレド」が含まれるのは、祭日か特別許可を得たミサにおいてのみであるからである。

 ★
ヴァティカン公会議以後の日本カトリック教会は、荘厳ミサではなく「盛儀ミサ」を正式名にしている。
音楽用語としては、「ミサ・ソレムニスMissa Solemnis(=荘厳ミサ曲」が一般的に流布している。

 典礼としての「歌ミサ」や「盛儀ミサ」は現在は曖昧な概念となっている。 それはかっては共同司式はなく、主司式司祭と助祭+副助祭による司式であった。現在は副助祭は廃された位階である。主司式司祭と複数の司祭による司式が盛んに行われる。盛儀ミサの際は、聖水と香炉を用いられることが多い。



ミサ曲


 ミサ曲という場合、広い意味ではミサの中で用いられる音楽ということになるが、厳密にはミサ曲は、ミサの式文にしたがって作曲されたものをいう。一般にミサ曲という場合、ミサ典礼の通常式文のうち、キリエグロリアクレドサンクトゥスアニュス・デイを楽曲にしたものを言う。この式文で構成されたミサ曲を通作ミサ曲ともいう。最も古いミサ曲の例としてグレゴリオ聖歌があげられるが、現代にいたるまで多数の名曲を生み出しているのは周知の通りである。またこの楽曲こそが、西洋音楽を発展させた重要な存在である。

 第2ヴァティカン公会議(1962-65)以前のこうした名曲には、ラテン語が用いられている。ラテン語は、古代ローマ人が使っていた言語で、出土品からBC.600年頃からラテン語が存在したことが判明している。BC.500〜AD.400年頃このローマ人がヨーロッパ、小アジア、アフリカ北海岸を制覇した。それと共にラテン語も広がっていった。

 教会はローマでも4世紀中頃過ぎまで典礼にギリシャ語を用いていたが、この後ラテン語を用いるようになった(「キリエ」のみギリシャ語のままである)。そして典礼ばかりでなく、ローマ・カトリック教会の公式語としてまた神学、哲学、文学、科学など大学における学問言語・用語としても用いられた。

 中世になってこのラテン語がそれぞれの地方、国の言語と融合していわゆるラテン語系の言語が生まれた。伊語、仏語、西語、ポルトガル語、ルーマニア語などがそれで、これらをロマンス語ともいう。そしてラテン語はこの多くのロマンス語を生んで死語になっていった。ロマンス語を話す民族をロマン民族といい、その文化の時代をロマネスクという。
 ラテン語はギリシャ語と姉妹語だが、ギリシャ語から派生したのではない。ラテン語はゲルマン諸語(独語、英語 etc. )にも影響が及んだ。英語の45%の単語はラテン語系である。

 現在でも教皇庁における公式用語は、ラテン語が用いられている。公式文書、典礼文の原文などはラテン語で全世界の教会に発布されている。当地の教会で各地の言語に翻訳・翻訳されているのが現状である。第2ヴァティカン公会議(1962-65)以後は各民族語によるミサ曲が生まれている。しかし、その原典テキストはラテン語であることには違いない。厳密にはこうしたラテン語のことを教会ラテン語と言い、古代ローマに用いられたものを古典ラテン語と呼び、区別される。

音楽作品名として存在する例

盛儀ミサ=荘厳ミサ=ミサ・ソレムニスMissa Solemnis:

 ex.ベートーヴェンミサ・ソレムニスOp.123

大ミサ=ミサ・グレートMissa <Great>:

 ex.モーツァルト大ミサ曲ハ短調K.417a

ミサ・ブレヴィスMissa Brevis:
クレドがない構成のミサ曲を言う。ルター派ではキリエとグロリアのみで構成されたミサ曲を指していた。

 ex.ブリテンミサ・ブレヴィスOp.63(クレドのない曲)

オルガン・ミサ Olgelmesse独語、missa con organo伊語

 合唱+オルガン伴奏による編成 ハイドン等に例が見られる

 作品でみられる盛儀ミサ=荘厳ミサ=ミサ・ソレムニス大ミサ=ミサ・グレートの表記は、司式からのみで想定した名称でなく、音楽作品としての規模の大きさや演奏形態、また時間的な長さによって、作曲家が任意に表した名称といってよいだろう。



1998-2017


音楽サロン表紙 目次 目次 作曲家別作品表 時代別作品表