音楽サロン表紙 目次


[制作者]

国本静三 Kunimoto, Seizo (1940〜 )

[簡単自己紹介]

 

 インド、アグラ城=2017年2月6日

 学歴
1947年
1953年
1956年

1959年
私立幼稚園・昭和童園卒園(1946-47)
京都市立郁文小学校1年修了-醒泉小学校卒(1947-53)
京都市市立郁文中学校卒(1953-56)
京都市立堀川高等学校卒(1956-59)
1964年
1968年
1969年
1972年
1974年 
上智大学文学部哲学科卒(1959-64)*1954年スコラ哲学科1年次に転科)
上智大学神学部神学科卒(1964-68)
エリザベト音楽大学作曲専攻1ヶ年修了(1968-69)
東京音楽大学作曲専攻卒(1970-72)*3年次に編入学
東京音楽大学研究科作曲専攻修了(1972-74)
1990年  ローマ教皇庁立音楽院Pontifcio Istituto Musica Sacra Roma
 研修(ローマ1989-90)
 

職歴
1967年7月9日〜 司祭叙階:カトリック京都司教区(現在に至る)
1974年4月〜1975年3月 尚美高等音楽院非常勤講師
1979年4月〜1995年3月 中央大学経済学部/商学部非常勤講師
1982年4月〜2011年3月 上智大学文学部/神学部非常勤講師

1982年9月〜聖心侍女修道会 五反田第一修道院チャプレン(現在に至る)
2017年7月9日 司祭叙階50周年<金祝>

所属学会
1979年〜    日本グレゴリオ聖歌学会
1979-2010年 日本音楽学会
1979-1995年 東洋音楽学会
1982-2010年 上智大学人間学会

主要作品
管弦楽曲“Garden of KYOTO”(1980マニラ初演)
オルガン曲“The Sound of Peace”(1981広島初演)

合唱曲:女声3部「Ave Maria」(2006)
混声4部「Ave verum Corpus」(2006)
弦楽四重奏曲:「弦楽四重奏のための3つの断章」(2006)
ソナタ:「Vlとpfのためのソナタ 第2番」(2006)
「pfのためのソナタ 第2番」(2006)

アルトとピアノのための歌曲「Crastina dies bellum afferet」(2015)

教会用聖歌
主の祈り」(2003)
使徒信条」(2006)
教会用オルガン曲
「サルヴェ・レジナによるパラフレーズ」(2014)

編曲
弦楽合奏「トッカータとフーガ ニ短調」(2006)
       ←J.S.Bach“Toccata und Fuge BWV565”
Vl.solo「トッカータとフーガ ニ短調」(2006)
       ←J.S.Bach“Toccata und Fuge BWV565”

------------------------------

新著:
「よい音楽は神の姿を映し出す」ドン・ボスコ社 2017/7/9刊
主要論文:「中世の教会音楽再考-グレゴリオ聖歌とビザンツ聖歌-」(1992)
上智大学キリスト教文化研究所 紀要第11号
「グレゴリオ聖歌の受容の現状」(1993)
日本グレゴリオ聖歌学会学会誌第11号

執筆・翻訳:CD-ROM「Encarta 2002 Encyclopedia」(マルチメディア百科事典)Microsoft Corporation:188項目担当


★ 女声アンサンブル ザング・リーベ音楽監督(2000〜05) CDリリース(2004)

その他:懐かしき日々 創立100周年に向けて「アルマ・マーテル、ソフィア!」
上智大学総務局企画広報グループソフィア 227号 2008年号秋季

 

音楽サロン表紙 目次


 国本静三(1940年〜)

 京都生まれ。カトリック京都教区司祭。
 門弟を抱える友禅作家の父・國本香雲(靜三郎)をもつ。美術と音楽の狭間で高2でやっと決断し、東京藝術大学楽理科をめざし受験勉強を開始(ヴァイオリン、ピアノ、和声学、ソルフェージ、英語)。高3になってキリスト教が芸術理解に必須と考え、9月からカトリック教会の教理講座に通う。志望が逆転して司祭になりたいと講座担当司祭・丸山吉高神父に相談。そのためには上智大学文学部(哲学)4年と神学部4年を経るのが必須であると。速決断、志望を上智大学変え、文学部・哲学科に入学。その夏に受洗。翌年、京都教区神学生として認定を受け、再度一年次からスコラ哲学科へ。その4年後、神学部・神学科へ。そうした8年目に司祭叙階。神学部教授から司祭として音楽をやればどうかと勧められ、決意。エリザベト音楽大学作曲科へ。1年後東京音楽大学作曲科3年へ転入学、同研究科修了。
 後、中央大学非常勤講師(1979-95)で芸術・音楽、上智大学非常勤講師(1982-2011)。音楽史、形式論、教会音楽を教鞭。1989-90年、ローマ教皇庁立音楽院へ研修留学。