制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表



オペラ「ディドとアエネアス Dido and Aeneas」

 ヘンリー・パーセルHenrry Purcellイギリス(1659-95)



パーセルについて

ジョン・クロスターマン(?-1711)作
ロンドン、国立肖像ギャラリー所蔵


 パーセルPurcellイギリス(1659-95)は、バロック中期を代表する重要な作曲家である。彼が帰属するキリスト教教派は、英国国教会であった。9歳か10歳の頃、王政復古(1660年)後に再編成された王室礼拝堂少年聖歌隊に入り、この王室少年聖歌隊長クックの指導受けた。クックはすぐれた合唱指導者であった。彼の後を継いだハンフリーは、フランスやイタリア音楽に熟知していた。それが少年パーセルに決定的な影響を与えた。

 
1673年変声期を迎えて同聖歌隊を退会し、王室の楽器管理に携わっていたヒングストンの助手になる。そして1674年15歳で王室教会ウェストミンスター・アビーWestminster Abbeyのオルガン調律職にも任命された。この時同教会オルガニストのブローに教えを受けることができた。また同教会の写譜の仕事にも従事し、これによってタリス、バード、ギボンズなどのイギリスのルネサンスの音楽と親しんだようである。

 
1677年王室弦楽合奏団の常任作曲家ロックの死によって、18歳のパーセルはその地位を得た。この頃よりいやその以前から自分の作品を発表もしていたと思われるが、作品は伝わってはいない。1780年頃に書いた3声から7声部による15曲が残っている。1779年にはウェストミンスター・アビーのオルガニストに任命された。家も貸し与えられ、1780年か81年にフランシスと結婚した。

 
1780年はパーセルの作曲活動の始まりとなる。チャールズUのために歓迎歌「歓迎しましょう、全能の王の代理者よ z340」や劇場にための付随音楽「テオドシウス z606」を作曲した。1682年には王室礼拝堂オルガニスト、ヒングストンの死によって1783年には王室の楽器管理の仕事にも任命された。そして王室常任作曲家として歴代の王、チャールズU、ジェームズU、ウィリアムズVやメアリーUのために歓迎歌やオード(頌歌)を多数、そして有名な教会音楽としては「聖セシリアの祝日のためのオード(頌歌)を作曲した。ジェームズUとウィイアムVの戴冠式などにもアンセムやサーヴィスを書き、イギリスきっての一流音楽家として認められるようになった。

 注目すべきは
1680年頃に書かれたと思われる2集からなる「トリオ・ソナタ」で、その中の「3声ソナタ」は1683年にパーセル自身によって出版された。「4声ソナタ」は死後の1697年に出版された。これらはたいへん創意にあふれた多様な技法が駆使されている。それでも聴く者に威圧感や堅苦しさを与えるような音楽とはなっていない。誰もが親しめる音楽の世界をもっている。前者の1683年出版の序文に、自らイタリア様式の重要性とそれらを取り入れて作曲したとを書いている。たしかにこれらの作品は、この時代のイタリアの教会ソナタ様式とイギリスの伝統的な多声音楽が合体されたものとなっている。

 王政復古
(1660年)までのイギリスは、ヨーロッパ大陸で発展していたバロックのモノディ様式協奏曲様式とは無縁であった。しかし、パーセルはフランスやイタリアの様式や書法を吸収していった。まさしくパーセルはそうした中、彼が王室礼拝堂少年聖歌隊長ハンフリーやウェストミンスター・アビーのオルガニスト、ブローなどの先輩によって影響を受けて、ヨーロッパ大陸の新しいバロック様式に近づくことができた。一方、彼は若い時期に吸収した自国、つまりイギリスの伝統音楽の様式や書法も混じり合っている。これによってパーセルは、ヨーロッパのどの作曲家にもないパーセル固有の音楽様式を確立したと言えるだろう。

 パーセルの音楽に見られる際だった特徴は、作曲技法の卓越性とその国際的な様式であろう。そしてそこから醸し出される典雅さは追随を許さないものである。
 また彼のすぐれた教会音楽は彼が属する英国国教会のものであるが、アンセムはおおむね西ヨーロッパのカンタータに近い形をとっている。そこに置かれる弦楽合奏による序曲やリトルネッロは、器楽が重視されていることが判る。あとオードや歓迎歌などにも序曲を置き、カンタータ風で多くはフランス様式やイタリア様式がブレンドされたものが多い。



<作曲の経緯>


 
オペラ「ディドとアエネアス z626」はパーセル唯一の正式なオペラであり、彼の最高傑作の一つである。またバロックの数あるオペラの中でも最高位を譲らない名作の一つである。またこの作品によってバロック音楽の概要を知ることができる希有な作品でもある。このオペラはチェルシーの友人プリーストが経営する女子高等寄宿学校のために1689年作曲されたという、この従来の説は疑わしくなっている。もっと前の1683年作曲され、王宮の劇場で上演されたものであった。それをチェルシーの女子寄宿学校で女子学生が上演できるように、女学生の女声用に多くの歌を高声部に替え、しかも全体を簡略化して上演されたと考えられている。これは多くの残された楽譜によって推測できるのである。

 
台本は当時の流行劇作家ネイハム・テイトNahum Tate英国(1652-1715)が担当した。ヴェルジリウス=ウェルギリウス叙事詩「アエネイス=アエネアス」第4巻を基にして台本化された。ティトは先ずウェルギリウス叙事詩「アエネイスを基にして翻案した劇作「アルバのブルータスBrutus of Alba」を書き、さらにオペラ用に改作した「アエネアス」を作劇した。ここではアエネアスではなくディドに重点を移した。さらにディドとエネアスの運命的な愛と、ディドの死という悲劇性を前面に置くものに改めた。魔女や天からの使者メルクリウスといった神話的な登場人物を追加して、劇作としてゆたかなものとしている。

 パーセルは
オペラ「ディドとアエネアス」以前に劇場のための作品を書いていたが、オペラではなかった。しかし、「ディドとアエネアスz626」をきっかけに、劇音楽(オペラではない)を多く作曲するようになった。マスク劇の伝統によって書かれた「ダイオクリージャ z627」(1690年)「アーサー王 z628」(1691年)「妖精の女王 z629」(1692年)「インドの女王 z630」(1695年)「テンペスト z631」(c.1695年)が続く。また劇の付随音楽は43作ある。「ディドとアエネアスz626」(1683年以後に40曲程、劇音楽を作曲した。



<音楽的特徴>


 
オペラ「ディドとアエネアス Dido and Aeneas」は、パーセルの音楽的特徴とバロック音楽様式の集約といってもいい作品である。特にフランス風とイタリア風音楽様式が巧みに取り入れられている。それは第1幕の序曲や第2幕にフランス風の三部分形式の前奏曲において顕著である。第2幕の前奏曲に続く魔女の歌と合唱が現れ、ここに洞窟内に反響するエコーが効果的に表現されている。その書法は二群による複合唱によっている。つまりフォルテとピアノが対照的に表現され、立体的な音響効果を生んでいる。これはバロック音楽の大きな特徴の一つである。それはオルガンによる第一鍵盤と第二鍵盤を使い分けて強弱の対比を付けるやり方を合唱や器楽合奏、管弦楽+合唱を2群に分けてやった。これはバッハマタイ受難曲」の第1曲と終曲第68曲の合唱でもこの書法は用いられていて、合唱群と管弦楽の2群の掛け合いとなる。これはバロックのオペラに功績のあるモンテヴェルディもオペラや「聖母マリアの晩課」などで用いている。そしてこれは他の作曲家によっても、以後の時代でもオペラなどで多用されている。舞台上と舞台裏の立体的な掛け合いは、大きな効果を生んでいる。

 まだオペラの主人公を男性優位に取り扱われる時代であったが、
「ディドとアエネアス」では女性を主人公としているのも注目される。特にヒロインが悲しみの余り息絶える幕切れは、ロマン派オペラの予兆のようである。マイヤベーアMayerbeerドイツ(1791-1864)アフリカの女のフィナーレとも似通っていると思うのは筆者だけであろうか。
「ディドとアエネアス」の第3幕第2場フィナーレのレチタティーヴォとアリア哀歌lamento“私が土の下で横たわる時”では、通奏低音による固執低音basso ostinato伊語=ground bass英語=5小節の下行の半音階的旋律哀しみを表現!)が10回繰り返される。その上を美しいソプラノ旋律が展開していく。これはシャコンヌやパッサカリアなどと共通する書法である。

 そしてこの
「ディドとアエネアス」は当時としてはめずらしい英語オペラである。イタリア語オペラ最優位の時代に英語による劇音楽を樹立した功績は大きい。また英語による劇音楽の原点ともなったもので、これは今日の英語音楽劇の祖といってもよいだろう。胆略的過ぎるかもしれないが、今日のロンドン・ミュージカルもパーセル抜きには考えられないかもしれない。これほどコンパクトで、魅力あふれるオペラは希有である。約1時間ほどで上演可能である。



トロイア戦争の歴史


 
古代都市イリオス=トロイアは長く伝説上のものと考えられていた。19世紀末、ドイツの考古学者・実業家ヨハン・ルートヴィヒ・ハインリヒ・ユリウス・シュリーマンJohann Ludwig Heinrich Julius Schliemannドイツ(1822-90)によりトロイア一帯の遺跡が発掘された。遺跡は9層になっており、シュリーマンは発掘した複数の時代の遺跡のうち、火災の跡のある下から第2層がトロイア戦争時代の遺跡と考えた。後に第2層は紀元前2000年よりも前の地層でトロイア戦争の時代よりももっと古いものと判明した。シュリーマンと共に発掘にあたったデルプフェルトは下から6番めの第6層に破壊や火災のあとがあることから、第6層がトロイア時代のものと考えた。1930年代にブレゲンによって再調査が行われ、第6層の都市の火災は部分的で破壊に方向性があることから地震の可能性を推測した。そして第7層の都市は火災が都市全体を覆っていることや、破壊の混乱ぶりから人為的なものであるとした。また、発見された人骨も、胴体と頭部が分離したものが発見され、戦争による破壊を証明している。現在、この第7層トロイア戦争の時期(紀元前1200年中期)と考えるに至っている。

 トロイア戦争は確固たる歴史的事項とはなっていない。紀元前1700年から紀元前1200年頃にかけて、小アジア一帯が繰り返し侵略を受けた出来事を核として形成された神話的史実であった。しかし、紀元前1250年頃にトロイアで大規模な戦争があったとする説もあれば、そもそもトロイア戦争は単なる神話とする考えが揺れ動いてきたが、現在の考古学や史学の研究によって史実とする傾向が強まってきている。

 トロイア戦争にまつわる叙事詩の全てが歴史的事実とすれば、やはり古代都市イリオス=トロイアの破壊と考えられる。都市が火災に見舞われたことは考古学的に間違いないが、それが侵略によるものかどうかは、まだ不明である。さらに、トロイアの略奪があったとする場合、ホメロス(BC8世紀後半?)英雄叙事詩「イリアス」に従えばアカイア人による侵略としているが、ここに登場する諸都市がミケーネ文明に栄えた都市であることから、アカイア人が入植する以前のミュケナイ人による侵攻、あるいはトラキアやプリギュアの他民族による侵略であったと思われる。アカイア人であったとする証拠はないのである。とにかく言えることはすぐれたトロイア文明が存在していた事実は否定できない。



<トロイア戦争の神話>


 トロイア戦争とは、小アジアのトロイアに対してミュケナイを中心とするアカイア人(BC2000年頃、現ギリシャ南西部ペロポネス半島に定住した古代ギリシャ人たちのこと)の遠征軍が行ったギリシャ神話における一つの戦争のことである。トロイア(トローアス)という呼称は、後の時代にイリオス一帯の地域についていわれた。トロイア戦争は古代ギリシャにおいて、ホメロス(BC8世紀後半?)の英雄叙事詩「イリアス」、「オデュッセイア」、「キュプリア」、「アイティオピス」、「イリオスの攻略」などに叙述されている。またローマ古代詩人ヴェルジリウス=ウェルギリウスはトロイア滅亡後のアエネアスラテン語=アイネイアスギリシャ語を描いた叙事詩「アエネイス」「アエネアスの物語」の意味)において書いている。

                                    トロイア(トロイ)

ギリシャ、アテネ、アクロポリスの丘とパルテノン神殿


 
トロイア戦争の原因:ホメロスの叙事詩「キュプリア」によると次のようである。ゼウスは増え過ぎた人口を調節するためにテミス(ゼウス第二番目の妻)と相談の結果、大戦を起こして人類の大半を死に至らしめる決意をした。オリンポス山では人間ペーレウスとティターン族の娘テティスの婚儀が行われていた。しかし、エリス(争いの女神)は婚宴に招待されなかった。怒ったエリスは最も美しい女神へ与えると叫んで、黄金の林檎を婚宴に乗り込み、投げ入れた。誰が一番美しいかをめぐって、殊にヘラ、アテナ、アフロディテの三女神による激しい対立が起り、ゼウスはこの判定をトロイアの王子パリスに委ねた。

 三女神はパリスを買収しようとして、ヘラはアシアの君主の座を、アテナはいかなる戦争にも勝利を得る力を、アフロディテは最も美しい美女を与える約束をした。パリスはアフロディテの誘いを選び、スパルタ王メネラオスの妃ヘレネをトロイアへ奪い去る。パリスの妹、王女カッサンドラは、この事件が国を滅ぼすことになる、と予言した。

 妻を奪われたスパルタ王メネラオスは、兄のミュケナイ王アガメムノンにその事を告げた。メネラオスとアガメムノンはオデュッセウス(=ウリッセ伊語、ユリシリーズ英語と共にトロイアへ向かい、ヘレネの引き渡しを求めた。しかし、トロイアの王子パリスはこれを拒否した。そのためメネラオス、アガメムノン、オデュッセウスの三人は、ヘレネ奪還とトロイア懲罰の遠征軍を組織する。


 戦争の経過:ボイオティアのアウリスに集結したアガメムノンを総大将とするアカイア(BC2000年頃、現ギリシャ南西部ペロポネス半島に定住した古代ギリシャ人たちのこと)軍は、総勢10万、1168隻の大艦隊であった。トロイア近郊の浜に上陸し、アキレウスの活躍もあって、待ち構えたトロイア軍を撃退して、浜に陣を敷いた。トロイア軍は強固な城壁を持つ市街に籠城し、両軍は海と街の中間に流れるスカマンドロス河を挟んで対峙した。「イリアス」の物語は次のように記述している。双方に犠牲を出しながら9年が過ぎ、戦争は10年目に差し掛かかもる。この戦争末期の状況については、「イリアス」のほか、「アイティオピス」や「アエネイス」において語られる。トロイアの勇将ヘクトルとアカイアの英雄アキレウスの没後、トロイアが勝利となる。オデュッセウスは、トロイアが勝利の美酒に酔いしれている機をねらって巨大な木馬を造り、その内部に兵を潜ませるという作戦を行使する。この木馬の策略をトロイアのアポロンの神官ラオコーンと王女カッサンドラが見抜くが、ラオコーンは海蛇に絞め殺され、カッサンドラの予言をトロイアの誰もが無視し信じなかった。トロイアはこの策略にかかり、一夜で陥落した。その中で秘かにトロイアを脱出するトロイアの王族がいた。その中にアエネアスもいた。

 アイスキュロスの「アガメムノン」によると、トロイア戦争はアカイア軍の勝利に終わったが、名だたる指揮官たちも悲劇的な末路をたどる。小アイアスはアテナの神殿でカッサンドラを強姦した事でアテナの逆鱗に触れ、船を沈没させられ死亡する。メネラオスは帰国途中、暴風に悩まされエジプトに漂流し、8年掛かりで帰還することになる。総司令官アガメムノンは帰郷後、妻の愛人に暗殺されることになる。オデュッセウスは「オデュッセイア」にあるように、故郷にたどりつくまで10年もの間、諸国を漂流することになる。


 戦争後・アエネアス:叙事詩「アエネイス」(「アエネアス」(ラテン語)のギリシャ語表記。ギリシャ表記が慣例だった)はヴェルジリウス=ウェルギリウスの最後にして最大の作品であり、ラテン文学の最高傑作とされる。全12巻からなり、トロイアの王子でウェヌスの息子であるアエネアスが、トロイア陥落後、カルタゴの女王ディドとの悲恋を経てイタリアにたどり着き、現地王の娘との婚約とそれに反対する勢力との戦いを描く。詩の中でしばしばその建設が予言されるアルバ・ロンガは、ローマの創立者ロムルスとレムスの出身地である。これがローマの礎と見なされている。単に神話的英雄を叙述するだけでなく、当時内乱を終結させたローマ帝国初代皇帝アウグストゥス(BC.62-AD.14)は、彼の出たユリウス氏族をアエネアスの子孫と称していた。ヴェルジリウスの「アエネイス」はこの治世をアエネアスに托し、ローマ皇帝と帝国を顕彰する目的をもっている。アエネアスはディドのもとから去った後、冥界で今後進むべき道について神託を受ける。それはアウグストゥスが治めることになるローマの栄光の予言として歌い上げられている。
 叙事詩「アエネイス」は構成は、ホメロスの「イリアス」と「オデュッセイア」に範を取っている。全編にわたってホメロスの影響が大きい。


<参考>

音楽作品

* モンテヴェルディ オペラ「ウリッセの帰還」
* モーツァルト オペラ「クレタの王イドメネオ」
* ベルリオーズ オペラ「トロイア人たち Les Troyens」

文学作品BC.8-AD.5
* ホメロス 「オデュッセイア」
* アイスキュロス 「オレステイア」
* トロイア戦争後の内容:ソフォクレス(BC.496-406)の悲劇「トラキアの女たち」、「エレクトラ」
* エウリピデス 「アウリスのイフィゲネイア」、「ヘレネ」、「オレステス」
* セネカ 「トロイアの女たち」 、「アガメムノン」
* ヴェルジリウス
=ウェルギリウス 「アエネイス」



<物語>


第1幕 


 
トロイア(トロイ)戦争(BC.1200)の後、陥落したトロイア王族の一人の王子アエネアスはカルタゴにに流れ着いていた。客人になり、彼は女王ディドと恋に陥る。女王はためらいながらも受け入れていく。


第2幕 


 
洞窟で魔女たちがアエネアスとディドの二人の恋を邪魔立てをたくらむ。狩りを楽しむこの二人に魔女は、天からの使者メルクリウスをアエネアスに送り、“ローマへ向かえ、そして帝国を建国せよ、これが使命だ”と命じた。


第3幕


 
魔女のはかりごとを信じ、恋には優柔不断な王子アエネアスは、艦隊を引き連れて、カルタゴからローマに向けてローマ建国の使命を題目に出港して行った。女王ディドは恋に破れ、嘆きながら侍女ベリンダに見届けられながら息絶えた。




参考ディスク

 LD WPBS90260 パーセル 「ディドとアエネアス」

リチャード・ヒコックス指揮、コレギウム90
ピーター・マニウラ監督

ディド
アエネアス
ベリンダ
マリア・ユーイング(S)
カール・ディモンド(Br)
レベッカ・エヴァンス(S)

 、収録:1995年5月英国ハンプトン・コート・ハウス 発売:2009/2/25


★ パーセルの作品


2006-2017


音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表