制作者:国本静三  

音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表



オペラ「アフリカの女 L'Africane」

 ジャコモ・マイヤベーアGiacomo Meyerbeerドイツ(1791-1864)

<作曲の経過>


 
ジャコモ・マイヤベーア(1791-1864)
は、本名をヤーコプ・リープマン・ベーアJacob LiebmannBeerという。イタリアへの憧れか、ヤーコブJacobを伊語綴りのジャコモGiacomoと替えた。裕福な銀行家の父ユダ・ヘルツ・ベーアJuda Herz Beerと母アマリエAmalieの息子としてベルリンのフォーゲルスドルフで生まれた。マイヤベーアは父方と母方の複合姓であった。母の父の名前がリープマン・マイヤ・ヴルフといい、母の祖父の遺産を相続したのでマイヤをもらい、ベーアの前に付け加えてマイヤベーアと名乗った。民族的にはユダヤ・ドイツ人ということになる。

 マイヤベーア1830年から死後数十年の1890年頃までたいへん知名度が高かく、当時は影響力の強いオペラ作曲家であった。
彼から強く影響を受けたヴェルディVerdiイタリア1813-1901ヴァーグナーWagnerイツ1813-83などは、彼を指標とした。マイヤベーアは主としてパリで活躍した。ドイツ風の重厚な和声とイタリア風歌唱の旋律を得意とする。さらにフランスで活躍したので、グランド・オペラの大成者となった。完成したオペラは17作ある。

 ヴェーバーWeberイツ(1786-1826)と一緒にフォーゲラー神父に作曲を師事した。さらにクレメンティやサリエリツェルターなどの当時ベルリン音楽界における重鎮に師事する。最初、ピアノ演奏家として名声を得たが、後にイタリアへ行き、1815ヴェネツィアでロッシーニのオペラ「タンクレディ」観て、オペラ作曲家をめざす機縁となる。

 1812年に最初のオペラ「エフタの誓いJeftas Gelüteをミュンヘンで上演した。1816にイタリアに行き、6作のオペラをパドヴァ、トリノ、ヴェネツィア、ミラノで次々と発表し、一作ごとに名を上げていく。この時はまだオペラ作曲家としての修業時代であり、歌手の歌わせ方を修得していった。この時期にロッシーニのオペラに出会い、大きな影響を受けた。それを反映した「エジプトの十字軍Il crociato in Egitto1824年ヴェネツィア初演)は大成功する。1825にはロンドンパリでも上演された。このパリ公演では特に名声を博し、これが機縁となってパリに活動の場を移すことになった。

オペラ「悪魔のロベール」<尼僧の踊り>上演風景 ドガ1876年制作  


 1835年にオペラ悪魔のロベールRobert le diable1836にオペラ「ユグノー教徒Les Huguenotsパリ・オペラ座で記録的な成功を収めた。そしてこの2作によってパリのみならずヨーロッパのオペラ界に君臨することになった。1832にすでにプロイセン宮廷楽長に任命されており、1842年にはプロイセン宮廷音楽総監督に任命されベルリンに戻った。それ以後ベルリンパリ往復する。1849パリ・オペラ座で「預言者Le Prophëte1854オペラ・コミック座で「北極星Lile du Nord1859「プロエルメルのパルドン祭Pardon de Proëmelを初演した。

 1862にはロンドンの万国博覧会においてドイツ楽壇を代表して、新作の管弦楽曲「行進曲風祝典曲」を演奏した。オペラ「アフリカの女」1837から25年間費やして作曲される。マイヤベーアはこのオペラの初演の準備中に病死した。1865年4月28パリ、オペラ座において初演された。


<音楽的特徴>


 マイヤベーアは当時のフランスの大歌手のためにオペラを書いていた。丁度、当時はフランスに大歌手が排出していたのである。この時、彼はオペラ界から引退しようとしていたフランスに滞在していたローッシーニから、イタリア・オペラのヴィルトゥオーゾ(名人芸)を学び取ることができた。そしてそうした歌唱テクニックを満載したのが「アフリカの女」であった。たしかに19世紀後半のオペラ歌手たちを魅了するオペラではあったが、当時の歌手たちはすでにかっての歌手たちのようなテクニックをもっていなかったのである。その時はヴァーグナーヴェルディの新時代となっていた。この二人はマイヤベーアから大いに影響を受けたが、彼らは新しい時代のオペラを形成していたのである。ヴァーグナーはつてを求めてマイヤベーアに接近するが、すぐマイヤベーアを批判する立場に廻ってしまう。

 「アフリカの女」は過去のよき時代、つまりベッリーニBelliniイタリア(1801-35)ドニゼッティDonizettiイタリア(1797-1848)へのオマージュとも言うべき存在であろう。ロッシーニにはじまるイタリアのベル・カントの世界が、ヴェルディに継承される接点がマイヤベーアであった。「アフリカの女」はすでに前時代的な存在、つまり一時代前の特徴をもっていたからである。それに加えてマイヤベーアが要求するフレージングや歌唱能力を、当時の歌手たちには無かったのである。

 「アフリカの女」グランド・オペラgrand opéraといわれる。その意味は文字通りには大オペラとなる。フランスでは元来、喜劇ではない題材による正統派オペラを意味していた。オペラ・コミックopéra comiqueと区別する用語でもあるが、実際、19世紀後期にはこの二つのオペラの接近が見られ、区別はむつかしくなっていく。

 「アフリカの女」
たしかにグランド・オペラにふさわしい要素を十分にもっている。特に第2幕の船上の場面での嵐などの表現は大スペクタクルといえる。第3幕はフランス・オペラ定番のバレーが挿入されている。バレーはグランド・オペラに欠かせない必須要素であった。その後にヴァスコは有名なアリア「おお、楽園よОparadis」を歌う。
 第1幕の最後は七重唱で閉められる。これはヴェルディに大いに影響を与えた声楽と管弦楽のアンサンブルが展開されている。また色彩豊かな民族要素もある。第1幕第2場の牢獄の場面のセリカの子守歌では異国的情緒が強い。第3幕第1場(オリジナルでは第4幕)ではインド風のマーチを展開している。第3幕第3場の幕切れは、ヒロイン・オペラの典型と言えよう。去っていくヴァスコの船から聞こえる合唱と、一方死を選ぶセリカとネリュスコの声との対比は絶妙である。

 同時代の作家スタンダールは、“氏はベルリンの裕福な銀行家の息子だが、すすんでイタリアへやって来た。そして凡庸な楽長になったにすぎない”とマイヤベーアを評した。一般的にもロッシーニの亜流とし、彼が用いた台本の愚劣さや過剰な抒情性が批判されてはいる。作家スタンダールにとっては音楽よりも、特に物語の筋運びが気に入らなかったのだろう。マイヤベーアの死後、作品の評価は急速に低下し、今もなお高い評価が得られていない。オペラ以外の作品としては、「クラリネット五重奏曲」や歌曲、ピアノ小品などがある。


<台本と史実>


 「アフリカの女」の台本は、フランスの戯曲作家、台本作家スクリープScribeフランス(1791-1861)によるものである。彼は歴史的な題材を好んでいた。特に中世やルネサンスの時代の題材をよく取り上げた。そしてマイヤベーアのために取り上げたこの作品も歴史上の人物である。ポルトガルの海軍士官ヴァスコ・ダ・ガマを取り上げたが、史実とは合ってない点が多い。

 ヴァスコ・ダ・ガマVasco da Gamaポルトガル(c.1460-1524)はすぐれた航海者であったが、インド大陸の発見者ではない。バルトロメウ・ディアスポルトガル(1450-1500)が皇帝エマヌエルの命令によってインド大陸に達し、帰路に喜望峰を発見した1488年5月)。ガマは1497年第1回航海をディアスの発見した航路を辿り、喜望峰を越えてアフリカを一周し、インド洋を横断してカルカッタに着いた。その時、攻撃を受け、1499年にリスボンに戻った。皇帝はブラジル遠征隊をカルカッタに送り、制覇を命じた。だが、逆にポルトガルの侵略者たちは殺害された。そこで1502年再びダ・ガマがインド提督として派遣され、第2回航海を行った。1524年インド副王となり、第3回目の航海を行い、インドのコチンで到着3ヶ月後に死んだ。

 スクリープは歴史を曲げたというより、ドラマの効果を上げるために細部の問題を大まかに処理している。第1幕で名前が出てくるベルナルドはディアスのことで、インドを目指した第2回目のガマの航海に随行した人物で、オペラでは第2幕(オリジナルは第3幕)の嵐で命を落とす。

 オペラでダ・ガマが2人の外国人(マダスカル人あるいはインド人かはっきりしない。当時東アフリカにインド人が住んでいたことも事実であった。筆者はオペラの登場するのは、架空の国の人間たちと考えている)をリスボンに連れ帰るが、これもあり得たことで史実として否定もできない。オペラはさらに飛躍して恋の相手として有色人と白人を選んでいるが、劇的な効果はある。しかし、ドラマの展開に唐突さが散見される。例えばヴァスコの愛が、唐突にイネスからアフリカの女王セリカへと変わるのは、たいへん不自然な表現である(実際、筆者が観た1988年9月サンフランシスコ・オペラでは観客の失笑を買っていた!)これらを欠点と見るか魅力と見るかは論が分かれるだろう。



<物語>


 *このあらすじは下記の参考ディスクに従ったもの。だが、オリジナル・スコアでは5幕に構成されている。つまり、下記のLDでの演奏の第1幕第2場はオリジナルでは第2幕、第2幕は第3幕、第3幕第1場は第4幕、第3幕第2場は第5幕第1場、第3幕第3場は第5幕第2場である。1988年9月サンフランシスコ・オペラにおいての上演を筆者は観たが、上記と同様であった。


第1幕
第1場 大遠征が行われた15世紀後半16世紀初頭

 コロンブスとスペイン王室の成功に続いて、そのライヴァルのポルトガルでは新大陸征服の計画が審議されていた。大提督ドン・ディエゴは、自分の娘イネスを呼びにやらせる。そしてイネスが侍女アンナと現れると、王がイネスと宮廷会議の頭目であるドン・ペドロとの結婚を望んでいると告げる。だが、イネスの心を占めているのはこの2年間ディアス提督とともに新大陸発見の旅に出ているヴァスコ・ダ・ガマであった。そこへ野心家のドン・ペドロが登場してディアスの遠征隊が喜望峰近くで難破し、全員行方不明になったと告げる。イネスはこれを聞いて絶望のあまり泣き叫んで、侍女に連れられ部屋を出て行く。


 評議会が開かれている。あらゆる遠征を反対する派と世界探検の軍隊を率いようとする2つ派に分かれ、激論がくりかえされていた。そこへ死んだと知らされていたヴァスコが登場してくる。ディアスの遠征隊でただ一人生き残った彼は、新発見についての報告をする。そしてヴァスコは評議会に新しい艦隊を自分に与えるよう請願する。だが、会議の人々はためらうと、ヴァスコが連れてきた男女2人の奴隷を連れてこさせる。その二人はアフリカやヨーロッパでも見かけない風貌と誇りある振る舞いの様子であった。この二人はセリカとネリュスコといい、女はおとなしく、男は敵意をあらわにしている。ヴァスコは自分のの新艦隊の要求がしりぞかれてしまったので、評議会をののしってしまう。大審問官の怒りをかって、侮辱罪で捕らえられて牢送りとなった。


第2場 ヴァスコは牢獄の中に囚われ、鬱々と過ごしている

 奴隷セリカはヴァスコに恋していた。しかし男の奴隷ネリュスコはセリカを愛してたので、ヴァスコを殺害することを企んでいた。セリカの方はヴァスコを救うために、彼に喜望峰を廻るための安全な航路を教えるのであった。そこへドン・ペドロとヴァスコの恋人イネスが現れた。イネスを見て喜ぶヴァスコは、イネスに二人の奴隷セリカとネリュスコを贈り物として差し出すのであった。

 イネスの夫となるつもりのドン・ペドロは、奴隷二人を高い値で買い取った。そして王の命をを受けて大陸発見の新遠征隊を率いて出かける、と告げた。すると奴隷ネリュスコはドン・ペドロに自分が、その航路を知っていると耳打ちした。一方イネスはヴァスコの釈放を約束に、ドン・ペドロとの結婚を承諾してしまう。奴隷セリカは新しい主人イネスに従って、その場を去る。



第2幕 ドン・ペドロの率いる艦隊の船の中


 イネスとその従者二人の奴隷たちも同船している。イネスの夫ドン・ペドロは奴隷ネリュスコの言うままに船を北に向かわせていた。そこへヴァスコは自分の船でペドロの船に追いつき、ドン・ペドロに航路の間違いを指摘した。このまま行けば難破すると告げるが、かえってドン・ペドロの怒りを買い、ヴァスコはマストに縛られ、射殺されかかる。そこへ彼を恋する二人の女性、イネスとセリカが出てきて命乞いをする。ネリュスコはその間に土民の小舟の群れに合図を送り、艦隊は土民の小舟に取り巻かれてしまう。


 土民の戦士たちが船の両端から進入し、攻撃する。折から激しい嵐が襲い、船は座礁してしまう。そして2人の奴隷セリカとネリュスコは、自国に戻ることができた! それは喜望峰の東の国であった。襲ってきた土民はこの二人の母国の戦士であった。ヴァスコもこの混乱の中で、船から飛び出た。



第3幕
第1場 喜望峰の東の国

 実は奴隷セリカはこの国の女王の地位を持つ身であった。ヒンドゥー教の高僧から戴冠式を受ける準備が進められていた。そして戴冠式になり神聖なる誓いをしようとしていた。その中に他国の者がこの地に入ってはならない、という掟も含まれていた。その時伝令がもたらされた。ドン・ペドロが率いる遠征隊の水夫と部下は全員死亡し、残った女性たちは毒のマンスニールの木下で処刑されることになった、と報告した。

 そこへただ一人船から逃れたヴァスコが現れ、ポルトガルのためにこの楽園を手に入れると宣誓する。とり押さえられたヴァスコは、殺されそうになる。そこへセリカが彼の命を救うために、自分はヴァスコの妻だと皆の前で宣言する。かさらに彼女は配下のネリュスコにも皆を説得するよう頼む。そしてヴァスコはセリカ女王の夫と認められ、結婚が祝われる。ヴァスコはイネスのことは忘れたように、女王との愛に酔いしれた。


第2場 女王の宮廷の庭

 処刑から逃れたイネスが現れた。ヴァスコを見つけるが、彼から女王との結婚の事実を告げられる。これを目撃した女王は嫉妬に燃え、裏切られたと思った。セリカはもはや以前のように奴隷としてではなく、女王としてイネスと対決する。イネスの懇願を聞いているうちに、イネスのヴァスコへの愛は本物であり、ヴァスコの自分への愛は感謝から出たものだった、と悟った。そこで女王はイネスとヴァスコを島から船で去らせるよう、ネリュスコに指示を与えた。ヴァスコの船は無事であったのである。そして女王セリカはネリュスコに、海の見える岬、つまり毒の木のある岬の先端へ一緒に行くよう命じる。

第3場 海の見える岬

 ヴァスコたちは出航して行くのを岬で見送った。女王は心を決め、毒の木の花の香りを嗅ぐ。そして幻覚を見なら倒れる。ネリュスコが助け寄るが、「私は幸せを見つけた」と女王セリカは言って死んでいく。彼も彼女を恋する身、同じく毒の香りを吸い込み世を去ろうとしていた。





参考ディスク


LD PILC-1114 オペラ「アフリカの女」

マウリツィオ・アレーナ指揮、ロトフィ・マンスーリ演出
サンフランシスコ・オペラ管弦楽団&合唱団

ヴァスコ・ダ・ガマ
セリカ
イネス
ネリュスコ
ドン・ペドロ
ドン・ディゴ
大審問官
プラシド・ドミンゴ
シャ−リー・ヴァーレット
ルース・スウェンソン
フスティーノ・ディアス
マイケル・デヴリン
フィリップ・スキナー
ジョゼフ・ルーロー



★ マイヤーベーアの作品


2002-2017

音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表