制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表



四季」は標題音楽?!


 ントニオ・ルーチョヴィヴァルディAntonio Lucio Vivaldiイタリア(1678-1741)




<協奏曲について>


 「四季」はヴァイオリン協奏曲である。協奏曲concerto伊語は、バロック時代前後に誕生した。「バロック」という語が、音楽における時代概念として適応されたのは20世紀に入ってからである。音楽史のバロックは1600-1750年と区分される。初めフランス人はバロックという語よりヴェルサイユ楽派という語を好んで用いていた。バロック時代には時イタリアが音楽大国であり、ヨーロッパ音楽を制覇していた。その当時よりイタリア・バロックに対して確執をもっていたフランスであった。イタリア・バロックは下記のような音楽分野や様々な楽器も誕生させた。

 バロック音楽はイタリアから発進されていったといっても過言ではない。先ずイタリアは音楽分野では聖俗を二分する教会音楽のオラトリオoratorio伊語と世俗音楽のオペラopera伊語を誕生させた。また教会音楽と世俗音楽の2つの分野にも共通な器楽曲ソナタsonata伊語と声楽曲カンタータcantata伊語が、バロックに並び立つことなる。さらに新しく生まれたのが器楽曲分野の協奏曲concerto伊語であった。コンチェルトconcertoラテン語を語源とし、直訳すれば“競う”や“争う”の意味を有している。これらの分野は相互に影響し合い、取り入れ合ってもいく。こうしてバロックは、後々まで続く多数の重要分野を生む時代となった。

 協奏曲の根源を何に求めるかを明らかにするのはむつかしい。中世からルネサンスに発展した対位法を用いた多声音楽にも求めることが可能であるが、もっと近い存在はヴェネツィアで培われた“分割された合唱”の意の複合唱cori spezzatiであろう。これをヴェネツィアのサン・マルコ教会に持ち込んだのが、ヴィラールトWillaertフランドル(1490-1562)であった。つまりヴェネツィアにフランドル楽派の音楽をもらしたのである。ヴィラールトは1527年にサン・マルコ教会1)楽長になり、ヴェネツィア楽派の創始者としての重要人物になる。彼はイタリアのフェラーラ公の宮廷で活躍し(1522-25年)、続いて1527年までミラノ大司教の礼拝堂歌手を務めていた。聖マルコ教会の優れた音響効果1)を利用して、複合唱cori spezzati=分割された合唱の書法による音楽を書いた。この書法はフランドルや他の地域でもすでに用いられていたが、ヴェネツィア楽派の最大の特徴となるのである。これが協奏曲へとつながっていったと考えられる。ヴェネツィア楽派はこうしてバロック時代に最盛期を迎える。交易の都市の名の通り、あちこちから入ってくる音楽を洗練させて、華麗で国際的なヴェネツィア音楽が作られていった。

 こうして複合唱cori spezzatiを経て合奏協奏曲concerto grossoが生まれた。複数の独奏楽器群と弦楽合奏+通奏低音によるコンチェルト・グロッソ合奏協奏曲の形態が、ストラデッラ2)やコレッリ3)らによって作られた。これは、ヴィヴァルディヘンデルバッハの「ブランデンブルク協奏曲」4)などによって発展させられた。
 こうして独奏協奏曲solo concertoもほとんど同時に盛んになっていく。合奏協奏曲&独奏協奏曲書法は、声楽作品ジャンルにも適応された(教会音楽にも世俗音楽にも)。独唱、重唱と合唱、合奏との掛け合い、つまりコンチェルトは、ミサ曲、オラトリオ、カンタータ、オペラにおいても随所に応用され、一般的な様式であり書法となる。というかそれ以前からもあったものだが、より高度ものへとすべての分野が発展していく。近代の協奏曲に大きな影響を与える独奏協奏曲は器楽の自立性を高め、楽器の音色による表現法を生み出した。技法の開発と表現能力の拡大、また名人芸virtuosoの出現をもたらした。そして協奏曲はよい遊び心も感じられ、管弦楽のプログラムに華麗さを添える。コンチェルトconcertoは、今もイタリア語では協奏曲と音楽会(演奏会)の2つの意味をもって使われる。協奏曲は芸術性と広い意味での娯楽性も有している。協奏曲でなければ音楽会(演奏会)ではないのかもしれない(?)

 独奏協奏曲は、バロックにはヴィヴァルディの「ヴァイオリン協奏曲<四季>」やバッハの「ヴァイオリン協奏曲第1・2番」、「チェンバロ協奏曲」、「オルガン協奏曲」、ヘンデルの「オルガン協奏曲」などが有名。ヴィヴァルディの頃から現れた[急―緩―急]という3楽章構成が確立されている。そしてバロック後期17世紀末よりみられるリトルネッロ形式Ritornèllo伊語によって作られている。バロック時代の協奏曲に多くみられた形式で、リトルネッロと呼ばれる主題部を何度も挟みながら進行する。全合奏となるリトルネッロに挟まれた部分を独奏楽器あるいは合奏協奏曲の場合は独奏楽器群が奏するようになっている。このリトルネッロ部分は、その楽章の最初と最後のリトルネッロは主調、それ以外は主調以外の他の調で作られている。


[注]


1) 主祭壇内部左右の上部に2台のオルガンが設置されている。そして合唱隊や演奏のためのバルコニーが多数あり、残響のコンディションも優れている。

2) アレッサンドロ・ストラデッラAlessandro Stradellaイタリア(1644-82)ローマで活躍したイタリア盛期バロック音楽の作曲家。合奏協奏曲の創始者として音楽史上に名を残す。オラトリオ「洗礼者ヨハネ」がある。

3) アルカンジェロ・コレッリArcangelo Corelliイタリア(1653-1713)はイタリアの作曲家、ヴァイオリン奏者。ヴィヴァルディより25年、大バッハやヘンデルより32年年長。合奏協奏曲、トリオソナタ、ヴァイオリンソナタで知られる。

4) バッハのヴァイマル時代のヴィヴァルディ体験が大いに活かされた作品「ブランデンブルク協奏曲第1-6番 BWV1046-51」は、ヴァイマル時代(1708-17)からケーテン時代(1717-23)に作曲された思われる。全6曲は概ね合奏協奏曲の形態をとっているが、合奏を伴わない(独奏楽器群と合奏楽器群の区別のない)独奏楽器群のみと通奏低音によるものも含まれる。それは「第3番ト長調BWV1048」と「第6番変ロ長調BWV1051」である。また「第5番ニ長調BWV1050」はチェンバロ独奏協奏曲的ではあるが、独特な世界である。
 「ブランデンブルク」という名の由来は、ケーテン時代、1721年3月24日にブランデンブルク辺境伯クリティアン・ルートヴィヒに自筆総譜(但しオリジナルからの筆写譜)を献呈したことによる。新しい職場をこの時期に求め始めていたようである。




<協奏曲第1~4番「四季」>


 ヴィヴァルディは協奏曲、特にヴァイオリン協奏曲において音楽史的貢献者である。特にバッハに与えた影響は顕著なものであろう。彼自身がすぐれたヴァイオリン奏者であり、自分のもつ技量、つまり名人芸virtuosoを大いに発揮した。そしてトレッリTorelliイタリア(1658-1709)が創始したリ独奏協奏曲を完成させ、後世に伝えた。速い楽章ではリトルネッロ形式を主に用いて、活力あふれるイタリア協奏曲を大いに印象づけた。

 1725年に全12曲からなるヴァイオリン独奏と弦楽合奏と通奏低音のための協奏曲「和声と創意の試みIl cimento dell'armonia e dell'inventione」が出版された5)。モルツィン伯爵ヴェンツェスラウに献呈されている。このうちの「協奏曲第1~4番Concerto Op.8- 1~4」が、 「四季 Le quattro stagioni」として知られているものである。

Il cimento dell'armonia e dell'inventione和声と創意の試み Op. 6)  副題 RV7)
Concerto n. 1 in m maggiore 協奏曲第1番 ホ短調  La primavera  春  RV269 
Concerto n. 2 in sol minore  協奏曲第2番 ト短調  L'estate     RV315 
Concerto n. 3 in fa maggiore  協奏曲第3番 ヘ長調  L'autunno    RV293
Concerto n. 4 in fa minore  協奏曲第4番 ヘ短調  L'inverno    冬  RV297
Concerto n. 5 in mi bemolle maggiore  協奏曲第5番 変ロ長調 La tempesta di mare 海の嵐 RV253 
Concerto n. 6 in do maggiore  協奏曲第6番 ハ長調  Il piacere  喜び RV180 
Concerto n. 7 in re minore  協奏曲第7番 ニ短調    RV242 
Concerto n. 8 in sol minore 協奏曲第8番 ト短調    RV332 
Concerto n. 9 in re minore  協奏曲第9番 ニ短調    RV236 
Concerto n. 10 in si bemolle maggiore  協奏曲第10番変ロ長調   La caccia  狩 RV362 
Concerto n. 11 in re maggiore  協奏曲第11番ニ長調    RV210 
Concerto n. 12 in do maggiore 協奏曲第12番ハ長調    RV178 



 a.楽器編成


 独奏ヴァイオリン、第1・2ヴァイオリンとヴィオラによる合奏、通奏低音=チェロ、ヴィオローネ、ポジティヴ・オルガン8)となっている。特に20世紀になってヴィヴァルディ大ブームを引き起こしたが、通奏低音の楽器の組み合わせをチェロとチェンバロリュートテオルボを用いることも行われてきた。しかし、ヴィヴァルディが務めていたピエタ養育院教会には、通奏低音として使えるのは教会備え付けのポジティブ・オルガンのみしかなかった。


 b.協奏曲「四季」は標題音楽か


 この曲名の元になっているのが、各曲各楽章に付けたそれぞれのソネットsonettoである。この詩句に従って曲展開をし、4曲からなる各協奏曲に明確に春夏秋冬を表現した4曲に振り当て、明確に四季の「春」「夏」「秋」「冬」と題名がつけられたの各ソネットの14行の詩句が当てられ、各楽章に分割して振り当てられている。4曲まとめられた協奏曲に「四季」というタイトルは必然の帰結のようだった。第1番<春>と第2番には第1楽章に8行、第2楽章<夏>に3行、第3楽章に3行が割り当てられている。第3番<秋>第1楽章に4行、第2楽章に4行、第3楽章には6行となっている。第4番<冬>第1楽章に4行、第2楽章に2行、第3楽章には8行が使われている。このソネットはヴィヴァルディ自身が作詩したという説もあるが、作者不詳とされるのが一般的である。

 このようにソネットを楽譜に書き入れた。そしてこのソネットの詩句に沿って曲は展開されている。このため標題音楽と表されることがあるが、狭義の意味での標題音楽は、ロマン派(1820-1900)時代ベルリオーズが創始したもの――「幻想交響曲」を指している。その意味での標題音楽とは根本的に異なっている。これらと区別して描写音楽、つまり写しとるように犬や鳥の鳴き声、さまざまな情景が直接的に音で表現されているのである。標題音楽はひとつの概念――具体的な事物や抽象概念なども含んでいる。主題動機――ベルリオーズは固定楽想といい、ヴァーグナーは示導動機といった――を取り決め、それを展開駆使して楽曲構成としていくのである。それにひき替えこのバロックの描写音楽は、音画的であるが、もっと自由に散文的に表現するものである。音画的ではあるが、均整感あふれる構成に裏づけされている。それは速い楽章で用いるリトルネッロ形式Ritornèllo伊語で、みごとな構築を行っている。


 c.「四季」のソネット


 ソネットsonettoという用語はプロヴァンス語のsonetとイタリア語のsonettoに由来する。ともに「小さな歌」という意味をもつ。14行から構成される定型詩である。ヨーロッパでルネサンス期にイタリアで創始され、英語詩にも取り入れられ、代表的な詩形の一つとなる。
 ソネットの形式には大きわけると3つの形がある。それはイタリア風ソネット、イギリス風ソネット、スペンサー9)風ソネットである。イギリス風ソネットのシェイクスピア10)がのソネットは、シェイクスピア風ソネットとも呼ばれる。

 13世紀に入るとソネットは、厳格な押韻構成と特定の構造を持つ14行の詩を意味するようになった。ソネットに関する取り決めは歴史とともに変わっていった。伝統的に英語詩では弱強五歩格を使ってソネットを書く。ロマンス諸語では、イタリア語では11音節の詩句11)と、フランス語ではアレクサンドラン12)が最も広く使われている韻律である。


 d.「四季」で用いられたソネット


国本静三訳2015/12

Concerto n. 1in mi maggiore “La Primavera” 協奏曲第1番ホ長調 <春> RV2697) 
  第1楽章 Allegro
Giunt' è la Primavera e festosetti
La Salutan gl' Augei con lieto canto,
E i fonti allo Spirar de' Zeffiretti
Con dolce mormorio Scorrono intanto:
Vengon' coprendo l'aer di nero amanto
E Lampi, e tuoni ad annuntiarla eletti
Indi tacendo questi, gl' Augelletti
Tornan di nuovo al lor canoro incanto:
春がきた。喜んだ 
小鳥たちは、陽気な歌であいさつし、
泉はそよ風の息吹にさそわれて、
よい音で流れ出す。
黒いマントで空をおおって、
気高い稲妻と雷鳴が春を知らせにくる。
その後、黙っていた小鳥たちが、
ふたたびよい声で歌い出す。
第2楽章 Largo
E quindi sul fiorito ameno prato
Al caro mormorio di fronde e piante
Dorme 'l Caprar col fido can' lato.
花がさくここちよい草原では、
木々の葉や樹木のさわやかな音の中で、
山羊飼いが従順な犬のそばでねむっている。  
第3楽章 Allegro 
Di pastoral Zampogna al suon festante
Danzan Ninfe e Pastor nel tetto amato
Di primavera all'apparir brillante.
牧人の陽気なバッグパイプの音で,、
妖精たちと羊飼いが踊っている。 
やってきた大好きなきらめく春のもとで。

Concerto n. 2 in sol minore“L'Estate” 協奏曲第2番ト短調 <夏> RV3157)
第1楽章 Allegro non molto-Allegro
Sotto dura stagion dal sole accesa
Langue l’huom, langue 'l gregge, ed arde 'l pino,
Scioglie il cucco la voce, e tosto intesa
Canta la tortorella e 'l gardellino.
Zeffiro dolce spira, ma contesa
Muove Borea improvviso al suo vicino;
E piange il Pastorel, perché sospesa
Teme fiera borasca, e 'l suo destino.
燃え立つ太陽の厳しい季節のもとでは、
人もぐったり、羊の群れもぐったり、松も燃えてる。
カッコーが声をはり上げるとすぐに合わせて、
キジバトとヒワが歌う。
西風が気持ちよく吹く。しかし
突然にやってきた北風が襲いかかる。
羊飼いの子が泣き叫ぶ。なぜなら突然に風が止み、
天気がどう変わるのか恐れたのだ。
第2楽章 Adagio 
Toglie alle membra lasse il suo riposo
Il timore de’ lampi, e tuoni fieri
E de mosche, e mosconi il stuol furioso:
疲れた全身に休息を与えないのは、
稲光と雷鳴への不安と、
それにくわえてハエやハエのうるさい群れのせいなのだ。
第3楽章 Presto 
Ah che pur troppo i suoi timor sono veri
Tuona e fulmina il cielo grandinoso
Tronca il capo alle spiche e a' grani alteri.
ああ、やはり大きな不安は真実となり、
雄大な天は雷鳴をとどろかせ、
天の長は穂を小麦から切り落とす。

Concerto n. 3 in fa maggiore“L'Autunno” 協奏曲第3番ヘ長調 <秋> RV2937)
第1楽章 Allegro
Celebra il Vilanel con balli e Canti
Del felice raccolto il bel piacere
E del liquor di Bacco accesi tanti
Finiscono col Sonno il lor godere.
農夫が踊りと歌で祝う
幸せな収穫のすばらしい喜びは、
みなバッカスの酒で多くの人をほてらせ、
眠りで彼らの楽しみが終わる。
第2楽章 Adagio molto
Fa' ch' ogn' uno tralasci e balli e canti
L' aria che temperata d'piacere,
E la Staggion ch' invita tanti e tanti
D' un dolcissimo sonno al bel godere.
みなが踊りも歌もやめると
喜びも沈まる様子である。
この季節がこんなに多くの人を誘い、
うっとりする眠りをたっぷり味わう。
第3楽章 Allegro 
I cacciator alla nov'alba à caccia
Con corni, Schioppi, e cani escono fuore
Fugge la belva, e Seguono la traccia;
Già Sbigottita, e lassa al gran rumore
De' Schioppi e cani, ferita minaccia
Languida di fuggir, mà oppressa muore. 
夜明けに狩人らは狩へ
角笛、猟銃と犬をつれて外に出る。
野獣が逃げ、その足あとを追う。
野獣は早くも驚き、猟銃の跫音にうろたえ、
猟銃と犬から傷を受けて意気憔悴し、
逃げるのに疲れ、苦しみ死んでいく。

Concerto n. 4 in fa minore“L'inverno” 協奏曲第4番6) ヘ短調 <冬> RV2977)
第1楽章 Allegro non molto
Agghiacciato tremar tra nevi algenti
Al Severo Spirar d'orrido Vento,
Correr battendo i piedi ogni momento;
E pel Soverchio gel batter i denti;
氷のよう雪の中で凍えて震え、
恐ろしい風の吹きすさぶ中、
常に足踏みしながら駆け足で進むが、
余りの寒さに歯がガチガチする。
第2楽章 Largo 
Passar al foco i dì quieti e contenti
Mentre la pioggia fuor bagna ben cento.
静かで満ち足りた時を火のそばで過ごす、
外では雨がすっかりあたりを濡らしている。
第3楽章 Allegro 
Caminar sopra il ghiaccio, e a passo lento
Per timor di cader girsene intenti;
Gir forte Sdrucciolar, cader a terra
Di nuovo ir sopra'l ghiaccio e correr forte
Sin ch'il ghiaccio si rompe, e si disserra;
Sentir uscir dalle ferrate porte
Scirocco, Borea, e tutti i venti in guerra
Quest'è'l verno, ma tal, che gioia apporte.
 
氷の上をゆっくり歩みを進める。
転ぶのを恐れてすべって行く。
いきおいよく回転するとすべって、転ぶ。
再び氷の上を行き、強く駆ける。
氷が割れるほどに。ぱっと開いたかと思うと、
鉄具をつけたその扉から外へ出ると、
シロッコや北風とすべての風が競っている。
これこそ冬。そう、これもまた喜びをもたらすのだ。



[注]


★ ヴィヴァルディの作品


2015-2017          


音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表