制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2009年8月記b


DVD TDBA80480

チレア 
オペラ「アドリアーナ・ルクヴルール」

ロベルト・リッツィ・ブリニョーリ指揮
 ランベルト・プッジェッリ演出
 ミラノ・スカラ座管弦楽団

アドリアーナ・ルクヴルール
ブイヨン公妃
マウリツィオ

ブイヨン公爵
シャズイユの僧院長
ミショネ
キノー
ポワソン
ダニエラ・デッシー
オルガ・ボロディナ
セルゲイ・ラリン
ジョルジョ・ジュゼッピーニ
マリオ・ボロニェーゼ
カルロ・グエルフィ
マルコ・カマストラ
エルネルト・ガヴァッツィ

収録:2000/1/15スカラ座  発売:2009/6/24



第二の「椿姫」?


 チレアイタリア(1866-1950)は、レオンカヴァッロ(1857-1919)やマスカーニ(1863-1945)らと並ぶヴェリズモ・オペラの旗手となった。だが、前者二人とは作風もそのやり方も大きく異なり、その距離の開きを見せている。オペラ「アドリアーナ・ルクブール」はヴェリスモの動きの終焉への過渡期にあったと見るべきか、新しい出発であったと見るべきかは論が待たれる。

 さて、オペラ「アドリアーナ・ルクブール」には面倒な論議は似合わないかも。すべてが美しく、アトラクティヴな舞台を堪能できるオペラである。筆者には第二の「ラ・トラヴィアータ」のように思われる。数十年前にヴェネツィアで観たことがある。フェニーチェ劇場(1792年創設、1836年と1996年全焼、2003年再建)の平戸間の後方の席だった。ゆったりした個別の椅子と心地よい音楽は、なんとも楽しく幸せな空間と時間であった。

 このオペラのタイトル・ロールは18世紀前半にパリで実在した美貌の女優、アドリエンヌ・ルクヴルール、彼女の愛と死の物語である。1902年にミラノで初演され大成功を収めた。今もチレアのオペラ作品中、最もよく上演される作品である。



チレア 20世紀音楽の様相 20世紀年表
エッセー目次


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表