制作者:国本静三  

音楽サロン表紙 目次 20世紀目次 作曲家別作品表 時代別作品表



トゥランガリラ交響曲

 オリヴィエ・メシアンOlivier Messiaenフランス(1908-92)



<作曲の経緯>


 
1945年以降メシアンMessiaenフランス(1908-92)は 、続けて来たカトリシズムを題材にした作品からしばらく遠ざかる。1945-48年にかけてはトリスタンとイゾルデの伝説に基づく三部作、歌曲「ハラウィ-愛と死の歌」(1945年)「トゥランガリラ交響曲」
(1946-48年作曲、1949年初演バーンスタイン指揮ボストン交響楽団)声楽曲「5つのルシャン」(1948年)において、彼は人間的な愛を題材としてる。技法的には、ピアノ曲「カンテヨージャーヤー」(1948年)以後の作品における<音価の半音階への音高・強度・アタック(音色)の結合という技法>を用いた。ピアノ曲「4つのリズムの練習曲」に含まれる<音価と強度のモード>は、戦後の現代音楽の出発点となったトータル・セリー(総音列技法)3)の理論を最初に提示した曲として重要である。後にブレーズがこの曲と同じセリーを用いて「構造I、Ⅱ」を作曲した。これは音高にのみ音列を用いた12音技法を発展させたものといえ、こうして一つの音をこれら音価、音高、強度、アタックの4つの属性として、音のあり方を分析的に認識した。このことはその後の現代音楽に与えた影響は大きい。1952年に当時開発されて間もなかったミュージック・コンクレートMusique concreteも試み、「音色――持続」(1952年ピエール・アンリとの共作)を作ったが、この作品は後にメシアン自身によって撤回され、後にもこの具体音楽の分野の一つ、ミュージック・コンクレートを試みることはなかった。

 メシアンによれば、この曲の題名である「トゥランガリラ Turangalila」は、二つのサンスクリット語turangalilaに由来している。メシアンはトゥランガを意味し、つまりリズムである。リラであると概念付けしている。ともにサンスクリット語(梵語)であり、無限なる愛の喜び、宇宙的な広大な愛を描きたかったのだろうか。ヒンドゥー教や密教仏教のおおらかな男女の愛を表現したインド彫刻を、筆者は思い起すのだが。

 全体の構成にはヴァーグナー「トリスタンとイゾルデ」の影響があるといわれている。
「トゥランガリア交響曲」
1946-48年作曲)連作歌曲「ハラウィ-愛と死の歌」(1945年作曲)を始めとするメシアンの愛と死の主題に関する3部作の中心を成す作品とされている。第3番目の作品は無伴奏合唱のための「5つのルシャン」(1948年作曲、1990年一部改訂)である。

 「トゥランガリラ交響曲」は今日、メシアンの作品群の中でも「世の終わりのための四重奏曲」「幼子イエスにそそぐ20のまなざし」と並んで、最も演奏頻度の高いものとなっている。しかし、ブレーズなどは世俗的な作品と考えていたようで、“売春宿の音楽”と言い切った。プーランクも“この作品は好きではない”と述べたとか。

 メシアンの音楽世界は、カトリック信仰、すなわちカトリシズム人間の愛自然への愛というの3つの柱、この3つの理念に基づいている。どの理念にも共通しているのが、神秘的なのに官能的な装いをもっているということであろう。この「トゥランガリラ交響曲」はメシアン音楽の中核であり、とりわけ世俗愛を示す重要な作品であると考える。




<楽曲構成>


 メシアンは、10楽章構成にたいへん構築的な要素をもたせている。ある意味で古典的とも思わせる構成要素を見出しうる。第1楽章冒頭で示される和声動機=音素材をはじめとして、いっくつかの動機=音素材で統一され、楽曲全体の構成要素となっている。また移調の限られた旋法modes à transpositions limitées1)鳥の声、逆行不能リズム rythmenon-rétrogradable2)などの使用が見られる。トータル・セリエリズム3)以前のメシアンの音楽語法がほとんど含まれる作品となっている。
 
 作曲者の標題(?)付けによって全楽章を構成している。それから見ると3つの群に分けられる。先ずあげられる群は第1楽章:序奏、第5楽章:星々の血の喜び、第6楽章:愛の眠りの園。これらの楽章に挟まれたさらに2つの群がある。それは第2楽章:愛の歌、第4楽章:愛の歌、第8楽章:愛の展開と、第3楽章:トゥランガリラⅠ、第7楽章::トゥランガリラⅡ、第9楽章:トゥランガリラⅢ群の2つである。こうした構成のやり方は、メシアン特有の有機的構築書法であろう。

 

第1楽章 序奏 Introduction
第2楽章 愛の歌Ⅰ Chant d'Amour Ⅰ
第3楽章 トゥランガリラI Turangalila I
第4楽章 愛の歌Ⅱ Chant d'Amour Ⅱ
第5楽章 星々の血の喜び Joie du Sang des Etoiles
第6楽章 愛の眠りの園 Jardin du Sommeil d'Amour
第7楽章 トゥランガリラⅡ Turangalila Ⅱ
第8楽章 愛の展開 Developpement d'Amour
第9楽章 トゥランガリラⅢ Turangalila Ⅲ
第10楽章 終曲 Final


[注]



1) メシアンが提唱した特定の音程パターンの反復を特徴とする特殊な旋法。メシアン著「わが音楽語法1944年刊・1957年改編、1954平尾喜四男訳/教育出版/教育出版)に自ら表している。
2) 逆行できないリズム。
3) 
音高(ex.12音技法)だけでなく、音価・強弱・アタック・音色なども厳格に音列技法によって統治する作曲書法である。



<楽器編成>


 「トゥランガリラ交響曲」の編成は、ピアノとオンド・マルトノを前中央に配し、木管楽器3、ホルン4、トランペット5、トロンボーン3、チューバ1、グロッケンシュピール、チェレスタ、ヴィブラフォン、打楽器奏者5、および弦という大編成である。オンド・マルトノは1928年に発明された単声の電子楽器である。

楽器種別 楽器
木管楽器 ピッコロ1、フルート1,オーボエ2、コールアングレー1、クラリネット2、バスクラリネット1、ファゴット3
金管楽器 ホルン4、ピッコロトランペット(D管)1、トランペット(C管)3、コルネット(B♭管)1、トロンボーン3、チューバ
独奏楽器 ピアノオンド・マルトノ
音律楽器 ジュ・ド・タンブル(=鍵盤式グロッケンシュピール)、チェレスタヴィブラフォンチューブラーベル
打楽器8人 第1奏者:バスドラム
第2奏者:プロヴァンス太鼓スネアドラム
第3奏者:テンプルブロック3、マラカス
第4奏者:マラカス、トライアングルタンブリン
第5奏者:タンブリン、ウッドブロック
第6奏者:クラッシュシンバル、サスペンデッド・シンバル
第7奏者:サスペンデッド・シンバル、小シンバル、チャイニーズ・シンバル
第8奏者:小シンバル、チャイニーズ・シンバル、タムタム
弦楽器 Ⅰヴァイオリン16、Ⅱヴァイオリン16、ヴィオラ14、チェロ12、コントラバス10

*メシアンの他の多くの管弦楽曲と同様、ティンパニは不使用




<日本初演と来日>


 1959年4月クレール・デルボスが長い闘病の末、した1962年、メシアンは長年にわたり演奏で彼を支えてきたイヴォンヌ・ロリオ再婚する。その直後、彼らは新婚旅行を兼ねて初来日した。彼は東京で「トゥランガリラ交響曲」日本初演(1962年7月4日東京文化会館大ホール、小澤征爾指揮、NHK交響楽団、イヴォンヌ・ロリオピアノ、本荘玲子オンド・マルトノ)を監修し、立ち会った。ロリオと「アーメンの幻影」のリサイタルを行い、「幼子イエスにそそぐ20のまなざし」の抜粋も演奏する。この滞在中、彼らは奈良、宮島、山中湖、軽井沢などを訪れた。特に、軽井沢では多数の鳥の歌を採譜し(この時の模様を星野嘉助日本野鳥の会軽井沢支部長、「7つの俳諧」の献呈者の一人)、これらは「7つの俳諧」にまとめられた。リズムや鳥の歌についての講演も行う。


 1962年、メシアンの第1回目の来日は、二度目の妻イヴォンヌ・ロリオを伴って来日した。この時はNHK主催による以下の3つの演奏会などが催された。

 7月4日 「トゥランガリラ交響曲」(日本初演)小澤征爾指揮、NHK交響楽団、イヴォンヌ・ロリオ(p)、本荘玲子(オンド・マルトノ)、オリヴィエ・メシアン監修 東京文化会館大ホール

 ★ずっと後に聞き及んだことであるが、上記のコンサート開幕前に日仏両国歌が演奏されたが、メシアンは事前に「君が代」の和声付けを変だと考え、伝統的な日本の雅楽旋法(音階)で作曲された旋律を生かすべきと考えた。そのため今も使われている珍奇な(?)和声付け(教科書に載り、学校や大相撲表彰式など諸行事で用いられている)の「君が代」演奏を、メシアンの考えによる旋法的な和声付けと管弦楽化を自ら施した。それが7月4日演奏された。その収録がNHKに残っていれば、聴きたいものである。

 ――国歌「君が代」について――
 
奥好義・林廣季が雅楽旋法(音階)によって「君が代」を作曲、1880年フランツ・エッケルトFranz Echertドイツ(1852-1916)が伴奏用の和声付けをした。

② 7月6日 「幼子イエズスに注ぐ20のまなざし」イヴォンヌ・ロリオ(p)、「アーメンの幻影」 イヴォンヌロリオ、オリヴィエ・メシアン(p) 東京文化会館小ホール

 6月29日 「オリヴィエ・メシアン講演会」 東京文化会館小ホール
  第1部:リズムの研究  第2部:鳥の歌の記譜法

 メシアン夫妻は東京だけでなく、都市部から田舎まで様々な場所を訪れた。特に軽井沢を訪れた時には、ホトトギスを初めとする日本の鳥の声を採譜している。この他山中湖、宮島なども訪れている。雅楽の演奏にも接した。この時の日本旅行の印象は後に「7つの俳諧」という作品として残した。笙(しょう)や篳篥(ひちりき)の響きがメシアン語法を用いて巧妙に模倣され表現されている。


 それ以後も3回の来日を果たした。1964年1978年(フランス国立管弦楽団・合唱団、マゼールと共に来日、「わが主イエス・キリストの変容」(1965-69年作曲、日本初演1978年)そして1985年、稲盛財団が創設した「京都賞」思想・芸術部門の音楽で第1回受賞者に選ばれ、その授賞式のため4度目にして最後となる来日を果たした。




参考ディスク

CD POLYDOR 431781-2「トゥランガリラ交響曲」

ミュンフン・チュング指揮
ヴォンヌ・ロリオ(p)、ジャンヌ・ロリオ(オンド・マルトノ)
パリ・バスティーユ管弦楽団

録音:1991年


★ メシアンの作品


2006-2017

音楽サロン表紙 目次 20世紀目次 作曲家別作品表 時代別作品表