制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2018年7月記


CD SICC-304822

メシアン
「世の終わりのための四重奏曲」

演奏
マルティン・フレスト(cl)
リュカ・ドゥバルグ(pn)
ジャニーヌ・ヤンセン(vn)
トーレイフ・テデーン(vc)
 

録音:2017/8/28-30ベルリン  発売:2018/5/18


収容所で作曲したメシアン!


 1939年、仏英と独の第二次世界大戦(1939-45)が開始。メシアンMessiaenフランス(1908-92)は召集され、1940年5月ドイツの大攻勢で連合軍はすぐ敗北。メシアンはヴェルダン――ここでチェロ奏者パスキエとクラリネット奏者アコカに出会う――から徒歩でナンシーに着いてナチスに捕らえられた。他の捕虜たちとポーランドのシレジア地方にあるゲルリッツ収容所に移送された。収容所Ⅷ-A棟でメシアンはアコカの手元に残されていた楽器、クラリネットのために作品を書き上げた。これを「世の終わりのための四重奏曲」第3楽章「鳥たちの深い渦」とする。ヴァイオリン奏者ブレールがアコカと同じ寝棚にいたため四重奏曲とすべく、第5楽章「イエスの永遠性への賛歌」と第8楽章「イエスの不滅性への賛歌」は、それぞれオンド・マルトノ六重奏のための「美しい水の祭典La Fête de belles eaux」(1937年作曲)とオルガン曲「二枚折りの絵Diptyque」(1930年作曲) の一部を元に「世の終わりのための四重奏曲」に組み入れた。有刺鉄線の中で極度の飢えと寒さの作曲だったが、ドイツ音楽の伝統をもつナチス・ドイツの兵士たちは音楽家たちに常に敬意をはらい、食料や燃料の配給も優遇した。すでにドイツでも評価されていたメシアンには、収容所の全労働を免除し、作曲に集中できるよう注意が払われた。とはいえ収容所生活が快適であるはずはなく、メシアンも他の捕虜たちのようにひどい栄養失調に苦しむ。

 収容所にはチェロやヴァイオリンがいくつかあった。ピアノは収容所劇場で様々な娯楽で演奏されていた。戦火の中で無事だったクラリネットをアコカが所持していたし、チェロはゲルリッツの楽器店で新たに購入され、弓とともに4本の弦も購入された。初演は1941年1月15日午後6時収容所の宿舎で行われた。後にメシアンは初演の状況をかなり伝説的に語り、聴衆5000人は正しくなく、400人程度の聴衆だった。初演後、1か月も経たない1941年2月にメシアンとパスキエは収容所から解放され、アコカ(ユダヤ人)とル・ブーレールは収容所に残されたままだった。

 メシアンは新約聖書「ヨハネの黙示録16章6-7節」に啓発されて作曲した。「ヨハネの黙示録」は、キリストへの信仰のために迫害されている初代教会キリスト者を勇気づけるために書かれたとされる。――筆者の考えであるが――メシアンはナチ、ヒトラー、いや戦争の愚かしさを感じ、この宇宙の終わり、つまり世の終わりにイエスが再臨した時、神の審判を受けて然るべきこととしてこのテキストに共感したのかもしれない。だが、各楽章に付けたメシアンの文言とその音楽は、私怨や戦争批判から昇華した姿を感じさせる。

ヨハネの黙示録16章6-7節 
 天使がこう言うのを聞いた。
「この者どもは、聖なる者たちと預言者たちとの血を流しましたが、
あなたは彼らに血をお飲ませになりました。それは当然なことです。」
 わたしはまた、祭壇がこう言うのを聞いた。
「然り、全能者である神、主よ、あなたの裁きは真実で正しい。」 

世の終わりのための四重奏曲                       国本静三訳







水晶の典礼 Liturgie de cristal
世の終わりを告げる天使へのヴォカリーズ
Vocalise, pour l'Ange qui annonce la fin du Temps
鳥たちの深い淵
Abîme des oiseaux
間奏曲
Intermède
イエスの永遠性への賛歌
Louange à l'Éternité de Jésus
7つのトランペットの乱舞
Danse de la fureur, pour les sept trompettes
世の終わりを告げる天使に出現した虹の群れ
Fouillis d'arcs-en-ciel, pour l'Ange qui annonce la fin du Temps
イエスの不滅性への賛歌
Louange à l'Immortalité de Jésus 



メシアン 20世紀音楽の様相 20世紀年表/ メシアン
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表