制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表


ショパンの生涯


 フレデリック・フランソアショパンFrédéric François Chopin=仏語表記 Frydryk Franciszek Chopin=ポーランド語表記 ポーランド(1810-49)


マリア・ヴォジンスカMaria Wodzinska(1819-96)1835年制作 ルイ=オーギュスト・ビソンLouis-Auguste Bisson1849年撮影=死の年



<生涯>


 ――ポーランド時代


 ショパンChopinポーランド(1810-49)ロマン派を代表する一人である。父ニコラは1787年16歳の時、フランス、ロレーヌからポーランドに移住してきたフランス人であった。1794年コシチュシュコの蜂起おいて、彼はワルシャワ市民兵として戦い、副官となっていた。当然のことながらフランス語のできるニコラは重宝され、貴族の家庭教師を務めた。その中にスカルベク家も含まれ、その親戚筋のユスティナ・クシジャノフスカと1806年聖ブロフフ教会(カトリック)で結婚した。彼女は貴族シュラフタ家の娘であったが、地位を失いスカルベク家で侍女として仕えていたからである。
 
 ショパンは二人目の子として、当時のワルシャワ公国のワルシャワから西46kmのジェラゾヴァ・ヴォラ村で生まれた。1810年4月23日復活の主日、両親が結婚式を挙式した聖ブロフフ教会で洗礼を受けた。洗礼名簿にはフリデリクス・フランチスクスFridericus Franciscus=ラテン語Frydryk Franciszek Chopin=ポーランド語と併記されている。フランス人の父とポーランド人の母との間に生まれたショパンは、バイリンガルとして育っていく。
 1810年10月、ショパン7ヶ月の時、家族はワルシャワに移住した。それは父がサクソン宮殿内にあったワルシャワ学院でフランス語を教えるためであった。ショパン一家も最初この宮殿庭園内に住み、ここが軍用地になったため、カジミール宮殿にワルシャワ学院が移設されたので、それとともに転居した。ここには新たに設立されたワルシャワ大学もあった。ワルシャワ学院に隣接する建物の2階で一家は広々と暮らした。父ニコラはフルートとヴァイオリン、母ユスティナはピアノが巧みであった。ショパンは4歳頃から姉や母からピアノの手ほどきを受け、1816年(6歳)から1822年までヴォイチェフ・ジヴニー(1756-1842)に本格的に学んだ。1817年(7歳)「ポロネーズ ト短調」「ポロネーズ 変ロ長調」を初めて作曲する。1818年(8歳)、ラジヴィウ宮殿(現大統領官邸)においてショパン最初の公開演奏会(ワルシャワ慈善演奏会)が開かれ、 ヴォイチェフ・ジロヴェツボヘミア(1763-1850)の「ピアノ協奏曲第5番ホ短調」を弾いた。

 ワルシャワ学院にはショパンも1823年から26年まで学ぶ。ジヴニーに1822年(6歳)まで指導を受けていたが、ワルシャワ学院入学後もその関係は続いたとされる。1825年に演奏会でモシュレスの作品を弾いた。即興演奏でその名を世に示す。1826年(16歳)から1829年(19歳)までワルシャワ音楽院で学び、首席卒業を果たす。この間、ポーランドの作曲家ユゼフ・クサヴェルィ・エルスネル(1769-1854)のもとで、音楽理論、通奏低音、作曲の勉強をした。

 1827年にショパンの一家はワルシャワ大学の向かいにあるクラシンスキ宮殿南館に移った。ショパンも1830年までここに住む。
 1828年、ショパンは西ヨーロッパに興味を広げていく。先ず、家族でつきあいのあった動物学者フェリクス・ヤロッキが学会のためベルリンへ行くのに同行した。ベルリンではオペラを観たり、演奏会にも行った。著名なツェルターZelterドイツ(1785-1832)メンデルスゾーンMendelssohnドイツ(1809-47)とも出会っている。2週間の滞在の間に多くのオペラ、ヴェーバーWeberドイツ(1786-1826)「魔弾の射手チマローザCimarosaイタリア(1749-1801)「秘密の結婚」、そしてヘンデルドイツ-英国(1685-1759)「チェチリア」を観た。ワルシャワへの帰路でポズナンナ大公国(現在は存在せず、ポーランドに組み入れられている)の総督ラジヴィウ公に客人と招かれ、作曲とチェロを弾く音楽をたしなむ公とピアノを弾く娘ワンダのために「序奏と華麗なるポロネーズOp.3」(チエロとピアノのための二重奏曲)を作曲した(1829-30年)

 1829年、ワルシャワでパガニーニPaganiniイタリア(1791-1840)の演奏を聴いた。そして現スロヴァキアのブラティスラヴァ生まれのピアニスト&作曲家フンメルHummelスロヴァキア(1778-1837)に出会った。この二人はショパンに大きな影響を与えた。ついに1829年8月、ワルシャワ音楽院での課程を終え、ヴィーンで2回の演奏会を果たし、これは華やかなヴィーン・デヴューとなった。同年にワルシャワでピアノ協奏曲第2番ヘ短調Op.21(1829-30年作曲)を初演、1830年3月17日にワルシャワ国立劇場でピアノ協奏曲第1番Op.11(1830年作曲)を初演した。この頃すでに「練習曲集」(1829-39年)の作曲にとりかかっている。




 ――パリ時代


 1831年9月(21歳)、夕暮れにショパンはパリに着く。それは当時のポーランドがロシア帝国、プロイセン王国、ハプスブルク君主国の3国に分割されていたため、ポーランドの知的階層の国外大移住が行われていた。この時、ショパンも移住したという訳である。実際、再びポーランドに帰国することはなかった。これがショパンの想定内のことであったかどうかは定かではない。
 翌年1832年2月26日、ピアニストであり作曲家のリストLisztハンガリー(1811-86)カルクブレンナーkalkbrennerドイツ(1785-1849)の援助によって最初の演奏会を開き、賞賛を受ける。音楽学者・批評家フランソワ=ジョゼフ・フェティスFrançis-Joseph Fétisベルギー(1784-1871)は、ショパンの誰かを範とすることもなく成した独創的な発想をほめ、だが、ピアノ音楽の完全なる刷新ではないとも言い放ったのは名言か。ショパン音楽を言い得て妙というべきだろう。。

 パリでのショパンは多くの著名人と出会い、自己を磨くことができた。そして自己の名もあげ、ヨーロッパ中から集まった多くの弟子を教えることでき、経済的な余裕もでき始めた。彼が交友関係を築いた人物は次の通りである。
 ベルリオーズBerliozフランス(1803-69)リストLisztハンガリー(1811-86)ベッリーニBelliniイタリア(1801-35)ヒラーHillerドイツ(1811-85)メンデルスゾーンMendelssohnドイツ(1809-47)ハイネHeineドイツ(1797-1856)=詩人、ドラクロワDelacroixフランス(1798-1863)=画家、チャルトリスキ公Czartoryskiポーランド(1770-1861)=文筆家・貴族、ヴィニーVignyフランス(1797-1863)=作家・詩人貴族、アルカンAlkanフランス(1813-88)=作曲家・ピアニストなどであった。

 1835年8月1日、ショパンはフランス市民になった。それまでもすでにフランスの旅券をもち、旅行もしていた。名前もフランス語表記でフレデリック・フランソア・ショパンFrédéric François Choinとしていた。
 ショパンが開いた演奏会は、ほとんどがサロンであった。それは貴族や芸術、文学のエリートの集まる場であったが、彼はパリの自宅で友人との小さな集まりを開いて演奏するのをより好んでいたといわれている。それゆえショパンがパリで公開演奏会を行うことはほとんどなく、後年、300席の小ホール“サル・プレイエル”で年に1度ほど開くようにはなった。
 その大きな理由の一つが彼の健康状態(肺結核かで、外国まで出かけての演奏会は不可能であった。しかし、ショパンはピアノ教授や作曲によって高収入を得ていたため、彼が好まぬ演奏会を行わなくてもよいという理由づけにはなった。いわれていることはショパンは生涯で30回ほどの公開演奏会しか行わなかった。だが、ピアニストとして最大級の評価と名声を得たのは希有な例かもしれない。

 1835年、ショパンはチエコの保養地カルロヴィ・ヴァリに出向き、両親との最後となる再会をした。パリへの帰路、ザクセン州を通った彼は、ドレスデンでワルシャワ時代に親交のあったポーランド人貴族のヴォジンスキ伯爵一家に会う。5年前にポーランドで顔見知りだった娘のマリアはその時16歳! 若く知的で、芸術の才に優れ、魅力的なマリアに彼は恋に落ちたという。翌1836年9月にはヴォジンスキ一家とチエコのマリーエンバードでの休暇を過ごした。一家と共にドレスデンに戻ったショパンは、すぐマリアに求婚した。マリアは求婚を承諾する。しかし、彼女の母ヴォジンスカ夫人は認めはするが、マリアの若さとショパンの健康状態を懸念し、結婚は余儀なく延期された。事実、この頃のショパンの病状はたいへん悪かった。この婚約は世に知られなかったが、最後的はヴォジンスキ家がショパンの健康上の理由でこの婚約を破棄する。ショパンのマリアに対する想いを、1836年9月のドレスデンを去る際に書かれたといわれている「ワルツ 変イ長調Op.69-1」に込めたとされる。パリに戻ったショパンはすぐ「練習曲ヘ短調Op.25-2」を作曲したが、これをもって<マリアの魂の肖像>としたといわれている。


 ――ジョルジュ・サンド


 1836年パリ、友人リストLisztハンガリー(1811-86)愛人であったマリー・ダグー伯爵夫人(1805-76)の家で、ショパンはジョルジュ・サンドGeorge Sand(1804-76)=デュドヴァンDudevant男爵夫人として知られるフランスの文筆家と出会う。当初、彼はサンドに嫌悪感を抱く。両者お互いに思案と迷いもあったが、1838年、ショパンとサンドの関係は公然の秘密となっていった。
 1838年11月8日から1839年2月13日、サンドには2人の子供がいたが、ショパンとともにマジョルカ島で過ごした。ショパンの健康改善を願ってのことである。彼らはやっと元カルトジオ会修道院の建物に宿を見つけ、滞在する。正式な夫婦ではない関係を島民たちは好ましく思わなかったためである。ピアノの練習と作曲をした。しかし、健康の方はよくならず、悪化の一方であった。1839年1月5日、トラブルのあったプレイエルのピアノも無事届き、ショパンは待ちわびたピアノを約5週間にわたって使い、作曲することができた。「前奏曲第1~24番Op.28」の数曲、「バラード第2番ヘ長調Op.38」の改定稿、の「2つのポロネーズ第1番イ長調・第2番ハ短調Op.40」「スケルツォ第3番ハ短調Op.39」「4つのマズルカ第2番ホ短調Op.41」、そして「ピアノソナタ第2番変ロ短調Op.35」(第3楽章1837年、他は1839年作曲)であった。ショパンの生涯の中でも顕著な創作意欲が感じられる期間であった。しかし、冬の悪天候はショパンの肺疾患に深刻な影響を及ぼし、ショパンのために4人は島を去らざるを得なかった。

 ショパン一行の4人は、バルセロナからマルセイユへと向かい、そこで数か月滞在してショパンの回復を待った。1839年5月、4人はサンドのノアンの別荘で夏を過ごした。秋にはパリへと戻り、二人は離れて暮らした。ショパンはすぐにトロンシェ通り5のアパートを出て、ピガル通り16のサンドの家へと移り住んだ。4人は1839年10月から1842年11月まで一緒に暮らし、ショパンとサンド母子たちはスクワール・ドルレアンのテブー通り80に転居し、隣同士の建物で暮らした。
 問題はショパンとサンドの関係で、看護するサンドはショパンを自分の3番目の子どもと呼び、その後の数年間は彼女はショパンとの交友関係を維持したが、二人の愛は冷めていったようである。
 ついに4人が毎年、夏を過ごすノアンを1847年の夏には訪れなかった。友人たちが二人を和解させようとしたが、ショパンが応じることはなかった。1847年、サンドとショパンの10年間の関係は静かに終わりを告げる。




 ――最期


 1848年、ショパンはパリでの最後の演奏会を開く。パリでは革命が進行中であった4月、この難を逃れてロンドンへと向かい、いくつかのコンサートを行って大喝采を受ける。この演奏旅行は彼のスコットランド人の弟子で、時に秘書もこなしたジェーン・スターリングとその姉のカセリン・エースキンの発案によるものである。スターリングは必要な準備をすべて整え、必要経費を提供した。彼女はサンドとの別れの後に起こった鬱状態のショパンの支えとなった。
 夏も終わりかけた頃、ショパンはスターリングに招かれて、スターリング家が所有するエディンバラ近郊のカルダーの家と居城レンフルーシャーのジョンストン)を行き来する。エディンバラでは開業医のアダム・ウィシュツジニスキ医師の住むワリストン街10にも滞在しながら、そこで医師の治療を受けた。ショパンはエディンバラにおいては1度だけ演奏会を開いている。クイーン通りのホープトーン・ルームズ( 現エースキン邸)においてであった。

 1848年10月ウィシュツジニスキ医師の家で、ショパンは遺言を書いた。友人ヴォイチェフ・グジマワに書き送った。11月16日、ロンドンのギルドホールで最後の公開演奏を行った。それはポーランドの避難民の慈善演奏会で、彼の最後の愛国的な行動となる。しかし、この時の彼の善意は失敗となる。ほとんどの参加者がショパンのピアノ芸術を解せず、もっと軽い音楽を聴くことを目的としていたからである。ショパンはこれによって多大な労力を使い、身体的なダメージを受けてしまう。ヴィクトリア女王の御前演奏は成功となる。11月の終わりにショパンはパリへと帰る。日程の厳しさで体調を更に悪化させたが、作曲への熱意はあった。生活必要経費や医師の診察代を払う金も不足するようになり、家具や所有物を売り払わなければならなくなる。
 1849年6月、姉のルドヴィカにパリへ出てきてもらう約束をとった。9月にはヴァンドーム12の陽の当たるきれいなアパートに移り住んだ。それは以前はロシア大使館が入居していたもので、ショパンには払える賃料ではなかったが、ジェーン・スターリングが払った。

 10月15日、ショパンの病状は一層深刻となる。多くの者は面会はを許されず、ごく親しい者だけが許された。最期の2日間には危ぶまれることもあった。ポトツカ夫人が訪れ、彼のために歌を歌っている。また、彼はポトツカ夫人にソナタを弾いてくれるよう頼み、神に大きな声で祈った。10月17日午前0時過ぎ、医師に応答したが、午前2時の少し前にショパンは息を引き取る。ショパンの死の床にいたのは、姉のルドヴィカ、マルツェリーナ・チャルトリスカ公爵夫人、ソランジェとオーギュスト・クレサンジェ夫妻、ショパンの弟子で友人アドルフ・グートマン、友人のトーマス・アルブレヒト、ポーランドのカトリック司祭アレクサンダー・イェウォヴィツキであった。

 ショパンの病とその死因は今なお明らかではないが、肺結核の可能性が大きいとされる。死亡診断書の死因は肺結核とされている。2008年に死因を嚢胞性線維症である可能性が提唱されるが、この難病では19世紀において、39歳まで生きることは不可能とされている。なお検討要事である。ショパンの病についての総説が2011年に出版されている。
 朝になってクレサンジェがデスマスクを作り、左手の型を取った。彼の遺言に従い、葬儀の前に取り出された心臓は姉のルドヴィカによって祖国に持ち帰られ、クラコフスキ区の聖十字架教会のレオナルド・マルコーニ作のエピタフの下の柱に収められた。第二次世界大戦中に避難のため持ち出された時を除き、その教会で安置されている。現在の教会は1944年のワルシャワ蜂起で大きく破壊されて再建された。ショパンのポーランドの最後の家であったクラコフスキ区5のクラジンスキ宮殿から近い所にある。




<作品の特徴>


 ショパンの大半の作品は、ピアノ曲である。しかもそれらはとびっきり詩情ゆたかで、内省的なピアノ作品群である。それらはピアノという楽器の一つの道を極めた深い音の世界が展開されている。ショパンの旋律は斬新な和声の連結から紡ぎ出され、そこからあふれ出た装飾音とテンポ・ルバートによる旋律は特別。さらにショパンの作品には骨太さがあり、単なるピアノ音楽の作曲家ではない大きな存在感がある。
 筆者として強調したいのはショパンが、カトリックの教会音楽、つまり中世グレゴリオ聖歌装飾的な旋律(メリスマ)ルネサンス多声音楽の水晶のような和音に培われたということである。それは教会旋法による純正調の音組織を有し、リズムも柔軟です。この響きをピアノで表象化したと筆者は考えている。もう一つは独特なリズムをもつポーランドの民族音楽! ポロネーズやマズルカは具体的に彼の作品の素材となり、創作の大きな力ともなる。

歌詞“A~~ve Mari~~a、” の ~~ の母音上の装飾的音型をメリスマという。  
グレゴリオ聖歌 待降節ミサ固有式文 奉納唱の頭句


 「夜想曲」全21曲は、ショパン音楽の真髄を示す作品である。ショパン39年の生涯のうち、20歳の時から38歳頃までほぼ均等に作曲されており、ショパンを知る重要な鍵となる曲集である。それはショパンのピアノ書法のエッセンスが網羅されていからである。またショパンの音楽発展と様式変遷を知ることができるからである。しかし、その詩的で即興的な曲想のゆえか、ショパンがピアノに向かって趣くままに作曲したかのように捉える人もいるが、全くそうではない。それはこの各21曲それぞれが、確固たる作曲技法と緻密な楽曲構成によっているからである。それはこの作品がもつ印象とは全く異なった作曲書法によっている。作曲作業を何かに喩えるなら、建築設計士が机上で行う作業に似ており、現実に実現可能なものを作っていかなければならないという点が最も似ているだろう。ピアノ曲ではピアノの音域の特性や演奏技術を熟知し、よい響きを作っていかねばならない。管弦楽曲においては各楽器の可能性や特性を基によい表現効果が得られる音群を記さなくてはならない。事実ショパンの2つのピアノ協奏曲や室内楽におけるピアノ以外の楽器についても、その作曲書法はたいへんすぐれている。その意味で作曲は頭脳と感性による構成作業、これぞコンポジションだろう。昔、筆者が作曲の勉強を始め、和声学がある程度進んだところで与えられた課題は、ショパンの「夜想曲」を模範にしたピアノ曲の作曲だった。あの時ほど深くショパンの「夜想曲」に身を置いたことはなく、忘れられない曲集となっている。

 筆者個人としては一押しではないが、異例の知名度をもつ「夜想曲第2番変ホ長調Op.9-2」は不思議である。様々な分野へクロスオーバーして編曲され、ポピュラーやジャズ、映画音楽やTVドラマ、環境音楽からセラピー、またフィギュアスケート(ex.浅田真央さんのショートプログラム! 楽曲構成と演奏はよくなかったが。。。)や女子床運動などとその用途の広さは驚きである。可能性を秘めた原石のような曲なのだろう。夜想曲の先駆者フィールド(1782-1837)の「夜想曲」18曲はショパンに大きな影響を与えたが、ショパンはフィールドを越えたようである。



★ ショパンの作品


2014-2016


音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表