制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 中世目次 作曲家別作品表 時代別作品表


グレゴリオ聖歌「平和を願うミサ Missa pro pace」(固有式文)



<ミサ曲とミサの種類>


 ミサ曲は、一般には通常式文のうち、キリエグロリアクレドサンクトゥスアニュス・デイの式文に対する一連の楽曲を意味する。現存する最も古いミサ曲の例は、グレゴリオ聖歌であろう。それ以来現代にいたるまで西洋音楽における重要分野として、多数のミサ曲の名曲を生み出してきた。それらは音楽史の中で燦然と輝いている。

 ミサにはいくつかの種類がある。ミサ典礼の中心は主日ミサ(日曜日)であるが、冠葬祭のミサ(結婚ミサ、葬儀ミサ=レクイエム)、平和を願うミサ、聖人の祝日・記念日ミサ(ex.聖カタリナおとめ教会博士の記念日)や教会歴の祭日ミサ(ex.クリスマスや復活祭)等がある。こうしたものに作曲された一番よく知られた例の一つはレクイエムである。レクイエム以外に固有式文を含めたミサ曲は、グレゴリオ聖歌の例しか存在しない。グレゴリオ聖歌ではすべてのミサ固有式文通常式文を含めて)を歌うことができるミサ(ミサ・カンタータmissa cantata)が可能である。ここで述べる「平和を願うミサ」は固有式文によるものであって、通常式文によるミサ曲とは異なるものである。

 入祭唱「主よ、平和を与えて下さいDa pacem,Domineはきわだって美しい(「Graduale Triplexグラドゥアーレ・トリプレックス」1974年初版、p336)。10〜11世紀頃の手写本が伝えているこの魅力的な旋律は、聖母の祝日の入祭唱にも歌詞を替えて歌われているのもうなずける。




<「平和を願うミサ Missa pro pace」
(固有式文)


                                                                                                                                                                           国本静三

@ 入祭唱
Ant.
Da pacem, Domine, sustinentibus te,
ut prophetae tui fideles inveniantur:
exaudi preces servi tui,
et plebis tua Israel.

Ps.
Laetatus sum in his
quae dicta sunt mihi:
in domum Domini ibimus.
Gloria Patri, et Filio, et Spiritui Sancto.
Sicut erat in principio, et nunc,
et semper, et in saecula saeculorum.
Amen.

Ant.
Da pacem, Domine, sustinentibus te,
ut prophetae tui fideles inveniantur:
exaudi preces servi tui,
et plebis tua Israel. 
交唱:
主よ、平和を与えて下さい。
あなたの忠実な預言者たちがしたように、あなたに願います。
あなたのしもべとあなたのイスラエル
民の祈りに耳を傾けて下さい。

詩編:
主の家に行こう、
と人々が言ったとき
わたしはうれしかった。
栄光は父と子と聖霊に。
初めのように今も
いつも世々に。
アーメン。

交唱:
主よ、平和を与えて下さい。
あなたの忠実な預言者たちがしたように、あなたに願います。
あなたのしもべとあなたのイスラエル
民の祈りに耳を傾けて下さい。 

A 昇階唱
Laetatus sum in his quae dicta sunt mihi:
in domum Domini ibimus.

Vs.
Fiat pax in virtute tua:
et abundantia in turribus tuis.

Laetatus sum in his quae dicta sunt mihi:
in domum Domini ibimus. 
主の家に行こう、と人々が言ったとき
わたしはうれしかった。

詩句:
あなたの城壁のうちに平和があるように。
あなたの城郭のうちに平和があるように。

主の家に行こう、と人々が言ったとき
わたしはうれしかった。 

B アレルヤ唱
Alleluia.

Vs.
Timebunt gentes nomen tuum,
Domine: et omnes reges terrae gloriam tuam.

Alleluia. 
アレルヤ。

詩句:
主よ、民はあなたのみ名を畏れた。
地上のすべての王たちはあなたをほめ歌います。

アレルヤ。 

C 奉納唱
Laudate Domunum, quia benignus est:
psallite nomini eius,
quoniam suavis est:
omnia quaecumque voluit,
fecit in caelo et in terra. 
主を賛美せよ、恵み深い主を。
み名をほめ歌え。
なぜならそれは喜ばしい名だからです。
主がすべてを意図し、
天地を造られたからです。 

D 拝領唱
Beati mundo corde,
quoniam ipsi Deum videbunt:
beati pacifici,
quoniam fili Dei vocanbuntur:
beati qui persecutionem patiuntur propter iustitiam,
quoniam ipsorum est regnum caelorum. 
心の清い人々は幸いである、
その人たちは神を見る。
平和を実現する人々は、幸いである、
その人たちは神の子と呼ばれる。
義のために迫害される人々は、幸いである。
天の国はその人たちのものである。 





参考ディスク

CD GESA-0001
「祈りの聖地
トラピスト修道院で捧げる
グレゴリオ聖歌と合唱曲による平和&マリアの歌」


1.グレゴリオ聖歌「平和を願うミサ」(固有式文)
2.グレゴリオ聖歌「天使ミサ」(通常式文)
3.メンデルスゾーン「3つのモテットOp.39・1〜3
4.メンデルスゾーン「モテット“おお、幸いにして祝福にみちた三位一体よ”
5.プーランク「アヴェ・マリア
6.プーランク「アヴェ・ヴェルム・コルプス
7.デュルフレ「すべてが美しいお方
8.プーランク「黒い聖母像への連祷
9.ブリテン「ミサ・ブレヴィスOp.63


徳永ふさ子指揮
女声アンサンブル ゲザング・リーベ 合唱
石崎 理 オルガン
国本静三 監修・指導

録音2003/11/3トラピスト大修道院聖堂にて、発売2004/7/20

お求めは
ご住所・氏名・電話番号・希望枚数をfax下さい。
折り返し振り込み用紙同封で
CDを送らせて頂きます(送料180円+1800円)。
FAX.0138-53-2726

問合せは0138-53-2663 ゲザング・リーベ
(後藤)




★ グレゴリオ聖歌


2004-2017


音楽サロン表紙 目次 中世目次 作曲家別作品表 時代別作品表