制作者:国本静三  

音楽サロン表紙 目次 20世紀目次 作曲家別作品表 時代別作品表



「黒い聖母の連願(連祷) Litanies a la Vierge Noire――ロカマドゥールの聖母――


フランシス・ジャン・マルセル・プーランクFrancis Jean Marcel Poulencフランス(1899-1963)




<作曲の経緯>


 プーランクPoulencフランス(1899-1963)はミヨー、オネゲル等と共に6人組を結成し、近代フランス音楽の発展に貢献した。後半生で教会音楽の作曲に取り組み、旋法的な音組織の中に無調の音世界を展開した。この作品「黒い聖母の連願(連祷)(1936年作曲)は女声3部合唱とオルガン(あるいは管弦楽)からなる編成である。20世紀前半に特徴的であった無調を基調とした斬新な書法が用いられている。それにもかかわらずたいへん自然で心地よい教会音楽となっており、佳品であり芸術的な名曲である。

 プーランクのこの黒い聖母像との出会いは、
「黒い聖母の連願」を作曲させることになった。これを機に彼は教会音楽やカトリック的題材によるオペラなどを作曲するようになり、プーランクの音楽人生に決定的な転機もたらしたことも事実である。
 1936年8月
、プーランクは友人作曲家フェルー(1900-36)の自動車事故死の悲報を聞いた。友人の冥福を祈るためすぐフランス南西部にある古くから巡礼地として名高いロカマドゥールを訪れた。というのはこの悲報を聞いた時、丁度彼はロカマドール近くのユゼルシュに滞在していたからである。アルズー渓谷を見下ろす断崖絶壁に建てられているノートル・ダム聖堂まで行くには261段の石段を歩いて上がらなくてはならない。その聖堂内で黒い聖母として名高い1メートルくらいの聖母子像にプーランクは出会い、深い感銘を覚えたのであった。

 この作品は女声3部合唱とオルガンの編成。20世紀前半に特徴的であった無調を基調とした斬新な書法が用いられている。誰にも違和感なく、たいへん自然で心地よく受け入れられる教会音楽の佳品であり、芸術的な名曲である。

 この作品の初演は、1936年BBC放送であった。そしてデュラン社から出版された。楽譜のタイトルに《ロカマドゥールの聖母》という添え書きがあり、楽譜の1ページ目の左肩の註記には、「オルガン、または管弦楽オーケストラ」と記されている。プーランク自身によって管弦楽化も行われたという。




<黒い聖母像>



 
この聖母子像は次のようにいい伝えられている。作者は
ルカによる福音書18章1〜10節に登場する徴税人ザアカイ(イエスを一目見ようとして桑の木に登った。イエスを家に招き歓待し、イエスから回心の恵みを受けた)である。彼はイエスの十字架の死以後、聖母に仕えたと言い伝えられている。聖母は使徒ヨハネと共にエフェソまで旅し、その地で聖母は死去した。その後、ザアカイはガリア(現フランス)のこの地に移り来て老後を過ごしたとロカマドゥール伝説は伝えている。ザアカイはこの地でアマドゥールと呼ばれ、死後、聖人として顕彰された。黒い聖母像を祀るノートル・ダム聖堂とその左側にあるサン・ミカエル聖堂、つまり両聖堂の間の背後にそびえる岩窟(両聖堂の背後にそびえている!)に聖アマドゥールの墓所がある。そのためこの地は、聖アマドゥールの岩窟」を意味するロカマドゥールRocamadourと呼ばれている。Roche(岩窟とAmadour(アマドゥ−ル)の複合語と推察される。

 くるみの木に彫られた聖母子像は、顔も首も着ているものも全てが黒色のマリア像である。よく見ると聖母の襟ぐりと袖口に金の装飾が残り、全身に銀箔が貼られていたようである。昔は宝石で装飾された王冠や装身具で身を飾られていたといわれている。というのは16世紀にこうした宝石類が盗まれ、おまけに聖アマドゥールの墓も荒らされてしまった。また1562年にはプロテスタント武力勢力による焼き討ちに遭った。しかし、聖母像だけは焼失を逃れた。廃墟化した
ノートル・ダム聖堂は、19世紀中頃に再興された。この聖母像に対して“黒い”という表現は17世紀以前にはなかった。それ以前、聖母像はお顔も白く着色されていたと思われる。

黒い聖母像:ノートル・ダム聖堂 ロカマドゥール:ノートル・ダム聖堂を望む



<連願litaniae>


 
連願litaniaeラテン語とは、短い先唱句と答える語句で構成され、そぼ両者が交互に唱える祈りの一形式である。イエス・キリストや聖人を通して神に呼びかける祈りである。「諸聖人の連願」、「聖母マリアの連願」、「イエスの御名の連願」、「イエスの御心の連願」、「聖ヨゼフの連願」がある。この「黒い聖母の連願」の歌詞テキストは教会公式祈願文でない。公式祈願「聖母マリアの連願」の内容と形式を含むが、少し趣きを異にしている。多分に民族的な感覚をもつ語で彩られている。それは聖アマドゥールやフランス固有の聖人の名の登場や、素朴な祖国愛が盛られているからである。おそらくこの作品のために編み出された祈りかもしれない。あるいはロカマドゥール現地で実際に用いられている祈りと思われる。

 第二ヴァティカン公会議(1962-65)以前までは日本では連祷と表記していたが、現在、日本カトリック教会は連願を公式用語にしている。




<「黒い聖母への連願 Litanies a la Vierge Noire」の歌詞テキスト>

                                        
                                                           国本静三

Seigneur,
ayez pitié de nous,

Jésus-Christ,
ayez pitié de nous.

Jésus-Christ,
écoutez-nous.

Jésus-Christ,
exaucez-nous.
主よ、
われらをあわれみたまえ。

イエス・キリストよ、
われらをあわれみたまえ。

イエス・キリストよ、
われらの祈りを聞きたまえ。

イエス・キリストよ、
われらの願いを聞き入れたまえ。
Dieu le Pére, Créateur,
ayez pitie de nous.

Dieu le fils, rédempteur,
ayez pitié de nous.

Dieu le Saint-Esprit, sanctificateur,
ayez pitié de nous.

Trinité Sainte, qui étes un seul Dieu,
ayez pitié de nous.
父なる神、創造主よ、
われらをあわれみたまえ。


神である御子、あがない主よ、
われらをあわれみたまえ。

神である聖なる聖霊よ、
われらをあわれみたまえ。

唯一の神にして聖なる三位一体の神よ、
われらをあわれみたまえ。
Sainte Vierge Marie,
priez pour nous,

Vierge, reine et patronne,
priez pour nous.

Vierge a que Zachée le publicain
nous a fait connaître et aimer,
priez pour nous.

Vierge
qui Zachee ou Saint Amadour eleva ce sanctuaire,
priez pour nous.

Reine du sanctuaire,
que consacra Saint Martial
et où il célébra ses saints mystéres,
priez pour nous.

Reine,
prés de laquelle s'agenouilla Saint Louis vous
demandant le bonheur de la France,
priez pour nous.

Reine,
à qui Roland consacra son épée,
priez pour nous.

Reine,
dont la bannieré gagna les batailles,
priez pour nous.

Reine,
dont la main délivrait les captifs,
priez pour nous.

Notre-Dame,
dont le pélerinage est
enrichi de faveurs spéciales.

Notre-Dame,
que l'impiété et la haine
ont la haine ont voulu souvent détruire.

Notre-Dame,
que les peuples visitent comme autrefois,
priez pour nous.
聖なる乙女マリアよ、
われらのために祈りたまえ。

乙女にして天の元后、われらの守護者よ、
われらのために祈りたまえ。

乙女マリアよ、ザアカイにご自分のことをわれらに告げ知らせ、
敬愛するように教えられました。
われらのために祈りたまえ。

乙女マリアよ、
聖アマドゥールと呼ばれるザアカイを天に上げられました。
われらのために祈りたまえ。

至聖所の元后よ、
聖マルティアル(3c初代リーモージュ司教)を聖人とされました。
彼は聖なる奇跡を多く行ったからです。
われらのために祈りたまえ。

天の元后よ、
あなたのみ前にひざまずいて国王、聖ルイ9世
(13c)は、
フランスの幸せのために祈りました。
われらのために祈りたまえ。

天の元后よ、
将軍ローランド
(14c)はあなたに自分の剣を献げました。
われらのために祈りたまえ。

天の元后よ、
戦いの時にはあなたの軍旗は守りとなります。
われらのために祈りたまえ。

天の元后よ、
数々のとらわれから御手でわれらを解放して下さる。
われらのために祈りたまえ。

天の元后よ、
あなたを巡礼することによって、
特別の豊かな恵みを下さいますように。

われらの聖母よ、
不信仰と憎しみをいつも
取り除いて下さいますように。

われらの聖母よ、
人々はこれからも世々にあなたを訪れるでしょう。
われらのために祈りたまえ。
Agneau de Dieu,
qui effacez les péchés du monde,
pardonnez-nous.

Agneau de Dieu,
qui effacez les péchés du monde,
exaucez-nous.

Agneau de Dieu,
qui effacez les péchés du monde,
ayez pitié de nous.

Notre-Dame,
priez pour nous.
Afin que nous soyons dignes de Jésus-Christ.
神の子羊、
世の罪をのぞきたもう主よ、
われらをゆるしたまえ。

神の子羊、
世の罪をのぞきたもう主よ、
われらの願いを聞き入れたまえ。

神の子羊、
世の罪を除きたもう主よ、
われらをあわれみたまえ。

われらの聖母よ、
われらのために祈りたまえ。
イエス・キリストにふさわしい者となることができますように。





参考ディスク

CD GESA-0001

「祈りの聖地
トラピスト修道院で捧げる
グレゴリオ聖歌と合唱曲による平和&マリアの歌」


1.グレゴリオ聖歌「平和を願うミサ」(固有式文)
2.グレゴリオ聖歌「天使ミサ」(通常式文)
3.メンデルスゾーン「3つのモテットOp.39・1〜3
4.メンデルスゾーン「モテット“おお、幸いにして祝福にみちた三位一体よ”
5.プーランク「アヴェ・マリア
6.プーランク「アヴェ・ヴェルム・コルプス
7.デュルフレ「すべてが美しいお方
8.プーランク「黒い聖母像の連願」
9.ブリテン「ミサ・ブレヴィスOp.63

徳永ふさ子指揮
女声アンサンブル ゲザング・リーベ 合唱
石崎 理 オルガン
国本静三 監修・指導

録音2003/11/3トラピスト大修道院聖堂にて、発売2004/7/20

お求めは
ご住所・氏名・電話番号・希望枚数をfax下さい。
折り返し振り込み用紙同封で
CDを送らせて頂きます(送料180円+1800円)。
FAX.0138-53-2726

問合せは0138-53-2663 ゲザング・リーベ(後藤)


★ プーランクの作品


2002-2017


音楽サロン表紙 目次 20世紀目次 作曲家別作品表 時代別作品表