制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表



ドイツ語ミサ曲Deutsche Messe D.872」

 フランツ・ペーター・シューベルトFranz Peter Schubertオーストリア(1797-1828)



シューベルト ミサ曲一覧
曲名 作曲年 歌詞テキスト
ミサ曲第1番ヘ長調 D.105 1814年 ラテン語 カトリック教会式文
ミサ曲第2番ト長調 D.167 1815年 ラテン語 カトリック教会式文
ミサ曲第3番変ロ長調 D.324 1815年 ラテン語 カトリック教会式文
ミサ曲第4番ハ長調 D.452 1816年 ラテン語 カトリック教会式文
ドイツ語レクイエムト短調 D.621 1818年 ドイツ語 F.S.シュミット作詞
ミサ曲第5番変イ長調 D.678 1819-22年 ラテン語 カトリック教会式文
ドイツ語ミサ曲 D.872 1827年 ドイツ語 J.P.ノイマン作詞
ミサ曲第6番変ホ長調 D.950 1828年 ラテン語 カトリック教会式文


<作曲の経緯>



 シューベルトSchubertオーストリアは1808年宮廷礼拝堂合唱隊(現ウィーン少年合唱団の前身)に入り、ギムナジュウムに通い、1808年10月にコンヴィクト
(王立宿舎制神学校)奨学金を得て給費生となっている。ここは現ウィーン国立音楽大学の遠い前身校でもあった。こうしてシューベルトは、王立寄宿学校の厳格なカトリック教育や音楽専門教育を受けた。当時のヴィーンの宮廷楽長であったアントニオ・サリエリAntonio Salieriイタリア(1750-1825)も指導していた。作曲指導を受けた。

 シューベルトは生まれながらのカトリック信徒、そしてコンヴィクトで教会音楽に深く関わる環境の中で教育を受ける。今でいえば小中学生に相当する少年たちの学校で、本来は聖職者養成学校ではあった。この中から何人かが聖職者になればよいという寛容な経営と教育体制であった。シューベルト自身は終始聖職者希望ではなかったようで、奨学金が得られる給費生という身分を望んで学んだ。またこのような生徒は多くいたのである。シューベルトは1813年の終わりに変声期を迎えた。コンヴィクトを去り、ギムナジュウムを中途退学し、父の務める教区学校の初級生のための教師となる。しかし、あまり教師の仕事には興味を示さず、サリエリから作曲の勉強を続け、作品を書いていく。

 シューベルトには6つの大作ミサ曲がある。特にシューベルト円熟期に相当するミサ曲第5番変イ長調(1819-22年作曲)ミサ曲第6番変ホ長調(1828年作曲)は音楽史的にも重要な作品である。前者はシューベルト中期の壮麗な輝きを示し、後者は崇高で深遠な音の世界はブルックナーの先取りともいわれているミサ曲でもある。これらの6曲に加えてドイツ語テキストによる「ドイツ語レクイエム ト短調D.621」(1818年作曲)「ドイツ語ミサ曲D.872」(1827年作曲)を残している。

 「ドイツ語ミサ曲D.872」は、ヨハン・フィリップ・ノイマンJohann Philipp Neumann(1774-1849)が自由に書き下ろしたドイ ツ語テキストに、1827年に作曲された。1826年12月頃に作曲を意図し始めていた。作詞者ノイマンは、シューベルトのオペラ「シャクンタラSakutalaD.701」の台本を担当している。だが、1820年に第1幕と第2幕を草稿を作曲したが、未完に終わったオペラとなった。この機縁があって作詞を担当したと思われる。

 どういう意図で作曲したのだろうか。というのはこの時代、いや第二ヴァティカン公会議(1962-65)終了まで、全カトリック教会における正式典礼はすべてラテン語によって司式されていた。中でもミサ典礼はその典型で、聖書朗読もラテン語だった。熱意ある(?)信徒は日本語版ミサ典書(ドン・ボスコ社刊)を所持し、同時通訳のようにしてこれで読み取っていた。祭日や主日にはグレゴリオ聖歌(ラテン語)のミサ曲(通常式文)歌唱することもあったが、多くは次のようにしていた。今も用いられるが、当時主流的に多く使われていた「カトリック聖歌集」(1966年刊)から一例をあげると、61番から67番に入祭唱、栄光の賛歌、福音、奉納、栄光の賛歌、聖変化後、聖体拝領前の時に歌う聖歌が載っている。司祭のラテン語に合わせて歌うためだった。考えてみると世界中の教会でも同様で、ラテン語ができる人はそう多くはなかった。そのためにシューベルトはアイデアを凝らし、思いついたのだろう。上記のカトリック聖歌と同じ目的で、つまりドイツ語による9曲からなる合唱曲「ドイツ語ミサ曲ヘ長調D.872」を作曲した。このドイツ語の歌詞は各式文を自由に大まかにまとめた内容で、ほとんどのミサで年中用いることが可能な歌詞内容になっており、たいへんな便利商品(?)! これを正式典礼文として用いようなどとは、シューベルトははじめから全く考えなかった。よくいわれるのが次のような考えである。この作品がカトリック教会では使用禁止だとか、プロテスタント教会用だとか、コンサート作品として作曲したというような考えがある。これらの考えは誤りである。カトリック教会のミサで上述したようなやり方で用いることができたからである。


* 日本では「ドイツ・ミサ曲」とされているが、原題Deutsche Messeは「ドイツ語ミサ曲」を意味してる。




<音楽的特徴>


 「ドイツ語ミサ曲」は、広く教会や学校の合唱団が演奏可能なものとしている。独唱群もなく、様式においても対位法的な多声様式ポリフォニーではなく、単純な和声様式ホモフォニー、つまり四声体の聖歌様式
(讃美歌様式)となっている。編成については2つの版があって、ひとつは混声四部合唱とオルガンによるものと、もうひとつは混声四部合唱、2本づつのオーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン、トランペット、3本のトロンボーン、ティンパニとオルガンによるものである。

 単純性と実用性がある作品であるが、簡易なもの凡作とは限らずで、たいへん高質な教会音楽となっている。常によい聖歌が教会では求められている。シューベルト「ドイツ語ミサ曲」は過去の存在であるものの、新作聖歌へのヒントを汲み出し得る意義ある作品であろう。

 ちなみに第5曲感謝の賛歌は、前述した「カトリック聖歌集」75番「きよききよき」として載っている。また「讃美歌第二編」(日本基督教団1967年刊)には翻案された日本語歌詞によって、232~239番としてシューベルト「ドイツ語ミサ曲」の全曲が収められている。また「讃美歌21」(日本基督教団1997年刊)にも第5曲「感謝の賛歌」のみが収録されている。



< 「ドイツ語ミサ曲D.872」の構成>


 すべてこれらの9楽曲はドイツ語による歌詞である。ミサを司式する司祭は、ラテン語による典礼文を必ず唱えていた。そのタイミングに合わせて、これらの9曲が演奏されたのである。第二ヴァティカン公会議(1962-65)以前、ミサが成立するためには、司式司祭による典礼式文の口唱が必須だったのである。

 「ドイツ語ミサ曲D.872」
曲番 曲名 演奏標記 調・拍子 備考
第1曲 入祭の歌 Mäßig  ヘ長調 4/4拍子 入祭の歌として歌うようなっている。
第2曲 栄光の賛歌 Mit Majestät  変ロ長調 4/4拍子  栄光の賛歌グロリアとして歌うようなっている。
第3曲 福音朗読と信仰宣言 Nicht zu langsam  ト長調 6/8拍子 司祭が福音朗読信仰宣言クレドを唱えている間の歌。
第4曲 奉納の歌 Sehr langsam  ハ長調 3/4拍子 奉納の歌オッフェルトリウム
第5曲 感謝の賛歌 Sehr langsam  変ホ長調 3/4拍子 感謝の賛歌サンクトゥス
第6曲 聖変化後の歌 Sehr langsam  ト長調 4/4拍子  聖変化
第7曲 主の祈り Mäßig  変ロ長調 6/8拍子 主の祈り
第8曲 平和の賛歌 Nicht zu langsam  ヘ長調 3/4拍子 平和の賛歌アニュス・デイ
第9曲 閉祭の歌 Mäßig  ト長調 6/8拍子 閉祭の歌





<対訳>


Deutsche Messe D.872 J.P.Neumann 「ドイツ語ミサ曲D.872」     国本静三訳 2015年4月
Ⅰ  Zum Eingang  入祭の歌

Wohin soll ich mich wenden,
Wenn Gram und Schmerz mich drücken ?
Wem künd’ ich mein Entzücken,
Wenn freudig pocht mein Herz ?
Zu dir, zu dir, o Vater,
Komm ich in Freud’ und Leiden,
Du sendest ja die Freuden,
Du heilest jeden Schmerz.

どこへわたしは行こうか、
悲しみと悩みでつぶされそうなとき。
だれにわたしの喜びを告げようか、
わたしの心が喜びではずむとき。
あなたのもとへ、あなたのところへ、おお、父よ、
わたしは行く、喜びのときも苦しみのときも。
あなたは喜びをもたらしてくださる。
あなたはどんな苦しみをもいやしてくださる。

Ach, wenn ich dich nicht hätte,
Was wär’ mir Erd’ und Himmel ?
Ein Bannort jede Stätte
Ich selbst in Zufalls Hand.
Du bist’s, der meinen Wegen
Ein sich’res Ziel verleihet,
Und Erd’ und Himmel weihet
Zu süßem Heimatland.

ああ、もしあなたがいなければ、
天と地はわたしにとって何の意味があるのか。
どこかとんでもないところに、
わたし自身がいることになるかもしれない。
あなたはわたしの道を
たしかな目標へと導かれる。
そして天と地を
喜びの祖国として祝してくださる。

Doch darf ich dir mich nahen,
mit mancher Schuld beladen ?
Wer auf der Erde Pfaden
ist deinem Auge rein ?
Mit kindlichem Vertrauen
eil ich in Vaters Arme,
fleh reuerfüllt: Erbarme,
erbarm, o Herr, dich mein !

しかし、あなたに近づくことができるだろうか。
わたしは多くの罪をもっている。
この地上に
あなたの目にかなうきよい者がいるのだろうか。
ひたすら子どものように信じ、
わたしは御父のみ腕へと急ぐ。
乞い願う、あわれみください。
あわれみください、おお主よ、わたしの主。

Süß ist dein Wort erschollen:
Zu mir, ihr Kummervollen !
Zu mir! Ich will euch laben,
euch nehmen Angst und Not.
Heil mir, ich bin erquicket !
Heil mir! Ich darf entzücket
mit Dank und Preis und Jubel
mich freu’n in meinem Gott.

主の言葉は喜ばしく響いた。
「わたしのもとに来なさい、悩む者たち。
わたしのもとに来なさい。あなたがたを元気づけよう。
あなたがたから不安と苦しみを取り去ろう。」
助けてください、そうすればわたしは元気になる。
わたしを助けてください。
わたしは感謝と賛美と歓喜で、
わが神の中で喜びがみたされる。
 Zum Gloria  栄光の賛歌グロリア

Ehre, Ehre sei Gott in der Höhe !
Singet der Himmlischen selige Schar.
Ehre, Ehre sei Gott in der Höhe !
Stammeln auch wir, die die Erde gebar.
Staunen nur kann ich
und staunend mich freu’n;
Vater der Welten! doch stimm’ ich mit
ein: Ehre sei Gott in der Höhe !

「天のいと高きところに神に栄光。」
祝された天の大軍が歌う。
「天のいと高きところに神に栄光。 」
地上で生まれたわたしたちも口ごもりながら歌う。
わたしはただ驚き、
驚き喜ぶだけ。
全世界の父よ、でもわたしも声を合わせる。
「天のいと高きところに神に栄光。」

Ehre, Ehre sei Gott in der Höhe !
Kündet der Sterne strahlendes Heer.
Ehre, Ehre sei Gott in der Höhe!
Säuseln die Lüfte, brauset das Meer.
Feiernder Wesen unendlicher Chor
Jubelt im ewigen Danklied empor:
Ehre sei Gott in der Höhe !

「天のいと高きところに神に栄光。」
輝く星の軍勢は告げる。
「天のいと高きところに神に栄光。」
空気は小声で海はとどろく。
合唱は終わりなく大自然を祝い、
感謝の歌でいつまでも高らかに歓喜する。
「天のいと高きところに神に栄光。」
Ⅲ Zum Evangelium und Credo  福音朗読と信仰宣言クレド

Noch lag die Schöpfung formlos da,
Nach heiligem Bericht;
Da sprach der Herr: Es werde Licht !
Er sprach’s und es ward Licht.
Und Leben regt, und reget sich,
Und Ordnung tritt hervor.
Und überall, allüberall
Tönt Preis und Dank empor.

創造物はまだ形がなかった、
聖書によれば。
そのとき主は言われた、光あれ、と。
主が言われると、光があった。
生命が生じ、動き、
秩序が現れた。
そして至るところ、あらゆるところで
賛美と感謝が高らかに響く。

Der Mensch auch lag in Geistesnacht,
erstarrt von dunklem Wahn;
Der Heiland kam, und es ward Licht !
Und heller Tag brach an.
Und seiner Lehre heil’ger Strahl
weckt Leben nah und fern;
und alle Herzen pochen Dank
und preisen Gott den Herrn.

人間の心は闇であった。
暗い迷いのため頑なだった。
救い主が来られ、光が生まれた。
そして夜が明けた。
その聖なる光、主の教えは、
近くの者も遠くの者にも生命を与え、目ざめさせる。
すべての人は心から感謝し、
主なる神をたたえる。

Doch warnend spricht der heil’ge Mund:
Nicht frommt der Glaub’ allein,
nur die Erfüllung eurer Pflicht
kann Leben ihm verlei’n.
Drum gib ein gläubiges Gemüt !
Und gib uns auch, o Gott,
ein liebend Herz, das fromm
und treu stets folget dem Gebot !

しかし聖なる口はいさめる。
信仰のみが役立つのではなく、
あなたがたの務めを果たすことが
生命となる、と。
そのためどうか信仰心を与えてください。
わたしたちに与えてください、おお、神よ、
信じる者に愛する心と、
つねにまごごろをつくして教えに従うことを。

Verleih’ uns Kraft und Mut, daß wir
Nicht nur die Wege seh’n,
Die der Erlöser ging, daß wir
Auch streben nachzugeh’n.
Laß so dein Evangelium
Uns Himmels Botschaft sein,
Und führ’ uns, Herr; durch dein Huld
In’s Reich der Wonnen ein.

わたしたちに力と勇気をお与えください。
わたしたちが救い主が歩まれた道を
見るだけでなく、
わたしたちが努めて従うことができるようにしてください。
あなたの福音を、
わたしたちに天の教えとさせてください。
主よ、あなたのあわれみによってわたしたちを
喜びの国に導き入れてください。
Ⅳ Zum Offertorium  奉納の歌

Du gabst, o Herr, mir Sein und Leben,
Und deiner Lehre himmlisch Licht.
Was kann dafür, ich Staub, dir geben ?
Nur danken kann ich, mehr doch nicht.

おお、主よ、わたしに存在と生命をお与えになりました、
あなたの教えである天の光を。
塵のようなわたしが、あなたに何か与えることができるか。
ただ感謝することしかできない。

Wohl mir ! Du willst für deine Liebe
Ja nichts, als wieder Lieb’ allein;
Und Liebe, dankerfüllte Liebe
Soll meines Lebens Wonne sein.

私はさいわいだ。 あなたの愛に対し、
ただそれに応える愛以外、あなたは何も求めない。
この愛を、感謝に満ちた愛を、
わたしの生涯の喜びとしなくはならない。

Mich selbst, o Herr, mein Tun und Denken
und Leid und Freude opfr’ ich dir;
Herr, nimm durch deines Sohnes Opfer
dies Herzensopfer auch von mir.

おお主よ、わたし自身、わたしの行いと思いを、
苦しみと喜びを、わたしはあなたに捧げる。
主よ、あなたの御子によってお受けください、
わたしからの心の捧げものを。
Ⅴ Zum Sanctus  感謝の賛歌サンクトゥス

Heilig, heilig, heilig, heilig ist der Herr !
Heilig, heilig, heilig, heilig ist nur er !
Er, der nie begonnen,
Er, der immer war,
Ewig ist und waltet,
Sein wird immerdar.

聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、主は聖なる方。
聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、主のみ聖なる方。
主ははじめもなく 、
主はいつもおられた。
主は永遠であり、支配される。
主はいつもどこにもおられる。

Heilig, heilig, heilig, heilig ist der Herr !
Heilig, heilig, heilig, heilig ist nur er !
Allmacht, Wunder, Liebe,
Alles ringsumher !
Heilig, heilig, heilig, heilig ist der Herr !

聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、主は聖なる方。
聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、主のみ聖なる方。
主は全能であり、驚きべき方、愛そのもの、
主のすべてが。
聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、主は聖なる方。
Ⅵ  Nach der Wandlung  聖変化後の歌

Betrachtend deine Huld und Güte,
O mein Erlöser, gegen mich,
Seh’ ich, beim letzten Abendmahle
Im Kreise deiner Teuren dich.
Du brichst das Brot,
Du reichst den Becher,
Du sprichst:
Dies ist mein Leib, mein Blut,
Nehm hin und denket meiner Liebe,
Wenn opfernd ihr ein Gleiches tut.

あなたのやしさといつくしみを思う。
おお、わたしの救い主、それはわたしに向けられている。
わたしは見る、最後の晩餐で
あなたの大切な人々とともにいるあなたを。
あなたはパンを裂き
あなたは杯をさし出し
あなたは言う。
これはわたしの体、わたしの血。
取りなさい。わたしの愛を思いうかべなさい、
あなたがたが同じことを捧げて行うとき。

Wir opfern hier, nach deinem Worte,
Auf deinem heiligen Altar;
Und du, mein Heiland, bist zugegen,
Des Geistes Aug’ wird dich gewahr.
Herr, der du Schmerz und Tod getragen,
Um uns das Leben zu verleih’n,
Laß dieses Himmelsbrot uns Labung
Im Leben und im Tode sein !

わたしたちはここであなたの言葉に従って捧げる。
あなたの聖なる食卓に、
わたしの救い主、あなたがいる。
心の目であなたが見える。
主よ、あなたは苦しみと死を負った、
わたしたちに生命を与えるために。
この天のパンでわたしたちを力づけてください、
生きているときも死に臨むときも。
Ⅶ Anhang: Das Gebet des Herrn  主の祈り

Anbetend Deine Macht und Größe
Versinkt in Nichts mein bebend Ich.
Mit welchem Namen, Deiner würdig,
Du Unnennbarer, preis ich Dich ?
Wohl mir! Ich darf Dich Vater nennen,
nach Deines Sohnes Unterricht;
So sprech’ ich denn zu Dir, mein Schöpfer
Mit kindlich froher Zuversicht.

あなたの力と偉大さをうやまい、
自分の足りなさにおののき沈む。
あなたの立派さをどんな語をもってしても、
言葉では言い表わせないあなたを、いかに賛するか。
わたしはさいわい。あなたを父と呼ぶことがゆるされている、
あなたのみ子の導きによっ て。
そこであなたに話しかける、わたしの創造主よ、
こどものように信頼しきって。

O Vater, der Du bist im Himmel
Und überall zu jeder Zeit,
Zu preisen Deinen Vaternamen
Sei jedem Herzen Seligkeit
O laß durch Deine Huld und Liebe
Erscheinen uns Dein Gnadenreich,
Und treues Tun nach Deinem Willen
Mach’ auch die Erde himmelgleich !

おお、父よ、あなたは天におられる、
どこでもいつでも。
あなたの父の名を賛美することが、
あらゆる人の心に至福をもたらすように。
おお、あなたのあわれみと愛によって
あなたの恵みの国が、わたしたちの中に現れますように。
真実のみわざがあなたのみ旨によって、
この地を天のようにしてください。

Herr, der du nährst die jungen Raben,
du kennst auch deiner Kinder Not.
Nicht ist vergebens unser Flehen:
Gib uns auch täglich unser Brot!
Vergib uns, was wir irrend fehlten,
wenn wir die Schuld vor dir bere’n,
wie wir auf Dein Gebot den Brüdern,
wie wir den Feinden auch verzeih’n.

主よ、あなたは幼い烏を養われる方。
あなたはあなたの子らの苦しみを知っておられる。
わたしたちの願いは無駄にはなりません。
わたしたちに日毎のかてをお与えください。
わたしたちが犯した罪をおゆるしください、
わたしたちがみ前で告げますから。
わたしたちが戒めによって兄弟をゆるせるように。
わたしたちが敵をゆるせるように。

Will die Versuchung uns verlocken,
gib Kraft, o Herr zum Widerstand !
So vor der Seele höchstem Übel,
vor Sünde schütz’ uns deine Hand.
Send’ uns Geduld und Trost in Leiden !
Und kann’s zu unser’m Heil gescheh’n,
so laß durch Deine Vatergüte,
den bittern Kelch vorübergehn !

誘惑がわたしたちをいざなうとき、
主よ、それを退ける力を与えてください。
そして魂の最悪状態から、 そして
罪からみ手でわたしたちを守ってください。
苦しみの中のわたしたちに、忍耐と慰めをお与えください。
わたしたちの救いのために立ちあがらせてください。
あなたの父のあわれみによって、
にがい杯を取り去ってください。
Ⅷ Zum Agnus Dei  平和の賛歌アニュス・デイ

Mein Heiland, Herr und Meister !
Dein Mund so segenreich,
Sprach einst das Wort des Heiles:
»Der Friede sei mit Euch !«
O Lamm, das opfernd tilgte
Der Menschheit schwere Schuld,
Send’ uns auch deinen Frieden
Durch deine Gnad’ und Huld.

わたしの救い主、主よ、師よ。
あなたの口はめぐみに満ち、
かつて救いの言葉を語られた。
「平和があなたがたにあるように。」
おお、いけにえとなった小羊よ、
人類の重い罪を除かれた。
わたしたちにもあなたの平和を送ってください、
あなたのめぐみといつくしみによって。

In dieses Friedens Palmen
erstirbt der Erdenschmerz,
sie wehen Heil und Labung
ins sturmbewegte Herz;
und auch der Erden Freude
durch ihn geheiligt blüht
entzückender und reiner
dem seligen Gemüt.

主の平和の冠で、
地上の苦しみは消えた。
救いと励ましが吹いてくる、
嵐のような心と
地上の喜びに。
主によって聖なるものとなって花咲き乱れる。
喜びにあふれ、きよめられて、
祝福された心に。

Herr, unsre Lieben alle,
die nun bereits von hier
ins Land des Friedens gingen,
nimm sie, nimm sie zu dir !
Lass einst sie dort uns finden !
O seliger Verein,
wenn wir des Himmelsfrieden
zusammen uns erfreu’n !

主よ、わたしたちの愛するすべて者たち、
かれらはここからすでに
平和の国に入った者たちを、
守ってください、あなたのもとで守ってください。
いつか彼らがその国でわたしたちを見つけてくれるように。
祝福された集団よ、
天の平和を
ともに喜ぼう。

Mein Heiland, Herr und Meister,
O sprich erbarmungsreich
Zu uns das Wort des Heiles:
»Der Friede sei mit Euch !«
Send’ uns den Himmelsfrieden,
Den nie die Erde gibt,
Der nur dem Herzen winket,
Das rein und treu dich liebt !

わが救い主よ、師である主よ、
おお、あわれみ深く話してください、
わたしたちに救いの言葉で。
「平和があなたがたにあるように。」
わたしたちに天の平和を送ってください。
この地上がけっして与えることのない平和を。
それはただ次のような心に呼びかける、
聖で真実なあなたを愛する心に。
Ⅸ Schlußgesang  閉祭の歌
Herr, du hast mein Fleh’n vernommen,
Selig pocht’s in meiner Brust,
In die Welt hinaus, in’s Leben
Folgt mir nun des Himmels Lust.
Dort auch bist ja du mir nahe,
Überall und jederzeit.
Allerorten ist dein Tempel,
Wo das Herz sich fromm dir weiht.
Segne, Herr, mich und die Meinen,
Segne unsern Lebensgang !
Alles unser Tun und Wirken
Sei ein frommer Lobgesang.
主よ、あなたはわたしの願いを聞き入れてくださった。
わたしの胸の中では至福感がうごめいている。
世に出て、生きていく わたしに
いま天の喜びが伴う。
あなたはわたしの近くにいる、
どこでもいつでも。
すべてのところがあなたの神殿。
そこで信仰深くあなたに向かう心を聖とされる。
祝福してください、主よ、わたしとわたしの近くの者たちを。
祝福してください、わたしたちの人生の歩みを。
わたしたちのすべての行いと働きが、
信心深い賛美の歌となるように。


★ シューベルトの作品 


2015-2017


サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表