制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表



オペラ誕生:<第二話>
“ピッティ宮殿の婚宴”



 研究と実験的な試みで誕生したオペラは、最初は主に宮廷の催しとして培われていく。オペラは宮廷音楽(世俗音楽)の最たる存在であり、教会音楽の最たる存在がオペラと同時期に誕生したオラトリオであった。オペラの誕生オラトリオの誕生は音楽史的にみればたいへん重要な出来事であった。

 さて、オペラが誕生は、バロック1600-1750の開幕に起こった。音楽と演劇的表現をもつオペラは、当時の人々に大きな興奮と衝撃を与えたことは想像に難くない。この新分野はとりわけ情念を表し得るものであり、音楽の発展に寄与した。現在の我々は豊富なメディアをもち、自室――いや戸外にいても――タブレットなどを通してオペラや音楽演奏などを視聴することが可能な時代である。やや感覚・感性麻痺状態にいるとも言える。そこでそんなものが一切無かった時代を思い浮かべ想像してみれば、オペラ誕生の時代の人々の熱狂と興奮を想像できるだろう。オペラは台本全体に音楽が付けられ、衣装や舞台装置を伴っている。ルネサンス絵画(ex.ボッティチエッリ「」「ヴィーナス誕生」)が動き出したような舞台が展開されるのである。

 当時のオペラの題材は主にギリシャ・ローマ神話を扱い、遊びと啓蒙的な要素が混じり合っている。後のバロック後期から古典派(1750-1820)にはオペラ・セーリア(史劇や悲劇のような重厚な内容をもつ)オペラ・ブッファ(喜劇など軽妙な内容をもつ)の区別も与えられるようになる。この二つは細かく言えば音楽書法による区別は若干あるものの、大まかに言えば音楽そのものの種別ではない。それは題材による区別とみてよいだろう。そしてこれらの両者は質的優劣を決して意味してないからである。



史上二番目オペラ誕生>


 現存する最古のオペラにして史上第二番目のオペラは、イタリア人の作曲家ペーリ(1561-1633)「エウリディーチェ」1600年10月6日初演された。台本リヌッチーニであった。また同じリヌッチーニ台本カッチーニCaccini(c.1550-1618)1600年作曲した「エウリディーチェ」もあった。これも1602年12月5日にペーリと同様、ピッティ宮殿で初演され、出版も果たした。ペーリの「エウリディーチェ」の出版より6ヶ月早かったということである。

 当時はオペラという名称は、まだ存在していない。色々な名称で呼ばれていたが、この2作の「エウリディーチェ」牧歌神話劇といわれていた。後に定着するオペラという語は、ラテン語のオプスopusオペラoperaラテン語を語源とするイタリア語のオペラoperaで、作品を意味する。つまり芸術作品や音楽作品というような広い意味をもつ語オペラが、オペラに当てられたのである。これはまことにふさわしいことであったと思う。例えば作品番号をOp.xxと表すことが多いが、これはオプスopusラテン語の略である(英語ではオーパスと発音)

 メディチ家ではこうした祝い事の饗宴で演劇や音楽が上演されることはすでに慣例となっていた。オペラに最も近い例がインテルディオ=幕間劇である。かくして幕間劇ではなく独立した新作オペラ、史上第2番目ペーリオペラ「エウリディーチェ」は、1600年10月6日バルディ伯爵の後を継いだカメラータ代表のコルシ伯爵による結婚祝いとして小広間:ドン・アントニオ・デ・メディチで上演された。つめかけた貴族の賓客たちに大きな感銘を与えたといわれている。この中にマントヴァの音楽好きの君主、ゴンザーガ公爵の顔も見えた。このゴンザーガ家に弦楽奏者としてモンテヴェルディ(1567-1643)が仕えていた。公爵のお供をよくした彼がこの時列席したかどうか不明だが、同席した可能性は大いにある。たとえ出席していなかったとしても、公爵から多くの情報を得たことであろう。そして多大なる影響を受けたと考えられている。

 ペーリのオペラはプロローグ10場から構成され、豪華な舞台装置をもっていた。物語はギリシャ神話のオルフェオにもとづ(物語については「ミューズはミュージックのはじまり」参照)。ただし、婚宴にふさわしくエンディングをハッピーエンドに変えてしまった。この作曲者ペーリは、史上第一番目のオペラ「ダフネ」をすでに作曲した経験があったが、今から見ると音楽としてはモノディ様式(独唱と伴奏)の朗唱、つまり単純な旋律の語り調で終始した単調なものであったことは否めない。だが大きな感動を与えるには充分だった。


<史上第二番目オペラの初演>



 当時、フィレンツェはメディチ家によって支配されていた。メディチ家はルネサンスを起こし、全ヨーロッパにルネサンス文化と思想を伝え、その経済力によってその名を知らしめていた。そしてフィレンツェはヨーロッパ第一級の文化国家であったのである。
 
 1594年35歳のナバラ王アンリがフランス王位に戴冠してアンリWとなり、新たにブルボン朝が開かれた。1600年10月6日のよき日、ブルボン王朝初代フランス王アンリW Henri IV de France(1553-1610、在位1589-1610)と、当時トスカーナ大公国としてのメディチ家12代目当主フランチェスコT(当時故人)マリア・デ・メディチMaria de Medici(1575-1642)との結婚式が、1600年10月5日行われた。フランスにおける名はマリー・ド・メディシスMarie de Medicis王妃である。また1533年フランス王妃となったカトリーヌ・ド・メディシスとは、同じメディチ家の遠縁ながら縁続きに当たる。後者カトリーヌはメディティ家7代目当主ロレンツォUの曾孫に当る。

 この
フランス王アンリWにとっては再婚となるこの結婚は、いわくつきであった。時のメディチ家13代目当主フェルディナンドTのアンリWに対する100スクードの財政援助によって買われた結婚であった。この縁談は1592年からもち上がり、王妃マルグリット(=愛称マルゴ)・ド・ヴァロワ(1553-1615)との離婚(1572年結婚、1599年ローマ教皇による結婚無効宣言により正式離婚)とプロテスタントであるアンリWのカトリックへの改宗(1593年7月25日サン=ドニ大聖堂でカトリックの祝福を受けた)を待って挙式するという密約が結ばれていたのである。なんとこの王妃マルゴは、カトリーヌ・ド・メディシスとの娘三女であった。アンリWはシャルトル大聖堂でフランス王として戴冠式を受け(1694年2月27日)ナントの勅令を発表し(1598年4月30日)、カトリックをフランスの国家的宗教と宣言した。だが、プロテスタント(カルヴァン派=ユグノー教徒)にカトリックと同等の権利を認め、フランスにおける宗教戦争の終息を図った。


 さて、1600年10月5日、結婚式は花の聖母といわれる大聖堂で結婚ミサが盛大に行われた。大聖堂広場に集まった大群衆の歓呼の祝福を受けたことであろう。そして婚礼の行列は、馬車でピッティ宮殿へ向かったと思われる。あるいはヴェッキオ宮殿(当時は政庁舎)で馬車で向かい、ヴェッキオ宮殿からつながったウフィツィ宮殿(当時の行政局。現在世界有数のウフィツィ美術館となっている)を経て、そこからアルノ川にかかる有名なポンテ・ヴェッキオ(橋の最上階部分が回廊)を渡って、ピッティ宮殿へと結ぶヴァザーリの回廊を通過して行ったかもしれない。そしておそらく花嫁は回廊ではお興しで担がれたか、あるいは小さな車が用いられたかもしれない。このようにしてピッティ宮殿に帰り着いただろう。

 しかし、事実はたいへん奇妙な結婚式だったのである。なんと花婿不在の挙式と相成った。花婿アンリWはフィレンツェには来なかったからである。大聖堂では花嫁の叔父に当たるフェルディナンドTが花婿代理人となった。後にマリアがマルセイユ経由でフランスに入り、パリに着くまでこの夫婦はお互いに顔を見ることはなかった。かくしてマリアはアンリWとの間に6人の子を生み、その中の一人がルイ13世(1601-43、在位1610-43 ヨーロッパ宮廷カツラ使用開始!)となる。ともあれピッティ宮殿では華やかな婚宴が繰り広げられ、結婚式の翌日1600年10月6日カメラータの守護者コルシ伯爵の結婚祝いとして小広間:ドン・アントニオ・デ・メディチオペラ「エウリディーチェ」が上演された。物語はギリシャ神話のオルフェオとその妻エウリディーチェの悲劇。ただし結婚祝いとして結末をハッピーエンドに替えての筋運びとされた。このオペによって決定的に歴史が動く! オペラは以後の最重要分野として音楽史において君臨していくことになるからである。

ポンテ・ヴェッキオ(ヴェッキオ橋)の最上階がヴァザーリの回廊
右側の現ウフィツィ美術館(旧ウフィツィ宮殿)から左へ渡っていくと、ピッティ宮殿にたどり着く。


 今も我々はフィレンツェで複数のメディチ家の宮殿を見ることができる。そうした宮殿の前に立った時、おやっと思うにちがいない。なんというか、その外観は趣きも華やかさもない。このことは一例であるが古来の京都商人のセンスに通じるところがある。家でもなんでも外側をあまり飾らない。わざと質素に見せる。これが江戸の都、東京となると違う。立派な門や塀で家を飾ることが多い。その理由はこうである。長い歴史の中で培われた守りの姿勢が、つまり人の目に対する気くばりを修得した結果である。すなわち人に妬みを起こさせないようにするためで、それが身を守る方法であったのである。繁栄を極めたメディチ家が、一番恐れていたのが一般市民のやっかみであった。そのため外側を目立たないようにと方法を講じた。だが、どうだろう。一歩なかに入ってみると、その絢爛豪華さに驚くに違いない。今でもイタリアで経験することだが、失礼ながら外側は廃墟の建物だが、内に入ってみるとはっと目を見張るようなたたずまいが多い。

それにしても見た目に何の変哲もない外観のピッティ宮殿であるが……


 さて、今日はこれにて。次回は「オペラ誕生:<第三話>“オペラの金字塔現る”」である。舞台は「リゴレット」で有名な、そして芸術の都として名高いマントヴァに移りま〜す!





♪♪♪♪♪♪   ♪♪♪♪♪♪   ♪♪♪♪♪♪

[余談三題]


メディチ家のマリアはスーパー美女?!


マリア・デ・メディチMaria de Medici=マリー・ド・メディシス
Marie de Médicis(1575-1642)


 メディチ家の男性一族の肖像画や彼らが登場する名作が、フィレンツェの多くの美術館にある。人様のご容貌を云々する容貌をもち合わせず、こんなこというのは誠に恐れ多いことはありますが、どれもこれもお世辞にもハンサムとは言い難い。例外はロレンツォ教会地下に造られたメディチ家のロレンツォUとジュリアーノの墓所に、ミケランジェロの彫像がある。ここにあるメディ家の青年2人の像は古代ギリシャ彫刻のような美形である! それもそのはずミケランジェロがメディチ家に造反し、その罪の許しと引き換えにこの仕事を引き受けました。そのため美しく彫らざるを得なかったと見受けられます。言いたいのは遺伝学上の見地からみても、マリアはスーパー美女ではあり得ないのではないかということでありま〜す。

 あ、そうそう、ありました、ありました、ふくよかな美女として描かれ、このページでの渦中の女性、マリアの姿を堪能できます。それはルーヴル美術館、日本流に下から数えた3F奥の
ルーベンス「マリー・ド・メディシスの間」に、彼女の生涯を描いた大連作=24作で埋め尽くされています。ルーベンスの名作中の名作、必見です。ルーブルを訪れたらゆめゆめお忘れになりませんように。

マリーのマルセーユ到着」(部分)




ナヌっ、フランス料理のルーツはイタメシ!?


テリーナ・デ・メディチCaterina di Lorenzo de' Medici
=
カトリーヌ・ド・メディシスCatherine de Medicis(1519-89)


フランソワ・クルーエ(1515-72)制作

 メディチ家からマリー・ド・メディシスの以前に、フランス王家に嫁いだメディチ家の女性がいました。その方は7代目当主ロレンツォUの孫娘カトリーヌ・ド・メディシス(1519-89)でありました。14歳でフランス王太子の元へ嫁ぎます。後に王太子はヴァロア家のフランス王アンリUとなり、当然のことながら彼女も王妃となります(1533年)ブルボン家のアンリWの前妻マルグリットは、このアンリUとカトリーヌの娘でありました! 

 カトリーヌ・ド・メディシス
はお輿入れの際、優れたフィレンツェの食器類、中でもフォーク、スプーンやナイフをフランスに伝えたといわれています。当時フランスや他のヨーロッパ諸国では手づかみで食事をしていた時代でありました。また、多数のフィレンツェの料理人(200人ともいわれています!)をフランスに連れて行きました。恵まれた食材でつちかわれたイタリア料理のテクニックがフランスで磨きぬかれ、今日見るようなフランス料理に変貌したとみられています。たしかにフランスで食べるフランス料理は薄味で美味しい。しかもヴォリュームも満点。しかし、嘆かわしいことに我が国でのフランス料理は、金額に反比例して量がひっじょうに少量となっています。食い意地のはった人間にはつらいことであります。同じく我が国のイタメシ店もたいへん量が少ないけれど。。。。 京料理のまねはやめようね(笑)。ジェラート(アイスクリーム)もこの時、イタリアからフランスへと伝えられたということです。

 また彼女はイタリアから料理だけでなく、バレーの原形となる舞踏をフランスに導入したたいへんな功績のある人物でもあります。フランス宮廷で舞踏劇「ポーランド・バレー」(1573年)と「シルセ、あるいは王妃のバレー・コミック」
(1582年)を上演させています。カトリーヌ・ド・メディシスバレーの創始者でした!




王妃マルゴはアンリWの先妻だった!


マルグリット(=愛称マルゴ・ド・ヴァロワMarguerite de Valois(1553-1615)


フランソワ・クルーエ(1515-72)制作

 アンリU世とカトリーヌ・ド・メデシスの三女。1572年ナバラ王アンリV世(後のフランス王アンリW)と結婚しますが、1599年に離婚。もともとユグノー教徒(カルヴァン派)との融和政策のための結婚でした。その時、夫はユグノーの強力な指導者だったのです。
 おもしろいことに離婚後も、元夫アンリWやその家族とも友人としてよい関係をもっていたと、いわれています。自分の子をなさなかったが、後妻マリー(マリア)王妃と元夫アンリWとの息子、後の13世をたいへん可愛がりました。このマルゴの死
(1615年5月27日)で、ヴァロワ家の血統は完全に無くなったのです。幸いうすき人生だったと言えましょうか。



1997-2016


音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表