制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表



オペラ「メフィストーフェレ Mefistofele」
 アッリーゴ・ボーイトArrigo Boitoイタリア(1842-1918)




<ボーイトについて>


 ボーイトBoitoイタリア(1842-1918)は台本作家であり作曲家である。父はイタリア人でヴェネツィア生まれの挿し絵画家シルヴェストロ・ボーイト、母はポーランドの伯爵未亡人ユーゼファ・ラドリンスカだった。ボーイトが生まれると、すぐに父はこの母子を捨てる。母親は息子を音楽家にしようとする希望をもっていた。1853ミラノ音楽院入学し、作曲を主として学び、ヴァイオリンやピアノも学んだ。一方、イタリア詩法、ギリシャ語、ドイツ語を殆ど独学で勉強した。1860年の卒業演奏会で取り上げられた共同で作曲したカンタータ「6月4日 Il quattro giugno」は好評を得た。さらに1861年に彼が歌詞を書き、友人で後に指揮者として活躍するファッチオと共同で作曲したカンタータ「イタリアの姉妹Le solerre d`Italia」はより好評を得た。このようにボーイトは、共同作業という能力をもっていたと思われる。後にヴェルディと出会い、そして協力者となったのも頷ける。この時彼の特性が、大いに発揮されたからである。

 ボーイトとファッチオの二人は、イタリア政府から奨学金を貰うことができた。彼らはパリに行き、ユゴーやベルリオーズ
や、ロッシーニらと知り合うことができた。あと、ポーランドやドイツ、イギリスを訪れ、1862年末ミラノに戻った。そして彼が帰国して先ずやったことは、イタリア音楽の批判であった。当時イタリア音楽界に君臨していたヴェルディに、その矢は向けられた。“因習と悪癖によって、まるで女郎部屋の壁のように汚れた”ものと言い切った。その理由としてイタリアは、ドイツ音楽、過去のバッハベートーヴェンのようなドイツ音楽に余りも無知である、とした。ボーイトはミラノに集まっていたグループ、革新運動=スカピリアトゥーラScapigliaturaのメンバー、スカピリアーティ・ミラネージScapigliati mialanesiの指導的な存在となった。ボーイトはこの時たいへん戦闘的であったし、ヴァーグナーの芸術的理念を支持し、活発にヴァーグナー音楽をイタリアに紹介した。

 ボーイトは、ヴァーグナーのオペラ「リエンツィ」や「トリスタンとイゾルデ」などをイタリア語に翻訳をしたり、これらについての論文も発表した。ファッチオのためにオペラ「ハムレットAmleto」の台本を書いたり、自分で書いた台本によるオペラ「エーロとレアンドロスEro e Leandros」の作曲もした(後に破棄されれた。台本だけが残っている)1866年ファッチオとともに、一時期イタリア統一運動をするガルバルディの義勇軍に参加もした。こうして1868年初め彼がパリ滞在中から構想をあたためていたオペラ「メフィストーフェレ」完成した。


 18683月5日スカラ座でボーイトは、イタリア・オペラの伝統を継承しながらヴァーグナーの影響を強く受けた5幕構成のオペラ「メフィストーフェレ」(ゲーテ「ファウスト」を原作とし、自ら台本を書く)初演した。だが、聴衆から受入れられず惨憺たる結果となる。笑いさえ飛び交ったという。こうした時ボーイトは、ヴァーグナーから手紙(「あるイタリア人の友に」1871年)を受け、これを機にヴァーグナー主義に反発するようになった。ヴァーグナーのオペラ論である「ドラマが目的で、音楽は手段に過ぎない」という考えを覆し、「ドラマが音楽に従属する」という命題を、ボーイトは掲げるようになる。

 その後ボーイトはオペラ「メフィストーフェレ」の改訂を試み、1875
年10月4日、ボローニャ市立劇場で再構成されたこの4幕構成に短縮した第1改訂版が上演され、首尾は悪くなかった。1876年5月13、ヴェネツィアのロッシーニ劇場で第2改訂版上演され成功を収めた。1880年ロンドンの王立劇場Her Majesty`s Theaterで6月6日に上演、その1116日には英語版をボストンで、その24日にはニューヨークでイタリア語版を上演、1881年ミラノのスカラ座に戻っての凱旋公演となった。

 20世紀に入って1901年3月16日スカラ座でリヴァイヴァル公演が行われた。この時はタイトルロールは初めての国外出演であったシャリャピン1873-1938)(ロシアのバス歌手、そしてファウストにはカルーゾ(1873-1921)(イタリアのテノール歌手)というような豪華キャストによった。この上演は大成功を収めた。1907年11月20日にニューヨークのメトロポリタンでスカラ座と同じシャリャピンとカルーゾの二人と、マルゲリータのファラー(1882-1967 米国のソプラノ歌手)が加わっての上演であった。1920年にもメトロポリタンで上演されたが、これ以後1969年まで上演は途絶えた。1969年よりニューヨーク・シティ・オペラの定例の出し物となった。この時のタイトルロールはトライグルとレイミーが受けもった。

 ボーイトは
1901年、第2番目のオペラ「ネローネNerone」の作曲に取り組んだ。初演は1902年スカラ座で予定されていたが、直前になって彼はこの予定を中止する。その理由は書法の不備を改めるということであった。以後、彼は改訂に力を注ぎ、1916年にやっと完成する。初演が行われたのは、彼の死(1918年)から24年後であった。「メフィストーフェレ」は現在、ボーイトが作曲家であることを示す唯一の作品となっている。


<ヴェルディの協力者


 ボーイトヴェルディ最初の出会いは、1862年パリでのことであった。この年ロンドンでの万国博覧会のために、ボーイトの書いた歌詞テキストによる「諸国民の賛歌」(テノール独唱、合唱と管弦楽のカンタータ。後半にイギリス国歌<ゴッド・セイヴ・ザ・クィーン>、フランス国歌<ラ・マルセイエーズ>、イタリアの<マメーリの賛歌>(1946年に国歌に制定された)を引用している)を、ヴェルディが作曲した時であった。しかし、特別な出会いとなるためには、1879まで待たねばならなかったのである。ボーイトはミラノ音楽院で学んだ作曲家、また詩人でもある。ヴェルディとは29歳の年齢差があった。この二人の出会いは、モーツァルトとダ・ポンテ、リヒャルト・シュトラウスとホフマンスタールとの出会いに相当するものと言えるかもしれない。彼らは優れた台本作家で、作曲家がオペラの新境地を開く優れた協力者となった。このようなことは、芸術史上多いことではない。1879年ボーイトは自分が書いた台本「オテッロを携えて、ヴェルディと会った。彼はすでにヴァーグナー反旗を翻していた。その契機は「メフィストーフェレ(1868年初演)の失敗とヴァーグナーから手紙(「あるイタリア人の友に」1871年であった。

 ボーイトは作曲家、詩人として多分野に活躍したが、どの領域でも決定的な到達点には達しなかった。彼が見い出した道は、老大家ヴェルディのアドヴァイザーであった。またその使命を自覚した。彼のダンテとシェークスピアについての知識は、並外れたものであった。そのすべてがヴェルディに注ぎ込まれることになる。ヴェルディにとってもシェークスピアは大きな存在であり、目標だった。二人の出会いによってシェークスピアは、二人の共通目標となる。

 ボーイトはかって、ヴェルディのことをロッシーニやドニゼッティやベッリーニの単なる模倣作曲家と軽視し、否定していた。ミラノの世界的音楽出版者でヴェルディのうしろだてでもあるティト・リコルディ(1811-88から、ボーイトが自分を否定するのをヴェルディは聞いて知っていた。ヴェルディは、ボーイトの言うことを理解もしていた。中でもイタリア・オペラの今後の課題については同意見であった。それは和声の可能性を根本的に拡大し、管弦楽法を充実させなくてはならないという点であった。それはヴェルディ自身も目指そうと考えていたことであった。実際、ヴェルディは「アイーダ」においてこれを実践し、さらにヴァーグナーの価値を認め、ヴァーグナーのスコアを研究したり、彼の音楽論を読んだりもしていた。(一方、ヴァーグナーの方は、ヴェルディのこともその名もイタリア・オペラについて論述する音楽論において出さない。ロッシーニ、ベッリーニ、ドニゼッティは挙げているのに……。このことは、ヴァーグナーが少なからずヴェルディのことを意識していたことを示すものと考えられる。)


 ではどのようにしてヴェルディとボーイトは、心をゆるしあい結びついていったのだろうか。1879年6月29日スカラ座で行われた洪水の犠牲者のために、ボーイトはヴェルディの「レクイエム」の指揮をした。これはティト・リコルディの子ジュリオ・リコルディ(1840-1912)による依頼だった。この数日後の夜、ジュリオ・リコルディはヴェルディ夫妻やミラノの何人かの友人たちとの食事中に、シェークスピアの「オテッロ」のオペラ化を意図的に話題に出した。さらにリコルディの策略は続く。その翌日、リコルディはフランコ・ファッチオ(「オテッロ」初演の指揮者となる)とボーイトを、ヴェルディの所へさし向けた。この二人はかってのスカピリアーティの二人だったが、ボーイトが書いた「オテッロ」のオペラ化の計画と台本草稿を携えていた。この時、ヴェルディ自身はまだ何もまだ興味を示していない。以後もヴェルディはリコルディからも「オテッロ」のオペラ化を何度か勧められても、リコルディにやんわりと断っている。ヴェルディは「レクイエム」を最後の作品と考えていたのか。

 ヴェルディは1879年11月から「オテッロ」の台本草稿を手元に置いていたが、まだ決心がつかない。こうした時、ボーイトとの最初共同作業が始める。それはシモン・ボッカネグラ改訂であった(1881年3月24日改訂版上演)。ヴェルディは「シモン・ボッカネグラ」のタイトル・ロールに、フランスのすぐれたバリトン歌手ヴィクトル・モレルを起用する。このことが「オテッロ」の作曲へと近づかせたようだ。このモレルが「オテッロ」のヤーゴを歌うことになる。このボーイトとの「シモン・ボッカネグラ」改訂共同作業は、「オテッロ」制作へと近づけていく。廻りの人々はかなりじらされて待っていたのに、ヴェルディはまだ「オテッロ」のことを口に出さない。また誰もが「オテッロ」のことを言うことをわざと控えていた。

 ついに1881年の夏、ボーイトは以前にも増してヴェルディに「オテッロ」の作曲を勧めた。この時ヴェルディはやっと時が満ちたことを感じたのか、とりわけヤーゴ像について自分の意見を述べ始めたという。こうしてボーイトと台本の練り上げ作業を始め、やっとヴェルディは作曲に本腰を入れ始めた。しかし、いつが本格的な作曲の開始だったかは、今となっては分からない。

 1885年10月から1886年11月までの1年間は推敲改訂を繰り返し、入念なオーケストレーション(管弦楽化)作業で過ぎていった。ヴェルディは11月1日「オテッロ」完成したとジュリオ・リコルディに知らせている。かくして晩年のヴェルディと接点を得て、ヴェルディのオペラの優れた台本作家、そしてヴェルディが新境地を開く協力者となったのである。


<台本について>


 さて「メフィストーフェレ」ボーイト自身による台本であった。ヨーロッパではよく知られたファウスト伝説をもとにしたゲーテの劇詩「ファウスト」を原作として、書かれたものである。ボーイトはゲーテについてよく知り、深い洞察をもっていた。伝説のファウストは、ルネサンス時代の人物で、諸学に通じ、医師、魔術師として各地を遍歴した。神に背き、悪魔に魂を売る契約と引き換えに冒険と享楽の生活を送ることができた。悪魔との契約期限が切れた時、死んだと伝えられている。

 ヴァーグナーの例を倣ったのであろうか、自作オペラは自ら台本を書くという方法を取った。この点が彼の一番ヴァーグナーの影響を受けた点と言えるであろう。だが、総じて言えることだが、劇内容はヴァーグナーのようにデカダンス(?)な内容ではなく、伝統的なキリスト教観によって貫かれている。罪から
回心したファウスト博士が神に迎えられるという神秘的な結末を、堂々と描いている。これはたしかにヴァーグナーの世界ではない。

 現在、ボーイトは作曲家としてより、ヴェルディの最後の2つのオペラ「オテッロ1887年)と「ファルスタッフ1893年の台本作家としての方が、よく知られている。他にはポンキエッリPonchielliイタリア1834-86「ジョコンダ」1876年カタラーニCatalaniイタリア1854-93「ファルチェ」1875年等の台本も書いた。



<音楽的特徴>


 ヴァーグナーの影響を受け、ヴァーグナーの音楽理念をまだ模範としていた時のボーイトの作品であった。「メフィストーフェレ」について最大の特徴であり評価すべき点は、ヴェルディに先駆けて従来の伝統であった番号オペラの書法を廃した点であろう。ヴァーグナーの影響による自由な転調や管弦楽法を用いて、他の誰よりもゲーテの原作理念に迫った作品となっている。19世紀のイタリア・オペラ史に残る名作の一つであることに違いない。

 ヴァーグナーの影響を強く受けたこのオペラは、当時のイタリアでは物議をもたらした。5時間半の初演版から現在の形への改訂後、高い評価を受けるようになった。イタリア音楽のみならず当時のドイツやフランス音楽の影響も見られ、たいへん興味深い作品となっている。特にプロローグとエピローグは宗教色が強い表現を施している。これを見るととてもヴァーグネリアン時代の作品とは思えないものである。自ら反ヴァーグナーになることを予見していたのであろうか。


<物語>


プロローグ 天上界


 
悪魔メフィストーフェレは神に向かって、ひとつのゆるしを願う。それは深い博士ファウストを誘惑して、ファウスト博士の魂を自分のものにしてみせるとというものであった。神はできるものならやってみよとゆるす。


第1幕
第1場
16世紀のフランクフルトの広場

 フランクフルトの広場は、復活祭の主日で賑わっている。ファウストは弟子のヴァーグナーと一緒にいた。ヴァーグナーは霊について考えている。ファウストの方はは、目の前に現れたフランシスコ会の修道士
(実は悪魔メフィストーフェレだった)に気を取られていた。感情の激しい弟子は師が自分の意見に気を留めないのをなじったが、ファウストは構わずロザリオの祈りを始めるのであった。

第2場 夕暮遅くのファウストの書斎

 ファウスト博士は書斎に入り、敬虔な心をもって聖書を開く。するとまわりに身を隠す様子で修道士が入って来た。叫び声と共に修道士は、悪魔メフィストーフェレの姿に変身する。メフィストーフェレは魂を売れとファウストに言った。その代り永遠の若さと官能の喜びを与えると約束する。ファウストと悪魔メフィストーフェレの契約が即時に交される。悪魔はマントを広げて博士を連れ去った。


第2幕
第1場 マルタの庭

 ファウストはうぶなマルゲリータに求愛する。一方、メフィストーフェレの方は、マルゲリータの母マルタをしつこく口説いている。マルゲリータは、ファウストに神を信じるかと尋ねた。だが、ファウストは神に対する信仰の世界を否定し、理性の世界での自然、愛、神秘などを定義し得る真理を探求しているのだと答えた。お互いの立場の相違が愛を生み出す、と答えた。そして自分の薬で母親を眠らせて(母親マルタはマルゲリータと一緒の部屋にいる)、二人で愛を作ろうと誘う。

第2 ハルツの険しい山の頂

 鬼火に伴われメイフィストーフェレとファウストがハルツの山に登って来ると、血のような紅い月が照らしていた。悪魔の宴が始まった。悪魔たち王であるメフィストーフェレはガラスの地球儀を掴んで言った。この世のくだらなさを語り、地球儀を壊してしまう。ファウストは首に紅い血がついたマルゲリータの幻影を見る。悪魔の狂宴は一層エスカレートしていく。


第3幕 マルゲリータの死


 牢獄の独房。マルゲリータは牢に繋がれていた。彼女はファウストとの間に生まれた赤ん坊を溺死させ、母を毒殺した罪で訴えられていた。メフィストーフェレはファウストを、彼女の独房へ連れて行った。ファウストは彼女を自由にしようとするが、彼女自身はここで自分の罪を償うことを願っていた。夜が明けて彼女は、メフィストーフェレが悪魔であると知る。そして彼女は神に身を委ねることを強く誓うのであった。その時天上から響く声が、彼女は今救いを得た、と告げた。メフィストーフェレはその声を避けるようにして、ファウストを連れ去って行く。


第4幕 ペネイオス川の花が咲乱れる草原


 トロイアのエレナ(ヘレン)と女執事パンタリスは、空気の精と海の精を呼んで満月を迎えている。メフィストーフェレとファウストが現れると二人は退出する。ファウストはすっかりエレナに魅せられてしまう。メフィストーフェレはこの場所に戸惑いを感じ、自分の支配下にあったハルツ山での悪魔の狂宴を思い出していた。エレナが戻って来て、トロイア戦争の幻に悩まされ、トロイアの延焼を心配している。ファウストは優しくエレナを慰める。エレナも気をゆるし、二人は愛を語り合った。ファウストはエレナに導かれ、愛の生活をおくろうとしてアルカディアの谷に向かって行く。


エピローグ ファウストの書斎


 ファウスト博士は自分の数々の経験に空しさを覚え、心を神に向け始めた。今や死は近い。メフィストーフェレは、ファウストが自分を避けているのを気にしている。ファウストは聖書を握りしめて、救いを得るために祈っている。メフィストーフェレは、新しい冒険に行こうとファウストをせき立てているが、耳を貸さないファウストであった。ついに悪魔と神の戦いは神の勝利に終った! そしてファウストは静かに息を引き取る。ファウストの魂は天へ迎え入られて行くのであった。






参考ディスク


DVD
 DLVC1199 (発売:2009/5/27)

ステーファノ・ランツァーニ指揮、ジャンカルロ・デル・モナコ演出
パレルモ・マッシモ劇場管弦楽団&合唱団、バレエ団

メフィストーフェレ
ファウスト
マルゲリータ/エレナ
マルタ
ヴァグネル/ネロ皇帝
パンタリス
フェルッチョ・フルラネット
ジュゼッペ・フィリアノーティ
ディミトラ・テオドッシュウ
ソニア・ザラメッラ
ミンモ・ゲッジ
モニカ・ミナレッリ 

収録:2008年、パレルモ・マッシモ歌劇場(ライヴ)


NHKBS放送による=DVDの存在は不明

マウリツィオ・アレーナ指揮、ロバート・カールセン演出
サンフランシスコ歌劇場管弦楽団・合唱団・バレエ団

メフィストーフェレ
ファウスト
マリゲリータ&エレナ
マルタ(マルゲリータの母)
ヴァーグナーー
バンタリス
レイミー
オニール
ベニャチコーヴァ
クリスティン
ハーパー
マンハルト

収録:1989年9月サンフランシスコ・オペラのライヴ


★ ボーイトの作品


2002-2017

音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表