制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表



「ミゼレレ・メイMIserere mei
いつくしみ深くわたしを顧み
 
 グレゴリオ・アッレグリGregorio Allegriイタリア(1582-1652)



 
グレゴリオ・アッレグリGregorio Allegriイタリア(1582-1652)は、1591年ローマ、サン・ルイージ・ディ・フランチェージ教会の少年聖歌隊員となる。後にテノール歌手となった。この教会はナヴォーナ広場近くに位置し、この教会には、内部左側5番目礼拝堂にカラヴァッジョ(1573-1610)の3部作「聖マタイと天使」、「聖マタイの召し出し」、「聖マタイの殉教」があることで有名である。1607年にマルケナ州、アドリア海に面したフェルモ大聖堂楽長に就任する。1629年教皇礼拝堂歌手になった。1638年に教皇礼拝堂の一つシスティーナ礼拝堂のために9声部の「ミゼレレ」を書いた。この時の教皇はウルバノ[だったと思われる。この曲は聖週間における朝課マトゥティヌムMatutinumにおいて使われるようになった。現在は読書と呼んでいる。多くは0時以後から午前中に唱える時課の祈りであった。5つの詩編後の第一朗読の結びに詩編51(旧番号50)「ミゼレレ」が歌われていた。

 当時時課の祈りは、普通はグレゴリオ聖歌の詩編唱によって歌われていた。この「ミゼレレ・メイ」のグレゴリオ聖歌の旋律が引用されている。この引用された楽句が多声部の間に挿入され、中世以来の伝統の味が醸し出される効果を生み出している。多声部の楽句は
複合唱cori spezzati二重合唱の形態を取っている。そこへ斉唱で歌唱するグレゴリオ聖歌群が加わっている。全曲通して器楽は用いられていない。


 際だったソプラノの高音ソロが用いられているが、当時はカストラート
(去勢歌手)が歌った。アッレグリ自身がカストラートだったという説もある。この曲はヴェネツィアに現れた複合唱・バロック初期協奏曲と比べると、かなり地味なものである。反宗教改革における世俗的要素を棄て粛正しようとする方向に傾いた作品と言えよう。またこうした傾向の教会音楽をローマ様式ともいった。多くは器楽合奏を伴わないものである。

 この「ミゼレレ・メイ」は門外不出のシスティーナ礼拝堂の門外不出の伝説的秘曲として伝えられていたようである。この曲を有名にしたのは次のことによるかもしれない。それは1770年父とローマに来ていた14歳の少年モーツァルトが、聖週間の典礼の中でこれをシスティーナ礼拝堂で聴き
(早朝か午前中と思われる)、宿に帰って譜面に記憶に基づいて書き記した。この正確性が教皇庁で認められ、モーツアルトは騎士の位に就く黄金軍騎士勲章を受けた。このことのみが第一理由ではなかったようであるが。




歌詞テキスト(ラテン語)>


Vulgata訳聖書  「新共同訳聖書」旧約・詩編51(旧番号50)・3-21
 
=原文ラテン語Vulgata訳聖書)対応させるため若干調整した。
教会の祈り」(p135-p137)の詩編51・3-21 
Miserere mei, Deus,
secundum magnam misericordiam tuam.
Et secundum multitudinem miserationum
tuarum dele iniquitatem meam.
神よ、わたしを憐れんでください、
御慈しみをもって。
深い御憐れみをもって
背きの罪をぬぐって下さい。
神よ、いつくしみ深く 
 わたしを顧み、
ゆたかなあわれみによって
 わたしのとがを ゆるしてください。 
Amplius lava me ab iniquitate mea
et a peccato meo munda me.
Quoniam iniquitatem meam ego cognosco.
et peccatum meum contra me est semper.
わたしの咎をことごとく洗い
罪から清めて下さい。
あなたに背いたことをわたしは知っています。
わたしの罪は常にわたしの前に置かれています。
悪に染まった わたしを洗い、
罪深い わたしを清めてください。 
わたしは自分のあやまちを認め、
罪は わたしの目の前にある。
Tibi soli peccavi,
et malum coram te feci;
ut iustificeris in sermonibus tuis,
et vincas cum iudicaris.
Ecce enim in iniquitatibus conceptus
sum et in peccatis concepit me mater mea.
Ecce enim veritatem dilexisti; incerta
et occulta sapientiae tuae manifestasti mihi.
Asperges me hysopo, et mundabor:
lavabis me, et super nivem dealbador.
あなたに、あなたのみにわたしは罪を犯し
御目に悪事と見られることをしました。
あなたの言われることは正しく
あなたの裁きに誤りはありません。
わたしは咎のうちに産み落とされ
母がわたしを身ごもったときもわたしは罪のうちにあったのです。
あなたは秘儀ではなくまことを望み
秘術を排して知恵を悟らせて下さいます。
ヒソプの枝でわたしの罪を払ってださい わたしが清くなるように。
私を洗って下さい、雪より白くなるように。
わたしは あなたに罪を犯し、
悪を行い、あなたにそむいた。
あなたが わたしを さばかれるとき、
そのさばきは いつも正しい。
わたしは生まれた日から悪に沈み、
母の胎に宿った時から罪に汚れていた。
あなたは まごころを喜び、
わたしの心の深みに知恵を授けられる。
ヒソプで水をふり注ぎ、わたしの罪を取り去って、
わたしを洗い清めてください、雪より白くなるように。 
Auditui meo dabis gaudium et laetitiam,
et exsultabunt ossa humiliata.
Averte faciem tuam a peccatis meis,
et omnes iniquitates meas dele.
Cor mundum crea in me, Deus,
et spiritum rectum innova in visceribus meis.
喜び祝う声を聞かせてください。
あなたによって砕かれたこの骨が喜び躍るように。
わたしの罪に御顔を向けず
咎をことごとくぬぐってください。
神よ、わたしの内に清い心を創造し
新しく確かな霊を 授けてください。
わたしに喜びと楽しみの声を返し、
うち砕かれた わたしを、また喜びで満たしてください。
わたしの罪を見つめず、
犯した悪を すべてぬぐいさってください。
神よ、わたしのうちに きよい心を造り、
あなたのいぶきで わたしを強め、新たにしてください。 
Ne projicias me a facie tua,
et spiritum sanctum tuum ne auferas a me.
Redde mihi laetitiam salutaris tui,
et spiritu principali confirma me.
Docebo iniquos vias tuas,
et impii ad te convertentur.
Libera me de sanguinibus, Deus,
Deus salutis meae,
et exsultabit lingua me iustitiam tuam.
Domine, labia mea aperies,
et os meum annuntiabit laudem tuam.
御前からわたしを退けず
あなたの聖なる霊を取り上げないでください。
御救いの喜びを再びわたしに味合わせ
自由の霊によって支えてください。
わたしはあなたの道を教えます
あなたに背いている者に罪人が御もとに立ち帰るように。
神よ、わたしの救いの神よ
流血の災いからわたしを救い出してください。
恵みの御業をこの舌は喜び歌います。
主よ、わたしの唇を開いてください。
この口はあなたの賛美を歌います。
あなたのもとから わたしを退けず、
あなたの聖なるいぶきを取り去らないでください。
救いの喜びを わたしに返し、
あなたのいぶきを送って、喜び仕える心を ささえてください。
わたしは あなたの道を教えよう、
罪びとが あなたのもとにかえるように。 
神よ、あなたは わたしの救い。
 死の嘆きからわたしを助け出し、
あなたの正義を歌わせてください。
主よ、わたしの口を開いてください。
わたしは あなたに賛美をささげる。
Quoniam si voluisses sacrificium,
dedissem utique:
holocaustis non delectaberis.
Sacrificium Deo spiritus contribilatus:
cor contritum et humiliatum,
Deus, non despicies.
もしいけにえがあなたに喜ばれ
焼き尽くす献げ物が御旨にかなうのなら
わたしはそれをささげます。
しかし、神の求めるいけにえは打ち砕かれた霊。
打ち砕かれ悔いる心を
神よ、あなたは侮られません。
あなたは いけにえを望まれず、
はんさいをささげても
 喜ばれない。
神よ、わたしのささげものは砕かれた心。
あなたは悔い改める心を
見捨てられない。 
Benigne fac, Domine, in bona voluntate tua Sion,
ut aedificentur muri Ierusalem.
Tunc acceptabis sacrificium
iustitiae, oblationes et holocausta:
tunc imponent super altare tuum vitulos.
御旨のままにシオンを恵み
エルサレムの城壁を築いてください。
そのときには、正しいいけにえも
焼き尽くす完全な献げ物も、あなたは喜ばれ
そのときには、あなたの祭壇に雄牛がささげられるでしょう。
み旨ののままにシオンを恵みで潤し、
エルサレムの城壁を新たにしてください。
その時、あなたは正しいささげものを
みな喜ばれ、
わたしたちは あなたの祭壇で仕えるようになる。 



★アッレグリの作品


2005-2017


音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表