制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2019年6月記


DVD DYNDVD37834

ドニゼッティ オペラ「ケニルワース城のエリザベッタ」

アンドレア・レオーネ・トットーラ台本
ジョヴァンニ・スキアヴォッティ:草稿からの復元

リッカルド・フリッツァ指揮 マリア・ピラール・ペレス・アスパ演出

ベルガモ・ドニゼッティ歌劇場管弦楽団&合唱団

エリザベッタ
アメーリア
レスター
ヴァーニー

ラムボーン
ファニー 
ジェシカ・プラット(S)
カルメラ・レミージョ(S)
サビエル・アンドゥアーガ(T)
ステファン・ポップ’(T)
ダリオ・ルッソ(Bs)
フェデリカ・ヴィターリ(S)

収録:2018/11/24,3ドニゼッティ・オペラ・フェスティヴァル、ベルガモ、ソシアーレ劇場  発売:2019/5/30



エリザベス1世のオペラ


 70作にのぼるオペラを作曲したドニゼッティ(1797-1848)は、ロマン派前期のイタリア・オペラを支えた。ヴェルディなどに大きな影響を与えた。歴史物などのオペラ・セーリアと軽妙なオペラ・ブッファの両方において優れた腕前を発揮した。

 1829年、ナポリのサンカルロ劇場で初演されたドニゼッティの
オペラ「ケルニワース城のエリザベッタElisabetta al castello di Kenilworthは、女王エリザベス1世にまつわるフィクションの物語である。このオペラの原作は、ウォルター・スコットWalter Scott(1771-1832)の「ケルニワースの城」(1821年出版)で、宮廷の権力をめぐる確執、女王としての任務と女性としての感情の葛藤が描かれている。大いに人気を博した小説であった。ドニゼッティによってオペラ化され、成功を収めた。なぜか20世紀後半に至るまで忘れられたオペラとなった。今回のこの復活上演は、音楽学者スキアヴォッティがドニゼッティの草稿と初稿版楽譜を入念に研究による成果であった。このDVDディスクは世界初収録映像となる。原作の時代設定(16世紀)を再現した舞台美術や衣装もたいへんすぐれ、興味深いものである。
 エリザベス女王を歌うジェシカ・プラットは、すぐれた歌唱力と演技力を有し、女王の恋敵を演じるカルメラ・レミージョもアメーリアを情感豊かに歌い上げ、充実した男声陣がそれを支えている。

 史劇オペラでたいへん多く取り上げられる人物の一人がエリザベス1世女王(1533-1603)。父ヘンリー8世の問題と絡んでたいへん興味深い人物。筆者が観たエリザベス関連のオペラは3つで、ジェノヴァで観たロッシーニのオペラ「イングランドの女王リザベッタ」、どこで観たか忘れたのがドニゼッティのオペラ「マリア・ストゥアルダ」サン=サーンスオペラ「ヘンリー8世」である。内容の深刻さとは別に、王朝絵巻のような舞台は美しく華やかであった。ちなみにエリザベッタはエリザベスの縮少名詞で、敬愛と親しみを評する呼び方である。



ドニゼッティ ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ ドニゼッティ
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表