制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2003年11月記


CD P28C-53045

セレモニー・オブ・キャロル

ベンジャミン・ブリテン 「キャロルの式典(祭典、典礼)」
フェリックス・メンデルスゾーン 「3つのモテットOp.39」


モンセラート少年聖歌隊
指揮:イレネウ・セガッラ

マリア-リュイーサ・イバニエス(ハープ)
グレゴリ・エストラーダ(オルガン)

解説・歌詞訳:国本静三
 録音:1974/3  発売:2003/11/1



クリスマスには平和の祈り


 このディスクにはブリテンとメンデルスゾーンが収められている。前者はカトリック、後者はルター派プロテスタントであるが、カトリックの伝統的なラテン語歌詞に作曲している。

 キャロルの式典(祭典、典礼)ブリテンBrittenイギリス(1913-1976) の愛らしい佳品である。英語によるテキストは古い英国の詩から選ばれ、その意図はブリテンの平和の願いであることが明白である。イエスの誕生を寿ぐ詩と生誕の喜びを根源的に解き明かすように曲は進む。救い主イエスは、人間の原罪を取り除くために誕生された。その日は救いの始まりの日、喜びの日である。平和をもたらすためにこの世に来た救い主キリスト、この幼子イエスの姿を我々人間のまなざしでいきいきと軽妙に描いている。伴奏のハープの響きは天使の羽音のようである。ブリテンは20世紀を代表する作曲家の一人であるが、前衛的な音楽様式を全面的に出すことなく、無調性を求めながらも親しみやすい音楽書法を確立した作曲家であった。

 3つのモテットOp.39メンデルスゾーンMendelssohnドイツ(1809-47)21歳〜28歳(1830-37年)の時の作品(ラテン語)である。訪れたローマのカトリック女子修道院のために作曲した。

@「主よ、来て下さいVeni Domine」
は待降節第4の主日の固有式文:アレルヤ唱の詩句が使われている。クリスマスを待ち望み、主の再臨を待つ祈りである。

A「しもべらよ、賛美せよLaudate pueri」
は詩編113-1〜2と詩編128-1が用いられている。壮大な終結合唱の後、三重唱で“いかに幸いなことか 主を畏れ、主の道を歩む人よ”と母のような優しさで包み込む。

B「よい羊飼いが復活されたSurrexit pastor bonus
ヨハネによる福音書10-11、同20-13と15と復活の続唱を引用して構成されている。中間部はソプラノ二重唱でイエスの復活を見たマグダラのマリアの証言である。経過句としてアルトが“キリストは復活した、わたしの希望!”と力強く宣言する。そして歓喜に満ちた合唱の後は“アレルヤ”で閉じられる。



ブリテン 20世紀音楽の様相 20世紀年表/ ブリテン
メンデスルゾーン ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表 / メンデルスゾーン
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表