制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表



オペラ「売られた花嫁 Prodaná nevésta」

 ベドルジハ・スメタナBedricha Smetanaチェコ(1824-84)


<作曲経過>


 1859年にスメタナSmetanaチェコ(1824-84)の妻がドレスデンで死に、1860年にベッティナと再婚した。この頃にスメタナは民族主義的な作品の作曲に積極的に取りかかっていく。しかしながら彼はドイツ語を話すボヘミア人として育っていた。チェコ語はできず、30代の半ばにやっとチェコ語が話せるようになる。プラハに国民劇場が建設が決まり、1881年の完成までは仮劇場で1862年より公演が行われ始めたが、保守派と対立していたスメタナも重要な役割を果たしていた。こうした時最初のオペラ「チェコのブランデンブルク人」1862-63年作曲、1866年初演が作曲され、保守派の反対に会い、初演を3年先まで延ばされた。1866年5月、彼の名を不朽にした第2番目のオペラ「売られた花嫁」1863-66年作曲1869-70年改訂初演1866年され、このオペラの評価によって同年9月にこの仮劇場の指揮者に迎えられることになる。

 「売られた花嫁」はスメタナがボヘミアにおける熱烈な民族運動家であり、彼の民族主義が彼の音楽の原点であったことを明確に示す作品である。そして当時としてはまだめずらしいチェコ語オペラで、各民族の言語でオペラを制作するという新しい道を開いた作品でもある。というのはオペラ誕生後、オペラはバロックの時代は伊語中心に仏語、独語や英語などでも作られるようになり、古典派時代から本格的にドイツ語もそのステイタスを得ていった。ロマン派に入って西欧以外の地域のロシア語はじめ他の国々の言語によるオペラが制作されるようになっていった。「売られた花嫁」はそうした突破口を開いたものであった。積極的にボヘミアの民族舞曲なども取り入れた。だが、当時の民族主義の音楽の考え方は、民謡の引用やそのヴァレーションを音素材として取り入れることが中心だった。だがスメタナは違った。彼の作曲書法は、民族的要素を取り入れても既成曲の引用ではなく、全面的に創作であることを基本としていた。

 スメタナは「売られた花嫁」を初めに台詞の入るオペラ、すなわちオペラ・コミックとして作曲した。登場人物や風俗、その音楽も含めてボヘミアの民族的色彩にあふれている。これによってスメタナはチェコ音楽の父といわれるようになる。プラハにおいて1862年国民劇場の仮劇場開設以来、上演される曲はほとんどイタリア・オペラであった。そうした時、スメタナはチェコ語による、チェコ・オペラを目指した。彼の民族主義理念の一つの達成であったといえる。台本が完成されたのは1863年7月5日1863年から1866年にかけて作曲された。1866年5月30にプラハ国民劇場で初演された。

 当時はプロシアとオーストリア戦役のまっただ中であった。プラハも戦火にまきこまれる情勢にあったため、わずか2日で上演は打ち切られた。戦争が治まった1027日にオーストリア皇帝を迎えて第3回の上演が行われ、やっとすばらしい成功を迎えた。
 その後スメタナはしばしばこのオペラに手を加えていく。パリのオペラ・コミック劇場での上演を機会に大幅に改訂し、相当の数の曲も加えた。第2幕の男声合唱「酒の歌」、第3幕の「マジェンカのアリア」のほかバレエ好みのフランスのため第1幕フィナーレの「ポルカ」、合唱「春のおどり」、第2幕第1場「フリアント」(ボヘミア特有の激しい3拍子の舞曲でオペラに用いられたのは史上初めてであった)などがその例である。

 1870サンクトペテルブルク公演のために最終改訂を行うことになる。台詞であった部分をすべてレチタティーヴォとし、従来の2幕構成を3幕に拡大した完全なオペラとした。これが今日も用いられるオペラ版である。こうしてオペラ・コミックからオペラへと変貌を遂げる。モーツアルトの「フィガロの結婚」以来のオペラ・ブッファ名作とも評価される所以である。しかし、サンクトペテルブルクでは不評であった。スメタナの死後であるが、1892ヴィーン上演された時は大成功をおさめた。
 チエコ語によるこのオペラがヨーロッパ各地で受容されたもう一つの理由は、すぐれたドイツ語訳(カルベック訳)が早くから出たことにも負うところが多いだろう。


<台本>


 台本担当サビーナSabinaチエコ1813-77はプラハとヴィーンで法律を学んだ。警察に職を得ようとしていたからである。1848革命参与したため死刑宣告を受けてしまった。だが、実刑は変更され、1857には釈放されるに至る。その後、新聞記者となって文学活動に入り、いくつかの小説と戯曲を書いた。1859から秘密警察の一員として働き、1872に民族運動家たちによって暴露されるまで二重生活を送っていく。その後は秘密警察からは免職され、貧窮のうちの死去となった。

 
スメタナのオペラのためには秘密警察時代に書いた「チェコのブランデンブルク人」1862-63年作曲の台本があり、「売られた花嫁」1863-66年作曲1869-70年改訂の台本を1863書いた。特に後者によって喜劇的というか軽妙なスタイルを確立する。彼にとって台本の仕事は民族主義云々と言うより、収入の増大と名声を得ることに関心があったといわれている。


<物語>


第1幕 


 1860年ころのボヘミアのある農村が舞台。今日は教会の献堂記念日の祭りの日である。村人たちは広場で踊り歌い祝っている。農夫の娘マジェンカは一人浮かぬ顔である。それはマジェンカの両親が、大地主ミーハの馬鹿息子ヴァシェクに嫁がせようとしているからである。恋人の若者イェニークは、優しく慰めていた。

 イェニークは小さい頃、父親が再婚し継母を迎えた。だが、継母にいじめられ家を出て、今は身の上を秘めて人に雇われている身であった。マジェンカが身の上を聞きただしても、これ以上はくわしいことを彼は話さなかった。

 そこへマジェンカの両親と結婚仲介人が登場して、この度の結婚を喜びを表している。これを物陰で見ていたマジェンカが現れ、自分はイェニーク以外の男とは結婚しないと宣言して、結婚契約書を投げ捨ててしまう。驚いた結婚仲介人はイェニークと会って結婚をあきらめさせようと、村の居酒屋へ出かける。村人たちはこうした事情を知ってか知らずか、ボヘミア色豊かな“ポルカ”を歌い踊っている。



第2幕 


 居酒屋でイェニークが、村人たちと酒を飲んでいた。そこへマジェンカの結婚仲介人が現れ、水をさす。だが、人々はかまわずボヘミアの民族舞曲“フリアント”を踊る。大地主ミーハの馬鹿息子ヴァシェクが現れ、無邪気で滑稽な歌を歌う。マジェンカも姿を見せるが、ヴァシェクはマジェンカが誰であるかをまだ知らない。これを利用してマジェンカは、あなたのお嫁さんは意地悪く、あなたをあざむくから結婚はやめなさい、と告げる。はいはいとばかり結婚をあきらめたヴァシェクは、話し相手が当のマジェンカとは知らずに彼女に惚れ込んでしまう。

 一方、結婚仲介人は、イェニークにマジェンカとの結婚をあきらめるよう説得している。もっときれいな娘を紹介する。そして
300グルデンをやるとまでいう。よく考えたイェニークは、“マジェンカは大地主ミーハの息子以外とは結婚しない”という条件で、結婚仲介人の申し入れを受け入れる。この結婚仲介人はイェニークの本当の身の上を知らなかった。実は彼は行方不明の大地主ミーハの長男であったのだ。結婚仲介人は、大地主ミーハの息子はヴァシェク以外には存在しないと考えていたので、“マジェンカは大地主ミーハの息子と結婚する”という契約書を作成してしまう。

 これを見たイェニークは、自分の計略がうまく行ったことを喜ぶ。一方、結婚仲介人が村人に自分の作った契約書を自慢げに読み上げるとと、村人は“花嫁を売ったひどい男”と結婚仲介人に対して非難を浴びせた。マジェンカは売られた花嫁になってしまった、と村人は考えた。



第3幕 


 第1幕と同じ広場。大地主の馬鹿息子ヴァシェクが現れ、名も知らないで別れたマジェンカのことが忘れられない様子。そこへ旅芸人たちの一座が登場し、“道化師の踊り”を披露した。ヴァシェクはその中の花形スターのエスメルダにぞっこんになってしまう。そこへインディアンに扮した芸人が現れ、熊に扮する者が酒に酔っぱらって今夜の舞台に立てないと言う。そこで座長はヴァシェクに目をつけ、エスメルダに誘惑させて代役に立てようとする。

 
そこへ結婚仲介人が登場して、ヴァシェクを花嫁の所へ連れて行こうとするが、ヴァシェクは気がすすまない。花嫁の悪いうわさを吹き込まれていたし、今はエスメルダに魅せられその気になっていたし・・・・・。そこへ当のマジェンカが登場。結婚仲介人から愛するイェニークが署名した“マジェンカは大地主ミーハの息子と結婚する”という契約書を見せられ、自分は売られた花嫁になったと怒ってしまう。

 ヴァシェクの方はこのマジェンカが自分の花嫁だと知り、大喜びする。エスメルダのこともすっかりどこへやらとなる。だが、失意のどん底に落とされたマジェンカは、結婚仲介人のそそのかしと腹いせで“ヴァシェクと結婚する”と言ってしまう。
 そこへ大地主ミーハ夫妻の登場となる。ここでイェニークの姿を見てこれこそ長い間だ行方不明だった長男であることを確認した。それでイェニークが結婚契約書に書いた“マジェンカはミーハの息子と結婚する”という条項が、その息子がヴァシェクでなく、イェニーク自身のことであることに気づくのであった。ことの次第をすべて知ったマジェンカは大喜び。結婚仲介人は村人に嘲笑されて逃げ出してしまった。

 そこへ旅芸人一座の熊が逃げ出したと大騒ぎになる。実はヴァシェクが扮していたものであった。怒った母ハータはヴァシェクを引き立てるようにして連れ去る。大地主ミーハはマジェンカの両親のとりなしでイェニークと和解し、一切を許した。そして村人全員の“これでめでたくおさまった”と大合唱が起こる。そして喜びにあふれ、人々は踊るのであった。





参考ディスク

LD COLO−3016「売られた花嫁」

ズデニェク・コシュラー指揮、ズデニェク・ツァンドラ演出
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団&プラハ国民劇場オペラ合唱団
バレエ:プラハ国民劇場バレエ団

マジェンカの父
マジェンカの母
マジエンカ

イエニーク
大地主ミーハ
大地主の妻ハータ
大地主の息子
結婚仲介人
エスメルダ
サーカスの座長
インディアンに扮装した男

インドジフ・インドラーク(Br)
マリエ・ヴェセラー(S)
ベニャチコヴァー(S)

ペテル・ドヴォルスキー(T)
ヤロスラフ・ホラーチェク(Bs)
マリエ・ムラゾヴァー(Ms)
ミロスラフ・コプ(T)
リハルト・ノヴァーク(Bs)
ヤナ・ヨナーショヴァー(S)

アルフレーロ・ハンペル(T)
カレル・ハヌシュ(T)

収録:1981年プラハ、芸術家の家


★ スメタナの作品


2002-2016


音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表