制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 20世紀目次 作曲家別作品表 時代別作品表



オペラ「トスカ Tosca


 ジャコモ・プッチーニGiacomo Pucciniイタリア(1858-1924)




<作曲の経緯>



 プッチーニPucciniイタリア(1858-1924)が、フランスの劇作家ヴィクトリアン・サルドゥーVictorien Sardouフランス(1831-1908)の5幕の戯曲「ラ・トスカLa Tosca」(1887年パリで初演、物語は1800年6月17日に起こった実話であった)をオペラ化しようと思ったのは、1889年の春頃からであった。オペラ「エドガー」初演後の2週間をちょっと過ぎた頃だった。ミラノにおいて有名な女優サラ・ベルナールによって上演された「ラ・トスカ」の大成功を観て、プッチーニは心を固める。この戯曲はフランス語の原作で上演されていた。彼はフランス語がほとんど解らない観客の一人だったが、それでもこの芝居は彼をおもしろがらせた。プッチーニはじめ多くのミラノの観客の目当ては、劇の内容より46歳になる大女優ベルナールにあった。それほど彼女は当時有名な俳優であった。「ラ・トスカ」は彼女のために書かれ、彼女に献呈された演劇だった。

 フランス語に熟達していないプッチーニはそれでも場面を追っていくことができた。そしてこのドラマそのものの核心にも触れてしまったようである。このことがオペラ化への決断をもたらした。しかし、フランスまで知名度のないプッチーニには、この有名作家サルドゥーからオペラ化の許可をもらう自信はなかった。迷っていたプッチーニはずっとオペラの題材を他にも探し求め続けていた。その一つがメーテルリンク「ペレアスとメリザンド」で、ベルギーまでこの詩人を訪ねているが、すでにドビュッシーに委ねたことを告げられる。あとゾラの小説「ムーレ神父の過ち」(1875年)にも惹かれたが、カトリック司祭と野性の女との恋物語は物議をかもし出すこと必至であったが、すでにマスネーに与えられてしまっていた。他の彼の興味を惹く題材はマリー・アントワネットの断頭台に向かう最後の日であった。イッリカはフランス革命の歴史について研究をして筋書きを作りあげたが、これも捨て置かれることになる。

 こうしてミラノ上演の「ラ・トスカ」から5年後、再度プッチーニは1895年10月、フィレンツェでの上演をわざわざ観に出かけている。そして1896年、プッチーニを再びオペラ「トスカ」に向かわせたその理由は何であったのか? 考えられる点はいくつか考えられる。その一つはマスカーニMascaniイタリア(1863-1945)レオンカヴァッロLeoncavalloイタリア(1857-1919)が起こしたヴェリスモ・オペラ運動であった。プッチーニはおくれを取りたくなかった。「ラ・トスカ」の内容はヴェリスモ的であると判断したのである。事実「ラ・トスカ 」の内容は根本的にヴェリスモ運動の要素を有している。そしてこの芝居は1887年のフランス初演以来、ヨーロッパ各地で圧倒的な成功を勝ち得ていた。さらにこのよう成功を収めた舞台作品は、プッチーニにとって大きな魅力であった。成功間違いなしと彼が考えても無理はない。そしてプッチーニの方もすでに「エドガー」マノン・レスコー」ラ・ボエームの成果もあり、計算高い原作者サルドゥーにとってもプッチーニは好ましい相手ではあった。

 しかし、サルドゥーはすでに(おそらく1893年頃)ランケッティFranchettiイタリア(1860-1942)という作曲家に、オペラ化向けて作曲の権利を与えていた。この作曲家はルッカの音楽院時代のプッチーニの同級生であった。さらにジュリオ・リコルディが台本制作にルイージ・イッリカLuigi Illica(1857-1919)を選んで発注済みであった。しかもフランケッティはと1894年の秋にパリに行って作者サルドゥーとも打合せを済ませていた。この時パリにかの有名なヴェルディVerdiイタリア(1813-1901)が「オテッロ」のフランス初演の準備をするためにパリにいた。ヴェルディはサルドゥーとも親しく、この劇作家の家で開かれたサロンでイッリカが自分の台本「トスカ」を朗読したのを聞き、深い感銘を受けた。そして自分がもし若ければ、「ラ・トスカ」を作曲するだろうと言ったと、伝えられている。これがプッチーニにも伝えられ、フランケッティの契約のことは知っているものの、強い食指が動いたようだ。フランケッティはトリノの富裕な家の出で、金銭でその権利を譲り渡すような人物ではなかった。

 そこでリコルディが動いた。彼によってプッチーニのために策が練られることとなった。その理由は次の通りであった。利を得ることに長けた出版業社のリコルディは、プッチーニの方がこの題材に向いていると判断したのである。先ず、リコルディとイッリカはプッチーニに腹の内を話しておいて、リコルディはフランケッティとの話し合いの席を設ける。その論旨は、「ラ・トスカ」がオペラには不向きな題材であるとした。理由として筋書きが残虐で、現実的過ぎる等を述べ立てた。これが効をなし、ついに人のよいフランケッティは、降りることとなった。そして直ちにプッチーニと、作曲契約が結ばれたのであった。後年、フランケッティの息子がもらした言によると、父はプッチーニの願望を知り、この題材は自分より彼の方が向いていることを自ら認めたということである。

 「ラ・トスカ」をオペラ台本化することは、「ラ・ボエーム」と比べるとそう難しいことではなかった。その劇的構造はそのまま使えるし、イッリカがすでにフランケッティのために台本化していたので、プッチーニの意に合わせて手を加えればよかった。敢えて言えば一つの困難は、共同台本作者となるジュゼッペ・ジャコーザGiuseppe Giacosa(1847-1906)がこのドラマをたいへん嫌っていたことぐらいである。彼から見ればこの物語には叙情性や詩的要素がないという理由で韻文化するのはむつかしい、と考えていたからである。彼は「ラ・ボエーム」には詩ばかりでドラマがない、この「トスカ」にはドラマばかりで詩がない、と言った。そして「トスカ」は1人のヒロインのための芝居で、その名人芸を見せるためのものとも言った。おまけに意に添わない仕事はしたくない、ギャラも返却するといって降板の主張までした(1896年8月23日のジュリオ・リコルディ宛の手紙)。でもやり方のうまいリコルディは、いつもの事ながら無視し続けた。それどころか反対に遅筆を責め立てたのある。こうしてプッチーニは1896年10月の終り頃にはイッリカとジャコーザの共同台本の大部分を受け取っていた。リコルディは人をうまく操縦したのである。プッチーニに、ヴェルディがプッチーニはいい台本を得た、幸せな作曲家だと言ったよ、と報告してる。そしてヴェルディ先生は偉大なる予言者だ、さあ、励みたまえとプッチーニを促している。

 第1幕の作曲は1898年1月に始めたと本人はスコアに記している。4月に「ラ・ボエーム」のフランス上演のためパリに行った時、原作者サルドゥーを訪問した。そしてこの70歳を過ぎたこの作家のことをよく話す青年のような人、と愉快そうに報告してる。そして原作の第2幕の省略と牢の内部と処刑の場を1つの幕に収める承諾を受けた。イタリアに帰った5月からモンサグラーティの彼の山荘にこもって作曲を本格的に始めた。それでも原作者といろんな意見の相違が出てきて、1899年1月に再びパリを訪れて最後の場面などについて話し合っている。その後トッレ・デル・ラーゴに戻り、2月23日から第2幕の作曲にとりかかったと記入している。ついに1899年9月末に「トスカ」は完成した。もちろんその後も手を加えたり修正もした。




<初演と評価>


 「トスカ」初演は当然のことのようにローマが選ばれた。1900年1月14日、ローマのコスタンツィ劇場で行われた。この劇場では4年前にマスカーニが「カヴァッレリーア・ルスティカーナ」を初演して、ヴェリスモ・オペラの火蓋を切った。プッチーニのこの運動への進出をすることにもなる。彼自身たいへんな自信をもってこの初日を待っていた。演出をするのはジュリオ・リコルディの長男ティト・リコルディ(1865-1933)であった。彼は父に似ずわがままでワンマンで、ローマの制作者を使わないでスカラ座の舞台装置家ホーエンシュタインを起用した。この事はローマの芸術界を大いに逆撫でした。上演の準備段階から初演妨害の画策のうわさが立ち上っていた。出演者には脅しの手紙まで送られて来る始末だった。爆弾を投げ込む計画があるといううわさまで飛び交っていた。この公演にはマルゲリータ王妃(「トスカ」はこの王妃に捧げられた)と政府の閣僚や上院議員たちが列席予定だったので、政治的な暗殺がというような尾鰭までついた。

 こうした特殊な雰囲気の中で行われた初演は、聴衆の神経を極度に落ちつきのないものにした。といってもこのオペラに下された批評が好意的でないのは、それだけでなく他の理由もあった。それでも「ラ・ボエーム」に比べてみればそれほどひどいものでもなかった。一、二のものには賞賛もあった。攻撃のターゲットは音楽自体よりもその台本に向けられた。題材がオペラに向いていないし、オペラ化するという作曲家の判断は間違っている、というものが多かった。実際、プッチーニ自身も一時なかば失敗作と考えてしまう。しかし、これらの判断の間違いを是正したのは、一般聴衆であったのは「ラ・ボエーム」の時と同じである。というのはコスタンツィ劇場での20回の公演はどれも大入り満員で、続いて年内にイタリア各地で盛んに上演されたからである。

 国外で初めて上演したのはまたもやブエノス・アイレスで、ローマの初演から5ヶ月後だった。それに続いてロンドンで7月12日だった。でもこのロンドンの批評家たちはイタリアと同じ様に「トスカ」に攻撃を向けた。かのマーラーMahlerオーストリア(1860-1911)は“巨匠の駄作”と言い、リヒャルト・シュトラウスRichard Straußドイツ(1864-1949)はなんと“質の悪い札付きの低俗作品”と評したのであった。




<物語>


トスカの物語の歴史的背景:


 イタリアは18世紀末からフランス革命(1789-99)の影響を受けて、自由主義の思潮を持つようになっていた。だが、ナポリ王国がフランスに宣戦布告したため、ローマはフランスに占領されてしまい、フランスはさらに南に侵攻し、ナポリを占拠して同盟共和国とした。そこでナポリ王国の王フェルディナントWと王妃マリア・カロリーナは、イギリス、ロシア、オーストリアの援助を得て解放軍をシチリアで組織した。そしてローマに進軍し、ローマを手中に収めた。王はシチリアに止まったが、王妃はローマに移った。スカルピア男爵が、密偵と刑事からなる秘密警察の組織をローマに作っていた。こうしてイタリアはこの頃、王党派の圧政に苦しみ、反王党派である急進派はナポレオンによる解放を待ち望んでいた。

 この物語の背景にあるのは「マレンゴの戦い」
=1800年6月14日である。これはナポレオン戦争中の一つの戦闘で、グラン・サン・ベルナルド峠を越えたナポレオンは、ピエモンテのマレンゴ村でオーストリア軍と衝突した。はじめはナポレオンの敗色濃厚であったが、逆転して勝利を得た。これによりナポレオンはイタリアを支配下に置き、イタリア国内の反対勢力=王党派を打破した。
 こうして1800年6月17日、実際にトスカの物語が起こった。


第1幕 サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会内部 1800年6月17日月曜日午後


 政治犯として捕まっていた反王党派アンジェロッティは、サンタンジェロ城から脱獄して隠れ場所を求めてこの教会にやって来た。彼の妹アッタヴァンティ侯爵夫人は、マリア像の下に同家の礼拝堂の鍵を隠して置いていた。彼は鍵を見つけ、アッタヴァンティ家所有の礼拝堂に入って行く。そこへ教会の堂守がやって来る。堂守は何か不審なものを感じるが、ここで絵の制作をする画家マリオ・カヴァラドッジがいないのを不思議に思う。お告げの祈りの鐘が鳴り響き祈っていると、画家カヴァラドッジが戻って来て、絵を描き始める。この画家はマグダラのマリア像を制作中であった。そのモデルが、時折つい先ほども教会で祈っていた見知らぬ女性
(実はアッタヴァンティ侯爵夫人)であることに堂守は驚く。画家カヴァラドッジはポケットから恋人のオペラ歌手フローリア・トスカの肖像の入ったメダルを取り出し、モデルにしている見知らぬ女性とトスカの美しさの違いを比べて思い巡らしている。

 堂守が出て行った後、逃亡しているアンジェロッティが用心深く姿を現し、友人カヴァラドッジに会う。二人は再会を大いに喜ぶ。そして画家は彼に協力することを約束する。そこへトスカがやって来たので、アンジェロッティにパンの籠を渡して礼拝堂に彼を隠す。だが、彼女は二人の声を聞いてしまっていた。詮索好きなトスカは誰と話していたかを尋ね、そして今夜の演奏会後、カヴァラドッジの別荘に行こうと誘った。気の乗らない様子のカヴァラドッジに、ただでさえ嫉妬深いトスカは不信の念を抱いた。だが、なんとか約束を取りつけて彼女は落ちつく。だが、帰りがけトスカは絵のモデルについて疑心を抱く。なだめてやっとトスカを去らせた。

 すぐにカヴァラドッジはアンジェロッティを呼ぶ。アンジェロッティは、妹のアッタヴァンティ侯爵夫人が変装用の女性の衣装を隠して置いてくれた、と語る。そこで画家カヴァラドッジは初めて見知らぬモデルの女性の正体を知ることになった。彼はアンジェロッティに、自分の別荘を提供するために鍵を渡す。そこへ囚人の脱走を告げる大砲が聞こえてきたので、危険を感じたので彼を、自分で別荘に連れて行くことにした。

 二人が去ると堂守が現れ、王党派がナポレオン軍を破ったと皆に伝える。またトスカがファルネーゼ宮殿でカンタータを歌い、教会ではテ・デウムが唱えられると知らせた。そこへ秘密警察の長官スカルピアが、2人の刑事を伴ってやって来た。そしてアッタヴァンティ家の礼拝堂を調べにかかるが、礼拝堂が開いたままでしかも籠のパンがないことに気づく。そしてアッタヴァンティ侯爵夫人のイニシャルのついた扇を拾う。さらにカヴァラドッジの絵のモデルが、侯爵夫人であると気づく。これらによってすべてを感じ取ったスカルピアは、トスカを利用しようと考える。彼はトスカを自分のものにしようと、前から思っていたからである。

 そこへトスカが戻ってくる。今夜はファルネーゼ宮殿で祝勝会で歌うので別荘には行けない、とカヴァラドッジに告げるためであった。だが、彼がいないことが、トスカの嫉妬心を再び刺激した。そこでスカルピアは拾った扇を利用して、トスカの疑いの心をなお一層かき立てる。愛人と一緒に別荘に行ったに違いないといきり立ち、トスカは別荘に向かう。彼女をスカルピアは、部下スポレッタに尾行させる。かくしている内に枢機卿が教会堂に入場し、祝砲が鳴り響き、テ・デウムが高らかに歌われた。そうした中スカルピアはトスカをものにして、彼女の恋人である画家カヴァラドッジを処刑しようと、思い巡らしていた。


第2幕 ファルネーゼ宮殿のヴィテッリオ・スカルピアの執務室 1800年6月17日月曜日夜11時頃


 ファルネーゼ宮殿執務室のスカルピアは一人で食事をしながら、アンジェロッティの再逮捕とトスカのことを考えていた。部下シャルローネにトスカへの伝言を渡す。王妃の前でカンタータを歌ったら、彼の所へ来るようにと書いてあった。彼は暴力的に奪う愛が好きで、なびく女は好みでない。そこへ部下スポレッタが戻って来てトスカを尾行してカヴァラドッジの別荘へ入ったが、アンジェロッティを見つけられなかった。その代わりに彼の友人、画家カヴァラドッジを逮捕した、と報告した。スカルピアはカヴァラドッジを呼び入れ、尋問する。そこへカンタータの演奏が終わったトスカが入って来る。ここで会えたトスカとカヴァラドッジは大いに驚くが、カヴァラドッジは隣室に連れて行かれてしまう。

 スカルピアはトスカ相手に巧妙に質問して迫る。だが彼女は、“何も知らない、別荘にはカヴァラドッジ1人だった”と言い張る。そこでついにスカルピアは、彼を拷問にかけた。隣室で強烈な拷問に耐えるカヴァラドッジのうめき声を聞いて、トスカは、庭の井戸にアンジェロッティが隠れていることを、漏らしてしまう。そこへ気を失ったカヴァラドッジが運ばれてくる。気を吹き返した彼はトスカに、口を割ったかどうか訊ねる。トスカは否定するが、スカルピアはわざと“庭の井戸に行け”と部下に命令する。これを聞いてカヴァラドッジはトスカをなじり、非難する。

 その時、部下のシャルローネが現れ、“王党派が勝ったというのは誤報で、本当はナポレオン軍が勝った”と報告する。これを聞いて歓喜したカヴァラドッジにスカルピアは激怒した。彼に処刑を宣告し、連れ去らせる。すぐトスカはスカルピアの前に身を投げ出し、恋人の命乞いをする。彼はその代償としてトスカに、自分に身をまかせることを要求する。トスカはソファに崩れ折れ、神に祈るのであった
(“歌に生き、恋に生き”)

 そこへ部下のスポレッタが入って来て、アンジェロッティは井戸の中で自殺したと告げる。スカルピアは死体を処刑台に吊すよう命じ、トスカに“カヴァラドッジの死刑の準備も整っている”と告げる。これを聞いたトスカはスカルピアの欲求に応じるから、彼を直ちに釈放するよう要求する。これに対してスカルピアは、“今となっては以前のパルミエリ伯爵の時行われたと同じように、死んだと思わせる偽装の処刑を行う必要がある”と言った。これをスポレッタに命じ、トスカに監獄の通行証と二人のローマからのパスポートを約束する。スカルピアがそれらを書いている間、トスカは食卓の上のナイフを取って隠す。スカルピアが言い寄って来てトスカを抱こうとした瞬間、トスカは彼を刺した。倒れた彼の手からパスポートを奪い取り、彼の頭の横に燭台を置き、十字架を胸に置いて立ち去る。


第3幕 サンタンジェロ城歩廊と屋上 1800年6月18日火曜日午前3時から4時の間


 夜明け前、遠くから羊を追う鈴の音と牧童の歌声が聞こえてくる。そして教会の鐘が3時を打つのが響いてくる。カヴァラドッジは兵士たちに城の歩廊に連れて来られ、看守に引き渡される。カヴァラドッジはトスカに最後の手紙を渡してくれるように、看守に頼んだ。その代償として高価な指輪をやる。手紙を書いているうちに、トスカのこと、楽しかった人生の思い出に感極まる。この世に別れを告げる
(“星はきらめく”)

 そこへトスカが現れ、看守に通行証を見せて刑場となるサンタンジェロ城の上にいるカヴァラドッジに近寄る。そしてパスポートを見せ、すべての手はずを話した。そしてこの見せかけの処刑を説明し、“兵士たちが銃を撃ったら、うまくそれらしく倒れるように。兵士たちが去ったら起きあがってチヴィタヴェッキアに逃げて我々は自由の身になるのだ”と語る。

 兵士の一隊が士官に率いられやって来る。獄舎の時計が4時を打つ。トスカはもう一度カヴァラドッジに、倒れ方について注意を促す。そして銃声が響き、処刑は行われた。一隊が去ってからトスカはすぐに近寄って声をかけるが、発射されたのは実弾であったことが分かる。愕然としたトスカ! その時中から大騒ぎが起こる。スカルピアの死が発覚したのである。部下のスポレッタが、“トスカ、おまえの殺人は高くついたぞ”と言うと、“私の命で払うわ”と言って、サンタンジェロ城の上から自らの身を投げてしまう。





参考ディスク

DVD KIBM1043「トスカ」(発売:2006/4/26)

ピエール=ジョルジオ・モランディ指揮、エンリーコ・カスティリオーネ演出
ペトルゼッリ劇場合唱団、 バーリ交響楽団

フローリア・トスカ(プリマ・ドンナ)
マリオ・カヴァラドッジ(その恋人、画家)
スカルピア男爵(秘密警察長官)

フランチェスカ・パターネ(S)
ホセ・クーラ(T)
レナート・ブルゾン(Br)

収録:2000年8月25日、イタリア、ペトルゼッリ劇場ライヴ


DVD KKD552「トスカ」(映画版)(発売2003/5/24)

ブノワ・ジャコ監督
アントニオ・パッパーノ指揮
コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団・合唱団、ティフィン少年合唱団

フローリア・トスカ(プリマ・ドンナ)
マリオ・カヴァラドッジ(その恋人、画家)
スカルピア男爵(秘密警察長官)
堂守
チェザーレ・アンジェロッティ
(脱獄政治犯)
スポレッタ
シャルローネ

看守
羊飼いの少年
アンジェラ・ゲオリギュー(S)
ロベルト・アラーニャ(T)
ルッジェーロ・ライモンディ(Br)
エンリコ・フィッソーレ(Bs)
マウリツィオ・ムラーロ(Br)
ディッド・カンジェロージ(T)
ブソリン・コリバン(Br)
グウィン・ハイエル(Bs)
ジェイムズ・サヴェージ=ハンフォード(B-S)

制作:2001年マジック・メディア・カンパニー、ケルン

DVD UCBG1104 「トスカ」(発売2005/7/27)

 ブルーノ・バルトレッティ指揮、ジャンフランコ・デ・ボシオ演出
 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団、アンブロジアン・シンガーズ

フローリア・トスカ(プリマ・ドンナ)
マリオ・カヴァラドッジ(その恋人、画家)
スカルピア男爵(秘密警察長官)
堂守
チェザーレ・アンジェロッティ
(脱獄政治犯)
スポレッタ
シャルローネ
看守
羊飼いの少年
ライナ・カバイヴァンスカ(S)
プラシド・ドミンゴ(T)
シェル・ミルンズ(Br)
アルフレード・マリオッティ(Br)
ジャンカルロ・ルッカルディ(Br)
マリオ・フェラーラ(T)
ブルーノ・グレルラ(Bs)
ドメニコ・メディーナ(Bs)
プラシド・ドミンゴ・ジュニア(B-S)

 収録:1976年10月 ローマ=サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会、
    ファルナーゼ宮殿
(現フランス大使館)、サンタンジェロ城

★このオペラが舞台となっているローマ実在の建物を使っての映像である。


★ プッチーニの作品


2001-2017


音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 20世紀目次 作曲家別作品表 時代別作品表