制作者:国本静三 


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2001年11月記


DVD DLVC-1077

映画 「歌劇王ジュゼッペ・ヴェルディ」

マレ・ミレノッティ制作&原案
ラッファエッロ・マタラッツォ監督
 
制作:1953年  
発売:2001/9/25



ヴェルディのオペラ・デヴュー


 ヴェルディイタリア(1813-1901)は、26作品のオペラを作曲した。全ヨーロッパにその名は馳せ、ドイツに同い年のヴァーグナーが出現してもその地位は揺がなかった。北イタリアのパルマ県にある小都市ブッセートの郊外3kmの寒村レ・ロンコレ村で、宿屋兼食料品店の長男として生まれた

 7才の時、村の教会オルガニスト、バイストロッキに本格的な音楽の手ほどきを受ける。10才の時バイストロッキが死に、父の知人でブッセートで事業をするバレッツィに託される。彼はこの町の名望家で
(後に彼の長女との結婚で、ヴェルディの義父となる)、ヴェルディの恩人としての役割を長年にわたって果す。ミラノの音楽院での勉強も取り計うが、18才という年令のため入学ができなかった(14才以下が入学資格だった)と伝えられている。

 以後個人教授によって作曲家としての勉強をする。バレッツィの長女マルゲリータとは1836年に結婚が許される。ブッセートに居を構え、長女と長男を得たが、長女は1年4ヶ月で失う。1839年にミラノに居を移し、長男は1年2ヶ月で病魔に奪われた。11月にスカラ座でオペラ「サン・ボニファーチョの伯爵オベルト」を初演し評価を受ける。最愛の妻も1840年に失う。悲嘆の中での「一日だけの王様
(にせのスタニスラオ)(喜劇)は失敗だった。

 プリマ・ドンナのジュゼッピーナ
(後に2度目の妻となる)の励ましとスカラ座支配人メレッリによって書上げられたナブッコ1842年初演、旧約聖書英雄物語を素材にしている)は、オーストリアの支配下にあったミラノの人々を沸かせ、大成功をおさめ、オペラ作曲家としての名声を得る第一歩となる。



ヴェルディ ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ ヴェルディ
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表