制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1997年11月記


CD KKCC-9098

デュリュフレ

「レクイエム」
「グレゴリオ聖歌の主題による四つのモテット」
「ミサ曲<クム・ユビロ>」

ヴァイェル(org)、ラヴォタ(vc)  マッティ(Br)、ホフマン(Ms)
ゲイリー・グラーデン指揮  聖ヤコブ室内合唱団

 録音:1992年  発売:1997/9/5



また一年の終り。。。


 今年もすぐにクリスマスを迎え、また新年がやってくる。ほんとに時が経つのは早い。皆さんはこういう時、何を考えるのでしょう。ま、何が起ころうとも、時間は必ず来て去っていく。乗り物のように停まって降りるわけにもいかない。歩きながら、あるいは走りながら考えているようなことが、我々の人生かもしれない。それでも過ぎ去った時を省み、これから来る時に希望を置き、思いを寄せることは、大切なことであろう。

 今回紹介するフランスの作曲家デュリュフレ(1902-86)は、教会オルガニスト、パリ音楽院の教授でもあった。彼の作品は多くない。いや大変少ない。全作品で14曲! おそらく彼の名をご存じの方でも、「レクイエム」しか聴いたことがないのではないだろうか。このCDは彼の合唱曲全3曲が収められている貴重な一枚でもある。

 これらはすべて純然たる教会音楽で、グレゴリオ聖歌の旋律を借用し、旋法的な和声を用いて作曲されている。「レクイエム」においてはグレゴリオ聖歌レクイエムの有名な旋律を使い、美しく澄み切った響きと重厚な和声で包んでいる。この崇高で厳粛な音楽は我々の心をいやし、また心をひきしめてくれるだろう。ただ単に優しく口当たりのよいものは、すぐに通り去って行く。だがこのデリュフレの音楽はそうではない。崇高な祈りとやさしいまなざしが感じられる。



デュリュフレ 20世紀音楽の様相 20世紀年表サとミサ曲 レクイエム/ デュリュフレ
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表