制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 20世紀目次 作曲家別作品表 時代別作品表



ヴァレーズと「イオニザシオンIonisation(電離)

 エドガール・ヴィクトール・アシル・シャルル・ヴァレーズEdgar Victor Achille Charles Varèseフランス(1883-1965)



<「イオニザシオン」まで>


 
ヴァレーズVarèse
フランス-アメリカ(1883ー1965)はパリに生まれた。1904年20歳の時にスコラ・カントルムに入学して、作曲と指揮をダンディ、対位法とフーガをルーセルに師事した。1905年さらにパリ音楽院に入学してヴィドールに作曲を学んだ。1906年に合唱団“民衆の城”(民衆大学で働く人たちによって編成を組織し、演奏会を続ける。初期はドビュッシーらと親交を持ち、後期ロマン派や印象派の影響を受けた作品を書いていた。この頃フォーレマスネドビュッシーなどパリ楽壇で注目を受け、パリ市芸術奨学金を受けたが、パリの保守的な音楽的事情や政治の動きに絶望して1908年ベルリン移住した。ベルリンではブゾーニ、R.シュトラウスホフマンスタール(詩人)などと親交を結んだ。R.シュトラウスはヴァレーズの交響詩「ブルゴーニュ」を初演した(1908年)。またヴァレーズも指揮者としてもベルリンやプラハで成功した。しかし、その後初期作品の全てを廃棄し、残っていた草稿も後に第一次世界大戦(1914-18)殆ど焼失してしまったという。大作オペラ「エディプスとスフィンクス」(1914年完成、ホフマンスタール原作)もその中にあったが、焼失してしまった。

 
1915年12月32歳の時ニューヨークに渡り、1919年にはニュー・シンフォニー・オーケストラを創設し、4月11日にカーネギー・ホールで最初の演奏会を開いた。管弦楽曲の現代作品や見捨てられた古典曲の紹介、指揮することから始めた。ドビュッシー、カゼッラ、バルトークなどとバッハを演奏したが、厳しい批判を浴びた。しかし、彼の行動性は衰えることなく、1921年には国際作曲家国合ICGを結成し、かくしてICGが誕生した。この団体が存続した6年間に14ヶ国の56人の現代作曲家の作品を取り上げ、意欲的に自分の作品も発表していく。

 1922年初演の「捧げ物」はアメリカで演奏された最初の作品である。そして1923年ICGで「イペルプリズム(超分光器)」ヴァレーズ自身によって初演されたが、
1920-21年作曲した
大管弦楽曲「アメリカ」をストコフスキー指揮で1926年に初演され、新局面を打ち出した。ニューヨーク音楽界の大スキャンダルといわれるほどの反応を引き起こした。それは金管と打楽器による前打音をはさんだ同音反復で構成された独自なもので、サイレンやライオンの咆哮装置(一種の擬音装置)まで使われ、騒音と思われる音をも取り入れている。こうして彼の楽音外の音を作品に取り入れるようとする先駆けでもあった。

 
1826-27年に作曲した
大管弦楽と40の打楽器のための「アルカナ」
(1927年初演、ストコフスキー・フィラデルフィア管弦楽団)は反響を呼んだ。1927年10月アメリカに帰化した。この頃アメリカ・ソヴェト文化交流協会の音楽委員会会長務めた。そして彼の代表作、また騒音主義といわれる所以の作品が登場する。



<「イオニザシオンIonisation(電離)」


 彼は
騒音主義といわれている。「イオニザシオンIonisation(電離)」はその最も代表的なものと言える。1931年パリで作曲し、1933年ニューヨークで初演した。13人の打楽器奏者と37の打楽器
(チャイム、チェレスタ、ピアノの音高のある楽器と高音、低音の2個の消防車用サイレンを含む)で演奏される。旋律楽器を一切省き、音色とリズム運動が一つに集まってくる構造体を作り出し、作品が構成される。

 ここでのヴァレーズの意図は、従来軽視されてきた打楽器による音楽構成に向けることであった。考えてみれば西洋音楽は、
音高音色をいかに美しく組み合わせるかが中心的な関心であった。ここから対位法や和声法の技法が生まれたのであるが、ヴァレーズはリズムと音色や強弱を重要な素材と考えたようである。この作品はその後の打楽器音楽の先駆的な作品なったのみならず、革命的な
音楽概念転換
(電離、つまりイオン化を具現するものであった。



<「イオニザシオン」以後>


 
「イオニザシオン」はヴァレーズ音楽の頂点であった。それ以後詩人や画家などと交流を深め、詩やエッセーの発表もしている。電子楽器への興味ももち始める。1934年に初演した
「エクアトリアル」
(合唱、トランペット、トロンボーン、ピアノ、オルガン、2つの電子楽器オンド・マルトノと打楽器群)で組織された音響を試みた。第二次世界大戦(1939-45)中からその後、若い作曲家に彼の音楽は影響を与えるが彼は活動しなかった。1950年代の初めは電子音楽やミュージック・コンクレートによる作品を書いた。その後は映像と音空間を用いた作品を手がけ、彼の実験的試みは続けられた。こうして彼は20世紀音楽の様々な様相の先駆者、そして実践者として大きな貢献を果たした。

 セリー技法によらない作曲法、多数の打楽器の使用、電子楽器の使用など、今までの音楽とははっきりと一線を画している。彼の斬新な音響空間は後の作曲家に大きな影響を与え、音楽の可能性を拡大した。たしかに 残された作品は少ない。一つ一つの作品が音が生き物のように自由に動き回り、とても斬新な音響空間となっている。弟子にアンドレ・ジョリヴェ、周文中、ウィリアム・グラント・スティル等があげられる。





参考ディスク

CD KICC-8173 「ヴァレーズ:アルカナ/積分/電離/他
ブロッホ「ヘブライ狂詩曲“シェロモ”」

ズービン・メータ指揮、ロスアンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団
ロスアンジェルス・パーカッション・アンサンブル
イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
ヤーノシュ・シュタルケル(vc)


録音:1971年4月、1969年6月



★ ヴァレーズの作品


2006-2016

音楽サロン表紙 目次 20世紀目次 作曲家別作品表 時代別作品表