制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 古典派目次 作曲者別作品表 時代別作品表



オラトリオ「オリーブ山のキリストOp.85」Oratorium<Christus am ÖlbergeOp.85>
 ルートヴィヒファンヴァン・ベートーフェンヴェンLudwig van Beethovenドイツ(1770-1827)

 ★ ドイツ・オランダ語ではルートヴィヒ・ファン・ベートーフェン、フランドル語ではルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと発音
   日本ではルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェンとも表記される


<「オリーブ山のキリスト」>


<オリーヴ山とは>


 ベートーヴェンBeethovenドイツ(1770-1827)の大作で聴く機会の少ないオラトリオOratorium「オリーブ山上のキリストChristus am ÖlbergeOp.85」、些細なことだが原題「Christus am Ölberge」「オリーブ山のキリスト」と訳すのが適正だと思う。<Christus am Olberge>は普通に“オリーヴ山でのキリスト”という意味であり、“山上”はふさわしくないと思う。それは実際のオリーブ山は、キドロンの谷を挟んでエルサレムと並行して約4km南北にまたがる小山脈状で、最も高い所で814mである。いえることは高尾山(599m)のように低い山でも山上という形状をもっているものがあるが、この目で実際に見たが、オリーブ山には山上というような形状をどこにも見いだし得ない山脈状態である。それ故に原語の山上という訳語は適正ではなく、オリーブ山は山というより、オリーブ畑やオリーヴ園と誰もが感じるであろう。マタイ福音書(20章36節)とマルコ福音書(14章32節)では<オリーヴ油絞り>という意味がある<ゲッセマネGethemane>と記されている。ルカ福音書(22章39節)では<オリーブ山>、ヨハネ福音書(18章1節)では単に<園>となっている。


<台本>



 このオラトリオは、キリストが十字架につけられる前夜の最後の晩餐後、数人の弟子を連れてこのゲッセマネと呼ばれるオリーブ園へ向かい、そこで祈られた。伴った弟子たちは眠ってしまうが、御子イエスは自分の任務を確認するように、御父に祈り語りかけられた。その後ユダの裏切りで捕縛される。これに向かい出る勇ましいペトロの挿話を間接的に描き、兵士たちに捕縛されるまでの短時間に起こったイエス、天使、ペトロ、兵士たちの心象風景を描くのが、このオラトリオの筋書きとなっている。第6曲の終わりでは、天使たちのこの後に起こるイエスの十字架の受難・復活を内在させて、神への栄光の合唱でオラトリオは閉じられる。

 台本歌詞はドイツ語で、フランツ・クサーファー・フーバーFranz Xaver Huber(1755-1814)が1814年ヴィーンで作成した。普通こうした教会音楽のオラトリオには聖書が直接的な引用されることが多いが、この台本は聖書箇所の直接的な引用がないのが特徴といえる。とはいえ、マタイ福音書(20章36-56節)、マルコ福音書(14章32-52節)、ルカ福音書(22章39-53節)、ヨハネ福音書(18章1-11節)を原形にして参考にしている。特に大きな展開のない題材に心理的というか登場人物たちの心の動きによるドラマとなっている。

 登場人物――イエス・キリストセラフィム=天使であるが、天使には9階級あって最上位を熾天使セラフィムSeraphimという、天使たち=最下位天使を単に天使という、ペトロ=イエスの最上位の弟子、現ローマ教皇初代でもある、弟子たち=イエスの弟子たち、兵士たち=イエスを捕獲する兵士たち



<作曲>



 明確な作曲の経緯、過程は不明とされる。シカネーダー率いるヴィーン城外のシカネーダー率いるアン・デア・ヴィーン劇場とオペラの作曲契約をした時の流れで作曲された。シカネーダーがベートーヴェンに目をつけた。ベートーヴェンはオペラ「ヴェスタの火」に取りかかるも未完となった。その代わりに生まれたのがこのオラトリオ「オリーヴ山のキリスト」であった。1803年になってシカネーダーと契約を結び、その年の3月頃に着手したとされる。かなりの速筆で完成させたといわれているが、明らかではない。。これにはベートーヴェンがウィーン楽友協会に宛てて書いた手紙(1824年付)の中で、わずか2週間で書き上げたと言及している。またこれ以外にベートーヴェンが数週間ということばも残している。

 ベートーヴェンは、1803年4月5日の演奏会で「交響曲第2番ニ長調Op.36」(1801-02年作曲)、「ピアノ協奏曲第3番ハ短調Op.37(1796-1803年作曲)と共にオラトリオ「オリ-ブ山のキリスト」は初演されたが、このことを考え合わせると1803年の3月頃にかなり集中して短期間に作曲が進められたと思われる。



<作品の特徴>


 全曲は、6曲構成である。サリエリSalieriイタリア(1750-1825)からヴィーンで学んだ装飾的なイタリア様式がみられる。このオラトリオが作曲された背景には、ハイドンの2つのオラトリオの存在があった。それは「天地創造Hob.21-2(1796年作曲、1798年初演)と「四季 Hob.Hob.21-3(1801年作曲、1801年初演)の両作品に影響された可能性は高いだろう。

 題材的としてはイエスの苦しみと選択が描かれるが、ベートーヴェンの「ハイリゲンシュタットの遺書2書(1802年10月6日と10日)における彼の死からの克服を示しているが、その後の彼の姿を示したといえる。またこの時期に「ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調Op.47」(1803年作曲)から「交響曲第2番ニ長調Op.36」(1801-02年作曲)を経て、「交響曲第3番変ホ長調Op.55・英雄」(1804年作曲)へ到達する過程で書かれた大規模な作品となった。



<初演>


 1803年4月5日アン・デア・ヴィーン劇場で初演された。作品は批判も受けたといわれるが、一般市民の支持を得たといわれている。初演での批判点は、全体の構成と台本詩に視点が向けられた。27回の公演後、1804年3月、ベートーヴェンは改訂したとされるが、1811年11月ライプツィのブライトコットプフ&ヘルテル社での出版まで改訂されていったと考えられる。その後、ヨーロッパ各地で80回以上公演されたといわれている。



<楽器・声楽構成>


 曲は序奏を含む全6曲で構成される。楽器編成は次の通り。

 
木管楽器  フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2 
金管楽器  ホルン2、トランペット2、トロンボーン3 
弦楽器  ヴァイオリン2部、ヴィオラ、チェロ、コントラバス 
打楽器  ティンパニ 
声楽独唱  ソプラノ:セラフィム、テノール:イエス、バス:ペトロ 
合唱  混声4部 




<楽曲構成>


 序奏部と6曲構成。

                                                                                                国本静三訳
序奏  グラーヴェ 変ホ短調 4/4拍子-アダージョ 6/8拍子 
第1曲 Introduktion (Grave – Adagio)
     Rezitativ und Arie (Allegro)
レチタティーヴォとアリア(イエス) アレグロ ハ短調4/4拍子 
Rezitativ(Jesus)  レチタティーヴォ(イエス)   
Jehovah, du mein Vater! O sende Trost und Kraft und Stärke mir!
Sie nahet nun, die Stunde meiner Leiden, von mir erkoren schon,
noch eh' die Welt auf dein Geheiß dem Chaos sich entwand.
Ich höre deines Seraphs Donnerstimme. Sie fordert auf,
wer statt der Menschen sich vor dein Gericht jetzt stellen will.
O Vater! Ich erschein' auf diesen Ruf.
Vermittler will ich sein,
ich büße, ich allein, der Menschen Schuld.
Wie könnte dies Ge­schlecht, aus Staub gebildet,
ein Gericht er­tragen, das mich, deinen Sohn, zu Boden drückt!
Ach sieh', wie Bangigkeit, wie Todesangst mein Herz
mit Macht ergreift!
Ich leide sehr, mein Vater! O sieh!
Ich leide sehr, erbarm' dich mein!  
わが父なる神よ! どうか私に慰めと力をお与え下さい!
あなたは、苦しみの時にはわたしの求めに従って近くにいらした。
どうかあなたのひと声で世の混沌をを鎮めてください。
わたしは天使の雷鳴のような声を聞いています。
あなたは、人間に代わって受ける裁きを命じておられる。
おお、父よ! わたしはみ旨に従います。
わたしは仲介者になりましょう。
わたしは人間の罪を償います。
ちりから創られた人間の血筋もつ
あなたの子は、地に倒されても耐えることができます。
ご覧ください。わたしの魂は悲しみで死ぬほどの苦しみが
激しく襲いかかっている!
わたしはたいへん苦しい。わたしの父よ、ご覧ください! 
たいへん苦しんでいます。わたしをあわれんでください!
Arie(Jesus)    アリア(イエス) 
Meine Seele ist erschüttert
von den Qualen, die mir dräun.
Schrecken faßt mich, und es zittert
gräßlich schaudernd mein Gebein.
Wie ein Fieberfrost ergreifet
mich die Angst beim nahen Grab,
und von meinem Antlitz träufet
statt des Schweißes Blut herab.
Vater! Tief gebeugt und kläglich
fleht dein Sohn hinauf zu dir:
Deiner Macht ist alles möglich,
nimm den Leidenskelch von mir.
Meine Seele ist erschüttert
von den Qualen, die mir dräun.
Und von meinem Antlitz träufet
statt des Schweißes Blut herab. 
わたしの魂は悲しみのあまり、
死ぬばかり。
恐怖は離れなくて震えている、
ひどい全身の苦しみで。
ひどい体の苦しみが
死への不安へと襲い、
わたしの顔から
汗のように血が落ちる。
父よ! 深く祈り、不安にくれる
あなたの子は、あなたに向かって願う。
あなたのみ力は全能です。
わたしから苦しみの杯を取り去ってください。
わたしの魂はゆれ動いている、
わたしを攻める苦しみで。
わたしの顔から
汗のように血が落ちる。  
第2曲 Rezitativ, Arie (Seraph)(Larghetto) und Chor  レチタティーヴォとアリア(セラフィム) そして合唱
アリア:ラルゲット、ト長調、3/8拍子 
合唱:アレグロ、4/4拍子-アレグロ・モルト、2/2拍子、フガート
  
Rezitativ(Seraph)  レチタティーヴォ(セラフィム) 
Erzittre, Erde! Jehovah's Sohn liegt hier, sein Antlitz tief in Staub gedrückt, vom Vater ganz verlassen, und leidet unnennbare Qual.
Der Gütige! Er ist bereit, den martervollsten Tod zu sterben, damit
die Menschen, die er liebt, vom Tode auferstehen und ewig leben!  
大地よ、震えよ! エホバの子は、塵でまみれた顔で父から完全に
捨てられ、ここに横たわる。そして名状しがたい苦悩が襲う。
いつくしみ深い父よ! 父は、愛する人間たちが拷問による全き死によって
死から復活し、永遠に生きるというお考えなのだ! 
Arie(Seraph)  アリア(セラフィム) 
Preist des Erlösers Güte,
preist, Menschen, seine Huld!
Er stirbt für euch aus Liebe,
sein Blut tilgt eure Schuld.
救い主のいつくしみをほめたたえよ、
人々よ、彼の恵み深さをほめたたえよ!
彼は愛からあなたのために命を捨てる、
彼の血はあなた方の罪を取り除きます。
Seraph und Chor der Engel  合唱(天使たちたち) 
O Heil euch, ihr Erlösten,
euch winket Seligkeit,
wenn ihr getreu in Liebe,
in Glaub' und Hoffnung seid.
Doch weh! Die frech entehren das Blut,
das für sie floß,
sie trifft der Fluch des Richters,
Verdammung ist ihr Los. 
おお、あなたがたに平安! あなた方の救い主を
至聖なる方があなたがたに示されます。
あなた方が愛を信じるならば、
信仰と希望のなかにいる。
ああ、苦しみよ! 身勝手な人たちは御血を汚す、
それはかれらのために流さた、
主の裁きはかれらに及び、
罰はそうした人々の定め。 
第3曲 Rezitativ und Duett:Adagio molto
  Rezitativ (Jesus) Rezitativ (Seraph),Duett (Jesus und Seraph)
レチタティーヴォ(イエス)(セラフィム)と二重唱(イエスとセラフィム)
二重唱:アダージョ・モルト 
Rezitativ (Jesus)  レチタティーヴォ(イエス) 
Verkündet, Seraph, mir dein Mund Erbarmen meines ew'gen Vaters?
Nimmt er des Todes Schrecknisse von mir? 
セラフィムよ、あなたのことばはわが永遠なる父の
いつくしみをいうのか?
御父はわたしから死の恐怖を取り去られるのか? 
Rezitativ (Seraph)  レチタティーヴォ(セラフィム) 
So spricht Jehovah: Eh' nicht erfüllet ist das heilige Geheimnis
der Versöhnung, so lange bleibt das menschliche Geschlecht verworfen
und beraubt des ew'gen Lebens. 
そうです。エホバは語っている。――ああ、和解の尊い奥義はまだ実現されて
いない。なぜならば、人間の罪は長く残されたままである。そして永遠の生命が
奪われたままである。―― 
Duett (Jesus und Seraph)  二重唱(イエスとセラフィム) 
Jesus:
So ruhe denn mit ganzer Schwere auf mir, mein Vater, dein Gericht.
Gieß über mich den Strom der Leiden, nur zürne Adams Kindern nicht!

Seraph:
Erschüttert seh' ich den Erhabnen in Todesleiden eingehüllt.
Ich bebe, und mich selbst umwehen die Grabesschauer, die er fühlt.

Jesus, Seraph:
Groß sind die Qual, die Angst, die Schrecken, die Gottes Hand auf
mich/ihn ergießt,
doch größer noch ist meine/seine Liebe, mit der mein/sein Herz die Welt umschließt. 
イエス:
そうです、わたしの父よ。あなたの審判は、
すべての重さとともにわたしの上にあります。
苦しみの大河の流れをわが上に注いでください、
アダムの子孫たちにだけではなく!

セラフィム:
わたしは、彼が死の苦しみに包まれた衝撃を受けるのを見る。わたしは戦慄する。
そして暗黒のにわか雨が、わたしを吹き倒すのに気づく。

イエス、セラフィム:
恐怖、痛み、恐れは大きい。神の御手はわが(セラフィム:彼の)上に注ぐ。
それでもわが(彼の)愛は今もなお大きく、わが(彼の)心に世界はが包まれている。
第4曲 Rezitativ und Chor (Alla marcia) レチタティーヴォ(イエス、セラフィム)と合唱
合唱:行進曲風ハ長調、4/4拍子
 
Rezitativ (Jesus)  レチタティーヴォ(イエス) 
Willkommen, Tod, den ich am Kreuze
zum Heil der Menschheit blutend sterbe!
O seid in eurer kühlen Gruft gesegnet,
die ein ew'ger Schlaf in seinen Armen hält,
ihr werdet froh zur Seligkeit erwachen! 
来たれ、死よ。わたしは人間の救いのため
十字架で血を流して死ぬ!
おお、われわれの冷たい墓の死は、で祝福されよ。
永遠の眠りが、死から救い出して守ってくれる。
死は、至福に至り喜びの中で目覚める! 
Chor der Krieger  兵士の合唱(兵士たち) 
Wir haben ihn gesehen
nach diesem Berge gehen,
entfliehen kann er nicht,
sein wartet das Gericht. 
われわれは見た、
山へ向かって行くイエスを。
かれは逃げることはできない、
裁きが待っているからだ。
第5曲 Rezitativ (Tempo della Marcia) und Chor (Allegro molto)  レチタティーヴォ(イエスと合唱(兵士、弟子
合唱:アレグロ・モルト、ニ長調、4/4拍子
 
Rezitativ (Jesus)  レチタティーヴォ(イエス) 
Die mich zu fangen ausgezogen sind, sie nahen nun. Mein Vater!
O führ' in schnellem Flug der Leiden Stunden an mir vorüber, daß sie
fliehn, rasch, wie die Wolken, die ein Sturmwind treibt, an deinen
Himmeln ziehn. Doch nicht mein Wille, nein, dein Wille nur geschehe. 
兵士たちは捕えるためにわたしに近づく。
おお、わが父よ! おお、苦しみの時からすぐわたしを引き出してください。
苦しみの時は雲や暴風が追い立てるように、あなたの天に引きつけられるように
早く過ぎていくる。でも、わたしの思いではなく、み旨のままに行われますように。
Chor der Krieger  兵士の合唱(兵士たち) 
Hier ist er, der Verbannte,
der sich im Volke kühn
der Juden König nannte,
ergreift und bindet ihn! 
ここに追放された者がいる、
民衆の中で勇猛だった。
ユダヤ人の王といった
かれを捕らえ、縛ろう! 
Chor der Jünger  弟子の合唱(弟子たち) 
Was soll der Lärm bedeuten?
Es ist um uns geschehn!
Umringt von rauhen Kriegern,
wie wird es uns ergehn?
Erbarmen, ach, Erbarmen!
Es ist um uns geschehn! 
このもの音はなんだろう?
わたしたちに起こっていることなのです!
それは荒くれた兵士に囲まれ、
どうわたしたちに告げられるのか?
あわれみください。ああ、あわれみください。
わたしたちに起こっていることなのです! 
第6曲 Rezitativ, Terzett und Chor (Allegro ma non troppo),
     Schlusschor (Maestoso – Allegro)
 
レチタティーヴォ(ペトロ、イエスと合唱(兵士、弟子
三重唱:ペトロ、イエス、セラフィム
合唱:アレグロ・マ・ノン・トロッポ、変ロ長調、4/4拍子
終曲合唱:マエストーソ、ハ長調、4/4/拍子-フガート、アレグロ、2/2拍子
Rezitativ (Petrus) レチタティーヴォ(ペトロ) 
Nicht ungestraft soll der Verweg'nen Schar dich Herrlichen, dich,
meinen Freund und Meister,
mit frecher Hand ergreifen. 
無謀な兵士たちが、尊いあなたを捕らえようとしている。荒々しい手でわが友、
わが師であるあなたを捕らえるのか。 
Rezitativ (Jesus)  レチタティーヴォ(イエス) 
O laß dein Schwert in seiner Scheide ruhn! Wenn es der Wille meines
Vaters wäre, aus der Gewalt der Feinde mich zu retten, so würden
Legionen Engel bereit zu meiner Rettung sein. 
おお、剣をもとに収めなさい! わたしを敵の力から救うのがわが父が望めば、
天使の十二軍団を私の救出のために備えるであろう。 
Terzett  三重唱(ペトロ、イエス、セラフィム) 
Petrus:
In meinen Adern wühlen gerechter Zorn und Wut.
Laß meine Rache kühlen in der Verweg'nen Blut!

Jesus:
Du sollst nicht Rache üben! Ich lehrt' euch bloß allein,
die Menschen alle lieben, dem Feinde gern verzeihn!

Seraph:
Merk' auf, o Mensch, und höre: Nur eines Gottes Mund
macht solche heil'ge Lehre der Nächstenliebe kund.

Seraph, Jesus, Petrus:
O Menschenkinder, fasset dies heilige Gebot:
Liebt jenen, der euch hasset, nur so gefallt ihr Gott! 
ペトロ:
わが血の中の正義の怒りと憤怒が心を乱す。
向こう見ずな血のわが復讐心を冷やせ!


イエス:

復讐心をもってはいけない! あなたたちに、ただただすべての人を愛し、
敵をゆるせ、とわたしは教える。

セラフィン:
おお人よ、注意して聞きなさい。――神のただ一つの尊い教えは、
隣人愛のおきてを行うことです。――

セラフィン、イエス、ペトロ:
おお、神の子よ、尊い掟を教えられる。あなたがたを憎む人をも愛せよ。
あなたの神はただただこのように己を低くされる!
Chor der Krieger  兵士の合唱(兵士たち)   
Auf, auf! Ergreifet den Verräter,
weilet hier nun länger nicht.
Fort jetzt mit dem Missetäter,
schleppt ihn schleunig vor Gericht! 
さあ! 反逆者を捕らえよ。
今ここでためらってはいけない。
今、謀りごとをする者を連れ出し、
彼をすぐ裁きに引っぱって行け! 
Chor der Jünger  弟子の合唱(弟子たち)  
Ach! Wir werden seinetwegen
auch gehaßt, verfolget sein.
Man wird uns in Bande legen
martern und dem Tode weihn. 
ああ! わたしたちはイエスと
同じく憎まれ、追われるだろう。
人は、わたしたちを彼の仲間とし、
迫害し、死に導くでしょう。 
Jesus  イエス 
Meine Qual ist bald verschwunden,
der Erlösung Werk vollbracht,
bald ist gänzlich überwunden
und besiegt der Hölle Macht! 
わが苦しみはすぐ消えた。
救いの業は成し遂げられた。
もうすぐ完全に乗り越え、
よみの力に打ち勝つ!
Chor der Engel  天使の合唱(天使たち)  
Welten singen Dank und Ehre
dem erhab'nen Gottessohn.
Preiset ihn, ihr Engelchöre,
laut im heil'gen Jubelton!
世界は感謝と栄光を歌おう
尊い神の子に。
天使の群れは、神の子をほめよ。
聖なる歓呼を響かせ! 


2020

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表