制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2007年1月記


DVD TDBA-0122

ロッシーニ オペラ「モーセとファラオ」


リッカルド・ムーティ指揮  ルカ・ロンコーニ演出
ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団

モーセ
ファラオ
アメノフィス
アナイ
シナイーデ
オシリスの神官
イルダール・アブドラザコフ(Bs)
エルヴィン・シュロット(Br)
ジュゼッペ・フィリアノーティ(T)
バルバラ・フリットーリ(S)
ソーニャ・ガナッシ(Ms)
ジョルジョ・ジュゼッピーニ(Bs)

収録:2003/12/21スカラ座  発売:2006/9/21



海を渡るモーセ!


 ロッシーニのオペラは改作を含めると38作もある。このフランス・オペラ「モーセとファラオ」は、1827年にパリで初演された。1818年にナポリで初演されたイタリア・オペラ「エジプトのモーゼ」の改作である。これによって言語をイタリア語からフランス語へ、3幕から4幕にと台本も音楽もかなり改編された。ロッシーニは1824年にパリに活動の場を移していたが、この作品でも大当たりを取る。

 このオペラは、軽妙なオペラ・ブッファが得意だったロッシーニのオペラ・セーリアである。これはローッシーニの幅の広さ、スケールの大きさを示すものである。また人という者は色んな顔をもっているものである。どちらが本当の顔?って問いたくなる時もある。真の賢者はこれを判定できる人と言えるかもしれない。
 この旧約聖書の出エジプト記を題材にしたモーセの話はあまりに有名。ユダヤ教徒にとってもキリスト教徒にとってもとても重要な内容である。ロッシーニのここでの音楽は真に壮大、そして表現豊かなロッシーニの管弦楽書法は驚きである。第4幕のフィナーレは海が割れ、堂々とモーセはイスラエルの民を引き連れて紅海を渡り、彼らを追うエジプトの兵士たちは一瞬にして波間に飲み込まれてしまう! そしてただただ静謐な管弦楽が後奏として響き、静かにそっと幕が閉じられる。いいねっ!(^^)



ロッシーニ /ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ ロッシーニ       
エッセー目次⇒T



音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表