制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2017年3月記 


CD=Blu-spec(BSCD2) CD2  *通常のCDプレヤーで再生可能

モーツァルト 
オペラ「ドン・ジョヴァンニ」

テオドール・クルレンツィス指揮

ムジカエテルナ

ドン・ジョヴァンニ
レポレッロ
騎士長
ドンナ・アンナ
ドン・オッターヴィオ
ドンナ・エルヴィーラ
マゼット
ツェルリーナ
デミトリス・ティリアコス(Br)
ヴィート・ブリアンテ(Br)
ミカ・カレス(BS)
ミルト・ババタナシュ(S)
ケネス・ターヴァー(T)
カリーナ・ガウヴィン(S)
グィード・ロコンソロ(Br)
クリスティーナ・ガンシュ(S)

録音:2015/11/23-12/7ロシア、ペルミ  発売:2016/11/9




悔い改めない男?!



 一般にオペラの題材をみると、勧善懲悪の教育的物語が多いかもしれない。しかしそうではないオペラもある。悪人(?)が最後まで回心しないものである。この現実の世界の一面――ダーティーな世界の真実――を、描いたものともいえる。

 さて、モーツァルのオペラ「ドン・ジョヴァンニK.527」の主人公ドン・ジョヴァンニは大放蕩児である。女性遍歴をくり返す。真摯な愛は彼には無縁であった。2幕構成のこのオペラの最後では悔い改めを迫られても拒否し、地獄の業火が吹き上がる地獄に落ちして行くところが第2幕第15場で描かれる。しかし、このオペラはこれで終わるのではなかった。つまり第2幕第16場がフィナーレとなっている。ドン・ジョヴァンニに深く関わり合った6人の男女の六重唱の場面である。各自の思いがそれぞれに歌われる古典的なオペラ書法が展開される。その一人エルヴィーラはジョヴァンニに誘惑され、婚約までするが捨てられてしまった女性であった。それでも彼女はずっと彼の回心を願い、尽力してきた。彼のために祈り、彼の亡き後のこの場面で修道院に入るとまで語る。第2幕第16場はこのオペラの頂点であり、モーツァルトの音楽の炸裂となる。

 考えてみれば人間のこうした救いに関わる問題は、究極的には人間には計り知れないことである。そう、地獄に落ちる直前の直前に人は回心するかも。そう願っている筆者であるが。モーツァルトはいわゆる常識的思考を打破しようとする思いが、台本の語句を越えた音楽で表現した。もちろん音楽に具象性はないが、われわれは音楽によって神秘の深みを味わうことができる、と考えているが。

  モーツァルトのオペラ作曲は、11歳から始まった。少年モーツァルトは男女の機微のドラマを、どのように捉えていたのであろう。6歳から始めた演奏旅行で得た社会体験によるものであったのだろうか。そして青年期に3つの名作フィガロの結婚ドン・ジョヴァンニコジ・ファン・トゥッテが生まれ、偉大なモーツァルトのイタリア・オペラの時期(1785-90年)が、開花したのであった。またこの3つは鬼才ダ・ポンテによる台本によるもので、絶妙なコンビネーションを示している。



モーツァルト /古典派の概念 古典派の音楽オペラ「ドン・ジョヴァンニ」 モーツァルト
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表