制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2006年1月記 


DVD TDBA−0091 

モーツァルト 
オペラ「ドン・ジョヴァンニ」

リッカルド・ムーティ指揮  ロベルト・デ・シモーネ演出
ウィーン国立歌劇場管弦楽団・合唱団

ドン・ジョヴァンニ
ドンナ・アンナ
ドンナ・エルヴィラ
ツェルリーナ
騎士長
ドン・オッターヴィオ
レポレッロ
マゼット
カルロス・アルヴァレス(Br)
アドリアンヌ・ピエチョンカ(S)
アンナ・カテリーナ・アントナッチ(S)
アンジェリカ・キルヒシュラーガー(Ms)
フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ(BS)
ミヒャエル・シャーデ(T)
イルデブランド・ダルカンジェロ(Bs-Br)
ロレンツォ・ラガッツォ(Bs)

収録:1999/6/26・27ヴィーン国立歌劇場  発売:2005/11/23




モーツァルト生誕250年「ドン・ジョヴァンニ」は恐怖オペラ?


 モーツァルトのオペラ作曲は、11歳から始まった。考えてみればオペラは、たいへん大人っぽい題材が多い。少年モーツァルトは男女の機微のドラマを、どのように捉えていたのであろうね。6歳から始めた演奏旅行で得た社会体験によるものであったのだろうか。それらが頂点に達するのが、3つの名作フィガロの結婚ドン・ジョヴァンニコジ・ファン・トゥッテである。偉大なモーツァルトのイタリア・オペラの時期(1785-90年)が、開花したのであった。いずれもきわどい大人の愛が題材である。「ドン・ジョヴァンニ」のドン・フアン物語については、かのベートーヴェンも生涯モーツァルトに尊敬を捧げることには吝かではなかったが、こんな内容にエネルギーを使うモーツァルトが信じられなかったという。軽薄な色事師物語を作曲するなんて、と思ったのであろうか。

 しかし、ダ・ポンテによる台本は、一味違っている。最後はこの懲りない反省のない主人公は、地獄に落とされてしまうのだ。終幕フィナーレの地獄落ちへのプロセスを示す音楽はおもしろい。そして残された人々が登場して、オペラ冥利に尽きる六重唱の大展開となる。それぞれのドン・ジョヴァンニへの思いが表現される。といっても凡庸な道徳物語とはなっていない。序曲も魅力的でいい。



モーツァルト /古典派の概念 古典派の音楽オペラ「ドン・ジョヴァンニ」 モーツァルト
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表