制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2004年4月記


CD UCCD-3261

モンテヴェルディ 「マドリガーレ集」

 コンソート・オブ・ミュージック
 アントニー・ルーリー:ディレクター&キタローネ

 @ 第4巻(1605年出版)より
   a. ああ、つらい別れ
   b. 星に対して彼は打ち明けた
   c. あなたは私の心の人ですから
   d. この輝く目の一瞥で
   e. ああ、もしあなたが「ああ」という言葉を聞いて
   f. とても甘美に歌うあの小鳥は
   g. こうして死にたいものだ

 A 第5巻(1605年出版)より
   a. つれないアマリッリ
   b. ああ、ミルティッロ
   c. 私の魂は 
   d. けれどもあなたは、前より無情で
   e. ああ、麗しい太陽に向かうように
   f. あなたを愛してます、私の生命よ

 
B 第7巻(1619年)より
   a. 何と甘美に
   b. 私はリラを奏で
   c. 金色の髪よ

 
C 第8巻(1638年出版)より
      恋する者はみな戦士だ


録音:1985年  発売:2004/2/25



シェークスピアと同時代の作曲家



 モンテヴェルディ
イタリア(1567-1643)ルネサンスの末期とバロックの初期を生き、そしてこの2つの時代の特徴をあますことなく発揮した作品を作った。どちらの時代からみてもその様式を活かし、すぐれた作品を残した希有な作曲家である。というのは2つの時代に生きた芸術家の場合、いずれか片方の時代の様式に属すか、両方の時代様式にも秀でた例は少ないからである。これとは反対に、ルネサンス期の音楽分野であったマドリガーレをモンテヴェルディはバロックに入ってもマドリガーレを作曲し続け、バロック音楽としてのマドリガーレを世に示した。このこともたいへん興味深い点である。

 彼と同時期にして質的に似た芸術家をあげるとすれば、
シェークスピア
イギリス(1564-1616)だろうか。この2人の芸術家の劇的表現と情感あふれる描写は出色したものである。しかし、過剰な表現に行くことはない。また個性的であるのに、純度の高い理知的な芸術の世界が展開されている。普遍的な面が深層的に感じられ、すぐれた構成力に基づいた作品群である。また両者とも、その奥底にキリスト教がある。しかし、凡庸な宗教的主張は全くなく、時として神不在、神否定かと凡人には見間違うような、ぎりぎりの表現法を用いさえする。さらに凡庸な信仰者には強過ぎる衝撃を与えてしまう。だがその表現目的は、すべて神存在の肯定のためであり、真善美である創造者の姿を炙り出すことにあったと、筆者は考える。



モンテヴェルディ ルネサンスの概念 ルネサンスの音楽 多声音楽の黄金期 ルネサンス年表/ バロックの概念 バロックの音楽像 バロック年表/ モンテヴェルディ
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表