制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2007年11月記


DVD TDBA3022

モンテヴェルディ 
オペラ「オルフェオ」

ジャン=クロード・マルゴワール指揮
ジャン=クロード・マルゴワール、ジャッキー・ロテン演出
王室大厩舎・王宮付楽団

オルフェオ
エウリディーチェ
使者
希望

カロンテ
プロセルピーナ
プルトーネ
アポロ
コピー・ヴァン・レンスブルク(T)
シリル・ジェルスタンハーバー(S)
エステル・カイク(S)
フィリップ・ジャルースキ(C-T)
ルノー・ドレーグ(Bs)
デルフィーヌ・ジロ(S)
ベルナー・ドゥレトレ(Bs)
フィリップ・ラビエ(Bs-Br)

収録:2004/10フランス、トゥルコワン市立劇場  
発売:2007/9/27



音楽は大地にばらまかれた存在!


 1600年少し前に誕生したオペラは、もっぱらギリシャ神話を題材としていた。美術の世界で言うとルネサンスやバロック―― 教会美術と世俗美術に二分できた――では、 教会美術は聖書や神学的テーマを題材とし、世俗美術はギリシャ神話を扱っていた。バロックの教会音楽は典礼やキリスト教的題材を音楽にし、世俗音楽はギリシャ神話を題材にしたオペラが中心であった。

 さて、イタリアの作曲家モンテヴェルディ(1567-1643)はオペラ誕生直後の試行錯誤していた時期に、ビシッときまったオペラ「オルフェオ」をオペラ界に打って出たのであった。アポロとムーサ=ミューズの子オルフェオの物語であった。妻エウリディーチェを亡くした夫オルフェオが冥界から妻を連れ出す話である。その条件は地上に出るまで妻の顔を見てはならぬということだった。だがだが、ついに恋い焦がれて見てしまう! いい寄るトラキアの美女たちを無視し、二度と戻らぬ妻のみを思い続けた。何ということであろう、トラキア美女軍団は怒り狂い、何の罪もないオルフェオをバラバラに引き裂き、粉々にした体をトラキアの野にばらまいてしまう。音楽の神の一人であるオルフェオは、大地にばらまかれてしまったのである。この物語を思い出す毎に、筆者は、音楽芸術は大地にばらまかれた存在であると、つくづくしみじみ筆者は思い噛みしめるのである。モンテヴェルディは、この物語をみごとに舞台で具現した。



モンテヴェルディ オペラの金字塔 ミューズはミュージックのはじまり/ バロックの概念 バロックの音楽像 バロック年表/ モンテヴェルディ
エッセー目次⇒T


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表