制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2004年12月記


CD KKCC4409〜10

ベルリオーズ オラトリオ「キリストの幼時」

ロジャー・ノリントン指揮
シュトゥットガルト放送交響楽団・放送声楽アンサンブル

クリスティアーネ・エルツェ(S:マリア)
クリストファー・マルトマン
(B::ヨゼフ)
マーク・パドモア
(T:語り手)
ラルフ・ルーカス
(Bs-B::ヘロデ)
ミハイル・ニキフォロフ
(Bs:家長)
ベルンハルト・ハルトマン
(Bs:ポリュドールス)
フランク・ボセール(T:百人隊長)

録音:2002/9/27  発売:2004/10/27



イエス誕生直後の出来事


 2000年前のイエスの誕生とすぐその身のまわりに起こる複雑な出来事を、聖書は淡々と記している。ユダヤの王と称される救い主の到来を恐れたヘロデ王は、全ユダヤの男の幼児を虐殺した。そして幼子イエスを伴ってマリアとヨセフが虐殺を逃れてエジプトへ向かう旅が記されている。福音書の簡潔な表現が多くの人々の想像力をふくらませてきた。とくにこれらの場面を描いた泰西の名画が多数残されている。

 19世紀フランスのベルリオーズ(1803-69)が、この題材で音楽を書いても不思議はない。誰もが描きたい題材であろう。ベルリオーズはどちらかというと肉厚的な音楽を書いた印象がある。しかし、この作品はどちらかというと油絵に対してフレスコ画でもみるような印象を受ける。オラトリオオペラと同じくバロック時代とともに誕生した。聖書の物語を分かりやすく説明する啓蒙的な要素が、オラトリオには元よりあった。この作品ではヘロデの嬰児虐殺、そしてイエスのエジプトへの逃避行とサイスの町での滞在までが描かれる。生まれてすぐに襲ったこれらの出来事は、キリストの多難な生涯の幕開けに過ぎなかったのであるが。



ベルリオーズ ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表 ベルリオーズ
エッセー目次


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表