制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2020年6月記b


CD 83501(Carus)

ベートーヴェン 「ミサ・ソレムニス ニ長調 Op.123」

フリーダー・ベルニウス指揮
ホフカペレ・シュトゥットガルト
 シュトゥットガルト室内合唱団

ヨハンナ・ヴィンケル (S)
ソフィー・ハームセン(A)
セバスティアン・コールヘップ (T)
アルトットゥ・カタヤ(Bs)

 
録音:2018/10/16-17 ドイツ、グラーツ、アルピルスバッハ修道院聖堂  発売:2019/5/23



生誕250年ベートーヴェンの創作力


 
今年生誕250年を迎えるベートーヴェンBeethovenドイツ(1770-1827)の大曲ではなんといっても筆者一押しは、荘厳ミサ曲Missa solemnisニ長調Op.123」である。これを作曲中(1819年4月初旬-23年3月作曲)に、「交響曲第9番(1822年12月-24年2月中旬作曲)の構想――声楽と管弦楽よる編成――が生まれたようである。「交響曲第9番」は「荘厳ミサ曲」の1年後に完成される。双璧の大作2曲が重なり合い、たいへん興味深い創作過程を示すこととなった。

 この頃ベートーヴェンの苦しませるできごと――甥カールの後見人として、1819年甥(12-13歳)の実母と裁判闘争題がくり返され、難聴、病気、精神的苦悩が重なる。その夏は「荘厳ミサ曲」の作曲に没頭するが、彼の頭の中にあったのは甥カールの訴訟や、反動で荒れ狂うドイツのことで、彼は公然と共和主義者を誇り、ナポレオンがもう一度戻ってきて貴族や王族たちを一掃してしまうことを熱望していたという。

 ベートーヴェンの唯一の作曲の弟子また友人、パトロンの一人であったルドルフ大公&司教(神聖ローマ皇帝レオポルトUの末子で大公位を持つ司教)が、1819年に枢機卿にさらにオロモウツ(オルミュッツ)大司教に選出され、大司教着座式のために作曲中の「荘厳ミサ曲」を献呈することを思い立つが、1820年3月9日の着座式には間に合わない。1820年に入っても甥カールの訴訟問題が残るが、7月24日に決着。1821年2月末までリューマチ熱で寝たり起きたりの生活で、作曲のできる状態ではなかった。医師のすすめで初夏はウンターデーブリングへ、9月にはバーデンに移り療養。10月末までバーデンに滞在し、「荘厳ミサ曲」の作曲を続けた。

 1822年、「荘厳ミサ曲」の未完成段階で5つの出版社と売り込み合戦を展開。1823年にヨーロッパの主な宮廷などに予約頒布の形が取られ、1824年には全く別の出版社マインツのショット社に売ることに決めた。1822年5月末にベートーヴェンはオーバーデーブリングに移り、この頃、不和であった下の弟ヨーハンと仲直りをし、秘書まで務めて貰らうことになった。秋には「荘厳ミサ曲」の完成が近づき、1822年12月からやっと「第九」(1822年12月-24年2月中旬作曲)を取りかかった。やっと「荘厳ミサ曲」(1819年4月初旬-23年3月作曲)を完成。4年間かかった「荘厳ミサ曲」は、1823年3月19日にルドルフ大公・大司教に持参し、無事献呈。そして初演は1824年4月7日ロシア、サンクトペテルブルクで行われた。

 こうしてたいへんな力作となった。多くの苦悩からの産物となったこの大作を、この生誕250年の年に聴くのはたいへん意味あることと思う。ぜひ聴いて下さい。



ベートーヴェン 古典派の概念 古典派の音楽 古典派年表典礼からみたミサの種類/ ベートーヴェン
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表