制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1995年4月記


CD SRCR-9760

ハイドンL・モーツアルトフンメル トランペット協奏曲」
ファッシュ 「トランペットと二つのオーボエのための協奏曲

レパード指揮
イギリス室内管弦楽団

マルサス(tp)



天の響き、トランペット!


 トランペットの響きは五月の青空を突き抜くと言えば、ちょっとと大げさな表現だろうか。聖書には最後の審判の時にラッパがとどろきわたると表現されている。気高く、力強い音色はうってつけであろう。多くのレクイエムの“怒りの日”で鳴り響くのも、もっともと納得される。他にトランペットが大活躍する有名な作品を挙げると、ヘンデルの「メサイア」の“ハレルヤ合唱”、ヴェルディの「アイーダ」の“凱旋行進曲”と枚挙の暇がない。

 だが、独奏曲となるとそう多くない。その中でもハイドンレオポルト・モーツアルトフンメルによる3トランペット協奏曲は、たいへん有名である。それゆえトランペット三大協奏曲ともいわれる。これらの作曲家は古典派時代(1750-1820)の人で、L.モーツアルトモーツアルトの父親レオポルトである。彼は息子モーツアルトのよき師だった。作曲、オルガン、ピアノやヴァイオリン等、さらにラテン語、イタリア語、英語やフランス語等も教えた。学校に行った形跡のないモーツアルトのすべての教育を、自宅と旅の空で行った。フンメルはドイツ人だが、モーツアルトからピアノを学んでいる。ファッシュは一般には知られていない人だが、ドイツ・バロックの作曲家である。バッハヘンデル、テレマンと同時代であった。



ハイドン L.モーツルト フンメル ハイドン 
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表