制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表



「ドイツ語レクイエム Ein deutches Requiem Op.45


 ヨハネス・ブラームスJohannes Brahmsドイツ(1833-97)




<作曲の経緯>


 ブラームスBrahmsドイツ(1833-97)
の音楽は、穏やかで渋い味わいがいい。6歳の時からコントラバス奏者の父からヴァイオリンを教わり、10歳で作曲理論とピアノの教育を受けた。驚くべきことに13歳から家計を助けるために小さな楽団に加わり、レストランや居酒屋でピアノを演奏したという。この経験は彼に悪影響を与えず、よい結果をもたらしたように筆者には思える。彼の音楽には人を気遣うようなやさしさとあたたかさがあり、この苦労があってこそ得られたものかもしれない。

 さて、「ドイツ語レクイエムOp.45」の構想は、敬愛するシューマンSchumannドイツ(1810-56)(1856年)を契機に、1857年頃から徐々に育まれていったと言ってよいだろう。シューマンは後輩ブラームスをあたたかく支援した恩人であったからである。後に第2曲のための音素材になる草稿=スケッチをこの頃書き始めている。これがサラバンド風の性格をもっていたので、最初「2台のピアノのためのソナタ」のスケルツォ楽章にしようとし、次にこれを使って交響曲にしようかとも考えた。実際には「ピアノ協奏曲第1番ニ短調Op.15」(1854-58年)の中で用いられた。

 1859年にこの草稿を人は皆、草のようで(ペトロの手紙一:1・24-25というテキストに結びついた合唱作品にしようと考え始める。これが決定的になるのは、1865年母の死に遭遇した時である。この時やっと「ドイツ語レクイエム」という構想を具体的に固めた。すでに第1曲第4曲を完成していた。この第2曲として「人は皆、草のようで」を当てることを考えた。これはほぼ仕上がっていた。

 1867年にこの3つの楽章試演をヴィーン楽友協会で行ったが、大失敗終わった。聴衆の罵声も浴びたという。それでもブラームスはあきらめることも挫折することもなく、6曲構成「ドイツ語レクイエム」を完成し(現行版の第5曲を欠いたもの)、これを1868年4月10日、ブレーメンでブラームス自らの指揮で演奏し、大成功を収めた。これによって36歳の誕生日を目前にしたブラームスは、ドイツ屈指の作曲家としての地位を確立した。その後、第5曲が作曲され、ついに1869年2月18日、ライプツィヒでゲヴァントハウス管弦楽団によって7曲構成完成版初演が行われた。ブラームスという人はなんと忍耐強いのだろうか。完成までになんとと10年以上かかったのである1857-68年

 ブラームスがこの作品に付けた文言を直訳すれば「ドイツ語のレクイエムEin deutches Requiem」となる。しかし、カトリック教会における死者のためのミサ=レクイエムではない。死者のためのミサ典礼式文を用いてはいないからである。ブラームスはルター派に属する人であり、ルター派でもミサは行われるが、ブラームスはミサ曲としては想定していない。歌詞は旧約新約 聖書(ルター訳ドイツ語)からとられている。テキストの選択やその構成はブラームスの考えによっており、彼の信仰観や死生観が推し量られる興味深い作品となっている。この曲は我々を強く祈りへ誘い、死について考えさせ、死について瞑想することを鼓舞する。また教派を越えて普遍的なものを感じさせる作品でもある。第7曲「主に結ばれて死ぬ人々は幸いである」“今から後、主に結ばれて死ぬ人は幸いである。霊も言う。然り。彼らは労苦を解かれて、安らぎを得る。その行いが報われるからである。”(黙示録14・13) まことによい文言が選ばれているではないか。


* 「ドイツ・レクイエム」と日本では一般的だが、原題Ein deutches Requiemは「ドイツ語レクイエム」を意味する。




「ドイツ語レクイエムOp.45」の構成>

第1曲  合唱ヘ長調
第2曲 合唱:変ロ短調、変ロ長調
第3曲 バリトン独唱と合唱ニ短調、ニ長調
第4曲 合唱変ホ長調
第5曲 ソプラノ独唱と合唱ト長調
第6曲 バリトン独唱と合唱ハ短調、ハ長調
第7曲 合唱ヘ長調




<「ドイツ語レクイエムOp.45」のテキスト>

          
☆訳文は新共同訳聖書を使用。ドイツ文と日本文の語順・行順は一致していない。ルター訳も今から見れば過去のものになっている。聖書学の動きはより前進もした。


T Selig sind, die da Leid tragen 第1曲 悲しむ人々は、幸いである
Selig sind, die da Leid tragen,
 denn sie sollen getröstet werden.

Die mit Tränen säen,
 werden mit Freuden ernten.

Sie gehen hin und weinen
 und tragen edlen Samen,
und kommen mit Freuden
 und bringen ihre Garben.
悲しむ人々は、幸いである。
 
その人たちは慰められる。
(マタイ5・4) 

涙と共に種を蒔く人は
  種の袋を背負い、
泣きながら出て行った人は
  束ねた穂を背負い
喜びの歌を
  歌いながら帰ってくる。
 詩編126・5-6
U Denn alles Fleisch ist wie Gras  第2曲 人は皆、草のようで
Denn alles Fleisch ist wie Gras
 und alle Herrlichkeit des Menshen
 wie des Grases Blumen.
Das Gras ist verdorret
 und die Blume abgefallen.

So seid nun geduldig, lieben Brüder,
 bis auf die Zukünft des Herrn.
Siehe, ein Ackermann wartet auf
 die köstliche Frucht der Erde
 und ist geduldig darüber,
 bis er empfahe den Morgenregen
 und Abendregen.

Denn alles Fleisch ist wie Gras
 und alle Herrlichkeit des Menschen
 wie des Grases Blumen.
Das Gras ist verdorret
 und die Blume abgefallen.
Aber des Herrn Wort bleibet in Ewigkeit.

Die Erlöseten des Herrn
 werden wieder kommen,
 und gen Zion kommen mit Jauchzen;
ewige Freude wird uber ihrem Haupte sein;
Freude und Wonne werden sie ergreifen,
 und Schmerz und Seufzen wird weg müssen.
人は皆、草のようで
 その華やかさはすべて、
 草の花のようだ。
草は枯れ、
 花は散る。 (ペトロ1:1・24)

兄弟たち、主が来られるときまで
 忍耐しなさい。
農夫は
 秋の雨と春の雨が降るまで
 忍耐しながら、
 大地の尊い実りを
 待つのです。 (ヤコブ5・7)

人は皆、草のようで
 その華やかさはすべて、
 草の花のようだ。
草は枯れ、
 花は散る。
しかし、主の言葉は永遠に変わることがない。 (ペトロ1:1・24-25)

主に贖われた人々は
 帰ってくる。
 とこしえの喜びを
先頭に立てて 喜び歌いつつ
喜びと楽しみが彼らを迎えシオンに帰り着く。
 嘆きと悲しみは逃げ去る。 (イザヤ35・10)
V Herr, lehre doch mich 第3曲 教えて下さい、主よ
Herr, lehre doch mich,
 das ein Ende mit mir haben muss,
 und mein Leben ein Ziel hat,
  und ich davon muss.

Siehe, meine Tage sind
 einer Hand breit vor dir,
 und mein Leben ist wie nichts vor dir.

Ach wie gar nichts sind alle Menschen,
 die doch so sicher leben.
Sie gehen daher wie ein Schemen,
 und machen ihnen viel vergebliche Unruhe;

sie sammeln und wissen nicht
 wer es kriegen wird.
Nun Herr, wes soll ich mich trosten?
Ich hoffe auf dich.

Der Gerechten Seelen sind in Gottes
  Hand und keine Qual ruhret sie an.
教えてください、主よ、
 私の行く末を
 いかにわたしがはかないものか、
 悟るように。

ご覧下さい。与えられたこの生涯は、
 僅か、手の幅ほどのもの。
 御前には、この人生も 無に等しいのです。

ああ、人は確かに立っているようでも、
 すべて空しいもの。
ああ、人はただ影のように移ろうもの。
 ああ、人は空しくあくせくし

だれの手に渡るとも知らずに
  積み上げる。
主よ、それなら、何に望みをかけたらよいのでしょう。
私はあなたを待ちます。 (詩編39・5-7

神に従う人の魂は神の手で守られ
 もはやいかなる責め苦も
受けることはない。 (知恵3・1
W Wie lieblich sind deine Wohnungen,
  Herr Zebaoth!
第4曲 万軍の主よ、あなたのいますところは
   どれほど愛されていることでしょう
Wie lieblich sind deine Wohnungen,
 Herr Zebaoth!
Meine Seele verlanget und sehnet sich
 nach den Vorhöfen des Herrn;
mein Leib und Seele freuen sich 
 in dem lebendigen Gott.
Wohl denen, die in deinem Hause wohnen,
 die loben dich immerdar.
万軍の主よ、あなたのいますところは
 どれほど愛されていることでしょう。
私の魂は絶え入りそうです。
 命の神に向かって、
私の身も心も叫びます
 いかに幸いなことでしょう
あなたの家に住むことができるなら
 まして、あなたを賛美することができるなら。 (詩編84・2,3,5
X  Ihr habt nun Traurigkeit 第5曲 今はあなたがたも、悲しんでいる
Ihr habt nun Traurigkeit;
aber ich will euch wieder sehen,
  und euer Herz soll sich freuen, 
  und eure Freude soll niemand
  von euch nehmen.

Sehet mich an:
Ich habe eine kleine Zeit Mühe
 und Arbeit gehabt und habe
 grosen Trost funden.

Ich will euch trösten,
 wie einen seine Mutter tröstet.
今はあなたがたも、悲しんでいる。
しかし、私は再びあなたがたと会い、
 あなたがたは心から喜ぶことになる。
 その喜びをあなたがたから
 奪い去るものはいない。 (ヨハネ16・22)

目を開いて見よ。
わずかな努力で
 私が多くの安らぎを
 見出したことを。 
(シラ51・27

母がその子を慰めるように
 わたしはあなたたちを慰める。 (イザヤ66・13

Y  Denn wir haben die 
  keine bleibende Statt

第6曲 わたしたちはこの地上に永続する都を
   持っておらず
Denn wir haben
 die keine bleibende Statt,
 sondern die Zuküftige suchen wir.

Siehe, ich sage euch ein Geheimnis:
Wir werden nicht alle entschlafen, 
wir werden aber alle verwandelt werden;
und dasselbige plotzlich,
 in einem Augenblick,
 zu der Zeit der letzten Posaune.
Denn es wird die Posaune schallen,
 und die Toten werden auferstehen
 unverweslich,
 und wir werden verwandelt werden.

Dann wird erfullet werden das Wort,
  das geschrieben steht:
Der Tod ist verschlungen in den Sieg.
Tod, wo ist dein Stachel?
Hölle, wo ist dein Sieg?

Herr, du bist wurdig zu nehmen Preis
  und Ehre und Kraft,
 denn du hast alle Dinge geschaffen,
 und durch deinen Willen haben sie
 das Wesen und sind geschaffen.
わたしたちはこの地上に
 永続する都を持っておらず、
 来るべき都を探し求めているのです。 (ヘブライ13・14

わたしはあなたがたに神秘を告げます。
わたしたちは
皆、眠りにつくわけではありません。

私たちは皆、今とは異なる状態に変えられます。
 最後のラッパが鳴ると、
 たちまち一瞬のうちにです。

ラッパが鳴ると
 死者は復活して
 朽ちない者とされ、
 私たちは変えられます。


次のように書かれている言葉が
 実現するのです。
死は勝利にのみ込まれた。
死よ、お前の勝利はどこにあるのか。

死よ、お前のとげはどこにあるのか。」 ( 一コリント15・51-52,54-55

「主よ、私たちの神よ、あなたこそ、
 栄光と誉れと力をと受けるにふさわしい方。
 あなたは万物を造られ、
 御心によって万物は存在し、
 また創造されたからです。」 
(黙示録4・11
              
Z  Selig sind die Toten,
  die in dem Herrn sterben

第7曲 主に結ばれて死ぬ人々は幸いである
Selig sind die Toten, die
 in dem Herrn sterben, von nun an.
Ja, der Geist spricht, das sie ruhen
 von ihrer Arbeit;
 denn ihre Werke folgen ihnen nach.

「『今から後、主に結ばれて
 死ぬ人は幸いである』と。」
“霊”も言う。「然り。彼らは労苦を解かれて、

 安らぎを得る。
 その行いが報われるからである。」 (黙示録14・13)



   
                                

参考ディスク

DVD DLVC-1154「ドイツ語レクイエム」(発売:2005/11/23)

ラファエル・クーベリック指揮
バイエルン放送交響楽団・合唱団

エディット・マティス(S)
ヴォルフガング・ブレンデル(Br)

収録:1978年ドイツ、オットーボイレン教会ライヴ


LD BVLC-24
「ドイツ語レクイエム」(発売:1993)

サー・コリン・デイヴィス指揮
バイエルン放送交響楽団・合唱団

アンジェラ・マリア・ブラーシ(S)
ブリン・ターフェル(Br)

収録:1992年2月20日ドイツ、ヴァルトザッセン、シュティフト大聖堂ライヴ


★ ブラームスの作品


2002-2017


音楽サロン表紙 目次 ロマン派目次 作曲家別作品表 時代別作品表