制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2008年12月記


DVD TDBA5038 

ヴェルディ 
オペラ「リゴレット」

エドワード・ダウンズ指揮  デイヴィッド・マクヴィガー演出
コヴェント・ガーデン王立歌劇場合唱団&管弦楽団


マントヴァ公爵
リゴレット
スパラフチーレ
ジルダ
マッダレーナ
ジルダの乳母
ジョヴァンナ
モンテローネ伯
マルッロ
ボルサ
チェプラーノ伯爵
チェプラーノ伯爵夫人
廷吏
公爵夫人の小姓

マルセロ・アルバレス(T)
パオロ・ガヴァネッリ(Br)
エリック・ハーフヴァーソン(Bs)
クリスティーネ・シェーファー(S)
グラシエラ・アラヤ(Ms)
フェドーラ・バルビエーリ(S)
エリザベス・シコラ(Ms)
ジョヴァン・バッティスタ・パロディ(Bs)
クェンティン・ヘイズ(Bs)
ピーター・オーティ(T)
グレイム・ブロードベント(Bs)
デウラ・ラムジー(Ms)
ナイジェル・クリフ(Br)
アンドレア・ヘイゼル(T)

収録:2001年コヴェント・ガーデン王立歌劇場
  発売日:2008/10/22


不条理のドラマ


 人は誰しももの心ついた頃から、自分に降りかかってくる割り切れない事柄を、なんとか受け入れ続けているものである。それは些細なことにすぎなかったものもある。それでも絶え間なく身に帯びてくる。そうした問題も次第に大きくなっていくものもある。それは自分の罪によって引き起こされるのだろうか。不可解な人間の苦しみを、ヴェルディは描いている。これが人間の真実の姿かもしれない。

 さて、ヴェルディオペラ「リゴレット」の主人公リゴレットは、生まれついてのせむしだった。自分の生きる道で選んだのだろう、マントヴァ公爵宮廷仕えの道化となる。自己のハンディを前向きに生かしたとも言える。彼の精神的重圧は、通常の宮仕えよりストレスは大きかった。白を黒と言われれば、そうだと言わなくてはならない仕事だった。公爵の悪事にも加担しなくてならなかった。

 リゴレットには大切に育てている娘がいた。他人の目には触れないように(悪い男から守るために)してきた。それがこともあろうに、自分の主人でもある公爵の巧みな手にかかってしまう。リゴレットの衝撃は、言うに言えないものだった。さらに清純な自分の娘が、その不良公爵を愛してしまう。彼女は、裏切られても公爵への愛は揺るがなかった。娘は父が自分のために公爵を殺そうとしているのを知り、自ら公爵の身代わりになってしまう。愛する男を助けるためであった。娘の死と直面した父の嘆きと絶望はどんなものだったか。だが、公爵の悪事に加担してきた自分をふり返り、自分自身の罪の深さを悔いるのであった。「リゴレット」は、我々不完全な人間関係に生じる不条理を描いたドラマである。



ヴェルディ ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表 / ヴェルディ
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表