制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2002年6月記



DVD DLVC-8024

サン=サーンス
 オペラ「ヘンリー8世」

ピエール・ジュルダン演出・監督  アラン・ギンガル指揮
フランス・リリック管弦楽団  ルーアン芸術劇場合唱団

フィリップ・ルイヨン(Br)
ミシェル・コマン(S)
ルシル・ヴィニョン(Ms)
アラン・ガブリエル(T)

収録:1991/9/21フランス、コンピエーヌ帝国劇場  
発売:2005/11/30



オペラ「ヘンリー8世」


 サン=サーンス
フランス(1835-1921)の重厚なオペラ「ヘンリー8世」を紹介します。ヴェルディにも負けないこんな劇的な史劇オペラが、フランス・オペラにもあったとは驚きである。しかも“事実は小説より奇なり”は、このオペラの主人公のためにある言葉のように思える。この問題の人物、イギリス国王ヘンリー[は次々と妻を取り替えて6人と結婚し、そのうち2人を処刑に追いやる。教皇庁から離婚は認められず、そのためこの王はカトリック教会から離反し、自ら独自に英国国教会をつくる英国宗教改革1533-34年)

 このオペラでは1番目の妻キャサリンとの離婚の経緯から2番目の妻アンとの再婚と、その破局までが扱われている。登場人物も多く、重唱や合唱が、大きな役割を果たしている。物語の組み立てがおもしろく、劇的展開も自然である。

 サン=サーンスは、スケールの大きい作曲家であった。教会音楽をはじめ交響曲、協奏曲、13のオペラというように広い分野に及ぶ。彼は10才の時にピアニストとしてデビュー、22才から19年間パリのマドレーヌ教会のオルガニストを務めた。優れたオルガン即興演奏を行っており、その演奏を聴いたリストから最高のオルガニストと評された。彼の開くサロンにはビゼービューロー、クララ・シューマン、リストヴァーグナーサラサーテ等が集まっていた。



サン=サーンス ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表サン=サーンス
エッセー目次⇒



音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表