制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2021年2月記
DVD OA1205D

ロッシーニ  オペラ「ウィリアム・テル」

アントニオ・パッパーノ指揮  ダミアーノ・ミキエレット演出

コヴェント・ガーデン王立歌劇場合唱団&管弦楽団

<役割>  <歌手> 
ギヨーム(ウィリアム)・テル
マティルデ
アルノール・メルクタール
エドヴィージュ
ジェミ
アルノール(メルクタールの父)
ジェスレル
ジェラルド・フィンリー(Br)
マリン・ビストレム(S)
ジョン・オズボーン(T)
エンケレージャ・シュコサ(Ms)
ソフィア・フォミナ(S)
エリック・ハーフヴァーソン(B)
ニコラ・クルジャル(B)

収録2015年 : ロンドン、コヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウス ライヴ  発売 : 2017/8/29



ロッシーニ、最後のオペラ!



 ロッシーニ(1792-1868)の「セビリアの理髪師」や「ウイリアム(ギョーム)・テル」のオペラの序曲は、たいへん有名。それもそのはずで、イタリアとフランスの声楽偏重の時代にロッシーニの管弦楽書法は、当時としては類をみない非凡なものであった。歌の伴奏や補佐するという役目を越えている。彼のオペラは特にペルコレージモーツァルト、チマローザが展開したオペラ・ブッファに深く根ざしている。驚くことに彼が活躍した時代はベートーヴェンシューベルトも生きていた時代で、スタンダールやベートーヴェンからも熱烈な讃辞をもらっている。ロッシーニの39曲あるオペラにはオペラ・ブッファのみならずオペラ・セーリアも多く含まれていて、18世紀ナポリ派の伝統を踏襲した傑作となっている。第39曲目となるロッシーニ最後のオペラが、「ウィリアム・テル」である。先ずはフランス語での「ギヨーム(ウィリアム)・テルGuillame Tell」仏語版1829年パリ初演、ロッシーニ37歳)が初演され、次いでイタリア語による「グリエルモ(ウィリアム)・テルGulielmo Tell」伊語版1831年ルッカ初演、ロッシーニ39歳)」が上演された。この2ヶ国語による2つの版は、後のイタリア・オペラフランスのグランド・オペラに大きな影響を与えたのである。

 この有名な物語は
シラーの戯曲が原作。スイスの伝説の英雄物語に端を発している。「息子の頭の上のりんごを矢で射貫く」場面と勇壮な序曲はよく知られているが、第1幕と第2幕ではスイスの指導者の息子アルノールとオーストリアの王女マティルデの禁断の恋と、政治的な駆け引きが描かれる。第3幕でやっと有名なりんごを打ち抜く場面となる。そして第4幕が続く。上演に4時間はかかるこのロッシーニの長大な名オペラは、このコロナ巣ごもり生活に観るのに適しているかもしれない(^^)。このディスクは、初演のフランス語版(日本語字幕付)によるライヴ収録。



ロッシーニ ロマン派の概念 ロマン派の音楽 初期ロマン派 ロマン派年表/ ロッシーニ
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表