制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2016年10月記


CD WPCS-13532

「Pictures~展覧会の絵」

コンラッド・タオ(p)





ディヴィッド・ランク
武満 徹
エリオット・カーター
エリオット・カーター
コンラッド・タオ
ケージ(フロム・メモリー・ピーシーズ)
閉じた目Ⅱ
ピアノについての2つの考察 間歌
              架空線
ア・ウォーク
  ムソルグスキー   組曲「展覧会の絵」 



10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
  プロムナード
① こびと
  プロムナード
② 古城

  プロムナード
③ テュイルリー殿の庭
④ ビドロ
  
プロムナード
⑤ 卵の殻をつけたひな鶏の踊り
⑥ サムエル・ゴールデンベルクとシュムイレ
  プロムナード
⑦ リモージュの市場

⑧ カタコンベ
⑨ バーバ・ヤーガの小屋
⑩ キエフの大門 
21 デイヴィッド・ランク ウェド(フロム・メモリー・ピーシーズ)

8録音:2014/11/14・15  発売:2016/8/24




マルティタレント、コンラッド・タオ!


 
コンラッド・タオConrad Tao(1994- )は、今年――2016年――22歳のアメリカのイリノイ州生まれの中国系アメリカ人。彼は若い作曲家、ピアニストであり、ヴァイオリニストとしても実績があるマルティ音楽家である。生後18か月の頃からピアノを弾き、4歳で初リサイタルを開催。8歳で、モーツァルトの「ピアノ協奏曲K.414」で初協奏曲デビューを飾る。13歳でバイオリン奏者、ピアニスト、そして作曲家としてカーネギーホールやPBSテレビ・シリーズで将来を嘱望される音楽家と認められた。作曲家としても早くから彼の初期の作品で認められる。ジュリアード音楽院、コロンビア大学などで学び、最近では、フィラデルフィア管弦楽団、ロシア国立管弦楽団、ダラス交響楽団、サン・フランシスコ交響楽団との協演。

 ヴァイオリンでも、受賞歴を誇り、2009年には、Symphony Of The Americasとの共演で、1つのコンサートで、メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」と「ピアノ協奏曲第1番」を演奏するという離れ業をやってのけている。数々の絶賛を得ているタオは、2011年に世界有数の経済誌であるフォーブズForbes誌によって名前を挙げられたただ一人のクラシック音楽家でもある。2012-13年シーズンには、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と協演し、モーストリー・モーツァルト・フェスティヴァル
(ニューヨーク、リンカーン・センターで開かれる音楽祭)やアスペン音楽祭(コロラド州あすぺんで開かれる)などにも参加している。8回続けてASCAPモートン・グールド・ヤング作曲家賞を獲得した。ケネディの暗殺50回目の2013年、ダラス交響楽団でタオの作品が初演された。




ムソルグシキー 武満 徹ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表20世紀音楽の様相 20世紀年表 ムソルグスキー
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表