制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2021年8月記


DVD NYDX-50160 

モーツァルト 
オペラ「偽りの女庭師La finta giadiniera K.196

ディエゴ・ファソリス指揮
フイレデック・クェイク=ヴォーガン演出(2014年グラインドボーン音楽祭での初演に基づく)

ミラノ/スカラザ・スカラ座管弦楽団(ピリオド楽器使用)
ジェームズ・ヴォーガン(フォルテピアノ)
パオロ・スパダーロ(チェンバロ)

ドン・アンキーゼ(ラゴネーロの市長) 
ヴィオランテ(庭師サンドリーナと名乗る公爵令嬢)
ベルフォーレ伯爵
アルミンダ(ミラノの淑女)
騎士ラミロ
セルペッタ(市長の小間使い)
ナルド(ヴィオランテの侍従)
クレシミールスパイサー(T)
ジュリー・マルタン・デュ・テイユ(S)
ベルナール/リヒターベルナール・リヒター(T)
アネット・フリッチュ(S)
ルチア・チリッロ(Ms)
ジューリア・セメンツァート(S)
マッティア・オリヴィエーリ(Br)

収録:2018/10/11ミラノ・スカラ座歌劇場  発売:2021/7/23



モーツァルトのオペラ・ブッファ



 「偽りの女庭師K.196」は1774年9月から1775年1月にかけて作曲。モーツァルト(1756-91)は1月28日に生まれたので19歳になる直前だった。当時はオペラはイタリア語を用いるのが慣例、このオペラもイタリア語。完成後すぐ1775年1月13日、ドイツ、ミュンヘェンの宮廷大広間レドゥールテン・ザールで初演された。上演時間は3時間を越える大作。オペラの分類でいえばオペラ・ブッファで、モーツァルトは3幕のドラマ・ジョコーゾ(喜劇)と記している。初演は成功し、繰り返し上演された。国情の異なるドイツでの成功だったのは興味深い。後にドイツ語版も作られた。それほどドイツで人気を得たのだった。

 オペラ・ブッファに<女庭師>が登場するのはめずらしいことはない。今もその輝きを示す王侯貴族の造園師は輝きある仕事であった。いわんや美人女性の庭師となると特別の人目を惹く魅力的な存在であった。さて、「偽りの女庭師」の物語は、身分を隠して主人公の女庭師を装うアルミーダを含めた3組の男女の愛の鞘当てを繰り広げる騒動しい(?!)物語。モーツァルトにはオペラ・ブッファは5作あり、「ぶりっこ娘(みせかけの純情娘) K.46a」(1768年作曲)、「偽りの女庭師 K.196」(1774-75年作曲)が大きな礎となり、モーツァルトのオペラ・ブッファたいへんな傑作、つまり彼の全作品における頂点を示す「フィガロの結婚 K.492(1785-86年作曲)、「ドン・ジョヴァンニ K.527(1787年作曲)、「コジ・ファン・トゥッテ K.588(1789-90年作曲)が生まれた。「偽りの女庭師」は、モーツァルトの高い流れへ導く意味ある作品である。モーツァルトのオペラ・ブッファ名作3曲を深く味わうためにもよく知らなければならない作品であろう。



モーツァルト /古典派の概念 古典派の音楽モーツァルト モーツァルト17オペラ
エッセー目次⇒



音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表