制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2015年6月記


CD HMC902200(2CD)

カヴァリエリ オラトリオ(音楽劇)「霊魂と身体の劇」

ルネ・ヤーコプス指揮

コンチェルト・ヴォカーレ、ベルリン古楽アカデミー
ベルリン国立歌劇場合唱団
フランク・マルコヴィッチ合唱指揮

配役 歌唱者
霊魂
身体
マリー=クリード・シャピュイ
ヨハネス・ヴァイサー
時、勧告
理知、喜び
ギューラ・オレント
マーク・ミルホーファー
天上の天使1
天上の天使2
 現世、地獄に落ちた霊魂
キュンフォ・キム
マルコス・フィンク

現世の生活
守護の天使
ルチアーナ・マンチーニ
クリスティーナ・ローターベルク
幸いな霊魂たち
天使たち

クリスティーナ・ローターベルク、
エリザベス・フレミング、ベンノ・シャフトナー、
 フローリアン・フェット、フーゴー・オリヴェイラ
賢明
分別
セレーナ・マルカンジ
ロレダナ・ジントーリ

楽器群Ⅰ
バロック・ハープ マラ・ガラッシ、ロレダナ・ジントーリ、
マサコ・アート、キアラ・グラナタ
リュート 野入志津子
リュート、ギター ドロレス・コストヤス
リュート、キタローネ ニコラス・アハテン
オルガン、チェンバロ ヴィープケ・ヴァイダンツ
オルガン、レガール アンドレアス・キュッパース
ヴィオラ・ダ・ガンバ ヤン・フライハイト
トロンボーン(バス) ダヴィド・ヤクス
チェロ バーバラ・ケルニヒ
ヴィオローネ ワルター・ルマー
ドルシアン クリスティアン・ブーゼ
楽器群Ⅱ
ヴァイオリン、ヴィオラ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、小型リラ、
リコーダー、コルネット、トロンボーン、打楽器
 
録音:2014年5月テルデックス・スタディオ・ベルリン
 発売:2015/4/2


史上最初のオラトリオ!



 エミリオ・デ・カヴァリエリEmilio de'Cavalieriイタリア(c.1550-1602)は、史上最初オラトリオ「霊魂と身体の劇Rappresentazione di Anima, e di Corpo」(1600年初演)の作曲者である。この「霊魂と身体の劇」は、モノディ様式を用いた最古のものとされている。ローマ生まれのカヴァリエリは、フィレンツェでメディチ家に仕え、1588年には芸術的な催しの総監督となる。1587年から1602年に大公の仕事でしばしばフィレンツェからローマに赴く。そうした時、<ヴァリチェッラの聖マリア教会S.Maria in Vallicella>の小聖堂オラトリオoratorioにおいて、1600年2月、このオラトリオが上演された。台本はアゴスティーノ・マンニAgostino Manni神父で、プロローグ付きの3部作(3幕)構成となっている。24曲の合唱曲と、なだらかな民謡風の独唱曲によって構成されている。あくまでも独唱より合唱を重視しているが、対位法的な多声音楽ではなく、和声様式つまりコラールに近いものであった。早い速度の対話でなく、ゆったりとしたレチタティーヴォによる語り手を登場させている。

 この台本マンニと作曲カヴァリエリのこの作品は、神学的・哲学的な概念、つまり霊魂と身体が主人公となって登場する。観衆の信徒たちを啓蒙する目的をもつこの楽曲は、次のようなことを下敷きにして表現している。――人間は、神にかたどられた知恵と自由意志をもつ精神的存在。つまり霊魂animaラテン語身体corpusラテン語が結びつき、霊魂は人間のあらゆる生命活動の根元、思考の元で、神から与えられる命の霊によって人間は生かされている。霊魂と身体の結合の分離が死。身体は滅びても、人間の霊魂は死後も永久に知性と意志との力を発揮し生き続ける。人間にとって不滅の霊魂の救いが重要。ゆえに現世の生き方は、霊魂の不滅を認めるか否かによって大きな影響を受ける。―― こうした上演は教会にとって、典礼劇(中世)においてすでに経験済みであった。この作品が典礼劇のように扮装をもって演劇的に演じられたか、音楽のみの上演であったかどうかは不明である。

 ちなみに作品名「霊魂と身体の劇Rappresentazione di Anima, e di Corpo」Rappresentazioneは、直訳すれば“パフォーマンス=上演”を意味している。これは作品分野を指し示す概念ではなく、あくまでもこの作品のタイトル名である。この時期においてオラトリオオペラという語やコンセプトは、まだ存在しなかった。現在の視点でいえば、これはオラトリオととらえるべき、と考える者である。「音楽劇dramma per musica伊語と言えば、オラトリオoratorioやオペラoperaらをも含む広い概念である。



カヴァリエリ /バロックの音楽像 オペラとオラトリオ略史
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表