制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2005年1月記


CD SICC402

ベートーヴェン

「交響曲第5番ハ短調Op.67<運命>」
「交響曲第6番ヘ長調Op.68<田園>」

ブルーノ・ワルター指揮  コロンビア交響楽団

録音:1958  
発売:2004/11/17




20世紀の遺産ヴァルター(ワルター)の芸術


 ブルーノ・ヴァルターBruno Walter(1876-1962)はドイツ出身、ユダヤ系であっためナチスの迫害を受け、1939年以後ドイツからアメリカに移住した指揮者である。8歳からベルリンの音楽院で学び、9歳でピアニストしてデビューした。ハンス・ビューローヴァーグナーの弟子? 妻コジマヴァーグナーの妻となった)が指揮する演奏会を聴いて、指揮者となる決心をした。

 かくしてヴァルターはかのマーラーの弟子となり、ヴィーン国立歌劇場の副指揮者を務めた(1901-12)。彼は師マーラー作品の歴史的初演を務めている。「大地の歌」や「交響曲第9番」であった。実際に自分と同時代として生きた後期ロマン派の伝統を受け継ぎ、それを20世紀に伝えた大指揮者であった。このCDに収められているベートーヴェンの2曲は、格調高く均衡感に包まれた理知的な表現で演奏されている。しかし、といっても硬くなく、柔らかさや情緒に欠けることもない。彼の演奏は、S盤やLP盤に運よく多く残された。21世紀に入った我々もこうして復刻されたCD盤で、すぐれた音質で聴くことができるのは幸いである。19世紀の空気を吸ったヴァルターの芸術を、今こうして20世紀を越えて味わうことができるのは、奇跡的なことかもしれない。


*我が国ではワルターと表記されるが、ヴァルターの方がドイツ語に近い。尚、アメリカではWalterをウォルターと発音されていたと思われる。



ベートーヴェン 古典派の概念 古典派の音楽 古典派年表ベートーヴェン
エッセー目次



音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表