制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表


オペラ「プラテー Platée」

  
Comédie lyrique('ballet bouffon')

 ジャン=フィリップ・ラモーJean-Philippe Rameauフランス(1683-1764)



<作曲の経緯>


 
1745年3月31日、ルイ15世(1710-74、在位1715-74)の息子ルイ王太子1)(+1765)とスペイン王女マリア・テレサ(マリ・テレーズ)の婚儀の祝宴のために、ラモーRameauフランス(1683-1764)作曲の「プラテー、または嫉妬深いジュノン」がヴェルサイユ宮殿内の大厩舎の馬術室で初演された。台本はアドリアン・ジョセフ・ル・ヴァロワ・ドルヴィルAdrian-Joseph Le Valois d'Orville(1715-80)である。原作はジャック・オトゥローJacques Autreau(1657-1745)戯曲「プラテーPlatée

 
オペラ「プラテー」は宮廷内の催しで上演されたため、1749年2月9日パリのオペラ座にのるまでは一般公開はなく、知られていなかった。しかし、この公演以後11年間のオペラ座の人気出し物となる。当時はまだフランスではコルネイユやラシーヌの古典悲劇が大流行の時代で、フランス・オペラでも悲劇を内容とするトラジェディ・リリック(オペラ・セーリア)がまだ盛んであったのに、しかもブフォン戦争以前なのに喜劇を内容とするオペラ「プラテー」が上演され、評価を受けたのは特筆すべきことであり、際立ったことであると言えよう。

 この曲における一つの目立った特徴は、生き物の動作や鳴き声の模倣があちこちに見られる点である。それは台本にも工夫が見られ、そうした音声語も巧に用いられている。例えば“quoi”、“lois”、“vois”、“fois”は、蛙の鳴き声の描写でもある。第1幕ではプラテーのアリアに続く4声部合唱がシンコペーションで一斉に“quoi, quoi”と反応を示すのもおもしろい。またフルートでカッコウを表現している。第2幕では鳥たちの騒ぐ様子やジュピター降臨の場の描写もおもしろい。クラヴサン音楽で培われたラモーの書法や個性が発揮されている。またタイトルロールのプラテーは、男性が演じ歌う女役である。興味深いことにカストラートを起用しないで、テノールの声をそのまま使っている。ただし、扮装は女性である。

 オペラ「プラテー」は喜劇的内容をもっている。かといってオペラ・ブッファでもなく、後にフランス・オペラに出現するオペラ・コミックでもさらさらない2)。後者は形態的にオペラとは違いがあるからである。


[注]


1) この王太子は1765年に死去するため、王位を継げなかった。アントワーネットの夫が16世になる。

2) オペラ・コミックは台詞を含み、物語内容は多様である。後に現れるオペレッタoperettaもオペラ・コミックと形の上では似ていて劇内容は軽妙なものもあるが、オペラ・コミックの内容は豊富で悲劇もある。劇内容と関係がないことに留意しなくてはならないだろう。またオペラ・コミック=オペラ・ブッファでないことも注意が必要である。



ラモー
 アンドゥルー・ジョセフ・アヴェー
 1728年制作
プラテー役の初演を演じた
ピエ-ル・ジェルヨッテ 
 1745年制作


<物語>


原題:プラテー(または嫉妬深いジュノン)Platee(ou Junon jalouse)
 プロローグと3幕のコメディ・リリック(バレー・ブフォン)
 comedie-lyrique(ballet bouffon) en unprologue et trois actes


原作:
J.オトロー  台本:アドリアン=ジョセフ・ル・ヴァロワ・ドルヴィル
初演:1745年3月31日、1749年2月9日パリ・オペラ座上演はバロ・ド・サヴォによる改作台本による

 物語はギリシャ=ローマ神話を下敷きにしたパロディ喜劇。洒落たもじりや揶揄が散りばめられ、知的で洗練された遊び心が満載されている。主人公のプラテー
(沼の精、みにくい蛙のような怪物)は女性で、男性(テノール)が受け持つ

序曲

ケッケッケッケッ、タララン、タラランというようなコミックな小気味な蛙のケロケロケロケロを思わせる音型が何度も現れる。


プロローグ (副題:喜劇の誕生)


 
悲劇の生みの親といわれるテスピスヘレラクレスは、ここでは喜劇の発明者にされている。眠っているテスピスを一人のサテュロス半人半獣の山野の精が起こし、他の者たちと一緒に歌をせがむ。そこへ喜劇の女神タリーミューズとモミュス不平の擬人神が現れ、人間の欠点を正すような劇を上演するためにやって来た、という。そこへキューピット愛の神が現れ、自分をのけ者にするな、という。そこで全員がこれから新しい余興を作ろうではないかと、話し合う。


第1幕 雷雨の沼地


 シテロン王の所へにメルキュール(=ヘルメス、死者の国へ魂を導く案内人)が、降り立って来る。そして王に告げる。ジュピテルが妻ジュノンの嫉妬に悩んでいると。彼女の心を鎮めるために一芝居を打とうと、シテロンとメルキュールは目論む。それでみにくい沼の精プラテーに対してジュピテルに嘘の愛の告白をさせ、それを妻に見せたら彼女の焼き餅も治まり、大笑いして解決するだろうと。いよいよプラテーが登場。彼女はシテロンに恋している。沼の精たちを集め、協力させて彼に思いを告げようとする。生物たちはにぎやかに歌い踊る。
 そこへメルキュールが現れ、ジュピテルがあなたに夢中と告げた。有頂天になったプラテーは、沼の精たちを呼び出して踊らせる。すると大嵐の到来となる!


第2幕 田園


 メルキュールとシテロン王が登場して、計画に取りかかる。二人はジュピテルの妻ジュノンには、夫はアテネにいると騙して言っておく。そこへジュピテルが降臨して来る。プラテーはそれを見て大喜び。ジュピテルは馬やフクロウに変身しは、プラテーをじらす。そしてやっとプラテーに愛の告白をする。婚儀の準備の間に彼女のために、色んな余興を見せる。フォリーがワンマンショーよろしく陽気に歌う。


第3幕 田園
 


 婚儀の準備が進んでいる中、ジュピテルの妻ジュノンが登場。アテネには夫はいなかったとかんかん! すべては茶番なのでおかしく事が進む。モミュスはインチキにもキューピットの役目をする。お芝居だからこれでいいのである。結婚の誓いの時、嫉妬に狂うジュノンがやって来て、花嫁姿のプラテーのヴェールを剥ぐ。この花嫁の醜さでは焼き餅を焼きようがない。ジュノンが大笑いする。こうしてジュピテル夫妻は、上機嫌で天上に帰って行く。残されたプラテーは皆にからかわれ、怒りと恨みを言い残して沼の中にドボン~と戻って行く。あわれ!





参考ディスク

DVD TDBA-0058                 発売:2004・10/27
マルク・ミンコフスキ指揮 ロラン・ペリー演出、グルノーブル・ルーヴル宮音楽隊・合唱隊

プラテー
フォリー&タリー
テスピス&メルキュール
ジュピテル
ジュノン
シテロン&サテュロス
キューピット&クラーヌ
モミュス
ポール・アグニュー(T)
ミレイユ・ドゥランシュ(S)
ヤン・ブロン(T)
ヴァンサン・ルテジエ(Br)
ドリス・ランブルシュ
ロラン・ナウリ(Br)
ヴァレリー・カバユ
フランク・ルゲリネル
 

2002年2月パリ・オペラ座(ガルニエ宮)ライヴ収録

 このディスクの演出は我々の時代、つまり現代に場面が設定されている。なぜか劇場の最上階の座席で物語は展開されていく。演奏は古楽器による。


★ ラモーの作品


2005-2016

音楽サロン表紙 目次 バロック目次 作曲者別作品表 時代別作品表