制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 中世目次 作曲家別作品表 時代別作品表



グレゴリオ聖歌「ヴェニ・クレアトール・スピリトゥスVeni, creator Spiritus

             
                  <造り主である聖霊 来てください>



グレゴリオ聖歌とは>


 グレゴリオ聖歌は早くは7世紀には存在し、中世盛期を中心として成立した教会典礼聖歌。つまり、カトリック典礼の中心であるミサ典礼聖務日課(時課の典礼=教会の祈り)を用途にした聖歌である。当時、グレゴリオ聖歌以外に地方聖歌、つまりガリア聖歌、モサラベ聖歌、アンブロジオ聖歌などが存在した。これらの聖歌の歌詞はすべてグレゴリオ聖歌と同じくラテン語であったが、淘汰され教会公認のローマ・カトリック教会(典礼・公式文書はすべてラテン語である)の全典礼を網羅する典礼聖歌となった。また典礼以外でも私的・公的な祈祷文に作曲された聖歌も多く作られていった。「ヴェニ・クレアトール・スピリトゥスVeni, creator Spiritus(造り主である聖霊 来てください)」もそうした聖歌の一つである。

 グレゴリオ聖歌の研究や歌唱に重要な古ネウマによる古い写本では、音高については相対的にしか分からない。ラテン語の歌詞上に点や線の古ネウマ(記号)によって記され、地域によっては多少の多様性がみられるもののかなり体系化されていた。古ネウマは主に9世紀頃〜11世紀初め頃中心に用いられた記号。音高の問題を除けばこれほど優れた楽譜は、類をみない。微妙な表現やリズムを記しているからである。よいグレゴリオ聖歌演奏のためには、この古ネウマ研究が必須。ぜひ古楽の中の古楽に多くの人にとり組んで欲しい。

 角形ネウマは12世紀頃からよって線上に記され、1本線から4本線の譜線へと移行していった。5線譜のルーツともなり、音高を明確に示すことが可能だが、リズム(音の長短)や演奏のニュアンスなどの微妙な歌唱指示は不充分といえ、細かな機微は古ネウマにはおよばない。第二ヴァティカン公会議(1962-65)以前、ラテン語典礼時代に神学校、修道院や教会で用いられていた「リーベル・ウズアリス」(4線譜・聖歌本、1896年初版)は、ミサと教会の祈りの歌唱が可能な超便利な聖歌本。しかし、これは大半が古ネウマからの19世紀末に復元作業されたもので、復元で生じた旋律線の音高解釈に誤りが多く混入し、リズム解釈などにまちがった判断も入り込んだことが現在判明している。また演奏法、特に旧ソレム法のリズム論(ex.2拍子と3拍子の組み合わせ解釈)とアルティスとテーシスによる旋律解釈が絶対視されていた。他の解釈が与えられなかった時代だった。第二ヴァティカン公会議後、これが改められ、さらに典礼式文も大きく改正されたため、旧グレゴリオ聖歌集の使用は多くの問題も伴っている。

 そこでお薦めの代表的な聖歌集は公会議後に刊行されたグレゴリオ聖歌集「グラドゥアーレ・トリプレックスGraduale triplex」(ソレム大修道院刊)で、ネット購入も可能。これによって正統な歌唱が基本的に可能になる。ただ一つの問題は歌詞がラテン語。かってはラテン語の典礼(ミサと教会の祈り、洗礼式、結婚式etc.)が教会では行われていた。現在、世界各国の言語ですべての典礼が行使されている。しかし、今も教皇庁から発令する典礼式文や公文書はラテン語で、ラテン語は今も重要言語には変わりない。
 例えばグレゴリオ聖歌「レクイエム」は死者のためのミサ固有・通常式文を歌詞テキストにしている。特に冒頭に歌われる「入祭唱」の旋律と律動感はたいへん温良・清明。悲しみを越え、軽くも重くもなく、よい意味でシンプル、性別や固有の民族性も超越している。この感覚は今的というより未来をも見すえたものともいえる。考えてみれば死は、神の庭に立つことですから最高の喜び、至福である。そうした思いを秘めた音楽である、と筆者は捉えている。今やグレゴリオ聖歌やラテン語に関心をもつのは教会外の研究者や愛好家に多く、懐古趣味ではなく前向きな視点での研究が必須である。



グレゴリオ聖歌「ヴェニ・クレアトール・スピリトゥス(造り主である聖霊 来てください)」


 「ヴェニ・クレアトール・スピリトゥス(造り主である聖霊 来てください)」は、第二ヴァティカン公会議(1962-65)までは聖霊降臨の祝日と八日間の「晩の祈り」と「三時課」で賛歌として歌われていた。現在は聖霊降臨の主日「晩の祈り」の賛歌として歌われる。他の典礼では聖霊への祈願として叙階式などで任意に歌われる。作詞者としてはカール大帝一世(742-814)やグレゴリウス一世教皇(540-604、在位590-604)の名もあがるが、ラバヌス・マウルスRabanus Maurus(776-856)の詩とされている。16世紀に人文主義者によって修正と加文された変型詩があったが、第二ヴァティカン公会議(1962-65)後にそれらは排除され原型に戻された。

 現「ヴェニ・クレアトール・スピリトゥス(造り主である聖霊 来てください)」は、7番の詩からなる。ただし第7番の詩は、6番からなる原詩に後に付け加えられた。現在これを教会は、正式文としている。歌われる旋律は第8旋法で、この旋律は本来聖アンブロジウス作詞の復活祭の賛歌の旋律であった。10世紀頃からで「ヴェニ・クレアトール・スピリトゥス(造り主である聖霊 来てください)」でこの旋律が用いられるようになった。マーラー「交響曲第8番<千人の交響曲>」第1部では、第1番と第2番の歌詞が用いられている。

 聖霊は、父と子と聖霊の三位一体の一つのペルソナ(位格)である。神は三つのペルソナ(位格)を有しているが一体である。
 


<「ヴェニ・クレアトール・スピリトゥス(造り主である聖霊 来てください)」>


                            <現ローマ・カトリック教会祈願文=日本カトリック教会公式訳>

@
Veni, creator spiritus,
mentes tuorum visita,
imple superna gratia,
quae tu creasti pectora. 
@
造り主である聖霊 来てください。
わたしたちの心をを訪れ、
とうとい恵みで満たしてください。
あなたに造られたこの魂を。 
A
Qui diceris Paraclitus,
altissimi donum Dei,
fons vivus, ignis, caritas,
et spiritalis unctio.  
A
あなたは慰め主、
すべてを超える神のたまもの。
生きる泉、炎、愛、
神のいぶきのみ霊の油。
B
Tu, septiformis munere,
digitus paternae dexterae.
tu rite promissuum Patris,
sermone ditans guttura.  
B
あなたのたまものは七つ、
父の右腕の指として
その約束に従って
ことば豊かに語らせてくださる。
C
Accende lumen sensibus,
infunde amorem cordibus.
infirma nostri corporis
virtute firmans pepeti.  
C
五官に光をともし、
心に愛を注ぎ、
わたしたちのからだの弱さを
絶えず力づけ、強めてください。 
D
Hostem repellas longius,
Pacemque dones protinus;
ductore sic te praevio
vitemus omne pessimum.
D
敵をはるかに遠ざけて、
平和を早く与えてください。
先立つあなたの導きで
すべてのわざわいを避けよう。 
E
Per Te sciamus da Patrem
noscamus atque Filium,
te utriusque Spiritum
credamus omni tempore. 
E
あなたによって父を知り、
子を知ることができるよう、
父と子の霊、聖霊を
いつもどこでも信じよう。 
 F
Deo Patri sit gloria,
et Filio, qui a mortuis
surrexit, ac Paraclito,
in saeculorum saecula. Amen.
F
栄光は父と
死者のうちから復活した子と
慰め主に
世々に。アーメン。 






<16世紀修正と加文された変型詩


 @ADFは現行正式祈祷文と語順以外は同じなので、訳には日本カトリック教会公式訳を用いた。BCEGHIJ国本訳

@
Veni, creator spiritus,
Mentes tuorum visita;
Imple superna gratia,
Quae tu creasti pectora. 
@
造り主である聖霊 来てください。
わたしたちの心をを訪れ、
とうとい恵みで満たしてください。
あなたに造られたこの魂を。 
A
Qui Paraclitus diceris,
Donum Dei altissimi,
Fons vivus, ignis, caritas,
Et spiritalis unctio. 
A
あなたは慰め主、
すべてを超える神のたまもの。
生きる泉、炎、愛、
神のいぶきのみ霊の油。 
B
Infirma nostri corporis
Virtute firmans perpeti;
Accende lumen sensibus,
Infunde amorem cordibus. 
B
わたしたちの肉の弱さを
力でいつも支えてください。
五官に光をともし、
心に愛を注いでください。
C
Accende lumen sensibus,
Infunde amorem cordibus. 
C
五官に光をともし、
心に愛を注いでください。
D
Hostem repellas longius,
Pacemque dones protinus;
Ductore sic te praevio
Vitemus omne pessimum.
D
敵をはるかに遠ざけて、
平和を早く与えてください。
先立つあなたの導きで
すべてのわざわいを避けよう。 
E
Tu septiformis munere,
Dexterae paternae digitus.
Tu rite promissuum Patris,
Sermone ditans guttura. 
E
あなた(聖霊)は7つのたまもので
父の右手の指となる。
あなた(聖霊)はまことに父から約束され、
人の口に豊かなことばを与える。 
F
Per te sciamus da Patrem,
Noscamus atque Filium,
Te utriusque spiritum
Credamus omni tempore. 
F
あなたによって父を知り、
子を知ることができるよう、
父と子の霊、聖霊を
いつもどこでも信じよう。 
G
Accende lumen sensibus,
Infunde amorem cordibus.
Veni, creator spiritus.
Qui Paraclitus diceris,
Donum Dei altissimi. 
G
光をもって五官を高め
愛を心に注いでください。
造り主である聖霊来てください。
あなたは慰め主、
すべてを超える神のたまもの。 
H
Da gaudiorum praemia,
Da gratiarum munera;
Dissolve litis vincula,
Adstringe pacis foedera. 
H
喜びのほうびを与えてください。
めぐみの報いを与えてください。
争いのむすび目を解き、
平和のおきてを堅固にしてください。 
I
Pacemque dones protinus,
Ductore sic te praevio
Vitermus omne pessimum. 
I
平和をはやく与えてください。
先に立って導く
すべての悪を避けるあなたのように。 
J
Gloria Patri Domino,
Deo sit gloria et Filio
Natoque, qui a mortuis
Surrexit, ac Paraclito
In saeculorum saecula. Amen. 
J
主なる父である神に栄光。
そして神から生まれ、
死からよみがえった子と
聖霊に。
世々に。アーメン。 



★ グレゴリオ聖歌


2018-2020

音楽サロン表紙 目次 中世目次 作曲家別作品表 時代別作品表