制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 中世目次 作曲家別作品表 時代別作品表



グレゴリオ聖歌「十字架の賛歌・Crux fidelis真実の十字架よ



<賛歌とは>


 賛歌Hymnusは広くいえば神を賛美する歌や詩のことで、ギリシャ語のヒュムノスhymnosを語源としている。そのためか教会ラテン語の発音の「h」を発音しないイムヌスではなく、ヒムヌスと発音されるのが習わしである。賛歌は広義には多様で多種な聖歌をも意味しているが、通常それらとは区別されている。狭義にはローマ・カトリック教会(通称カトリック教会)聖務日課(時課の典礼=教会の祈り)における詩編唱和の前に歌唱される聖歌をいう。各課の祈りの賛歌は、先唱句と答唱句に続いて歌われる。賛歌はラテン語による韻文詩(散文詩も含む)である。グレゴリオ聖歌としての代表的な賛歌は、中世に起源をもつものが多い。有名な賛歌としては、「アヴェ・マリス・ステラ」 、「パンジェ・リングア(聖体賛歌)」などがあげられる。


<グレゴリオ聖歌「十字架賛歌」


 先ず、混乱しないように述べておきたいことは、一行目の出だしの数語のみ同文であるが、以後は全く異なる内容の有名な賛歌が2つある。グレゴリオ聖歌は、歌詞冒頭句が曲名となる。Pange, lingua, gloriosi声をあげてたたえよう」で始まる2曲があるが、「十字架の賛歌Crux fidelis」は現在は“Crux fidelis”で始まるよう改訂さている。この賛歌はヴェナンティウス・フォルトゥナトゥスVenantius Fortunatusイタリア(530-609) 作詞のもので、有節聖歌として作曲された。11節(番)からなる賛歌で、その木を示した、聖務日課(時課の典礼=教会の祈り)に取り入れられた。また、聖金曜日の典礼おける十字架礼拝中の賛歌として歌われいる。この場合、「第8節Crux fidelis」全文をまず、冒頭に置く。その後は各節(第1節~第7節、第9節~第11節)交唱antiphonaとして第8節を2つに分けて、Crux~Dulce~を組み入れている。

 グレゴリオ聖歌十字架賛歌・Crux fidelis真実の十字架よは、シンプルな短いフレーズで組み立てられている。軽やかさを有しているのに深い精神性をもっている。しかし、暗さや陰鬱さ、悲しみという概念からは完全に解き放たれている。詩がもつ深厚さから解放されている。苦しむイエスは死を迎えるが、3日後の復活を喜ぶ心が秘められているのであろうか。中世以前に成立したこの詩は、原文のラテン語は、戦い、勝利のようなその時代を感じさせるコンセプトに包まれている。

 同じく「Pange, lingua, gloriosi声をあげてたたえよう」で始まる詩がある。この作詞はトマス・アクィナスThomas Aquinasイタリア(1225-74)である。こちらは聖体賛歌が内容である。聖木曜日や聖体賛美式(聖体降福式)で歌われ、一般に「Pange, lingua, gloriosi声をあげてたたえよう」といえば、こちらを指すようである。





グレゴリオ聖歌 賛歌「十字架賛歌・Crux fidelis真実の十字架よ」>


                                                         
国本静三
  Pange, lingua, gloriosi
proelium certaminis,
et super Crucis trophaeo
dic triumphum nobilem,
qualiter Redemptor orbis
immolatus vicerit.
 
声をあげてたたえよう、
ほまれ高いこの戦いを。
それは十字架の勝利、
けだかい凱旋を告げ知らせよう。
世の救い主がいけにえとなって
勝利されたことを。 
  De parentis protoplasti
fraude Factor condolens,
quando pomi noxialis
morte morsu corruit,
ipse lignum tunc notavit,
damna ligni ut solveret.
創造主は人祖の罪を
あわれまれた。
罪をもたらす木の実によって、
死すべきものとなったことを。
その木が失わせたものを満たす木を
さし示された。
  Hoc opus nostrae salutis
ordo depoposcerat,
multiformis proditoris
ars ut artem falleret,
et medelam ferret inde,
hostis unde laeserat.
 
わたしたちの救いのわざを
定められた。
それは反逆するもののさまざまな策略を
無力にし、
いやしをもたらし、
敵を打ち倒します。 
  Quando venit ergo sacri
plenitudo temporis,
missus est ab arce Patris
natus, orbis, Conditor,
atque ventre virginali
carne factus prodiit.
 
いつくしみの時の充満が
やって来たとき、
おん父のふところからつかわされた
世の創造主のおん子が、
おとめの胎より生まれて
人となった。 
  Vagit infans inter arcta
conditus praesepia:
membra pannis involuta
Virgo Mater alligat:
et manus pedesque et crura
stricta cingit fascia.
幼子は泣き、
狭いまぶねで憩われる。
あら布で包まれた体を
おとめマリアはしっかり抱きます。
手足と体をあら布で包み、
心込めて巻きました。
  Lustra sex qui iam peracta
tempus implens corporis,
se volente, natus ad hoc,
passioni deditus,
Agnus in crucis levatur
immolandus stipite.
こうして三十年がたち、
おん体の時が満ちました。
自ら望み、この地に生まれ、
受難に身をゆだねられた。
いけにえとなるために
子羊は十字架にあげられた。
  En acetum, fel, arundo,
sputa, clavi, lancea:
mite corpus perforatur,
Sanguis, unda profluit
terra, pontus, astra, mundus,
quo lavantur flumine!
 
酢、苦汁、葦、
つば、釘と槍をごらんなさい。
体は傷つけられても忍耐された。
血と水が流れ出た。
地、海、天、宇宙は、
洗い清められた。
  Crux fidelis,
inter omnes
arbor una nobilis;
nulla talem silva profert,
flore, fronde, germine.
Dulce lignum, dulci clavo,
dulce pondus sustinens!
 
真実の十字架よ
すべての中で
けだかい木。
そのような木はどの森にもない、
花、葉、芽においても。
甘美な木よ、甘美な釘よ、
主が耐えられた甘美な重さよ。
  Flecte ramos, arbor alta,
tensa laxa viscera,
et rigor lentescat ille,
quem dedit nativitas,
ut superni membra Regis
miti tendas stipite.
 
けだかい木よ、枝をまげよ。
幹の内側をのばしゆるめて、
歳月がもたらした
枝のかたさをやわらげよ。
偉大な王の体へ
やわらかな枝をさしのべよ。
  Sola digna tu fuisti
ferre saeculi pretium,
atque portum praeparare
nauta mundo naufrago,
quem sacer cruor perunxit,
fusus Agni corpore.
 
あなた(十字架)だけがふさわしかった。
世の価値を示し、
港を備えるのに。
あなた(十字架)は漂う世の水先人となった。
聖なる血があなた(十字架)を彩った。
子羊の体より注がれた血が。
  Aequa Patri Filioque,
inclito Paraclito,
sempiterna sit beatae
Trinitati gloria,
cuius alma nos redemit
atque servat gratia.
Amen.
 
父と子と
聖霊は一体。
ほまれ高い
三位にとこしえの栄えあれ。
そのいつくしみがわたしたちを救い、
その恵みが守ってくださる。
アーメン。





補・<3行版「十字架の賛歌Crux fidelis・Crux fidelis真実の十字架よ聖金曜日:主の受難 の現行式文


 現行のラテン語による原点版の典礼書は、上記のような6行詩ではなく3行詩にしている。これによって韻を含んだ6行詩の風味が失われているが、意味は掴みやすいし、訳詞にも容易だという利点はある。6行詩版と全く同文であるが、上記詩の第8節を二つに分割して交互に交唱として構成しているのが下記の現行式文である。「第8節Crux fidelis」全文をまず、冒頭に置く。その後は各節(第1節~第7節、第9節~第11節)交唱antiphonaとして第8節を2つに分けて、Crux~Dulce~を交互に組み入れている。


                                                        国本静三
Crux fidelis, inter omnes arbor una nobilis;
nulla talem silva profert, flore, fronde, germine.
Dulce lignum, dulci clavo, dulce pondus sustinens!
  
真実の十字架よすべての中でけだかい木。
そのような木はどの森にもない、花、葉、芽においても。
甘美な木よ、甘美な釘よ、主が耐えられた甘美な重さよ。
Pange, lingua, gloriosi proelium certaminis,
et super Crucis trophaeo dic triumphum nobilem,
qualiter Redemptor orbis immolatus vicerit.
 
声をあげてたたえよう、ほまれ高い戦いを。
それは十字架の勝利、このけだかい凱旋を告げ知らせよう。
世の救い主がいけにえとなって勝利されたことを。
Crux fidelis, inter omnes arbor una nobilis;
nulla talem silva profert, flore, fronde, germine!
真実の十字架よ、すべての中でけだかい木。
そのような木はどの森にもない、花、葉、芽においても。
De parentis protoplasti fraude Factor condolens,
quando pomi noxialis morte morsu corruit,
ipse lignum tunc notavit, damna ligni ut solveret.
創造主は人祖の罪をあわれまれた。
罪をもたらす木の実によって、死すべきものとなったことを。
その木が失わせたものを満たす木をさし示された。
Dulce lignum, dulci clavo, dulce pondus sustinens!   甘美な木よ、甘美な釘よ、主が耐えられた甘美な重さよ。
Hoc opus nostrae salutis ordo depoposcerat,
multiformis proditoris ars ut artem falleret,
et medelam ferret inde, hostis unde laeserat.
 
わたしたちの救いのわざを定められた。
それは反逆するもののさまざまな策略を無力にし、
いやしをもたらし、敵を打ち倒します。 
Crux fidelis, inter omnes arbor una nobilis;
nulla talem silva profert, flore, fronde, germine!
 
真実の十字架よ、すべての中でけだかい木。
そのような木はどの森にもない、花、葉、芽においても。
Quando venit ergo sacri plenitudo temporis,
missus est ab arce Patris natus, orbis, Conditor,
atque ventre virginali carne factus prodiit.
 
いつくしみの時の充満がやって来たとき、
おん父のふところからつかわされた世の創造主のおん子が、
おとめの胎より生まれて人となった。
Dulce lignum, dulci clavo, dulce pondus sustinens!   甘美な木よ、甘美な釘よ、主が耐えられた甘美な重さよ。
Vagit infans inter arcta conditus praesepia:
membra pannis involuta Virgo Mater alligat:
et manus pedesque et crura stricta cingit fascia.
幼子は泣き、狭いまぶねで憩われる。
あら布で包まれた体をおとめマリアはしっかり抱きます。
手足と体をあら布で包み、心込めて巻きました。
Crux fidelis, inter omnes arbor una nobilis;
nulla talem silva profert, flore, fronde, germine!
 
真実の十字架よ、すべての中でけだかい木。
そのような木はどの森にもない、花、葉、芽においても。
Lustra sex qui iam peracta tempus implens corporis,
se volente, natus ad hoc, passioni deditus,
Agnus in crucis levatur immolandus stipite.
こうして三十年がたち、おん体の時が満ちました。
自ら望み、この地に生まれ、受難に身をゆだねられた。
いけにえとなるために子羊は十字架にあげられた。
Dulce lignum, dulci clavo, dulce pondus sustinens!   甘美な木よ、甘美な釘よ、主が耐えられた甘美な重さよ。
En acetum, fel, arundo, sputa, clavi, lancea:
mite corpus perforatur, Sanguis, unda profluit
terra, pontus, astra, mundus, quo lavantur fluine!
 
酢、苦汁、葦、つば、釘と槍をごらんなさい。
体は傷つけられても忍耐された。血と水が流れ出た。
地、海、天、宇宙は、洗い清められた。
Crux fidelis, inter omnes arbor una nobilis;
nulla talem silva profert, flore, fronde, germine!
 
真実の十字架よ、すべての中でけだかい木。
そのような木はどの森にもない、花、葉、芽においても。
Flecte ramos, arbor alta, tensa laxa viscera,
et rigor lentescat ille, quem dedit nativitas,
ut superni membra Regis miti tendas stipite.
 
けだかい木よ、枝をまげよ。幹の内側をのばしゆるめて、
歳月がもたらした枝のかたさをやわらげよ。
偉大な王の体へやわらかな枝をさしのべよ。
Dulce lignum, dulci clavo, dulce pondus sustinens!  甘美な木よ、甘美な釘よ、主が耐えられた甘美な重さよ。
Sola digna tu fuisti ferre saeculi pretium,
atque portum praeparare nauta mundo naufrago,
quem sacer cruor perunxit, fusus Agni corpore.
 
あなた(十字架)だけがふさわしかった。世の価値を示し、
港を備えるのに。あなた(十字架)は漂う世の水先人となった。
聖なる血があなた(十字架)を彩った。子羊の体より注がれた血が。
Crux fidelis, inter omnes arbor una nobilis;
nulla talem silva profert, flore, fronde, germine!
  
真実の十字架よ、すべての中でけだかい木。
そのような木はどの森にもない、花、葉、芽においても。
Aequa Patri Filioque, inclito Paraclito,
sempiterna sit beatae Trinitati gloria,
cuius alma nos redemit atque servat gratia.
Amen.
父と子と聖霊は一体。
ほまれ高い三位にとこしえの栄えあれ。
そのいつくしみがわたしたちを救い、その恵みが守ってくださる。
アーメン。



★ グレゴリオ聖歌


2017

音楽サロン表紙 目次 中世目次 作曲家別作品表 時代別作品表