制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2022年3月記


DVD  KKC9712

ヴェーバー 
オペラ「魔弾の射手」


トマーシュ・ネトピル指揮
クリスティアン・レート演出

ウィーン国立歌劇場管弦楽団&同合唱団

オットカール(領主)
悪魔ザミエル
アガーテ(クーノの娘)

エンヒェン(アガーテの従妹)
隠者

マックス(若い猟師)
アラン・ヘルト(Br)
ハンス・ペーター・カンマラー(Bs)
カミッラ・ニー^ルンド(S)
ダニエラ・ファリー(S)
アルベルトー・ドーメン(Bs)
アンドレアス・シャガー(T)
 


収録:2018年6月 ヴィーン国立歌劇場   発売:2022年2月下旬




冬期北京オリンピック


 ヴェーバーWeberドイツ(1786-1826)オペラ(ジングシュピール)「魔弾の射手」(1821年初演)は、われわれに大切なことを教えてくれる。冬期北京オリンピックも終わり、直接間接政治的問題も絡み、ドーピングや審判の公正さを欠く話題も。困ったことだ。次代を担う子供たちの目にはどう映るのかと筆者は真に心配。これでは近代オリンピック(1896年〜)のクーベルタンが掲げた理念から遠ざかる一方だ。もっと清潔さと公平さが欲しい。そのため勝敗ばかりが強調される。スポーツ精神が欠如しているというよりか他はない。いっそのことメダルを廃したらどうかと思ってしまう。なにかよい手立てが欲しい。TVを見ているだけの生意気年寄りの筆者も気を揉むばかり。国家や個人の利益ためになると思い違いもされているのか。国の支配者は国民のためではなく、自己利益を得ようとしているのか。――声を潜めていうのだが――さらに虚偽の口実を用いて平和を壊そうとしているのが見え隠れする。これはもっと恐ろしいことである。

 オペラジングシュピール「魔弾の射手」は、よい音楽ととても分かりやすい物語。射撃大会に立ち向かう主人公マックスは、森林保安官就任と結婚という報償が待ち受けていた。運命を賭けた試合に臨み、悪魔の百発百中の魔弾使えとの誘惑を悪魔の手下カスパールから受けた。しかしてうまく3発は成功したのである。領主から空の白鳩を撃ってみよ、と命じられて命中させた。森林保安官の娘アガーテが倒れ、気を失う。不思議なことに悪魔の手下カスパールに命中し、絶命させてしまっていた。領主はマックスにこの異常事態の真相を告白させた。領主は領内からマックスを永久追放すると命じる。そこへ領内の人々に敬われている聖なる隠者がやって来て、「マックスはよい人間です。一年間の追放試練にして、罪を改め正しい人間となっていたらアガーテと結婚をさせて欲しい。」と進言した。領主やすべての領民、マックスもこれを受け入れたのであった。――

 単純な物語であるが、重要な正と悪の原理的要素を示している。そして今回のオペラの演出は、今もなお国際間に見られる武器による危機状態を鑑みるように、2018年上演なのにすでに予言的に鉄砲を登場させず作曲家マックスの音楽上の争いが舞台に上る。オペラジングシュピールとは台詞も含まれるオペラで、オペレッタなどとも同じ音楽形態である。



ヴェーバー ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ ヴェーバー
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表