制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2002年7月記


DVD UCBP-3005

ヴァーグナー オペラ「タンホイザー」


シノーポリ指揮  ヴァーグナー演出
バイロイト祝祭管弦楽団・合唱団  ジェール・バレー団

ハンス・ゾーティン(Bs)
リチャード・ヴァーサル(T)
ヴォルフガング・ブレンデル(Br)
チェリル・ステューダー(S)

収録:1989年バイロイト音楽祭  発売:2002/6/26



聖と俗の愛、「タンホイザー」


 
ヴァーグナードイツ(1813-83)オペラ「タンホイザー(1845年作曲初演)は、ヴァーグナーに難解さや戸惑いを感じる方にとっても親しめるものではないだろうか。それはこのオペラが、明解な物語と生命観あふれる音楽を有しているからである。登場人物はドイツの中世歌人(ミンネゼンガー)タンホイザー(実在の人物)と彼が愛するエリーザベト。彼は自分の芸術のために快楽の愛を知ろうとし、その実体験を試みる。しかし、それは許されない愛に身を焦がすことになってしまった。その後タンホイザーは回心し、神への立ち返りを願う。それは簡単に許されることではなかった。それを知ったエリーザベトは彼を救おうとする。自分の命を神に捧げる献身愛によってであった。

 ヴァーグナーは自分で書いた台本によって作曲する人であった。ヴァーグナーは、ギリシャ神話的エロスと聖なるキリスト教的愛を対比させようとしたのだろうか。その真意は何か? タンホイザーの苦悩は、ヴァーグナー自身のものでもあったかもしれない。でも失礼ながらタンホイザーのように本気で苦しむ人には思えない。ともかく「タンホイザー」は、至高の芸術への道程を示す物語である。また、ヴァーグナーは理想の女性像としてエリーザベトを思い描いたのだろうか。



ヴァーグナー /ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ ヴァーグナー
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表