制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2010年2月記


DVD TDBA81260

チャイコフスキー 
オペラ「エフゲニ・オネーギン」

マルク・エルムレル指揮  ボリス・ポクロフスキー演出

ボリショイ劇場管弦楽団&合唱団

オネーギン
タチャーナ
レンスキー
オリガ
ウラジーミル・レジキン
マリヤ・ガヴリーロワ
ニコライ・バースコフ
エレーナ・ノヴァーク

収録:2000/10/18モスクワ、ボリショイ劇場ライヴ  
発売:2010/1/20



間の悪いめぐり合わせ?


 誰にもあの時、はいと言っておけば運命はどんなにか変わったかもしれない、と思うような体験が一つはあるものである。逆にいいえと言っておけばあんなことにはならなかった、というようなこともある。本当にこの世はままならぬことばかり。だが、この歳になって確信することは、すべては自己責任だったということだ。甘ったれるなっ! は、はいっ!(^^)

 さて、チャイコフスキー
オペラ「エフゲニー・オネーギン」の物語も、なにやら間が悪い話である。でもこの方がよかったとなれば、それはそれでよい。主人公タチアーナとオネーギンの心の動きはずれを見せた。だからここそ物語になると言ってしまえばおしまいであるが。原作者プーシキン(1799-1839)の作意でもあった。投げやりで冷徹なオネーギン青年は、愛を示す娘タチアーナをきっぱり拒否した。時を経て公爵夫人となったタチアーナと再会し、オネーギンは強い愛を感じ、愛を打ち明けた。だが彼女は拒絶した。絶望の中に飲み込まれるオネーギンであった!

 作曲者チャイコフスキーもこのオペラの作曲を始めた時
(1877年)、運命の波に溺れそうになった。ミリューコヴァから熱烈な求婚を受けた。それと既に始まっていたメック夫人との交際は、何を示すのだろう。単にパトロンであったと言ってしまえばそれでおしまいだが、こうした女性たちとの関係はチャイコフスキーの人間観を浮き彫りにしている。彼は一般的に男性にも女性にも、常に厳しい目を持っていた。女性には一定の距離を置いた人であった。彼と似通った人間観を、「エフゲニー・オネ−ギン」に見たのであろうか。だが、非現実的で夢想家チャイコフスキーは、どろどろした人間関係を切り込んで描く人ではなかった。作曲者自身の弁は、あくまでこのオペラは“抒情的情景”と言い切る。 

 チャイコフスキーの2ヶ月半の妻アントニーナ28歳、チャイコフスキー37歳で、彼の断りの返信以後文通が始まり、約一ヶ月後の1877年
7月6日聖ゲオルギー教会で式をあげてしまった司式は音楽院でロシア聖歌史を教えていたラズモフスキー、結婚の証人は弟のアナトリーとヴァイオリニストのコテック(メック夫人からの最初の作曲依頼を仲介した男性。チャイコフスキーの愛人だったともいわれている)。新夫妻はその日のうちに父親に会うためにペテルブルグに行き、7月14日にはモスクワに帰って来た。26日にはメック夫人に借りた1000ルーブルをもって、彼一人で妹の住むカーメンカへ行く。そして9月11日にモスクワに戻ってくる。9月の中頃、モスクワ川に入って自殺を試み、結婚生活の終わりとなった。だが正式離婚は生涯できなかった。とにもかくもこの機からチャイコフスキーの作曲活動は、全開していった。



チャイコフスキー ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表 ロシア五人組/ チャイコフスキー
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表