制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

2013年9月記


CD UCCD4825

シューベルト

歌曲集「冬の旅D.911

ヘルマン・プライ(Br)  ヴォルフガング・サvリッシュ(p)

録音:1971年  発売:2013/7/10




猛暑のたのしみ


 今夏の暑さは驚きである。今冬の逆襲なのだろうか?! 73歳の人生の中で初めて経験する猛暑である。なのに東京は雨が降らないし、東京の水がめは乏しく、たいへん申し訳ないが、愛するアサガオたちには100%生活排水、いや汚水しかあげていないのだ。なのに今年のアサガオ君たちは超豊作(?)状態で、このひと月以上の間、毎あさ数百の花を楽しませてくれた。筆者の病後5年目を祝ってくれたのか?! ほんとうに感謝している。昨年のわがアサガオ群は惨憺たる凶作だったからね(^^)。種類は大きく分けて3つである。鏑木清方(1878-1972)が描いたような空色のもをベースに、あとは赤か青に放射線状白模様のある2種だ。筆者はなぜか当節にぎわい、大闊歩している西洋アサガオを敬遠している。やはり和様アサガオに限る。



 こんな時には冬を想ってブルっとしたいが、そんなことはあり得ないけれど、 やはりイメージだね。シューベルト
「冬の旅」がいい。むつかしい思いも疎ましく感じるほど暑い。でも考え悩もう。感じよう、若者の苦悩を! それではアサガオと一脈通じる(?)ような第12曲「孤独Einsamkeit」の歌詞をあげておく。わが恩師・南 道子氏の名訳によるもの。ぜひ全曲お聴きあれ。
 演奏はヘルマン・プライHermann Prey
ドイツ(1929-98)のバリトンと、ヴォルフガング・サヴァリッシュWolfgang Sawallischドイツ(1923-2013)のピアノ。ドイツ語のうつくしいヌメリも抜群。いいね!

 
12.Einsamkeit 第12曲 孤独    南 道子訳
Wie eine trübe Wolke
Durch heitre Lüfte geht,
Wenn in der Tanne Wipfel
Ein mattes Lüftchen weht:

So zieh' ich meine Straße
Dahin mit trägem Fuß,
Durch helles, frohes Leben,
Einsam und ohne Gruß.

Ach ! daß die Luft so ruhig !
Ach ! daß die Welt so Licht !
Als noch die Stürme tobten,
War ich so elend nicht.
暗い雲が一つ
明るい空を流れてゆくように
楡の木の梢を
微かな風がかすめてゆくとき

ぼくは重い足どりで
町の通りの明るく楽しい賑わいの中を
挨拶も交わさず
ただひとり通り抜けてゆく

ああ 大気はこんなにも穏やかで
ああ 人々はなんと明るいことか
吹きすさぶ嵐の中でも
ぼくはこれほど哀れではなかった


 ヨーハン・ルートヴィヒ・ヴィルヘルム・ミューラーJohann Ludwig Wilhelm Müllerドイツ(1794-1827)作詞
 
南 道子訳
  
「歌曲集 冬の旅 対訳と分析」/南 弘明 南 道子著/国書刊行舎 p164より引用しました



シューベルト /ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ シューベルト
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表