制作者:国本静三  

音楽サロン表紙 目次

<胆管癌・摘出>2008年6月〜11月

5月30日:自覚症状=オレンジ色化した尿
6月3日:慶応病院定期外来診療=上記のことを告げてもコメント無し
6月6日:吉田医院=黄疸といわれ絶対安静に

6月16日:吉田医院=胆管腫瘍と診断:各種血液検査+MRI検査⇒胆管癌
6月19日:吉田医院から日赤医療センターへ紹介
     肝胆膵外科:9:00=丸山医師の外来診療へ−そのまま入院に!
先ずは黄疸治療と手術を向けてへの検査と準備。 
手術までの20日間は、鼻から管で出していた胆汁を日に3度
レモンとアイスで割って飲む。
こんなに苦いものは生まれて初めて。
甘いもの(羊羹)を直後に食べないと苦みが無くならない。

<入院:6月19日-8月19日>
第1期手術]2008年7月9日=41年目の司祭叙階記念日!

日赤医療センター=渋谷・広尾 執刀医:幕内雅敏&丸山嘉一
7月7日:説明
 
丸山医師による手術の説明=胆管癌
 普通70%は手術不可能で、私の場合はもっけの
幸いだと丸山医師から告げられた^^。感謝!!
7月9日:手術
 
手術は9時〜23時まで14時間かかる。
胆管&胆嚢=全摘出、十二指腸=全摘出
胃=2分の1摘出、膵臓=2分の1摘出
* 術後の処方薬:朝食後のパリエット(消化剤)1錠+痛み止め

 8月19日、第1期退院。退院以後、膵臓から膵液を体外に出すための管と
第2期手術で体内で繋ぐ管、この2つを体外に付着し、これがたいへんな
思いの生活を強いた。
また体外に出た膵液を日に3度は飲まなくてはならない。
9月から聖心侍女会ミサ再開。

(10月15日まで3ヶ月間、日に3度この膵液をアイスで割って飲む。
その味はアサリを洗った時の匂いと海水のような味?! 
ステンレス鍋を固いナイロンたわしでこすった時の匂いにも似ているかな。)


 10月1日現在、体重は元からみると11kgは減ったが、気力共に元気。

メタボの懸念は一気に解消された!^^
すべてから解放される第2期手術が待ち遠しいね^^。


10月2-4日:膵液の管が外れたため緊急入院。無事修復! 
が、しかし……。

<入院:10月10日-28日>
[第2期手術]2008年10月15日

日赤医療センター=渋谷・広尾 執刀医:幕内雅敏&丸山嘉一
10月15日:手術
 手術は15時30分〜20時30分までかかりました。
膵臓と空腸を吻合した。この手術前に不覚にも膵臓から
出していた膵液を出していた管を10月1日頃と9日頃に2度も
外してしまったためだった。やんちゃな動きや身のこなしが原因とか。
 執刀医の先生の弁では、冷や汗ものの手術だったとのこと。
難易度3倍になったと告げられた。膵臓に繋いだ穴も小さくなり、
内部に漏れた膵液の洗浄にも時間がかかり、そのため手術に5時間
を要したとのこと。はい、反省!
 それもあって11月13日まで腸液・胆汁・膵液を出せる短い管
右脇腹に付着しての退院となる。日常の動きやシャワーも
可能だが、たいへんつらい。寝返りも自由に打てない。
 
 術後の処方薬:・朝食後のパリエット(消化剤)1錠
           ・痛み止め
=痛み無く殆ど飲まず
10月23日-11月11日:めまい症状
10月28日:退院 
      体重は56.5kg
11月4日:授業再開

11月9日:体重約57.5kg(元の10kg減)
11月10日:聖心侍女会ミサ再開
11月13日:外来で管を抜き、6ヶ月間続いた全くびきから
      解放され、14日から風呂も可能となりました!!
11月14日:体全体にあった不快感が去り、爽快感が戻る!
11月15日:ジョギング再開

11月20日:外来、血液検査+レントゲン問題なし
     
⇒次回は1月15日:血液検査+CT撮影(造影剤)
11月30日:体重c.58〜c.59kg

12月1日:水泳再開→体調良好!
12月8日:体重c.59〜c.60kg
12月25-27日:湯治・八幡野


2009年

担当医師に敢えて尋ねたことはありませんが、胆管癌手術5年後の生存率は50%と一般にはいわれている。
いずれにせよこれを心に深くおさめ、覚悟をもって生きるのが大切と肝に銘じている。
全長35cmの傷がそのしるし……(^^)。
処方薬:
朝食後のパリエット(消化剤)1錠のみ
日常生活:
・おやつ3回+食事3回:
5時起床カステラと紅茶のブレークに始まり、19:00頃には就寝で終わる一日・・!
  これもなかなか楽しいもの(^^)

5月〜 水泳、散歩、ジョギング:各週1回
・10月18日より就寝21:00〜5:00に変更!
・11月より活力が出てきたように感じる

1月5日:新年初泳ぎ、体重c.60kg
1月13日:感謝のミサ=医師・看護師の方々のために!
1月15日:感謝のミサ=暑い中お見舞い下さった方々・お祈り下さった方々・心を寄せて下さった方々・
           ご心配下さった方々等のために!
     外来、血液検査+CT造影剤撮影
の結果は異常なしで癌は見られず、ということだった。(^^)
     
丸山医師は「切った臓器は生えてこない。食べ物(量etc.)に気をつけるならば、海外旅行(長くても)OK!」といわれた。
1月25日-2月16日:軽いめまい症状あり
2月10-11日:湯治・伊東

      * 時折、傷の外側がいたがゆく感じる。
3月10日:外来
+検体=問題なし! 血液検査
    
* たまに消化不良気味。注意が必要。一によく噛むこと、二と三が無く咀嚼!(^^)。
3月19日:* 5月末の暖かさで久しぶりのジョギング! 芝の上でのすべての運動がやっと可能に、ブリッジも!!
3月23日* 600mメドレー完泳やっと可能に! 体重約61kg、元の68kgに戻る必要はないけれど、椅子に長く座ると肉薄のため
     お尻が痛く、足の裏まで痛いのです。もう少しお肉というか体重があった方がいいと思っているが・・・。

4月6日:* 春欄間、桜満開! 本日泳ぎの仕上げに800mメドレー完泳!(^^)
5月15日:外来+CT(造影剤)検査
=すべての部位に問題なし、半分になった胃もきれいで炎症なども無しとのこと!
      * 食欲もたいへんあって、食べ過ぎに注意しています。只今の体重は約61kg前後。

7月9日:手術から1年経過、そして42年目の司祭叙階記念日!
      体重約60-62kg
=毎日起床時から就寝時までにこのような変化が繰り返されている。
     
7月17日:外来=問題なしだった。

   
* 体重=61-62。63kg
8月11日:午前=胃カメラ:ポリープがあり切り取って検査へ→8月18日結果
     CT検査+造影剤
     ⇒午後=外来・結果:丸山医師今朝の災害救済のため出張で取りやめに!
8月18日:外来→8月11日の結果説明
     ポリープは良性で問題なし。とてもきれいな胃とのこと! ホッ・・・。(^^)
      CT検査も合格!
      9月10-13日:旅=山寺:羽黒山、湯殿山、志津温泉
9月29日:外来+血液検査:
CEA5.7(軽度上昇! ちょっぴり気がかり)
CEAの基準値:5.0ng/ml以下
 健康な人でも約3%の人は基準値を超える場合があるとされており、高齢や喫煙でもやや上昇する傾向がある。ガンが進行するにつれて高値となり、基準値の倍以上ではがんの疑いが濃厚、4倍以上では転移がんが疑われる。

10月23日:外来+便・血液検査=CEA4。3、CA19-9→正常値!! ホッ!!(^^)
     CT検査+造影剤=腹部・心臓内部もいたってきれいだそうだ。
12月4日:外来:
問題なしとのこと。規則正しい生活がほめられた(^^)。
      
★肺炎球菌予防接種受く=吉田医院


2010年
順調に快復の道を歩んでいるが、ごく軽いめまいが起こり、急いで歩いたりすると心臓がややバクバク状態。
あと状況に関わらず生あくびがよく出るし、近過去の事柄をよく忘れる(必ず時間をかければ思い出せるが)。
いずれにせよ、キリストのお傷より大きい35cmの傷跡は自慢(?)であり、生きる指針となっている(^^)。
わが胆管癌手術5年後の生存率は50%と一般にはいわれているが、
この50%から脱出することに意欲を燃やす毎日だ。
処方薬:
朝食後のパリエット(消化剤)1錠のみ
日常生活:
・おやつ3回+食事3回:
5時起床カステラと紅茶のブレークに始まり、20:00〜21:00迄には就寝
・飲食物は大概はOK、だが適量を心がけている。食欲はすこぶる良好(^^)。
6時20分に家を出て、五反田・聖心侍女会7時ミサ司式
・最終年の上智大学!

1月3日:年始め初ジョギング
1月8日:年始め初スイミング
1月22日:外来+血液検査
すべてok!
★2月中頃より35cmの傷跡があまり目立たないのに驚く!
3月6日:膵臓部分
=中央傷跡の内奥に軽いうずき一時間ほど感じる
3月12日:外来+血液検査
4月9日:外来+CT検査
★血液検査+CT検査合格でした! ⇔70回目の誕生日!
 4月26日くらいから右腹下部傷近くの箇所が軽く引きつるような感じがする。走ったり力を入れても痛くなく、何気ない軽い歩行時などに起こる。昨年も一度起こり、先生曰く、手術で繋いだ接点が軽い炎症が生じる。食べたものが逆流しないように食後3時間は横になってはいけないと。寒さで早く休む(20:00頃)が続いたためかも。
5月7日:上記の症状のために外来に。腹部レントゲン撮ったが問題なしとのこと。便秘症状もないが、今夜にプルセニド1錠飲んで休むように言われた。やれや
6月4日:外来+CT撮影CT検査合格でした!

6月25日:バタフライ800m泳ぐ
(術後初めて!)今現在、61-63kg(手術前68kg、術後は56kgだった) 手術前に有していた胸筋・背筋などの筋肉を快復のために使い果たした。でもスポーツで得た筋肉・体力が快復に大いに役立ったとつくづく思っている。
7月9日:手術から2年目! 司祭叙階43年
7月30日:外来+血液検査
血液検査合格でした!

10月2日:高齢者インフルエンザ予防接種受く
10月22日:外来
10月29-30日:湯治・熱川
11月27日-12月10日:風邪=夜中に咳き込む
12月10日:外来+CT撮影okでした!⇒CTにはしっかり風邪による肺の周りの炎症も写っていました!
12月25-26日:湯治・熱海

2011年
処方薬:
朝食後のパリエット(消化剤)1錠
日常生活:
・おやつ3回+食事3回:
5時起床カステラと紅茶のブレークに始まり、19:30〜21:00迄には就寝
・飲食物は大概はOK、だが適量が肝要! 食欲はすこぶる良好(^^)
・週一の水泳、ジョギング、散歩を最低ノルマとする
6時20分に家を出て、五反田・聖心侍女会7時ミサ司式
・上智大学3月で満期終了 4月より毎水曜古典ラテン語購読研究:上智大学
 ヴェルジリウス(ウェルギリウス)  「アエネイス(アエネアスのギリシャ語表記)」
 エセイサバレナ神父指導

1月28-29日:湯治・熱海
2月4日:外来+血液&便検査

便検査OK、血液検査でCEAの値が5.3(基準値は5.0ng/ml以下)あった。これは胃・大腸・胆管・膵臓癌を示す値 軽度の上昇(過去に2009年9月29日5.7のことがあった。過去2009年3月から5回の検査では4.2〜4.5だった)3月8日血液検査+胃カメラ検査をすることになった心配はないだろうということだがやや気がかり

2月17日〜3月2日シチリア在

3月8日:血液検査+胃カメラ検査
 問題ないが、二三の組織を検査に。パリエットと風邪薬処方
★3月11日:東北関東大震災
3月18日:胃は問題なし。
CEAの値が高い=6・5(3月8日)再度検査要(4月16日)
★大震災救護本部長:丸山医師とは立ち話で上記の報告を受く。今日は薬のみ。
4月15日:血液検査と検診
 
CEAの値は正常=4・7←歯茎の炎症だったかも⇒酒井歯科で治療
 パリエット処方
5月27-28日:湯治・熱海
6月10日:血液検査と検診⇒問題なし!
8月12日:CT検査と検診
 結果良好、順調と診断されました!
 3年目にして医師と確認した点は下記の通りである。
                   
⇒ 座右の銘とすること!!
 わが生涯の食生活指針
@ 半分の胃と小腸の接点は親指と人差し指で作った円くらいの大きさで、胃と十二指腸との
  通常の接合部のように収縮しない(十二指腸全摘のため)。胃での食物の消化活動はなく
  すべて口に入ったものは、小腸へ流れて行く。ゆえにでの咀嚼が最大の必須事である。
A 胃がであると考えるべきである。手術5年後の生存率50%を突破できるかできないかは
  
食べ方にすべてがかかっているのであ〜る!(^^)
B 栄養分の吸収は小腸で行われる。自分の体を<燃費の悪い車>(主治医の弁)と自覚すべし! 

10月14日:血液検査と検診⇒問題なし、コレステロール値が低め120! これは悪いことか?? 
主治医は暫時静観しようとのことでした。。。。
 
担当医への質問事項:
 
@ 小腸で空腹感&満腹感を感じていると思うが、本当?⇒脳で感じるということでした
 A 手術後3年来投与されている唯一の薬=パリエットは消化剤と説明されていたが、
    院外薬剤師は胃酸過多・逆流性食道炎を抑える薬だと言い、怪訝な顔をしたので確認したい。
 
⇒半分の胃から結構胃酸が出る。これによって手術での吻合部が炎症を起こし、致命症状をもたらす。
   これを防ぐためにパリエットを投薬。パリエットは死ぬまでのみ続けなくてはならない薬だと言うことである。

10月28-29日:湯治・稲取
12月27-28日:湯治・熱海

2012年 
処方薬:
朝食後のパリエット(消化剤)1錠
日常生活:
・おやつ3回+食事3回:
5時起床カステラ(あるいは駄菓子)と自作ハーブティのブレークに
始まり、
19:30〜21:00迄には就寝
・飲食物は大概はOK、だが適量が肝要! 食欲はすこぶる良好(^^)
・週一の水泳、ジョギング、散歩を最低ノルマとする
6時20分に家を出て、五反田・聖心侍女会7時ミサ司式
・知人の病者訪問 
2011年4月より毎水曜ラテン語クラスで研修=上智大学
 ヴェルジリウス(ウェルギリウス) 「アエネイス(アエネアスのギリシャ語表記)」
 エセイサバレナ神父指導

2012年1月6日13:00診察
 担当医への質問事項:

 @右足の指つけ根の軽い違和感?
⇒無意識に生じた打撲だろうとのこと
 
A1月4日初ジョギング時、横断路の出っ張りで転倒し腹部強打。左腹部に痛み⇒あばら骨内の軟骨がダメージを受けたので暫く痛みは残る。心配ないとのこと

2月2-4日:湯治・今井浜
3月4日発熱38.5
3月16日-18日発熱37.5

3月23-24日:湯治・熱海
3月30日診察:CT検査
⇒合格でした!
 @3月30日渋谷で放置ビニール袋に滑って転倒
 A3月31日早朝自宅で洗濯機前で水で滑って転倒⇒腰後部を打って痛み

   ⇒床から立ち上がるとき支障あり:5月2日水泳完全復帰!
  ⇔4月9日整形外科クリニックでレントゲン4枚撮影⇒単に筋肉の打撲、骨の損傷無し!
 ★4月9日歯科外科クリニック:無呼吸マウスピースを使用開始⇒鼾と無呼吸が回避された模様!(^^)
  
 ⇒5月23日ジョギング完全復帰! よかった(^^)。
6月29日血液・検体検査+診察=大腸OK、血液腫瘍マーカーCEAが6.1と高め!基準値5.0以下)←再度8/10に検査
 ★自戒:病気に対して常に謙虚であること!(^^)
8月10日
血液検査CEA4.6! 先ずは安泰。(^^)

8月20-21日:発熱38.8度
8月21-22日
:午前中発汗⇒改善 湯治・熱海
10月19-20日:湯治・熱海

11月9日CT検査:担当医から「よかったですね!」と言葉を頂き、4年目を無事通過しました。
12月25日-26日:熱海・湯治

2013年
処方薬:
朝食後のパリエット(胃酸を抑える薬)1錠
日常生活:
・おやつ3回+食事3回:
5時起床カステラ(あるいは駄菓子)と自作ハーブティのブレークに始まり、
                
19:30〜21:00迄には就寝
・飲食物は大概はOK、だが適量が肝要! 食欲はすこぶる良好(^^)
週一の水泳、ジョギング、散歩を最低ノルマとする
6時15分に家を出て、五反田・聖心侍女会7時ミサ司式
高齢者&病者訪問
2011年4月より毎水曜古典ラテン語購読研究:上智大学
 ヴェルジリウス(ウェルギリウス) 「アエネイス(アエネアスのギリシャ語表記)」
 
エセイサバレナ神父<2013年90歳!>指導

2月8日13:30 検診=問診のみ⇒OK
2月18-19日:湯治・熱海 岩盤浴がよいようである
3月8-9日:湯治・北川
3月12日:風邪=鼻炎症状〜13日静養
4月11日:渋谷区癌検査
4月12-13日:湯治・熱海
岩盤浴がいいね
5月1日・8日耳鳴りのため東急クリニック受診=耳あか柔軟液で解決
月17日13:00=血液検査+検体⇒OK!!(^^) 
          区の健康診断⇒身長縮む=この5年間で167,5→165cm!(
- -)⇒他はOK!!(^^) 
5月18日酒井・歯科検診=半年
5月24日安藤・眼科検診=白内障=半年後の視力検査要・緑内障(OCT検査)初期症状あり、視界は正常範囲、1年後検査要
5月31-6月1日:湯治・熱海

今年7.9が小生の正念場! 下馬評では私のような手術を受けた者の5年後の生存率は、50%といわれている。ついに5年目2013年7月9日)突破となった!(^^)

8月23日11:00CT検査 13:00検診⇒すべてクリア、担当医から「よかったですね」の言葉を頂きました!
10月20日:百合ヶ丘教会で説教中、今までにない爽快感を感じる! 術後年に一度ほどこの爽快感が戻るが、それ以上のものであった。
11月2日★インフルエンザ予防接種=吉田医院
11月8日五反田修道院朝食中不快感タクシーで帰宅。38度の発熱のため吉田医院で診療・投薬⇒11月10日午前で快癒
11月29日13:30=検診+血液・尿検査すべてクリア、担当医から「よかったですね」の言葉を頂く!

2014年
処方薬: 朝食後のパリエット(胃酸を抑える薬)1錠
日常生活:
・おやつ3回+食事3回:
5時起床カステラ(あるいは駄菓子)と自作ハーブティのブレークに始まり、
                
19:30〜21:00迄には就寝
・飲食物は大概はOK、だが適量が肝要! 食欲はすこぶる良好(^^)
一週に水泳、ジョギング、散歩:最低ノルマ
6時15分に家を出て、五反田・聖心侍女会7時ミサ司式
高齢者&病者訪問
2011年4月より毎水曜古典ラテン語購読研究:上智大学
 ヴェルジリウス(ウェルギリウス) 「アエネイスラテン語表記=アエネアスのギリシャ語表記=アエネイス)」
 エセイサバレナ神父<2014年91歳!>指導
⇒エセイサバレナ師は8月28日脳梗塞で右半身麻痺・言語不可状態に!

1月17-18日:湯治・熱海=今冬は寒さのためか、寒冷アレルギーに悩まされている。お湯の恵みでこの一日は90%は緩和された。
2月14-15日:湯治・熱海=大雪で15日電車遅延!
3月7日13:00=検診+検体検査:血液+尿クリア、担当医から「よかったですね」を頂きました!

5月9日:バタフライ800泳ぐとひどいこむらかえり! 体力の低下現象の印か⇒謙虚に運動量を考慮すべきか。
5月12日〜17日:風邪症状のため吉田医院で見て貰う      

★区検診4/12=肺ガン、大腸癌/5/10健康診断⇒シロ!

6月13日13:00=検診+検便⇒クリア
★担当医の回答=ときたま腹部にピクっとした軽い痛みが短くある⇒接合箇所が原因
★担当医の忠言:十二指腸などが無いのであるから、よく咀嚼しゆっくり食べること!

6月後半より体力回復の兆し 月曜日=水泳800+800m 火曜日=ジョギング

9月19日10:30=CT検査、13:00=検診⇒クリア
★担当医への質問
・ ふるえがくるような空腹感について⇒砂糖=ブドウ糖、飴
・ 昨年の冬より体のあちこち、ex手や足の裏側の痒みや痛みについて⇒ケラチナミン塗布、メンソレタームなどもよい
・ 椅子から立ちあがる時などに首にカッチンという音が聞こえる⇒これになんの症状も出ないのならOK。気になるなら整形外科の診療をうけるとよい

10月31日〜11月10日:風邪引き!=鼻水、咳、微熱
11月14日インフルエンザ予防接種
11月17・18日発熱=吉田医院受診
12月19-20日:湯治・熱海

12月26日11:00:血液・尿検査、13:00=診察←合格
★食後2時間後に起こる飢餓感の解決は、食事の仕方、つまりゆっくりよく噛むことが必須と教示された!
 今期の生活方針にしよう。

2015年
処方薬: パリエット(胃酸を抑える薬)1日1錠
日常生活:
・食事3回+間食3回:
5時起床  19:30(〜21:00)には就寝
 
Mangia adagio e mastica bene = ゆっくり食べてよく噛め ⇔ 今年のわが大方針!
    対策: @食卓に上記カード(伊語)を置く(2014年末〜)  
         A食卓に<箸置き>を置く
(1月4日〜)

    効果:1月5日:
食後2時間後に起こっていたふるえを起こすような飢餓感が、50%是正されたような気がする

 一週に水泳1、ジョギング1、散歩1:ノルマ
 6時15分に家を出て、五反田・聖心侍女会7時ミサ司式
・ 病者訪問
・ 2011年4月より毎水曜古典ラテン語購読研究:上智大学
 キケロ「デ・セネクットゥーテ」
 ヴェルジリウス(ウェルギリウス) 「アエネイスラテン語表記=アエネアスのギリシャ語表記=アエネイス)」
 ★エセイサバレナ師病気のため仏文科小倉教授と自主研究=キケロ「デ・セネクトゥテDe senectute」

1月30-31日:湯治・熱海
3月17-18日:湯治・熱海
4月10日14:00=検診
7月10-11日:湯治・熱海
7月17日13:00:検診+区の癌検査=肺癌・大腸癌異常なし+健診=報告

8月5日:9時に調布のサレジオ修道院訪問したが、道でもどしを繰り返し、着くと不快感で動けなくなる。救急車で北多摩病院へ搬送され、検査と点滴2本を受けずうっとほとんど睡眠状態。37.9度から37.3度に下がって3時前にタクシーで帰宅。帰宅後ただただ眠る。この日は昼食と夕食もせず。夜に36.3度の平熱に戻る。熱中症だろういうことだった。

8月28-29日:湯治・熱川
9月14-16日:発熱38.3←平熱35.3

10月2日10:30:CT、13:30:検診=肺、膵臓、肝臓すべて異常なし!
 ⇒8/5のことも朝食のゆっくり+咀嚼に欠けていたこともある。早く食べると血糖値が急激に上がり、2時間くらいで
   急な低血糖が起こる。 これが飢餓感を起こす、と言われた。!
   便秘を起こさないように! なぜなら筆者の場合、肝臓と大腸を繋げてあるから逆流する恐れがある。

10月16-17日:湯治・熱海
 
 
11月6日〜13日:風邪引き+微熱・咳
 12月22日肺炎球菌予防接種:吉田医院=2回目有料(前回は2009年12月渋谷区無料)
   ★夕方から就寝中から23日昼過ぎまで副作用=頭痛、節々の痛み、不快感。前回は何もなく、サイトによると2回目に起こるとか。

12月25-27日:湯治・熱海


 2016年
日常生活:
・食事3回+間食3回:
4:30起床 5:00朝がゆ 6:10分五反田・聖心侍女会へ 7:00ミサ司式 
           8:10分帰宅・@おやつ
 朝活 10:00Aおやつ 11:30昼食 14:30Bおやつ 17:00夕食
             
 19:30(〜20:00)就寝


 週に水泳1、ジム1、ジョギング1、散歩1
・ 病者訪問
・ 2011年4月より毎水曜古典ラテン語購読研究:上智大学
 
1月8日:血液検査 13:00:検診異常なし

1月15-16日:湯治・熱海
2月11-13日:湯治・河津
3月18-19日:湯治・熱海

4月15日13:00:検診+検体 異常なし
4月25日:区ガン検診=肺ガン+大腸ガン 異常なし
5月24日:胃カメラ検査
 異常なし 担当医から半分の胃がとてもきれいといわれた 手術前からあったしみもないと

6月3-4日:湯治・熱海
7月15-16日:湯治・熱海

8月26日13:00:検診問題なし。よかったですね、をいただきました!

9月2-3日:湯治・熱海

10月3〜5日:風邪症状=吉田医院

10月25-26日:湯治・熱海

11月25日11:00:CT検査、採血(+前立腺癌検査)、検尿
    13:30:検診
 ⇒CT=肝臓の色が黒い 血液検査=肝機能障害(AST54、ALT51!!)+CEA癌マーカー6.3!
 ⇔帰宅して思いついたのがこのところため込んでしまったストレス。これも肝機能障害になるとされている。カッとなることが度重なってしまったのだ……。反省、そして是正に向かいたい。

11月28日9:00:日赤=栄養指導
 脂肪肝と診断。→主食(米=半合、麺類=80gに!)、間食の甘いものを減らす!
  体脂肪率:低い! 筋肉量:多い 基礎代謝レベル:燃えやすい 脚点:低い
  
           →もっとタンパク質の食べる量を増やしてよい! 運動量も。
 ★燃費の悪い車である小生は、タンパク質は吸収しにくいのに、炭水化物は吸収しやすい!!
 ★主菜以外にタンパク質補給のために、副菜(動物性&植物性)を数種、常に作り置いておく
   
⇒フルコース・メニューをイメージ?!

 野菜を多く取るためにサラダ代わりに野菜の浅漬けを作り置く(2015/12より実施)+果物

12月27-28日:湯治・熱海

2017年 
日常生活:
・食事3回+間食3回:
4:30起床 5:00朝がゆ 6:10分五反田・聖心侍女会へ 7:00ミサ司式 
           8:10分帰宅・@おやつ
 朝活 10:00Aおやつ 11:30昼食 14:30Bおやつ 17:00夕食 →主食(米=半合、麺類=80gに!)、間食の甘いものを減らす!
19:30就寝


 目標:週に水泳1、ジム1、ジョギング1、散歩1
・ 病者訪問
・ 2011年4月より毎水曜古典ラテン語購読研究:上智大学
  
1月26-28日:湯治・熱海
2月17-18日:湯治・熱海

2月24日血液検査 14:00診察
AST:肝臓機能マーカー 54、ALT51
=横ばい状態
CEA:癌マーカー:4.4=2016/1/8→6.3=2016/11/25を経て急上昇して9.1に
    新しい癌の出現の可能性あり、ということで3月17日にPet検査=全身癌検査を受けることになった。
★ 衝撃の走る状況であるが、すべてを受け入れることが肝心。すべては
Deo volente(神のみむねのままに)としたい。

3月23-25日:湯治・熱海
3月17日8時30分:pet検査
3月28日13:30検査結果
⇒異常なしでした
5月19日13:30:血液検査+診察⇒異常なしでした
5月24-27日:湯治・熱海
6月18-19日:湯治・熱海

8月18日:診察+眼科:白内障12月4、11、18日に手術=日帰りか入院(一拍2日)
9月19-20日:湯治・熱海
11月17日11:30:血液検査、心電図検査で不整脈と高血圧発覚 =白内障手術のため 
        夜には不整脈は解消、血圧:153/92 脈拍77
     13:00消化器外科⇒眼科

11月28日13:30:循環器科診察
12月4日9:20:白内障手術・右目 5日9:00診察
12月11日9:20:白内障手術・右目 12日9:00診察

2月16日13:30:消化器外科







音楽サロン表紙 目次