制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表

1997年12月記


CD WPCS-5999

シューベルト

歌曲集「冬の旅D.911

クリストフ・プレガルディエン(T)  アンドレス・シュタイアー(hf)

録音:1996年  発売:1997/9/25




暖かい冬の旅を歩む地球?!


 今年の日本の経済破綻は驚きである。お隣の国韓国もたいへんである。日本で銀行がつぶれるなんてあり得ないことと思われてきた。まさしく経済大国といわれた国が、経済の冬を迎えてしまった。皮肉なことに今年の冬は暖冬である。雪が降ってくれるだろうか、長野オリンピックが心配である。

 さらに地球温暖化のことを考えると背筋が冷えてくる。我々はこの地球の上を、歩み続けなければならない。外へ出るわけにはいかない。やって悪いことをやめ、やってよいことは実行せねばならないだろう。我々に便利なことが、地球保護のためによくないことがなんと多いことか……。こんな小さなことをやってもなんて言ってる場合ではない。教会行きの車も乗り合いで行こうよ。そして街角、いわんや学校や街角から自動販売機を撤廃しようよ。

 
「冬の旅」は青年の形のない苦悩を歌い上げている。でもその苦しみは誰もが必ず通らなければならないし、通り過ぎなくてはならないことでもある。このCDはそうした心情を、生気あふれる演奏で歌い上げている。すばらしいドイツ語で歌うテノールは、まことに若々しく歯切れがよい。伴奏のフォルテピアノ=ハンマーフリューゲルはシューベルト時代そのものの音に思われる。筆者は有名な第5曲「ぼだい樹」で、子供の頃の美しい井戸水と緑の木々をなつかしんだ。そして第15曲「からす」を聴いて、苦笑いを誘われてしまった。現在の暗澹たる環境問題の中で、唯一元気よく早朝からゴミあさりをしているカラスを思い浮かべてしまったからだ。



シューベルト /ロマン派の概念 ロマン派の音楽 ロマン派年表/ シューベルト
エッセー目次⇒


音楽サロン表紙 目次 エッセー目次 作曲者別作品表 時代別作品表